地方に住みの専門学校中退者は、ハローワークに行くべきですが都心は…。


専門中退者の就職は、かなり厳しい。就職支援を頼んだ方が良い。

専門学校を中退した人の35%しか正社員になれません。

専門学校を中退した人の就職活動は、かなり厳しいのが現状です。

以下の図は、労働政策研究・研修機構が調査した結果で、「専門・短大・高専の中退者がどのくらいの期間で正社員になったか?」についての結果です。

その結果専門学校を中退した人の35%しか正社員に就職出来ていません。中退してから3か月以内に企業の正社員になれた人は、もっと少なくわずか10%です。

約半数の人が、 アルバイト・パート、派遣社員・嘱託などの非正規雇用 の仕事についていています。しかも非正規の仕事でもしっかり仕事をしているならいい方で、就業形態不明や未就業(ニート)の人は、約15%です。

このようなことから、専門学校を中退したその後に就職活動をするのは、かなり難しいです。したがって、就職支援を頼みながら就職活動をすると良いです。

就職支援をしているのは、ハローワークとエージェントどっちが良い?

ハローワークとエージェントの違い

ハローワークは、公的な就職支援サービスです。一方エージェントは、民間の就職支援サービスです。

ハローワークとエージェントの大きな違いに、求人掲載料があります。企業が求人を出す際に、ハローワークは、無料で、エージェントは有料です。この違いが大きな差を生み出しています。

ハローワークは、よくも悪くも求人の質がバラバラです。たまに優良企業が、無料だから出してみるかくらいの気持ちで、求人を出す場合もあります。しかし採用されるかは、別な話で優良企業の採用ハードルは高いです。

そうなると中小、ベンチャーなどそこまで人気がない企業へ就職するのが現実的です。ただこれらの企業は、本当に玉石混合です。企業というのは、そもそもサービスや商品を売って、お金を儲けています。その中から給与を従業員などに払っています。

ハローワークに掲載している企業の中には、ハローワークにしか求人が出せない儲かっていない企業もあるのが事実です。そういった企業が悪事を働かすこともあります。なので注意が必要です。

以下は、NHKが報道した求人トラブルです。

求人情報と実態が全然違うと報道されました。
私のもとにも、中退後に就職活動をして正社員で入社したのに、実はアルバイトだったということも聞きました。なのでハローワークよりエージェントの方が良いと思います。

エージェントは、ブラック企業を排除してくれます。

民間のエージェントは、ハローワークと違い企業の求人掲載料が有料です。したがって、ある程度のレベルの基準で、ブラック企業をフィルタリングします。

エージェントによっては、エージェントの価値を上げるために徹底的に、ブラック企業をフィルタリングしているところもあります。なのでエージェントを利用した方が良いでしょう。しかし地方の方は、求人がないかもしれません。

以下がエージェントの対応エリアです。

エージェントの対応エリア 

サービス名対応地域
DYM就職 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌 、埼玉、千葉、神奈川、宮城、神戸、広島
ウズキャリ 東京、大阪、名古屋、福岡 、沖縄
(上記の5都市で就職するなら、電話・skype相談でも利用可)
ウズカレ東京
就職Shop東京、埼玉、千葉、神奈川、兵庫、大阪、京都
ハタラクティブ東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡
いい就職ドットコム 東京、大阪、名古屋、横浜
上記以外の都市でも、電話相談が出来れば使えます。ただ求人が少ないので、他のエージェントが使える人は、そちらが良いです。
ジェイック 東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道

基本的に、エージェントは東京、大阪、名古屋、福岡にあります。いい就職.comは、地方でもOKと言っていますが、本当に求人があるかというと微妙です。ただ1度チャレンジするのも価値があると思います。エージェントの選び方、おすすめのエージェントも紹介しているので、以下を参考にしてください。

専門学校を中退したことを面接や書類選考でどういえば良い?

専門学校を中退して就職したい人にまず知っていて欲しいことがあります。

実は、企業が採用したい人は、会社の利益に貢献できる仕事の出来る人であって、中退しているかどうかは、さほど重要ではありません。

会社が採用したい人とは、会社の利益に貢献してくれる人です。簡単に言うと会社の中で仕事が出来る人です。これは、中退した人でも新卒の人でも社会人の転職でも変わりません。

ただ中退や新卒などの未就業者の就職と社会人経験のある方の転職で大きく違うのが、即戦力になれるかどうかの違いです。社会人経験者は、即戦力になれる一方、未就業者の方は、すぐに戦力にはなれません。ここで中退の扱いが大きく変わります。

企業は、未就業者を採用する際には社員に投資をしなくてはいけません。要するに最初は赤字になりながらも、人を採用するのです。いつ黒字になるかというと採用した社員が成長し、戦力となり、活躍したときです。そこまで会社も我慢しないといけません。

我慢をしないといけないのは、会社だけでなく、採用された人も成果が出せるようになるまで辛い想いをしながら頑張らなくてはいけません。そこを乗り越えられるかを企業は心配しています。中退をしているということは、途中で学校をやめているのです。

その辞めているという理由が、学校が嫌だからやめたなどの消極的な場合、企業からけんえんされます。理由は嫌なことがあったらすぐにやめる人だと思われるからです。そういった人が中退のことを話す場合、かなり気を付けないといけません。

書類選考に通り、面接に行けたら、中退したことが原因で不採用になっていることはありません。

企業側は、論外の人とは、面接すらしたくないと思っている。

企業の面接を受けるという時点で、企業は、あなたを採用する気があります。人事の方があなたの履歴書と職務経歴書を見て、書類選考を通過させたのは、あなたに見込みがあると思っているからです。企業の方も毎日毎日忙しい中、採用する気のない人と会いたいと思っていません。

なので、中退したことにコンプレックスを感じていても、面接に行けていれば、伝え方次第では就職が出来ます。

後ろ向きな理由で専門学校を中退した場合、面接で反省をして行動をしていると言ってください。

中退理由が経済的な理由や、アルバイトなどに熱中して早く社会に出て活躍したいと思った方以外は、基本的に後ろ向きな理由で学校を中退していると思います。

その場合は、中退した経緯を正直に話して、そこから何を反省して今を生きているかをしっかり話してください。例えば、勉強が面白くなくて辞めてしまった場合は以下のような内容が良いと思います。

「私は高校生のときに将来のことを深く考えず専門学校を選び、それが原因で単位を落とし中退しました。将来のことを深く考えるべきだったことや専門学校のリサーチをもっとすべきだったと強く反省しました。

ですので、今回の就職活動では過去の失敗を活かし、自分にできることを洗い出し、自分が長く働きたい会社を深くリサーチすることに注力しました。

リサーチの結果、御社の〇〇事業にとても興味を持ったため御社を志望します。また御社の業務をするにあたって△△の経験が不足していたと感じたため、現在✕✕をしてその経験を積んでいます。」

などです。

以上のような説明なら、自分の失敗を認めて、反省して行動をしている様子が面接官に伝わります。このように面接には、コツがあります。それを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

専門学校を中退したことを履歴書に書かなければ、学歴詐称です。入社後にばれたら解雇です。

専門学校を退学したことを隠すために、履歴書に嘘をついてはいけません。
履歴書は企業に提出する正式な書類です。専門学校を中退したのに書かなかったり、専門学校中退を卒業と書き換えて、履歴書を提出すれば、「学歴詐称」です。

入社後に学歴詐称が発覚すると、減給や降格などの懲戒処分が下され、最悪の場合は解雇されるケースもあります。

専門学校を中退した理由が、企業から見て、ポジティブなら履歴書に是非書いてください。

専門学校を中退した理由がポジティブなら、履歴書に専門学校を中退した理由を是非書いてください。履歴書に理由を書かないと書類選考の際に、企業の採用担当者が、あなたの事情を理解できません。

中退理由がポジティブ、ネガティブの境目は、中退した理由を企業の採用担当者が聞いて、学校のように、企業も就職したら辞めるのではないかと思うかどうかです。

学校を中退した理由が、ポジティブの例は、親の介護や家庭の経済的な理由などです。
それらの理由は、あなたが学校で良くないことをして、中退した訳ではないので、企業の採用担当者から見て、中退したことが悪い印象になったりしません。

もしネガティブな理由で学校を中退した場合、わざわざ履歴書に書かず、企業の面接官に聞かれたら話してください。

専門学校を中退したことを後ろめたく思うくらいなら、そのことを反省して次に向かって努力すれば良い話です。履歴書の書き方に関しては、以下を参照してください。