フリーターが就職支援を頼む際、年齢、経験、住んでいる地域によって使い分けましょう。


フリーターが正社員になる際に重要なのが経験と年齢です。

フリーターが正社員になる際に重要視されるのが年齢です。基本的に就職活動、転職活動では、年齢と実績が見られます。

フリーターは、正社員の方と比べると、社会での実績が少ないです。したがって、いきなり即戦力で働けるかというと厳しいと思います。

なので、企業はフリーターを採用する際には将来の成長を考えます。したがって、就職で大切なのは、仕事に対する熱意と年齢です。

同じような熱意で、同じくらいの能力のある人が2人並んでいれば、企業は、若い人を採用します。なので若ければ、若いほど就職に有利です。

なのでなるべく早くに就職活動をしましょう。

フリーター向けの就職支援サービスは、主にエージェントとハローワークです。

世の中には、無料で就職支援をしてくれるサービスがたくさんあります。就職支援を頼めば、無料で求人の紹介や書類選考、面接対策をしてくれます。

基本的にフリーターは、中途で入社します。そうなると、ライバルが正社員で転職をする人です。その競争にフリーターが勝つのは、結構難しいです。

その際に大切になるのが相談役です。その相談役を無料でやってくれるのが、公的な就職支援サービス、 ハローワークと民間の就職支援サービス、エージェントです。

公的というのは、国や地方公共団体がやっているという意味で、民間というのは、普通の会社がやっているという意味です。

細かな話をすると、公的就職支援サービスには、サポステ、ジョブカフェなどもあります。

そんなに重要な話ではないのですが、公的就職支援サービスには、地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)や ジョブカフェ(若年者のためのワンストップサービスセンター) もあります。これらも 公的就職支援サービス です。

ハローワークと同じ場所にあったりしますので、やっていることはほぼ同じです。なのでそこまで気にしないで良いです。

地方で就職したい人や30歳以上の人は、ハローワークがおすすめです。

ハローワークは、良くも悪くも求人がたくさんある。

ハローワークの求人数は、どの求人サイト、エージェントよりも多いです。またハローワークは、全国に設置されていて、日本中の企業がハローワークに登録しています。

というのも、ハローワークは求人掲載料が無料です。求人サイトやエージェントで人を採用しようとすると企業は、お金を払わないといけません。

そのお金を払う必要がないのです。なのでどんな小さな企業でも求人は出せます。日本中に会社は、ありますからその企業が近くのハローワークで求人を出します。

したがって、ハローワークには求人が多いのです。

年齢が30歳を超えると正社員のハードルがぐっと上がる

年齢が30歳以上でフリーターの経験しかないという人は、エージェントを使えないです。

というのもエージェントは、ビジネスモデルが以下のようになっています。

採用したい企業がエージェントにお金を払って、人を紹介してもらっています。要するに、採用したら、その人の給与+エージェントにお金を払わないといけないのです。

なので採用のハードルが上がります。そうなると30歳からエージェントを使って就職は、かなり厳しいと思います。なのでハローワークを使いましょう。

地方で就職したい人もハローワークがおすすめです。

基本的にエージェントは、都心にあります。都心というと、東京、大阪、名古屋、福岡、横浜などです。場所によっては、埼玉、京都、神戸、札幌、宮城、広島などにもあります。

そうなると、地方で就職がしたい人は、エージェントが使えません。というのも仕事って都心に集まります。なのでどうしても拠点を構えようとすると都心になってしまいます。

フリーターが就職支援サービスを使うなら、エージェントがおすすめ。

ハローワークがおすすめな人について話してきました。しかしハローワークとエージェントならエージェントの方がおすすめです。

理由① エージェントの方がブラック企業が少ない

ハローワークとエージェントの大きな違いに、求人掲載料があります。企業が求人を出す際に、ハローワークは、無料で、エージェントは有料です。この違いが大きな差を生み出します。

ハローワークは、よくも悪くも求人の質がバラバラです。中小零細企業など人気がない企業が多いのです。そういった企業が悪事を働かすこともあります。

特に話題になっているのが、ハローワークの求人と実態が全然違うということです。私のもとにも、中退後に就職活動をして正社員で入社したのに、実はアルバイトだったということもありました。

こういったようなトラブルが多くあるのがハローワークです。

エージェントは、ブラック企業を排除してくれます。

民間のエージェントは、ハローワークと違い企業の求人掲載料が有料です。したがって、ある程度のレベルの基準で、ブラック企業をフィルタリングします。

エージェントによっては、エージェントの価値を上げるために徹底的に、ブラック企業をフィルタリングしているところもあります。

なのでどう考えてもハローワークよりエージェントの方が求人の全体的なレベルは、良いわけです。

理由② エージェントの相談員のレベルは、ハローワークより高い

ハローワークがおすすめでない理由のもう1つが相談員のレベルです。ハローワークは、担当者に就職・転職市場に対する知識がほとんどない場合があります。

そもそも公的な就職支援サービスは、最終的に国が守ってくれますから、基本的に頑張らなくても大丈夫なのです。もちろん最低限はやってくれますが、より良くしようと気持ちが薄いです。

一方、民間の就職支援サービスは、普通の会社なので利益が出ないと会社が倒産します。そうなると少しでも良いサービスを作ろうと気持ちが働きます。あなたのやる気や経歴がよければ良いほど熱心にサポートしてくれます。

またキャリアアドバイザーの質もハローワークより良いです。求人をもらう際に、企業から様々な情報をエージェントがもらいます。それを求職者に伝えるので、最新の情報をより正確に持っています。

おすすめのエージェント【3選】

エージェントのおすすめの使い方は、複数応募です。

エージェントでは、キャリアアドバイザーの質が、かなり大切です。 複数のエージェントに登録してもそこまで手間がからない求人紹介型エージェントは、2つ以上に登録しましょう。

求人紹介から書類選考、面接までキャリアアドバイザーと2人3脚でやります。したがって、キャリアアドバイザーの質が就職活動での成否を決めると言っても過言でもありません。

そういったキャリアアドバイザーの質って複数のエージェントに登録すれば、すぐにわかります。エージェント間で比較が出来るからです。

あなたが不安に感じていること、疑問に思っていることについて聞いてもしっかり付き合ってくれ、アドバイスにも説得力があるキャリアアドバイザーが良いキャリアアドバイザーです。

もしキャリアアドバイザーに違和感があったら、キャリアアドバイザーの変更やエージェントの利用を停止しましょう。

【第1位】 口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ

ウズキャリは、評判が他のエージェントと比べて良いのが特徴です。

理由はサポートとブラック企業を紹介しないからです。

ブラック企業に関して他のエージェントより厳しい基準を定めています。会社に入ったんだけど、ブラック企業だからやめたいとウズキャリに相談する人、ウズキャリを通じて就職、転職した人などを調査します。

そしてウズキャリがブラック企業だと認定したら、エージェントがその後求人を断ります。サポートの面でも、無理矢理この企業に申し込ませようとかさせません。

エージェントって人を紹介させて、成り立っているビジネスなので無理矢理でも就職、転職させようとするエージェントもあります。一方でウズキャリは、そういったことをしないと約束しています。

弱点は、IT業界の仕事が多い

以下の資料を見てもらっても分かるようにIT業界、エンジニアの求人をかなり多く保有をしています。

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、6割はエンジニアの仕事です。業種もIT企業が多いです。

したがって、紹介される先がかなりの確率でITに関する仕事でしょう。どうしても、ITエンジニアやIT企業で働きたくないと思う人なら、違うエージェントに申し込むと良いです。

ただ満足度は高いですし、最終的には、多くの人が満足して、自分にあった仕事が見つけられるので、極端な拒否反応がある人以外は、ウズウズで良いのではないかと思います。

相談可能地域  東京、大阪、横浜、名古屋、福岡 、沖縄
ただ上記の都市周辺に就職するなら、その他の地域でも電話・skype相談に対応してくれます。
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可 

【第2位】 取引してきた会社が最多で、リクルート運営の就職shop

就職shopの良さを分かりやすく言うと、あなたの可能性を広げてくれるエージェントです。

就職shopの求人数は、8500社で、既卒、第2新卒向けのエージェントの中で断トツ多いです。

既卒、第2新卒向けのエージェントは、多くても4000社くらいのところ就職shopは、倍です。就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。以下が求人の種類です。

様々な職種、業種、会社規模の求人から就職、転職のプロがあなたの希望を聞いて、求人提案をします。

自分で求人を1つ1つ見ていると自分が知らない仕事とか、求人サイトで、検索しても見つからなかった仕事は、考慮されないままだと思います。

しかし就職shopに登録すれば、毎日のように求人を見て、就職、転職支援をしているキャリアアドバイザーが無料であなたに求人紹介してくれます。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可不可

【第3位】  地方の方でも使えるエージェントDYM就職

DYM就職は、求人数が2000社です。就職shopは、8500社なので、求人数では、就職shopに劣ります。

しかし就職shopにはない地域にDYM就職の拠点があるので、地方の人でも使えます。またDYM就職は、就職shopと同じで色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です 。

なのでDYM就職は、地方に住んでて、様々な選択肢から会社を選びたい人に向いています。

相談可能地域   東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、京都、神戸、三重、愛媛、岡山、広島、福岡、熊本、金沢
サポート対象 学歴不問 30歳まで 学生利用可

もっとたくさんのエージェントを比べたい方へ

もしもっと多くのエージェントを比べたい方がいれば、以下の記事がおすすめです。エージェントの選び方、おすすめのエージェントも紹介しています。