【プロ視点】正社員に就職するのが難しいと感じているフリーターに最高のアドバイスをします。


フリーターが正社員に就職するまでの流れとコツ

フリーターが就職するには、自分がやりたい仕事を見つけて、その職種で求人が出ていないかを確認します。求人を見て、その他もろもろの労働条件を見て、気に入ったら求人に応募します。その後、書類選考、面接をうけて採用が決まれば、就職となります。

就職がすぐ決まる人は、会社に入社する目的が定まっている人です。

正社員として会社に採用されやすい人は、自分の目標を叶えるために会社に入ることが必要だと言える人です。

自分は何かしらのスキル、経験を会社に入って身につけたいでもいいですし、企業に正社員として、入社してからこういったことを経験したいでも何でも良いです。

企業に正社員として就職出来る人は、「将来〇〇をしたいから、今はこの会社に入って〇〇を経験しなければならない」という事が自分の言葉で言える人です。

会社に入社する目的を定めるには、自己分析、職種、業界、会社の理解が大切

就職とは、自分の過去の延長線上にあるものです。今まであなたがどんなことに興味を持ち、どのような行動をしてきて、様々な経験で何を感じたかが大切です。

例えば、今まで会社や個人の方に電話をして、営業の商談を取り付けるテレアポの仕事をしていたとします。

その時に自分でノルマを設定して、そのノルマを達成していく喜びを感じたのであれば、目標に向かってコツコツやるのが得意で、かつ人とコミュニケーションをとることに苦痛に感じない人です。

そういった人が、向いている仕事は、営業なので営業を目指すと良いです。職種が営業と決まったら、今度は会社や業界選びです。

ここで仮に就職先が土日休みが良いとします。そうなると企業向けに営業をする法人営業がおすすめです。法人営業では、自社のお客さんが企業です。

一般的な会社は、土日休みで会社がやっていないので、自分の会社も土日休みになります。逆にお客さんが一般消費者なら土日は仕事で、平日休みになる可能性が高いです。

次に決めるのは、営業で何を売るのかです。人との出会いを大切にしたいと言うなら、企業の採用などを支援する人材業界が良いですし、お金を儲けたいなら今流行りのIT業界などがあげられます。今回はお金を稼ぎたいケースにします。

そうなると営業→法人営業(土日休み)→IT業界(金を儲けたい)→営業成績に応じて給与が上がる会社→第1希望A社、第2希望B社などが決まっていきます。それで就職活動のスタートです。

ほとんどの人が職種、業界、会社選びなどに一貫性がないから不採用になる。

就職活動で上手くいく人って数社~最大10社くらしか受けません、ちゃんと準備して行くからです。面接でも結構楽勝に答えられます。

どうして営業が良いの?→テレアポで数字を追いかけるのが楽しかった。
どうしてIT業界なの?→市場が拡大していて、今後仕事に困らないと思うから。
どうしてこの会社なの?→営業で頑張れば、評価していただけるから。

などです。
どんなことを面接で聞かれてもしっかり、就職先をよくよく考えてからうけているので、面接であたふたしません。なので結構すぐに就職が決まります。

こういったように就職活動には、コツがあります。
就職活動の仕方を詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

フリーターの就職が難しい理由と気持ちの持ち方

フリーターの就職が難しい理由

①フリーターのイメージが悪い

世間一般では、社会からの評価が高いのは、『新卒>1年以上働いている第二新卒>入社半年~1年の第2新卒=既卒(フリーター)>入社半年未満の短期離職者>ニート』です。

新卒だからといって絶対にフリーターより使える人材とは限りませんが、企業は経歴を重視しがちです。なので面接官は、フリーターの方に「ダラダラやってる怠け者」という先入観を持っていることが多いです。それを覆すのが大変です。

②就職活動の方法を知らない

高校卒業時や大学卒業時に就職活動を真剣にやって、企業に就職をした方を除いては、就職活動が初めてになります。

学生の時に就活をしていれば、大学のキャリアセンターや就活セミナーなどで、対策をしっかり立てくれます。しかしフリーターの場合、そういったことをしないので、臨機応変に対応ができず不採用になってしまう人が多いです。場合によっては恥をかいてしまい、それがトラウマになって就活から離れてしまうフリーターの方も多いです。

③人によっては、年齢が高い

就活を始める年齢もとても大切な要素です。年齢によっては、受けられる求人が違います。25歳、27歳、30歳を境に大きく、求人が減ります。大体35歳くらいになると、どこの企業も相手にしなくなります。今より就活が有利になるということはないので、なるべく早く行動をしましょう。

企業から不採用になったらその理由をしっかり理解して、行動し続ける事が大切!それ以外に正社員になる方法はありません。

正社員募集の求人に何十社受けても書類選考が通らなかったり、せっかくいけた面接でも、「フリーターでずっと遊んでただけなんでしょう?」、「あなたを採用するメリットは何ですか?」など面接官から詰められ、あげくの果てに不採用になると「自分を必要としてくれる企業はないのかも…」と落ち込んでしまう人は多いです。

ただそれはあなたが正しく就職活動を理解していないだけです。企業の採用担当は、人が欲しいから求人を出していますし、忙しい時間を空けてわざわざ面接するのは、あなたが採用に値する人物だと思うからです。

自分が不採用になる理由を1つ1つ理解をして改善していくことで正社員としての就職が近づきます。もしもあなたが、フリーターから正社員に就職できないと思ったら、一生できません。

約1か月で8割の人が内定をもらう就職活動の仕方を詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

就職活動の際には、採用されやすい企業とされにくい企業があるのを理解しましょう。

入りやすい業界や会社規模があるのを理解しましょう。

大企業ではなく中小、ベンチャー企業を狙った方が良い

以下の調査はリクルートワークスが調査した結果で、企業規模別の求人倍率です。

引用  http://www.works-i.com/pdf/180426_kyujin.pdf

これを見ると従業員数300人未満の企業の求人倍率は9.91倍となっております。これは1人就職活動をすれば、10社内定が出るということです。(調査対象が新卒の大卒なので評価が高くなっています。)

残りの9社は、欲しい人物がとれていないので採用活動をします。そうするとフリーターの方にもチャンスがやってきます。

確かに、従業員数300人~999人、1000人~4999人、5000人以上の企業は、難しいかもしれません。しかし中小企業など人手不足のところは、十分採用される可能性があります。

IT業界を志望すればかなりの確率で採用される

また業界ごとにも採用のされやすさは、全然違います。
以下は、転職サイトDODAが発表した求人倍率です。

引用  https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/

今は、好景気で全体の求人倍率が2.52です。すなわち、1人当たり就職先が2、3社はあるということです。この平均より高い求人倍率を誇るのは、IT・通信、サービス、メディカルだけです。

特に注目は、IT業界です。求人倍率は、7、05です。
かなりの人材不足になっています。こういった業界は、採用のハードルが下がりますので、かなりのチャンスがあります。

IT業界と言われてもほとんどの方がなじみないと思いますので、以下のページを参考にして、どんな仕事があるかを調べてください。

ただブラック企業には、入らないようにしましょう。

なるべく入りやすい会社に入った方が良いと言ってきました。しかしブラック企業に入った方が良いとは、言っていません。もちろんどんな企業に入るかは、年齢や職歴によります。

ただ知られていないから人気ではないけど、実際に働いてみたら良いと思える企業に入れる可能性は、十分あります。特にBtoB企業が穴場です。新卒の就職人気ランキングでも、消費者向けのサービスをやっている会社の方がなじみがあるので、人気です。

トヨタは車だし、ANAは飛行機だし、三菱UFJは銀行だしみんなが当たり前に使っているから、多くの人が就職する際に選択肢の中に入ります。一方で、新卒3年後の離職率が0%のアイチコーポレーションや国際石油開発帝国というホワイト企業は、知っていますか?

要するに情報戦次第では、ホワイト企業に入れる可能性があります。
ブラック企業に入りたくない方は、以下の記事を参照してください。

フリーターから正社員になるのが難しい人の特徴を暴露します。

理由① 正社員になりたい理由、応募している会社の志望理由がしっかりしていない。

企業の正社員になりたい理由、企業の志望動機がしっかり言えてない人は、中々就職できないです。親や恋人に就職しろと言われて就職活動している人や正社員になれれば何でも良いという人にありがちです。

正社員として会社に採用されやすい人は、自分の目標を叶えるために会社に入ることが必要だと言える人です。

「今まで〇〇な経験をして、その時に△△を感じて、今は××になりたいと思っています。その××になるためには、今まで◇◇の努力をしてきました。◇◇をしている時には、多少辛い思いもしましたが、それでも××になりたいので、御社に入って多少辛いことがあっても頑張ります。」

ぐらいのことは言えないといけません。

フリーターから正社員になりたい理由は、将来家族を持ちたいからとか、将来が不安だとか、自分は何かしらのスキル、経験を会社に入って身につけたいでも何でも良いです。しかしそれと共に考えないといけないことは、会社があなたを採用するメリットです。

会社は、企業の利益に貢献できる人を採用したいと思っています。あなたを採用してもしばらくの間は、会社の利益に貢献できないと思います。その間もあなたの面倒を見ないといけないですし、給料も払わないといけません。会社に入って多少辛いことがあっても辞めない理由をしっかり言えないといけません。

理由② 面接で都合の悪いことを聞かれたら、嘘をついたり、自分を正当化してしまう

世間のフリーターの評価は、高くありません。

そういったこともあり、
「なぜ今まで就職しなかったのですか?」
「学校を卒業してから今まで何をしていたのですか?」
「正社員は大変で、アルバイトは楽だからフリーターをしていたのでは?」
「アルバイトと違って正社員は大変でけど、会社に入ってもやめないですか?」
など、面接では結構キツイ事を聞かれることがあります。

そういった時に、うしろめたさを感じて、自分を正当化したり、自分がしたことに嘘をついたりするとダメです。企業の面接官が言っていることも一理あると思うのでそのことを受け止め、これからは反省して頑張っていきたいというのが良いです。

そうすると面接官もこの人は、自分の過去の過ちを素直に認め、反省できる人なんだなと思ってくれますし、入社後にもあなたがそうやって仕事に取り組んでくれるとイメージしてくれます。

大体厳しい質問が来たとしても、企業が、書類選考を通して、面接しているということは、あなたの経歴を理解してOKだと言っています。なのでこれから頑張っていきたいということを伝えられればOKです。

理由③ 場が和んでなくて、あなたの印象がイマイチ良くない。

面接官も人です。企業が面接をする理由は、一緒に働きたい人を探しているからです。
マナーが悪すぎてもダメなのですが、堅苦しすぎてもダメです。面接の場で多少の笑いが起きたり、和やかな空気で終えられるようにしましょう。

そういったことが重要だという理由は、あなたの能力ではなく、ポテンシャルを見て企業が採用するかを決めるからです。そうなるとあなたが答える質問の内容よりも、印象が良くて一緒に働きたいなと思われる人が面接で受かるってことがあります。自然な感じでかつ、マナーもわきまえていることが大切です。

身だしなみで注意しないといけない点

  • 清潔感のある髪型にする
  • スーツやシャツのシミやシワがないようにする
  • 靴は磨いておく

マナー・話し方で注意しないといけない点

  • 話ていることが早口、声が小さい、話が長すぎたり、短すぎたりする
  • 丁寧に話そうとして、不自然な敬語を使ったり、 リアクションが大きすぎたりして、面接官に不信感をもたれてしまう。
  • 面接官に相づちしない、緊張から表情がこわばり、不愛想な人だと思われ、和やかな空気にならない
  • 面接官に体を向け、しっかり目を見て話さなかったり、背もたれに寄り掛かったり、足を組んだりした態度が大きく見える

イメージとしては仲の良い先輩と後輩ぐらいの感じになれると良いです。遠すぎず、近すぎずです。意外と面接中の自分がどのような感じか分からないので、就職のプロに見てもらったり、鏡の前で話してみたり、スマホで自分が面接をしているところをとってみたりしましょう。

フリーターが面接で失敗しないためのコツを知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

正社員に就職するのが難しいと思うなら、就活のプロに支援を頼んだ方が良いと思います。

正直就職活動が初めてなら、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼んだ方が手っ取り早いです。理由は、求職者自身で自分に合った会社や業界、職種を選べないからです。

例えば残業が少ない方が良いと思っている人は、どの仕事が良いと思いますか?
事務と答える人がいるかもしれません。しかし事務は求人数が少なくて、中々就職できる人がいないので、答えとして微妙です。

未経験からでも十分できるインフラエンジニアと答えるのがベストな回答です。インフラエンジニアって仕事をあなたは、知っていましたか?

このように仕事や業界、会社の理解が少ないと自分の可能性を知らないうちに失ったりして損をします。したがってプロの就職支援を頼んだ方が良いです。

エージェントでは、無料であなたにあった求人紹介、書類選考、面接対策をやってくれます。またプロが話す意見なので、自分では気づかないことも必ず分かります。どのエージェントでも就職率は8割を越えます。

地方で就職したい人は、ハローワークにしか求人がないのでハローワークが良いですか、エージェントに通える人は、エージェントが良いです。

理由は、エージェントが持っている求人は、ブラック企業がかなり少ないです。ハローワークと違って、明らかなブラック企業の求人は、断るので安心して使えます。ハローワークの求人は、求人票と実態が全然違うなどとNHKにも取り上げられていたほどです。

転職エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類、面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。
あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考の対策、企業の面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料でサポートしてくれます。

それ以外の地域に住んでいる方は、以下をクリックしてください。

フリーターが難しいという理由で諦めるとその後人生やばいです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

フリーターの末路が気になる方は、以下のページを読んでください。

時間がたてば、たつほどフリーターから正社員になるのは、難しいです。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターから正社員になりたいと思っている人がその後正社員になったのかを追跡し、フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合に相関があるのか調査しました。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。女性だと結婚したら、やめるのではないかと思われ、さらに不利です。

上の図でも、フリーターの期間が1年以内なら就職率が60%を越えていますが、2年目くらいには40%、5年にもなれば20%です。当たり前ですけど30代とかは、かなりやばいです。