フリーターを辞めたいと思ってもバイト先の引き止めにあうかも…。辞め方と正社員就職の方法を解説!


フリーターがアルバイト先を辞める際にすべきこと

円満に退社したいなら2週間~1か月くらい前に伝えるのがベター

アルバイトを採用する際、企業は、短期間(半年~2年くらい)での採用を前提に雇用しています。したがって、辞められること自体に困るというケースは稀です。

しかしバイト先に感謝がある場合などは、バイトを辞めたいと思ったら、辞める日から2週間~1ヶ月くらい前に、上司に伝えるのが良いです。

理由は、バイト先の雇用主が、あなたが辞めた分の穴埋めなどを考えて、調整できる時間が出来るからです。繁忙期など人手不足の時期を避けると円満に退社しやすいです。

その際は、直接会って伝えた方が良いでしょう。相手が忙しそうにしていたら、相手の都合を確認するなどをして、話せればよいです。

退職理由は、しょうがないなと思ってもらえる理由がベストです。

あなたが退職を考えていると会社に言うと、引き留めに合うかもしれません。特に優秀であればあるほど、引き留めにあいます。

もし引き留めにあって、辞めたくないと思うならそれでも良いでしょう。しかしどうしても辞めたい場合は、引き留めに合わないようにしましょう。

その際は、辞めないとどうしようもないと思わせることが大切です。

引き留めに合いやすい退職理由

退職理由が、企業側の努力で改善できる場合は、中々バイト先をやめさせてもらえないかもしれません。

例えば、「人間関係が嫌」「仕事内容が不満」「シフトが多すぎる」などです。それってバイト先で調整すれば解決するよね?と言われる可能性があります。

例えば、

「人間関係がいやだ」と言えば上司に「どこの職場もそんなことあるよ。もし〇〇が嫌いならシフトが合わないようにするよ」など言われると思います。

そうなると、働き方の調整が入って解決します。

引き留められないおすすめな理由

引き留められない理由で、おすすめなのが「仕事自体を変えたい」とか「正社員になりたい」などです。これは、しょうがないと思われやすいです。

ただ正社員になりたいと言えば、その会社の正社員になるかもしれませんので他業界の仕事が良いと思います。

「フリーターのままだと流石に将来が不安です。10年後も、20年後もこの仕事をしていたら、将来結婚や経済的自立が出来ないかもしれません。現在、私は〇〇の正社員になりたいと思っています。そのために時間をそちらに使いたいです。」

などの退職理由が良いと思います。もちろん〇〇は、今やっている仕事と違う仕事が良いと思います。

ただ引き留めがしつこかったら、2週間で無理矢理辞めても大丈夫です。

もしも面倒なことが起きたり、面倒なことが嫌なら無理矢理辞めるという方法もあります。

アルバイトを始める時にした契約で何年間契約するとか特別な契約がない限り、2週間前に辞める意思を伝えれば辞めることができます。

これは、法律で決められています。以下が条文です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

なので、最悪、バイト先をやめたい場合は2週間前にバイトを辞めると言えば2週間後にはやめられます。

もし口頭で言うだけだと、心配なら退職届を出すというのもありだと思います。もしもそれすら、受理されるか分からないくらいのやばい会社に勤めているなら、内容証明郵便で送ると良いと思います

内容証明郵便を出せば、郵便局が間に入るので、退職なんて聞いていないと言われることがありません。内容証明郵便なら、郵便局が退職届を提出したことを証明してくれます。

もし、後々何かで証明する必要がありそうな場合は、こちらで送るといいでしょう。

損害賠償すると言われた時は?

あまりにもブラックな会社で、就業規則を破っていないにもかかわらず、会社から「損害賠償するぞ」と言われた場合は、労働基準監督署に相談しましょう。

労働基準監督署にそのことを言えば、助けてくれます。労働者が会社を辞める権利は法律で保証されているものです。なので労働基準監督者が法律に従って、適切に対処してくれます。

フリーターを辞めても就職活動をしなければ、一生正社員になれないかもしれません。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。

下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。

なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、あなたが成長して、企業の利益に貢献するかどうかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。

もし、正社員になりたいなら、就職活動のやり方を書いておくので、ぜひ参考にしてください。

フリーターが直面する衝撃的な末路…。

① 給料が上がらない

フリーターの1番のデメリットは、給与が上がっていかないことです。以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。これは結構きついことです。

若いころは、自分と同じくらいの人が、数十年の時を超えて、自分とは全く違うステージにいるのです。

自分の生活で大変な中、昔の友達は、大きな役職を持っていたり、車・家・子供がいたりします。「部下がいる」、「収入が自分より2倍も3倍もある」など、自分との明らかの違いが分かります。

自分より給与が高い年下の正社員にバカにされながら働く可能性もあります。

② 仕事がなくなるリスクが高い

フリーターは、雇用が安定していません。アルバイトは、有期雇用といって、雇用期間が定められていて、契約更新をしなければ雇用は終了します。

雇用を更新するかどうかは企業側が自由に決められます。なので、フリーターは簡単に解雇されやすいです。しかし正社員は、無期雇用を前提にしていますので、簡単に解雇はできません。

中年フリーターになるとアルバイトすらできない可能性があります。

しかも中年フリーターの場合仕事すらできない可能性があります。正社員の場合は、会社をリストラされても仕事の実績があれば同じような待遇で仕事が出来ます。

一方フリーターだと大きな実績を証明しづらいです。 また仕事が単純労働で、体力勝負な場合は特に若い方が有利です。

そうなるとフリーターですら厳しくなる可能性があります。

フリーターだとケガや病気、失業をした時に補償がない場合も

フリーターの場合は、バイト先を複数にしていたりします。そうすると、正社員が当たり前のように入っている雇用保険や失業保険にも入っていない場合があります。

以上の保険は、もしけがや病気、リストラなどで働けなくなり、収入が一切なくなってしまった場合に助けてくれる制度です。

例えば、病気なって働けなくなったら、雇用保険に入っている正社員は、毎月の給与のの約50~80%が支払われます。 他にも会社が倒産などをしてしまった場合でも、同様です。

そういった正社員が当たり前のように入る雇用保険に入っていなかったら、収入が途切れてしまい、貯金を切り崩すしかなくなってしまう場合があります。

③ 老後も働かないといけない可能性がある。

労働を完全に辞められるときは、生きていく分だけのお金がたまった時です。日本人の寿命は、85歳です。生活費は、85歳までかかります。

60歳で仕事を辞めても、日本の平均寿命は、85歳なので25年あります。月々10万円の生活費でも、年に120万円必要です。老後に必要なお金は、25年×120万円=3000万円です。

正社員が加入している厚生年金だと平均年金受給額は、約14万5,000円です。別に老後資金を貯める必要がありません。一方、フリーターが加入している国民年金をフルで払い続けてももらえるお金は、月々5万円です。

残りのお金は、自分で貯めないといけません。フルで国民年金を払っても、1200万円くらいにしかなりません。約1800万円くらいは、自分で貯めないといけません。

これをフリーターとして貯めないといけません。要するに安い時給で老後も働かないといけないような状態になるかもしれないのです。

老後に家を借りれない?

それだけではありません。お金がギリギリあっても将来家を借りれなくなる可能性があります。

そもそも老人が長い間元気に働けると不動産会社が思ったりしません。しかも年齢が上がると死ぬリスクが上がります。事故物件になったりして、人が嫌がる可能性も高くなるので貸したがりません。

そういったことも考えて正社員は、家をローンで買ったりしています。一方フリーターは、収入が十分ではないのでローンも出来なければ、家を買うこともできません。

確かに年をとっても賃貸の人はいます。しかし何かしらの補償がついている場合がほとんどです。要するに高めの家賃を払っていたり、貯金があり十分な信用があるから大丈夫ということになるのです。そういったものがないと、住むところすら確保できない可能性があります。

もし今正社員になろうとしなかったら、一生フリーターの可能性があります。
以下の記事では、中年フリーターへのインタビュー記事です。興味があれば読んでください。

フリーターで正社員に就職しやすい人とは?

正社員として会社に採用されやすい人は、会社を手段と考えられる人です。

例えば、何かしらのスキル、経験を身につけたいとかでもいいです。要するに辛い場面に遭遇しても頑張れるだけの理由が必要なのです。

「将来〇〇をしたいから、今はこの会社に入って〇〇を経験しなければならない」と言えれば強いです。

自己分析、職種、業界、会社の理解が大切です。

就職とは、自分の過去の延長線上にあるものです。今まであなたがどんなことに興味を持ち、どのような行動をしてきて、様々な経験で何を感じたか、そして今後どうしたいかです。

例えば、今まで会社や個人の方に電話をして、営業の商談を取り付けるテレアポの仕事をしていたとします。

その時に自分で目標を設定して、その目標を達成していく喜びを感じたのであれば、そのことをもう少し深ぼってください。

そうすると、目標に向かってコツコツやるのが得意で、かつ人とコミュニケーションをとることに苦痛を感じない人だと分かります。

そういった人が、向いている仕事は、営業なので営業を目指すと良いです。職種が営業と決まったら、今度は会社や業界選びです。

ここで仮に就職先が土日休みが良いとします。そうなると企業向けに営業をする法人営業がおすすめです。法人営業では、お客さんが企業です。

一般的な会社は、土日休みで会社がやっていないので、自分の会社も土日休みになります。逆にお客さんが一般消費者なら土日は仕事で、休みは平日になる可能性が高いです。

次に決めるのは、何を売るのかです。人との出会いを大切にしたいと言うなら、企業の採用などを支援する人材業界が良いですし、お金を儲けたいなら今流行りのIT業界などがあげられます。今回はお金を稼ぎたいケースにします。

そうなると営業→法人営業(土日休み)→IT業界(金を儲けたい)→営業成績に応じて給与が上がる会社→第1希望A社、第2希望B社などが決まっていきます。それで就職活動のスタートです。

職種、業界、会社選びなどに一貫性がないから不採用になる。

就職活動で上手くいく人って数社~最大10社くらしか受けません、ちゃんと準備して行くからです。面接でも結構楽勝に答えられます。

どうして営業が良いの?→テレアポで数字を追いかけるのが楽しかった。
どうしてIT業界なの?→市場が拡大していて、今後仕事に困らないと思うから。
どうしてこの会社なの?→営業で頑張れば、評価していただけるから。

などです。

どんなことを面接で聞かれてもしっかり、就職先をよくよく考えてからうけているので、面接であたふたしません。会社側も熱意を感じるので採用したくなります。

自分で出来る自信がないなら就職支援を頼みましょう。

上記のようなことを自分で出来ないなら、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼むと良いです。特に仕事に関する知識がないと選択肢の幅が狭まります。

例えば残業が少ない方が良いと思っている人は、事務を目指したりします。しかし事務は求人数が少なくて、中々就職できる人がいません。しかし未経験からでも十分できるインフラエンジニアなら可能性が高いです。

インフラエンジニアって仕事をあなたは、知っていましたか?

このように仕事や業界、会社の理解が少ないと自分の可能性を知らないうちに失ったりします。したがってプロの就職支援を頼んだ方が良いです。

詳しい就職活動の仕方は以下を参考にしてください。

正社員になれる自信がないからといって、資格をとったりするのはおすすめではありません。

正社員になれる自信がない人などは、資格を目指したりします。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。

残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。これは、専門学校、大学に行くことも同様です。

それらの勉強は、かなり時間がかかり、自分の年齢をあげてしまいます。就職においても、転職においても年齢はとても大切な要素です。

資格の勉強を頑張ったけど、それが評価されなかった。もしくは大学に再度通い直したけど、それが評価されなかったなどになった場合は、今より更に正社員への就職が難しくなります。

なのでまず自分が何をしたいのかを明確にしてから、それに必要な資格をとるようにしましょう。

自分の経歴に自信がないなら、無料で研修をうけて就職活動を!

自分の経歴にどうしても自信が持てない方は、研修付きのエージェントがおすすめです。就職活動をする前に、無料で研修を受けさせてくれるので経歴に自信がない方におすすめです。

職種は、営業やITエンジニアなどたくさんあります。
詳しくは以下のページを見てください。