就職のプロが1か月で、8割の人が志望企業から内定をもらえる方法を暴露~既卒・中退・フリーター向け~


プロに聞く、最短で優良企業から内定をもらう方法

利用者
利用者
すいません…。
今現在は、僕は、新卒ではないんですけど、就職って出来るんですか?
学校を既に卒業した既卒、学校をやめてしまった中退、フリーター、正社員経験があるんだけど少しの期間ニートだった方でも全然大丈夫ですよ。
アドバイザー
アドバイザー

※空白期間が長いニートの方は、こちらを参考にしてください。

今まで、数百人、数千人の就職、転職を支援してきましたが、約8割の人は、約1か月で、志望企業から内定をもらっています。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
それは安心です。
ただ既卒(中退も含む)とかって就職できるんですか?就職してもブラック企業にしか就職できないんじゃないかという不安があります。
既卒(中退も含む)、フリーターは、ブラック企業にしか入れないなんてことはないです。給与が25万円以上、離職率が5%以下、年間休日120日以上、残業時間が月に20時間以内などの条件の会社(大企業も含む)もあります。職歴に自信がない方も研修をしてくれるエージェントなどもありますので、頑張ればほとんどすべての方が就職できます。なので過度に不安がらなくても大丈夫です。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
そうなんですね。安心しました。
では、就職活動について教えてください。就職活動って何から始めれば良いのですか?
まず就職活動のコツを話します。就職が決まりやすい人は、会社を自己実現の手段だと言える人です。どういうことかというと「将来自分は〇〇になりたいから、そのためには、御社に入って✕✕をしたい」と言える人です。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
そうなんですね。
とにかく面接で失礼のないようにするとかではないんですね。
そうですね。
会社は、あなたに給与を払うわけです。会社は、あなたを採用しても即戦力になるとは思っていません。しばらくの間は、給与も教育コストも払わないといけません。
アドバイザー
アドバイザー
いつそのお金を回収するかというとあなたが仕事を出来るようになったらです。そこにたどり着くまでは、絶対やめられたら困ると思っているわけです。したがって自分のためにも会社に入って頑張りたいと言える人が強いです。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど…。それをしっかりやるためにはどうすれば良いのですか?
それは、しっかり自己分析をすることと仕事に対して正しい知識をいれることです。要するに自分に合った会社をしっかり見つけて、選考に臨みましょうということです
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど…。
具体的にどうやるんですか?
例えば、将来起業をして社長になりたい人がいたとします。

別に安定した仕事につきたいでも、スキルが身につく仕事につきたいでも将来家族を持ちたいでも何でも良いですよ。

アドバイザー
アドバイザー
その後どうしたらできるかを考えます。社長の場合、会社を作ったら、商品やサービスを売れなければならないので、営業が出来るかが大切だったります。
アドバイザー
アドバイザー
それ以外に必要な条件と言えば、将来社長になりたいわけですから、社長から直々に仕事を教えてもらえる環境にいた方が目標を叶えやすいでしょう。
アドバイザー
アドバイザー
その他にも、伸びている業界に行った方が良いです。業界が伸びているということは、お客さんの数が増えているので、起業が成功しやすくなります。
アドバイザー
アドバイザー
そうするとこの方の就職の条件は以下です。
①営業のスキルを身につけること
②尊敬できる起業家の近くで働けること
③成長産業の業界に行くこと

これらの条件に合う、企業を探していきます。

アドバイザー
アドバイザー
そうすると

①営業職
②社長との距離が近い中小企業、かつ社長が尊敬できる会社
③成長業界であるIT業界や介護の業界

以上の企業の条件を満たす会社をリストアップをして、優先順位をつけます。

アドバイザー
アドバイザー
ここまで考えれば、面接で

「なんでこの業界を志望したのですか?」→業界が成長しているからです。
「なんでこの職種を志望したのですか?」→将来起業したいので営業力をつけたいからです。
「なんでこの会社を志望したのですか?」→社長との距離が近く、色々教えてもらいたいからです。

と言えます。

「業界、職種、会社」の3つの志望動機を行動ベースで話せるくらいにまで行けば就職が成功しやすいです。

アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど。分かりました。
ただ自分で全部やれる自信もないかもしれないです…。
それは普通です。案外この作業は、難しいですよ。社会人が転職するときでも、失敗する人がいますから。
未就業者の例でいうと、就職の条件を出してくださいというと、人の役に立ちたいとかを条件にする人がいるんですね。けど、それで業界、会社、職種絞れます?
結局素人がこの作業を自分でやると条件は言ったものの、それが、結局どの業界、職種、会社が当てはまるかが分からないんです。
アドバイザー
アドバイザー
しかも自己分析からの正しい会社選びが出来ないと困るのは、就活の時だけの話ではありません。就職後に困る人もいるんです。

就職活動でのマッチングに失敗して、入社後、安月給・長時間労働で会社の奴隷みたいになった人、仕事と自分が合わなく、病気になり短期離職してしまった人、同じ仕事でも業界を変えれば年収が100万円違うのにそれを知らなくて、生活が苦しいと言っている人などもいます。

アドバイザー
アドバイザー
例えば、皆さんの多くがアルバイトしたことがあるコンビニ、スーパー、アパレルなどの小売業、遊園地、ゲームセンター、パチンコなどの娯楽業、ホテルなどの宿泊業、学習塾や介護などのサービス業、飲食店などの飲食業などは、離職率が3年で50%くらいあって(業界平均は、30%)、かなりの人がきついと思って辞めていくんです。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
そうなんですね…。
自分がバイトでやったことがあったり、自分がお客さんとして使ったことがあったりするので、自分がイメージしやすい仕事だから良さそうに見えますけどね。
いや、そこが結構問題だったりするんです。
業界、職種について知っていると思っても、完全にイメージだけの場合や、もっと広い選択肢から職業選択をしていれば、より良い会社があったりするんです。正しい企業選びが出来れば、あなたが就職、転職後に苦しい思いをしないで済みます。
アドバイザー
アドバイザー
具体的に言うと、BtoCという消費者向けの会社は、知っている人が多いのですが、BtoBという企業向けの会社は、知らない人が多いです。みんなが知らないからこそ穴場の優良企業が多いんです。
アドバイザー
アドバイザー
したがって、あなたが知っている業界、職種は、世の中の本当にごく一部だという認識が必要です。同じような仕事を同じような時間してても、業界、会社が違えば年収が100万円違うとかもあります。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
どうやってそういった知識を入れれば良いのですか?
自力でやるのも良いですが、無料でプロに任せて就職、転職活動することがおすすめです。
アドバイザー
アドバイザー
就職では、自己分析→チャネル選択→求人への募集→書類選考→面接→内定です。
チャネル選択っていうのは、ハローワーク、求人サイト、エージェントなど、どこから求人に申し込むかという話です。そのチャネル選択では、ハローワークかエージェントを使うことをおすすめします。
アドバイザー
アドバイザー
エージェントとハローワークなら求人選び、書類、面接対策などを無料で支援してくれます。エージェントに行ける人はまずはエージェントに行くことがおすすめです。ただし地方で就職、転職したい人は、エージェントが対応範囲外であることもあるので、ハローワークを使うと良いです。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
分かりました。エージェントとハローワークなら、なぜエージェントが良いのですか?
ハローワークの方が求人全体のレベルが低いからです。ハローワークに企業が求人を出す際、求人の掲載料は、無料です。そうなると超零細企業などが多く集まります。したがって、長時間労働、低賃金などの労働条件が悪い会社が多くあります。
アドバイザー
アドバイザー
求職者は、求人票を見て会社に応募するか決めますから、労働条件が悪いだけならまだ良いです。ただ、無理矢理でも求職者に入社してもらうために、労働条件に関して、嘘をついて最後は強引に入社させようとする会社もあります。
以下の資料を見てください。
アドバイザー
アドバイザー

引用  https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0609.html

NHKが明らかにしたハローワークの求人トラブルです。
ハローワークでは、労働条件と実際の労働環境が違うという求人トラブルが毎年4000件起きています。
アドバイザー
アドバイザー
私のもとにも、「入社してみたら給料が6万円だった。」とか「せっかく苦労して就職先を見つけたら実は、アルバイト契約だった。」などの被害報告を受けています。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
国がやっている機関なのにそんなことがあるんですね…。
国がやっているから大丈夫だと言う人ほど後になって「こんなはずではなかったのに…」と言います。こういった事情もあってエージェントの方が良いと言っています。エージェントは広告の掲載料が有料なのであまりにもランクの低い求人は来ません。またエージェントによっては、ブラック企業を徹底排除してくれます。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど。
では、就職、転職活動で一般的な、自分で企業の求人を選んで企業の選考をうける求人サイトとかは、全く使わないでいいんですか?
そんなことはありません。
就職、転職先というのは、毎日のように通う場所ですし、何年も同じ企業で働き続けるわけです。少しでもあらゆる場所から求人情報をキャッチして欲しいと思っています。
アドバイザー
アドバイザー
私が言ったのは、まずはエージェントを使うべきだと言ったのです。求人サイトとかも自分でうけたい企業に応募できる点はとても良いことです。ただプロのアドバイスがあるのとないのでは、全然違います。
アドバイザー
アドバイザー
既卒とか就職率が平均40%程度なのですが、エージェントを使うと80%は超えますので、エージェントを使う効果ってすごいですよ。

まずはエージェントを使って、それでも不満があるなら求人サイトなどを使えば良いと思います。

アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど。やっぱりそれが効率的ですね。おすすめなエージェントの使い方とかってありますか?
複数のエージェントに登録することです。
理由は、エージェントの持っている求人ってエージェントごとに違うからです。それともう1つ大きな理由は、あなたの就職をサポートするキャリアアドバイザーの存在があるからです。
アドバイザー
アドバイザー
結局たくさんの求人の中からあなたに最適な求人をキャリアアドバイザーが渡すんです。その後の選考だったキャリアアドバイザーと一緒に選考を乗り越えます。なのでキャリアアドバイザーの質がとても重要です。
アドバイザー
アドバイザー
複数のエージェントに登録してれば、ダメなキャリアアドバイザーがすぐに分かります。複数のエージェントを使えば、キャリアアドバイザーを比較できるからです。ダメなキャリアアドバイザーだと分かったら、変更をお願いしたりエージェントを使わないという選択肢も出てきます。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
良いキャリアアドバイザーの特徴ってあるんですか?
それは、最終的に信頼できるかどうかで大丈夫だと思います。良いキャリアアドバイザーなら、あなたが不安に感じていること、疑問に思っていることにもしっかり付き合ってくれます。求人を紹介した理由、会社の離職率、求人背景などどんどん聞いてみると良いですよ。アドバイスに納得が出来たり、なるほどと思わせるようなキャリアアドバイスをしてくれる人が良いキャリアアドバイザーです。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
分かりました。では、どのエージェントが良いとかありますか?
エージェントにもそれぞれ特徴がありますので、おすすめをいくつか挙げときます。どれが良いかわからない人は、第2新卒エージェントneo就職shopが良いと思います。
アドバイザー
アドバイザー

就職shopは、利用条件が30歳以下(学生不可)
相談可能地域は、東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都です。 

第2新卒エージェントneoは、利用条件が30歳以下(学生可)
相談可能地域は、 東京、大阪、名古屋、福岡 です。

利用対象外の人は、こちらを参考にしてください。

利用者
利用者
どうしてですか?
持っている求人数が多いからです。結局アドバイザーの質は、登録してみないとわかりません。なので求人が多いエージェントが良いと思います。
アドバイザー
アドバイザー
特に就職shopは、様々な業種、職種、会社規模の求人を持っています。また求人数は、8500社と既卒、第2新卒向けエージェントの中で断トツ多いです。就職shopは、人材業界最大手のリクルートが運営しているんですよね。だから多いんです。なので、登録すれば、自分の可能性を狭めたまま就職、転職活動をすることは、ないでしょう。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
分かりました。第2新卒エージェントneo就職shopには、いつ登録すれば就職、転職に有利ってあるんですか?
未経験職種へのチャレンジの場合、ウリにするのが若さです。そうなると今動くことが就職、転職で1番有利なんです。ほっておくと、どんどんレベルの低い会社にしか入れなくなります。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
ありがとうございます。
これから頑張りたいと思います。
是非頑張ってください。
アドバイザー
アドバイザー

既卒、フリーター、中退向けエージェントの利用の流れ

既卒、第2新卒向けのエージェントに登録してから、入社するまでの流れを説明します。

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②キャリアコンサルトとの面談
研修付きのエージェントの場合)研修
③ 求人の提案、企業への応募
④企業の書類選考、面接
⑤内定&入社

になっています。

どのエージェントに登録しても、あなた専属のキャリアアドバイザーが、あなたに合った求人の紹介、書類、面接対策までを無料でサポートしてくれます。

ただ研修付きのエージェントは、研修をうけてから就職活動になります。研修付きのエージェントは、空白期間が長い方やアルバイトなどの就業経験がない方にお勧めです。

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡

既卒、第2新卒向けのエージェントを利用したいと思ったら、公式サイトに登録する必要があります。そこで、面談を受けたい場所や日時、氏名や電話番号などの基本情報を入力すれば、登録完了です。面談の予約をしたら、その後、カウンセリングを受けます。

メールでの連絡もありますが、ほとんどのエージェントに登録したら、電話がかかってきます。
電話で聞かれることは、あなたの就職、転職の状況です。知らない番号だからという理由で、無視すると登録完了になりません。

②キャリアコンサルトとの面談 (場合によっては研修)&③求人への応募

研修付きのエージェントの場合は、研修を先にしますが、ここでキャリアコンサルタントと面談です。面談では、既卒、第2新卒に求人紹介するために必要な情報 (就職、転職をしようと思ったきっかけや、就職、転職に望むことなど) をキャリアコンサルタントが聞いていき、その後、求人紹介です。

④書類選考、面接対策

紹介された企業に応募すれば、書類選考、面接です。どこの転職エージェントでも、何百人、何千人の就職、転職を成功させてきたを経験豊富なキャリアコンサルトが在籍しています。書類選考、面接のコツなど就職活動、転職活動に必要な情報を教えてくれます。

【要約】各エージェントのサービスの特徴

詳しいエージェントの比較を見たい方は、以下のページを参考にしてください。