既卒・フリーター・ニートはリクルートエージェントから相手にされませんよ。


既卒・フリーター・ニートがリクルートエージェントを使ってもカスみたいな扱いをうけます。

既卒、フリーター、ニートなど正社員でない方が、リクルートエージェントを使うのはおすすめではありません。登録しても良いですが、登録拒否かカスみたいなキャリアアドバイザーが担当になります。それでも良いのですか?

以下がリクルートエージェントを使った人の評判です。

登録拒否は、凹むと思いますよ…。

エージェントの儲けの仕組みが分かると、リクルートエージェントがおすすめでない理由もわかります。

転職エージェントが無料な理由

転職エージェントが無料な理由は、転職エージェントのビジネスモデルにあります。
以下の図を見てください。

まず、求職者がエージェントに申し込みます。そしてエージェントで無料相談が出来ます。その後、エージェントのキャリアアドバイザーから求人の紹介があり、書類選考、面接に進んでいきます。もし企業が、求職者を採用すると企業からエージェントにお金の支払いがあります。

以上のようにエージェントは、求職者を就職、転職させた時に、企業からエージェントにお金が入ります。エージェントは企業からお金を貰えるので、求職者が無料でエージェントを使えます。

それで、人材の紹介料ってどのように決まるか知っていますか?
紹介した人の年収の30%くらいを求人企業が、エージェントに支払います。

リクルートエージェントからすると、既卒・ニート・フリーターは価値が低い

では、企業がたくさん儲けたいと思ったら、どういう人の相談を真剣に聞くと思いますか?

それは、年収が高い人です。
基本的に、既卒・フリーター・ニートの人は、職歴がありません。そうなるとどうしても未経験からのチャレンジになるので、年収は低いです。そういった人がリクルートエージェントを使うと、真剣に相手にされません。

リクルートエージェントの公式サイトでも以下のように書いてあります。

引用 リクルートエージェント

要するに、リクルートエージェントが持っている求人は、正社員経験者向けなので、既卒、フリーター、ニートに求人を紹介できる可能性が低いということです。

もしもどうしてもリクルートエージェントに登録したいなら登録すれば良いですけど、以下のようなことが起きる可能性があります。

既卒・フリーター・ニートがリクルートエージェントに登録すると起きること

①登録拒否

登録拒否というのは、エージェントが門前払いをすることです。そもそも転職エージェントの仕事は、企業に人を就職、転職させることです。

そもそもそういったことができなさそうな人は、相手にしません。リクルートエージェントが持っている求人は、社会人の中途採用向けがほとんどです。

既卒、フリーター、ニートなどの職歴がない人は、相手にできないと思われても全然変なことではありません。

②求人を紹介されない

面談をしてみたものの、紹介できる求人がないっていうこともあります。面談では登録時よりも細かく希望条件や希望の業界・職種についてヒアリングがあります。それを聞いたうえで紹介できる求人がないと思われたらその後連絡などもも来なくなります。

というのもお客さんは、企業です。リクルートエージェントは企業に最適な人材を紹介し、採用が決まったら報酬をもらっています。お金を払うのは、企業なので企業の見方になります。

職歴がなく、そもそも面接するに値しない人、高圧的な態度を取るような人、大幅に遅刻して謝罪もないような人は、お客様である企業に紹介したいとは思いません。

③優秀でない人が担当になる

先程も言いましたが、結局年収が高い人が1番利益になるので、職歴がないフリーター、ニート既卒の方は、優先順位が低いです。

そうなると担当するキャリアアドバイザーのレベルも低いです。会社の中でも優秀でない人が担当になる可能性が高いです。

既卒・フリーター・ニートには、既卒向けの転職エージェントがおすすめです。

先程、既卒・フリーター・ニートなどの正社員経験のない方にリクルートエージェントはおすすめしないと言いました。しかし転職エージェントの利用自体を辞めるべきとは言っていません。

既卒・フリーター・ニートの方は、既卒向けのエージェントを使うと良いです。既卒向けエージェントが紹介する企業は、既卒者の採用意欲が高いので、新卒向けサイトや、中途採用向けサイトで応募するよりも、圧倒的に内定が出やすいです。

またエージェントのサポートもかなり分厚いです。既卒向けのエージェントなら、エージェントの中でもエース級の キャリアアドバイザーが担当してくれる可能性があります。

リクルート系列なら就職shopがおすすめです。

就職shopは人材業界最大手のリクルートが始めたエージェントです。
リクルートが運営しているため、他の既卒・第2新卒向けエージェントより求人を圧倒的に多く持っており、 累計8500社と取引をしたことがあります。

既卒・第2新卒向けエージェントのハタラクティブは1500件、DYM就職2000件、いい就職.comで5000件くらいなので、就職shopの求人数は、断トツ多いです。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

求人が多ければ、様々な職種、業種、会社規模の求人からあなたにあった求人を提案されやすくなります。他のエージェントでは紹介できない労働条件の会社、他のエージェントでは紹介できない仕事が就職shopに行けば、あるかもしれません。

就職shopに行けば、就職、転職のプロがあなたの話を聞いて、あなたにあう会社を8500社から教えてくれるますので、是非一回行ってみることをおすすめします。

だって、自分で求人を8500社も見れますか?
1時間の面談に行かないだけで、数年間もしくは、数十年間も自分のレベルより低い会社に入って、入社後に苦労する可能性もあります…。

就職shopの紹介動画

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可不可

もっと様々な既卒向けの転職エージェントを比較したい方は、以下の記事を参考にしてください。

転職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡

転職エージェントを利用したいと思ったら、公式サイトで登録する必要があります。そこで、面談を受けたい場所や日時、氏名や電話番号などの基本情報を入力すれば、登録完了です。面談の予約をしたら、その後、オフィスに行って、カウンセリングを受けます。

②キャリアコンサルトとの面談 &③求人への応募

面談では、既卒、第2新卒の方に求人紹介するために、必要な情報をキャリアコンサルタントが聞いていき、その後、求人紹介です。求人には、すぐ応募してもいいですし、家に帰ってからゆっくり吟味しても全然大丈夫です。

④書類選考なしで面接対策

紹介された企業に応募すれば、書類選考、面接です。転職エージェントには、何百人、何千人の就職、転職を成功させてきた経験豊富なキャリアコンサルトが在籍しています。就職活動、転職活動に必要な情報を教えてくれます。