フリーターが正社員に就職する際、おすすめな職種と仕事の選び方は、〇〇です。


フリーターが正社員に就職する際に決めるべきは、業種ではなく、職種

フリーターから企業の正社員に就職する時には、業界ではなく、職種を調べて就職活動をすることをおすすめします。

業種とは、何屋かで、職種は何の仕事をしているかを指しています。
例えば車を販売している人は、業種が自動車業界で、職種は営業職になります。
既卒、第2新卒は、職種を決めないと会社に入れませんし、転職の際もどんな職種で、どんな成果を出したのかが最重視されます。

だから自分が何の仕事をして、生きていくのかを考えて就職してほしいと思います。
理由は、仕事が出来ていれば、仕事を辞めたくなっても、業種、会社間の移動が比較的簡単だからです。年収アップだって目指せますし、嫌な会社に嫌々行かなくてもよくなります。

では、それぞれの職種について解説します。

営業職 (平均年収444万円)

営業職の仕事内容

営業は、自社の製品やサービスをお客様に買ってもらう仕事です。新規に顧客を開拓したり、既存のクライアントへの提案・フォローなどを行います。営業職は、会社の中でもかなり重要な仕事で求人数が多いのも特徴です。

理由はどんなに良い商品やサービスがあっても、売れないとお金になりません。したがって営業がいないと会社はつぶれてしまいます。また商品は、売れれば売れるほど良いので、営業マンの数も多く確保したいと考える企業が多いです。なので求人が多いのです。

営業の良いところ

① 商品が売れるなら、結構仕事が楽。

営業は、良くも悪くも数字で管理されます。商品が売れれば、会社から何かを強く言われることがありません。なので売れている営業マンは、結構自由ですし、仕事をさぼっても怒られなかったりします。他の仕事だと納期とかがあるので、中々そうにはなりません。

また商品が売れるとインセンティブがある場合が多く、年収も上がっていきます。外資系勤務で年収1億円の営業マンも実はいます。

② やりたいことがない人におすすめな仕事

営業は、やりたいことがない人におすすめの仕事です。理由は2つあり、1つ目は色んな業界について知れるからで、2つ目は、ビジネスの基礎が身につくからです。

法人営業とか特になのですが、お客さんが色んな業界にいます。そのため仕事をしていくうちに、自分が知っている仕事を増やすことが出来ます。やりたい仕事が今なくても、仕事をしていくうちにやりたい仕事が見つかるしれません。

また営業職にはビジネスに必要とされる全ての基礎的な要素が詰まっています。商品をどのように売って利益を上げるか考えられる『企画力』、それを顧客や社内に伝える『コミュニケーション能力』、それを実行に移す『行動力』など、業務を通してさまざまな能力を磨けます。

とりあえず営業をしてから、他の仕事に転職をするのもありです。
人気のマーケティング職や事務職などは、営業経験者が有利だったりします。

営業の辛いところ

①数字に管理される

営業は、数字に追われる仕事です。したがって、数字が出ない時はかなり苦痛です。しかも営業ってかなりの数断られます。商品やサービスを買ってくれるお客様は、そう多くありません。

ノルマを達成するため、夜分遅くまで、非常に数多くの企業や個人を訪問しなくてはならない場合があります。 それに、どれだけ頑張ったところで、ノルマを達成できなければ上司からはキツく叱られますし、営業成績の順位も公開されたりするので、成績が出ないと肩身が狭いです。

「断られても、こんなもんだろう」とか、 「数字が出ないなら次はこうしよう」など割り切り&工夫が必要です。

②コミュ障は、かなりきつい

営業は、基本的に人と話す仕事です。したがって、人と付き合うのにストレスを感じる人は、難しいかもしれません。商品やサービスを買ってもらうには、相手の悩みを理解し、解決策として商品やサービスが必要だと思ってもらう必要があります。したがって、相手から話を聞きだして、自分たちの商品を提案すること事が大切です。

営業職についてもっと詳しく知りたい方へ

営業職についての詳しい説明は以下にあるので、興味があれば見てください。

サービス業(平均年収367万円)、販売職 (平均年収327万円)

サービス業、販売職の仕事内容

サービス業、販売職は、基本的にお店を構えて、そこに来たお客さんに商品やサービスを売っていくのが仕事です。販売職の例は、スーパーや家電、携帯ショップの店員などです。サービス業だと、ウェディングプランナー、スポーツトレーナー、塾講師・英会話教室の運営、介護、ホテルのスタッフ、ツアーコンダクターなどがあります。

販売職とサービス業の違いは、売っているものが有形か無形かです。販売職は、目に見える物を売りますが、サービス業は目に見えないサービスを売ります。

営業職とサービス業・販売職の違いは、営業職だと家などの高い商品が売っていることが多いのに対し、販売職は、スーパーやコンビニなど安いものをたくさん売っている場合が多いです。営業職は、1つの物を売る力が必要な一方、販売職は、たくさんの人に商品を売ることがなります。

サービス業、販売職の良いところ

①店舗の経営に携われる

販売職の醍醐味は、何といっても、早くから店舗運営に携われることです。
将来お店を持ちたい人とかは、販売職で働けば、経営者目線で働けるのでお勧めです。

まずはスタッフとして、接客やレジ打ち、商品の品出しと在庫管理、レイアウト決めをして、職務経験を積んでキャリアアップ(店長・支店長など)すると、スタッフのシフト管理や売上管理、本社への報告業務等、運営・経営に関する業務にシフトしていくことが一般的です。

販売職は、基本的にキャリアアップすると店長になりますし、さらにキャリアアップすると何店舗も経営するエリアマネージャーなどになります。営業職と比べると物やサービスを売る力はmないですが、たくさんの人を部下にして成果を出すマネジメント力はつきます。

②自分が好きなものをお客さんに直接売れる

花屋や塾など自分が良いと思えるサービスをお客さんに提供し、喜んでもらえることがやりがいです。物を作る仕事やサポートをする仕事は、お客さんから直接喜んでもらえる機会が少ないですが、サービス業は、良い仕事をすれば、直接喜んでもらえます。

③仕事のイメージがつきやすく、未経験からでも出来る

フリーターの方なら恐らく、サービス業、販売職のアルバイトをしたことがあると思います。飲食、コンビニ、塾などです。アルバイト経験があることなどから、フリーターから正社員になりやすいです。

またこれからデメリットを話しますが、結構ブラックなところも多いのが特徴です。そういったことから、採用のハードルが低く、未経験からでも挑戦しやすいです。学歴不問のところも多いです。

サービス業、販売職の辛いところ

①長時間労働、低賃金の傾向があり離職率が高い

サービス業は、離職率が高いという問題があります。
下記の図は、厚生労働省が発表した業界別離職率です。

引用 厚生労働省

上記で説明した仕事は、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業、福祉業、その他のサービス業に分類されます。

高卒の方の離職率が3年で業界平均だと39.3%なのですが、 宿泊業 63.2% 、娯楽業 59.2% 、教育・学習支援業56.5%、福祉業47%、その他のサービス業 45.3%なので、業界平均よりも高いことが分かります。それらの業界の離職率が高いのは、大卒の方も同じです。

宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業、福祉業、その他のサービス業の離職率が高い理由は、以下です。

  • お客さんの仕事が休みの日が、基本仕事になるため休みが平日になる
  • 労働時間が多いにもかかわらず、平均給与が低く、上り幅も少ない

こういったことを感じ、多くの人が仕事を辞めて、転職していきます。

販売職についてもっと詳しく知りたい方へ

販売職についての詳しい説明は以下にあるので、興味があれば見てください。

サービス業についてもっと詳しく知りたい方へ

サービス業の詳しいことは、以下を参照してください。

ITエンジニア職(平均年収456万円)

ITエンジニアとは、インターネット・スマートフォンなどのITに関する仕事で、生活に不可欠な技術です。システムエンジニア・プログラマー・ネットワークエンジニアなどが当てはまります。

身近な例だと、Facebook,Twitter,Youtubeなどです。ただそういった消費者向けの仕事だけでなく、企業が使うIT製品を作ったりします。 その中には、銀行だったり、国の超大型システムを作っている人もいます。 意外とこちらの仕事の方が多いです。

未経験かつ文系だったりすると、自分でも活躍できる職種なのか疑問に思う人がいるかもしれません。もちろん大変な面もあるのですが。それ以上IT業界は圧倒的に人材が不足していて、需要が高まっているにも関わらず、採用が追いついていない状況です。なので採用される可能性は十分あります。

ITエンジニアの良いところ

①キャリアが多様

IT業界は、色んな職種があります。ITエンジニアになったら最初は、プログラミングなどの下流工程をすると思いますが、ある程度時間がたったらどれに向いているかを見極め転職できます。

セールスエンジニアなら営業ですし、SEだったらプロジェクトのマネジメントが出来ます。また企業の経営課題をITで解決するコンサルタントの道もありますし、そのまま技術を磨きITエンジニアとして、生きていくこともできます。キャリアが多様なのです。

②手に職がつき、社会から評価れやすい

また技術職なので、 資格や専門知識を武器にして働けます。 需要が高い職種なので、 市場価値が上がりやすく、年収アップや転職もしやすいです。

またIT業界は実力主義の風潮があります。そのため年齢や勤続年数ではなく、スキルや実績が高く評価されます。IT業界は日々の学習や仕事の成果が、自らの収入に結びつきやすく、スキルを高めている人ほど、転職の際「自分の希望する条件」で採用される確率が高くなります。

③働き方が多様

またIT業界は、働き方も自由です。ネットやパソコン環境さえ整っていればオフィスにいなくても業務を遂行することが可能な職種もあります。特に女性の場合は、出産や子育てで仕事と家庭を両立することが難しくなりますが、自宅で勤務することができるという点でも魅力でしょう。

男性の方でもフリーランスや起業もしやすいので、独立した人やたくさんお金を稼ぎたい人などにもおすすめの仕事となっています。

IT業界の辛いところ

①勉強が大変

ITエンジニアは常に最新の技術を勉強する必要があります。顧客のニーズに応えることはもちろん、技術の移り変わりが激しいITの世界では、自分が得意としている技術が陳腐化し、使われなくなる可能性もあります。

第一線で活躍し続けるためにも、常に新しい技術を学び、現場で活用することが求められますが、そのための学習が家庭や健康面の事情で難しくなることも多いです。

②納期や仕様変更に付き合わないといけない

ITエンジニアにとって辛いのは納期を必ず守らなければならないことです。たとえスケジュールが組まれていても、計画したスケジュールから変わることも多く、トラブルや各工程での遅延が発生すると、後工程に影響が生じます。

最終的な納期はずらすことができない場合も多く、納期を守るための残業や休日出勤などが発生し、エンジニアにとって負担となる場合があります。

IT系の仕事の詳細は、以下をご覧ください。

フリーターの就職ではメジャーではないが、チャレンジ可能な職種

マーケティング職 (平均年収450万円)

未経験でマーケティング職につくのは難しいですが、近年インターネットの利用者も増えており、Webマーケティングの需要は、かなり増えています。

Webマーケティングとは、会社が売りたい商品を買ってもらうために、多くの消費者を”集客”し、Webサイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。

具体的なWebマーケティングの仕事、検索エンジンからの流入を狙うSEO施策、GoogleやYahooに広告料を払い、広告を見てもらうリスティング広告、SNSから商品を買ってもらうSNS広告など様々な広告手段を使って集客します。

ただ未経験の方が、Webマーケティングをするのは、かなり厳しいです。
就職活動をするにも研修が必要ですので、こちらのサイトの利用を検討してください。

施工管理 (平均年収440万円)

施工管理(現場監督)は、建築現場の監督です。建物の着工~完成まで一貫して管理するので、職人さんのように一部分に特化したお仕事ではなく総合的に現場を管理するお仕事です。

具体的には安全管理、品質管理、工程管理が主な業務になっています。
安全管理とは、日々の現場で事故が発生しないよう未然に防止する為の業務になります。次に品質管理とは、設計図面通りに施工されているかを確認し、記録していきます。工程管理とは、建物の工事期間を守るために、各作業の日程を調整することです。

施工管理になりたい方は、 こちらのサイトがおすすめです。

工場長 (平均年収467万円)

商品の生産を手伝う職業です。車や食料品など物を大量生産するなら工場が必要になります。

いつまでに何をどのくらい生産してほしいと会社から言われて、それを作ります。最初は、工場でどんな仕事があるのかなど理解しないといけませんから、色々な仕事をやります。その後工場長として、部下を持ちながら生産管理をします。

工場長になりたい方は、 こちらのサイトがおすすめです。

デザイナー (平均年収379万円)

デザイナーとは、製品やポスター、雑誌書籍の表紙やレイアウトなど、さまざまなもののデザインを手がける仕事です。デザイナーの活動する業界は多岐にわたるため、活動内容によって求められる知識やセンスも少しずつ異なります。

お店のレイアウトを考えるデザイナーや商品のパッケージを考えるパッケージデザイナー、Webサイトのデザインを考えるWebデザイナーなどたくさんの種類があります。 少し変わったものでいうと、設計者やデザイナーが考えた建物の設計図を図面や3DのデータにするCADオペレーターもあります。

デザイナーになりたい方は、 こちらのサイトがおすすめです。

事務職(平均年収330万円)

バックオフィス系でもっとも就職できる可能性があるのが、事務の仕事です。

事務職とは、 他の社員がスムーズに仕事が行えるように支援する仕事です。 書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などをします。

専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能だったり、他の職種に比べて残業が少なかったりするので、事務職は女性に人気です。

事務職について詳しく知りたい方は、以下をクリックしてください。

芸能人のマネージャー(平均年収323万円)

担当するタレントの魅力を見いだし、その魅力が最大限に発揮できるよう環境を整えることが芸能マネージャーの仕事です。

仕事は大きく分けると2つあります。1つは、タレントのスケジュール管理や現場同行などを行うマネジメント。もう1つは、タレントの仕事をとってきたり、ギャラの交渉をしたりという営業的な仕事です。

より多くの人に知ってもらうための戦略を考え、可能性のある分野を見極めていきます。常に人に見られることを意識するタレントはストレスを抱えやすいため、相談に乗ったり、アドバイスをしたり、精神的な支えになることも重要な役割です。

芸能人のマネージャーになりたい方は、 こちらのサイトがおすすめです。

運輸・配送・倉庫(約300万円)

運輸・配送・倉庫関連の職種は、商品を安全に配送したり、商品の保管や管理を行う職種です。

求人条件では学歴や経験を問われることが少なく、運転免許(マニュアル車)か中型自動車免許(4t車)を持っていれば、ほとんどの求人に応募できます。常に人手不足の業界なので求人数が多く、フリーターが応募できる条件の求人が見つかりやすいです。

物流関係は、商品を移動させたり、車の運転が長時間・長距離になることがあるので、健康で体力がある人に向いています。

車の運転が好きな人や、フォークリフトや大型自動車の免許を取りたいと思っている人は、それらが活かせる職種なので企業側にアピールしていきましょう。

色々な仕事があって、自分で職種や会社を選べない方へ

職種選びの前にまずは、自己分析をしましょう。

正社員へ就職する際に考えなくてはいけないことは、職種選びと会社選びです。しかしそういったものを決められない場合は、自己分析をすると良いです。自己分析というのは、自分がどのような仕事につきたいかを条件で書いてみることです。

例えば給料が良い企業が良いとか、残業が少ない仕事が良いとか自分が仕事をする上で大切にしたいことを書きだし、優先順位を決めます。それに当てはまる会社、業界、職種を調べて、そこに申し込むというのが一般的です。職種ありきではありません。

やり方は、いったん働く上で大切にしたいことを本音ベースで全部書いてみます。残業が少ない会社が良いでも、福利厚生のしっかりしている会社が良いでも、年間休日が多い会社が良いなどです。それで自分が望む条件と世の中が望む条件(求人)をすり合わせていき、最後に仕事が決まるのです。

自己分析の具体的なやり方(例、社長になりたいAさん)

例えば、将来起業をして社長になりたい人がいたとします。(社長になりたいではなくて、なるべく安定した仕事につきたいでも、スキルが身につく仕事につきたいでも何でも良いですよ。)

今現在フリーターから社長になるまでの道のりを逆算すると、様々な能力が足りないことに気づきます。例えば、人を上手く使うマネジメント能力、お金のことに関する財務・経理の能力などです。いきなり全部は無理ですから、まず最初にした方が良いことは何だろうかを考えます。

その結果、会社を作ったら、商品やサービスを売れなければならないので、まず営業が出来ることが最優先事項になったりします。それ以外に必要な条件と言えば、将来社長になりたいわけですから、社長から直々に仕事を教えてもらえる環境にいた方が目標を叶えやすいでしょう。

なので営業職で、社長と距離が近い中小企業を探していきます。中小企業を選ぶ際に大切なことは、社長が尊敬できるかです。しかしここで問題になるのが世の中の中小企業はあまりにも数が多いので、調べ切れません。したがって業界を絞りこみます。

将来社長にとして成功することが大切になってきますので、そうなると候補は、伸びている業界に行くとこです。業界が伸びているということは、お客さんの数が増えているので、起業が成功しやすくなります。そうするとIT業界や介護の業界などが例にあげられます。これで会社を特定できるほどの条件が整いました。

Aさんの正社員へ転職するためのMUST条件

  • 営業のスキルを身につけること
  • 尊敬できる起業家の下で働けること
  • 成長産業であるITや介護の業界に行くこと

これらの条件に合う、企業を探していきます。この人の場合は、残業代や、給与、休日、福利厚生は優先順位として低いです。

そうするとIT業界で、社長との距離が近い中小企業、かつ社長が尊敬できる会社をリストアップをして、志望企業に優先順位をつけ、会社の求人に応募します。

自分がどの仕事に向いているかが分からない人は、プロを頼った方が良いです

自分で適性が分からない、もしくは自己分析から、会社、業界研究を1人でやる自信がないという方は、プロの就職、転職を支援している人にアドバイスを頂きながら就職活動をしたほうが良いと思います。

正社員から正社員の転職の時も、フリーターから正社員への転職の時も、自己分析をしっかりして、就職、転職の軸を明確にするが大切です。そこをしっかりやらないと面接や書類選考で「何でこの会社に入りたいのですか?」と採用担当者に言われても、「この会社のこの部分が他の会社にはない良い特徴だから入りたいんです」と言えません。

仮に自己分析をしないで、正社員として企業に入社できたとしても、入社後に困ります。「こんなはずではなかったのに」、「自分と会社があってなくて不満だらけ」だとかになって会社と自分のミスマッチが生じます。

したがってプロを頼りながら就職活動をするのがおすすめです。
そういった就職活動のやり方は、以下に詳しく載せましたので、見てください。

フリーターが職種選びの際に知ってほしい、正社員に就職した方が良い理由

正社員の仕事は、時給を上げられるがフリーターの仕事は上げられない

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと社会保険料をしっかり払っているので、生活が安定しています。

フリーターの収入が上がっていかない理由

アルバイトの仕事は、基本的にやる気があれば、誰でもできる仕事に企業は、設計しています。
高いスキルが必要とされないので、ある程度の労働条件を出せば、多くの人が応募してきます。仕事に応募してきた人の中から安い人件費で、多く会社に貢献する人が採用されます。

もちろんバイトでも働いたら大変なんですけど、仕事の設計上努力をしても、中々時間給が上がらない仕事をしているんで、企業は、給与を中々上げられないのです。

企業の人件費割合は、2~3割くらいです。ということは、年収1千万が欲しかったら、あなた3000万円~5000万円くらいの売上を出す必要があります。会社員は部下を持って他人にお金を稼いでもらったり、スキルを付けることで、自分の時間給を増やします。それは、フリーターのままではできないと思います。

フリーターの末路が気になる人は、以下の記事を読んでください。