インタビューで分かったフリーターの末路!


40歳のフリーターにインタビュー! 
あなたはフリーターで良かったですか?

質問
質問
初めまして。今日はインタビューお願いします。
まずは、簡単にご経歴を良いですか?
大学を卒業し、正社員として、就職をしました。しかしそこで上司と上手くいかなくて、退社をしました。それ以来約20年フリーターを続け、今は、42歳です。中年フリーターになります。仕事は、転々としてもう既に100社以上の会社でバイトをしたと思います。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
分かりました。今現在どのような生活をしているのですか?
派遣会社の仕事依頼状況やバイトのシフトの問題もありますが、ざっくりいうと時給1000円で1日8時間労働、週5日で、月収が約16万円。年収だとおよそ190万円です。
利用者
利用者
それ以外に税金とかがとられて、手取りは150万円くらいです。
家は、1ルームに住み、家賃は、3万6千円。水道代3000円、ガス代6000円、電気代3000円、食費3万円、通信費が1万円で約9万円の出費です。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
仕事しながら、節約を頑張って手元に残るのは月に3万程度。
ギリギリ生活が出来るという感じですね。
本当にそうです。
他のフリーターだと働き詰めで年収が300万円くらいの人もいます。ただ自分は休みの時間が欲しかったりもしますので…。
とにかく節約などをして、何とか生活をしている感じです。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
では、フリーターをしていて、大変だと思うことはどういうときですか?
やはりお金に苦労しますね。
利用者
利用者
質問
質問
具体的に言うとどういうことですか?
シフトであろうと、派遣であろうと仕事が毎回希望通りにもらえるとも限りません。年始などは、仕事が全然ない場合もあり、そういった時は、収入が減ってしまいます。
利用者
利用者
複数の派遣に登録して、仕事の依頼を毎日単発でも仕事をもらっていたのですが、月に10日程度しか勤務できない時もありました。そういった時は、家計が赤字になってしまいます。
利用者
利用者
質問
質問
お金がない時はどうするのですか?
仕事をもらえるように頼んだり、貯金していたお金を切り崩したりします。それでも支払いが滞ってしまうこともあるのですか…。
利用者
利用者
質問
質問
支払いが滞るとどうなるのですか?
電気代の支払いが出来ず、電気を止められたこともありました。それから電気代を支払えるようになるまでは、ろうそくで光を照らしていました。その時は、冬でしたし電気が使えないので、暖房もストーブもありません。寝ていても寒くて、眠りが浅くとてもつらかったのを覚えています。
利用者
利用者
水道が止まったこともあります。これは、本当に困りました。トイレを流せないし、水が飲めないんです。だからトイレに行くときは、基本近くのコンビニとかを使って用を足していました。しかし水は、それ以外でも水が必要です。その場合は、夜近くの公園にバケツを持っていき、水を汲んで持ち帰っていました。
利用者
利用者
質問
質問
それは、大変ですね…。
もっと大変なこともありました。
一時期、重い荷物を運搬する仕事をしていたんですが、腰を痛めて、仕事が出来なくなってしまったんです。その時は、本当に地獄のような日々でした。まず腰が痛くて外に中々出られなかったのです。その間仕事も出来なかったので、お金も入りません。
利用者
利用者
両親や仲間とも疎遠をしてしまい、頼る人もいません。ただお金のことが頭から離れず、食事などがもったいないと思い、毎日水道水を飲んで空腹を満たす生活をしていました。しばらくして治ったのですが、その時は、痛みとお金の心配の両方があり不安でした。もしかしたらこのまま死ぬんじゃないかと思いました。
利用者
利用者
その時の恐怖があり、今でも将来の不安が尽きません…。
利用者
利用者
質問
質問
再就職をしようと思わなかったのですか?
今の年齢と経歴だと無理だと思います。
利用者
利用者
質問
質問
若いころにどうにかしようと思わなかったのですか?
正直若いころは、このような堕落した人になるとは、思っていませんでした。どうにかなるだろうと思っていたんだと思います。だから普通の社会人が乗り越えるような壁と向き合うこともなく、嫌なことからは逃げ、すべてが中途半端になってしまい、社会人としても、人間としても成長が出来ず、今このような現状になってしまったんだと思います。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
今の状況に自分はどう思いますか?
今のような生活を続けていくしかないと思います。
フリーターは、社会の底辺だと言われます。もちろんそのような扱いをされていますから、それは、合っている部分もあります。
利用者
利用者
ただ私の知っているフリーターは、今の状況が辛くなって、詐欺に手を染めたり、カード会社から多額の借金をして返せなくなり消息が消えた人もいます。今のままフリーターをしたとしても、少しは、社会の役に立っていると思っています。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
最後に若いフリーターの方にメッセージをお願いしても良いですか?
時間は過ぎるということを忘れないでください。私は若いころサラリーマンをやっていて、大変さも分かりますからフリーターも悪くないと思います。ただフリーターになるとお金に困る人生でもあるのです。
利用者
利用者
またある一定の時間が過ぎたら、正社員になるのが難しくもなってきます。中年のおっさんフリーターが今更正社員に戻れたりしないのです。なので特に若い人は、本当にフリーターのままで良いのかは、考えてほしいですね。
利用者
利用者
質問
質問
これでインタビューは終了になります。
ありがとうございました。

インタビューをして感じたフリーターに対する想い

フリーターの方は、フリーターの方で一生懸命生きているんだと感じました。節約や生活の知恵などは、とても素晴らしいものがあると思いました。その一方お金に関しては不自由が多いだろうなと思います。

フリーターは、自由で呑気な人だと世間は言います。しかしそれは、違うと思います。お金がなければ自由にはなれません。食費、住居費、光熱費、老後のお金など生活に最低限必要なお金は、働いて稼がないといけません。

お金がないと選択肢が多くないのです。お金があることで選択肢が生まれるのです。お金がなければ、お金に振り回される人生を歩まなくてはならなく、不自由な人生になってしまいます。

今現在フリーターの人も35歳までは、正社員になれる可能性はありますから、考えてみてはどうでしょうか?就職活動のやり方は以下に書いてあります。

フリーターでいることのデメリット

デメリット① お金に振り回された不自由な人生になる

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと社会保険料をしっかり払っているので、生活が安定しています。

フリーターの収入が上がっていかない理由

アルバイトの仕事は、基本的にやる気があれば、誰でもできる仕事に企業は、設計しています。
高いスキルが必要とされないので、ある程度の労働条件を出せば、多くの人が応募してきます。仕事に応募してきた人の中から安い人件費で、多く会社に貢献する人が採用されます。

もちろんバイトでも働いたら大変なんですけど、仕事の設計上努力をしても、中々時間給が上がらない仕事をしているんで、企業は、給与を中々上げられないのです。

企業の人件費割合は、2~3割くらいです。ということは、年収1千万が欲しかったら、あなた3000万円~5000万円くらいの売上を出す必要があります。会社員は部下を持って他人にお金を稼いでもらったり、スキルを付けることで、自分の時間給を増やします。それは、フリーターのままではできないと思います。

デメリット② 老後もフリーターでいないといけない。

日本の平均寿命は、85歳です。
65歳で定年を迎えるとしたら、20年間生活できるだけのお金が必要です。
月々10万円の生活費が必要だとしても、年間120万円。
それを20年なので、20年×120万円=2400万円が必要です。

このお金をどうしますか?
フリーターの方は、年金を払っていない方が多いのが現状です。国民年金は、毎月1万6000円の支払いを20歳から60歳までやれば、老後月々5万5000円もらえます。

年金は最低10年は、払わないと1円ももらえません。例え10年払ったとしても、それ以外で払わなかったら、払わなかった分だけもらえる年金の額が減ります。

1か月の出費が10万円で、年金が5万円。それで20年なら20年×(10万円ー5万円)×12か月=1200万円の貯蓄が最低必要です。上記のインタビューした人だと月々の貯蓄が3万円なので、3万円×12か月×40年で=1440万円です。ぎりぎり生きていけますけど、40年間、毎月5000円以上の贅沢品を買えません。こんな生活続けられないと思います。

会社員の方は、年金が月に15、16万円は、もらうので生活がかなり安定します。

③結婚して、子供を産むことをあきらめないといけない。

子供を1人産んで大人まで、育てるには3000万円かかると言われています。
このお金は、どうします?

そもそも男性フリーターの場合、結婚にたどり着かない可能性が極めて高い

以下は、男性の収入別未婚率です。

引用  https://president.jp/articles/-/20926?page=2

収入が低ければ、低いほど未婚率が増えています。

女性は、あまり思っていることを直接的に表現したりしません。また顔も可愛かったら男の人は、女性に妄想しがちになります。かわいい笑顔の裏で女性は、かなりしたたかで、お金を持っていない男性を基本的に相手にしません。

女性フリーターは、結婚して専業主婦になれる可能性があります。ただ夫の奴隷として生きていく覚悟がありますか?

女性フリーターは、金持ちの男性と結婚すれば、一発逆転を狙えると考える人がいます。
ただ金持ちの男性は、かなりモテます。なので高倍率で競争が激しく、中々結婚までたどり着くのが難しいのが現状です。

また運よく金持ちの男性と結婚できても、今度は旦那の奴隷になるかもしれません。専業主婦は、立場が弱いので、何か旦那に文句を言えば、金を稼いでいるのは、自分なんだから、黙れと言われても言い返せない状況です。以下の方もそのことで悩んでします。

引用  https://okspi.yomiuri.co.jp/top.jsp

自分が好きで選んだ夫が、年をとると自分に愛想をつかし、キャバクラに行ったり、不倫をしたりするようです。今さら自分に出来ることもないし、お金がないから離婚できずにいるそうです。こういった状況になっても耐えられますか?

フリーターにしかなれないという厳しい立場にいるからこのようになるのです。離婚しても収入が得られるならこのようにならないはずです。したがって、仕事と結婚の両方を両立できる人を目指した方が良いと思います。女性のキャリアについての記事は、以下に書かれています。

年齢が上がれば上がるほどブラック企業に就職する確率が増えます。一生フリーターで良いのですか?

未就業の方が就職で大切なのは、仕事に対しての熱意と年齢です。
早くに行動をすることが1番有利なのです。フリーターや中退、ニートから頑張って、起業家になる人だっているのです。なので、大切なのは、あなたが未来をどうしたいかです。

もちろん年齢が若ければ若いほど有利ですが、 35歳までは、フリーターから正社員になれる可能性はあります。 就職活動のやり方を書いておくので、ぜひ参考にしてください。