フリーターの確定申告のやり方を解説!しないとどうなるかも伝えます。


確定申告とは?いくらから確定申告が必要?

フリーターでも、年間の所得額が103万円を越えると所得税を納める義務がでてきます。

確定申告とは、税金に関する手続きのことです。1月1月から12月31日までで稼いだ給料を合算し、それにかかる税金を計算します。

そこで算出された数字を基に住民税などの税金を払うので、しっかりやらないといけません。確定申告の期間は、基本的に翌年の2月16日〜3月15日です。

ちなみに所得税が何か分からない人は、以下のページを参考にして下さい。

確定申告が必要な人と不要な人

収入が103万円を超えると所得税を払う義務がありますので、確定申告が必要です。しかし確定申告を会社がやってくれる場合があります。

フリーターでも2ヶ月以上同じ職場で働いていて、月の給料が88,000円以上ならば、「源泉徴収」という形で給与から所得税が引かれていますので、あなたは何もする必要がありません。しかし確定申告を自分でやらないといけない人もいます。

確定申告が必要な人① 会社が年末調整をしていない

年末調整とは、給与から天引きされている所得税の過不足を計算して調整するための手続きです。フリーターであっても、1箇所に勤めていれば年末調整されることになります。

一定期間継続的に同じ会社に勤めていない日雇い労働の方や所得税を払っていたけど、途中で会社を辞めてしまった人などは会社が年末調整をしてくれません。

例えば月々20万円の収入があれば、所得税を払わないといけませんから、会社が源泉徴収という形で、給料から所得税を引いた手取りが支払われています。しかし4か月ほどで退社をすれば、収入は1年で80万円なので、所得税を払う必要がありません。その場合、確定申告に行くと、払いすぎたお金が戻ってきます。

その他、税金が控除されるようなことをやったにもかかわらず、会社に報告をしていない人も得をします。代表的なものは、社会保険控除、生命保険料控除、医療費控除などがあります。

確定申告が必要な人② 副業やバイト先の掛け持ちなどをしていて、収入をもらう場所が2つ以上ある

2か所以上から給料をもらっていて、収入の多くない給与の合計額が20万円以上の人も確定申告が必要です。

2ヶ所以上でバイトをしていると、給与の区分が「主たる給与」と「従たる給与」の二つになります。主たる給与とは、年末調整をしてもらっている勤務先からもらう給与であり、従たる給与がそれ以外の勤め先からもらう給与のことです。

主たる給与以外の所得の合計金額が、20万円以上となった場合は、本人による確定申告が必要となります。アルバイト先が2つある人以外にも「副業」をやっている場合は申告が必要です。

ただ副業の場合は、注意が必要で所得=入ってきたお金(収入)- 仕事で使ったお金(経費)になりますので、儲けが20万円以上の人のみです。

確定申告のやり方、書き方を解説!

確定申告をするために準備をしないといけないこと

確定申告は、年末調整と違い、勤務先で行ってくれないので、自分で書類を用意して手続きしなければなりません。また、申告する時期というものも決まっており、申告期間は仕事をした翌年の2/16~3/15です。前年の税金を申告して支払うことになります。

まず、手続きに必要となる書類を準備しなければなりません。人により必要書類の種類が異なり、複数存在するので、自身の場合に照らし合わせて確認が必要です。必ず必要となる書類は源泉徴収票と確定申告書です。

源泉徴収票とは、年間の給与と税金の額が記されているものであり、アルバイトや派遣、単発バイトなどといった勤務先からもらうことができます。複数の勤務先に勤めているならば、すべての勤務先からもらう必要があり、手元にないならば、勤務先へと連絡すればもらえます。

また、確定申告書も必要です。確定申告書は、手続きのための申請書類であり、税務署で直接もらうか、国税庁のホームページからのダウンロードで手に入れることができます。

このほか、各種控除を受けるのならば、医療費の領収書や社会保険料などの控除証明書も必要となります。そして、本人確認のためのマイナンバーや身元確認書類も用意します。

これらの必要書類を用意したならば、確定申告書に必要事項を書き込み、税務署に直接提出するか、郵送して完了です。この際印鑑が必要となります。

詳しいことが分からなかったら税務署に相談をすればOK

用意するべき書類がわかっても、確定申告の具体的なやり方がわからない人がほとんどではないでしょうか。そんな人は税務署に相談するのもありです。確定申告時期になると税務署などに相談会場が設けられます。

国税庁のホームページを見てもまだわからないことがある場合は、そちらに出向けば申告書用紙や各種届出書などの交付、申告書作成のためのアドバイスを受けることができます。

確定申告書類の提出方法

直接税務署へ確定申告書類を提出

一番オーソドックスな提出方法が、税務署へ直接確定申告書類を持っていく方法です。税務署の窓口で提出すれば完了です。

毎年、確定申告の時期には税務署がかなり混み合います。混み具合によっては窓口に確定申告書を提出するだけであっても、建物の外まで列を作り、1時間以上もの間並ぶこともあるほどです。

提出箱に確定申告書類を投函

窓口に提出するのではなくて、税務署に設置されている提出箱に投函することで、長時間列に並ぶことなく提出するという方法もあります。

しかしながら、この方法で提出したのであれば受付印が押された確定申告書の控えはもらえません。

受付印が押してある申告書は、金融機関におけるローンの審査などで必要なことがあり、もしもこのようなことで使うことがないのであれば、控えはもらわなくても良いでしょう。

郵送で確定申告書類を提出

また、税務署へわざわざ出向かなくても、郵送で確定申告書類を提出することも可能です。

しかしこの方法で提出する際には、最低限の書類のチェックを税務署員から受けることは不可能なので、確定申告をするのが初めての人や慣れていない人にはあまりおすすめではありません。

確定申告の提出期限が3月15日の場合には、通信日付印が3月15日であれば期間内による提出となります。所轄の税務署を調べたいのであれば、国税庁のWebサイトで調べることができます。

ネットで確定申告書類を提出

インターネットで行う確定申告の方法として、書類の作成から申告までのすべての流れをインターネットでするe-Taxがあります。

この方法で申告するのであれば、専用の周辺機器を準備したり、電子証明書を取得したりしなくてはなりません。インターネットで本人の確認をする場合には、電子証明書が搭載されているマイナンバーカード及び市販のICカードリーダーが必要なのですが、これは前もって税務署で作っておく必要があります。

ただそういった面倒なことが終われば、 e-Tax で簡単に操作が出来ます。e-Taxでの操作方法や手続きについては、問い合わせ専用の窓口もあります。

e-Taxは確定申告の期間中には、24時間いつでも利用することが可能なので、昼間の時間帯は忙しくてなかなか確定申告の書類を作る作業ができない人にとっては最適だと言えるでしょう。

確定申告をしていないとどうなる?忘れた場合もやばい…。

確定申告をしないとばれますよ。

確定申告をやらないと国にばれます。会社やバイト先から支払われたお給料は、 事業者が「支払調書」という形で税務署に報告しています。これは法律で決まっていることです。

そのため、お給料や報酬をもらっているのに確定申告をしないと、国から疑われます。もしかしたら脱税額が少なかったら、税務署は、わざわざ調査しに来ないかもしれません。ただしばらくほっといておくと、突然やってくる可能性があります。

税金の支払いが十分でないとばれると更に重い税金の支払いをしないといけません。

確定申告をすると税金がとられてしまい、収入が少ない場合は負担となります。だからと言って確定申告を怠ってしまうと、後々ペナルティが発生するので、注意が必要です。

少なく申告した場合には過少申告加算税が、悪意を持って意図的に申告しなければ重加算税といった、厳しいペナルティがあります。

確定申告が遅れれば、延滞税

確定申告を怠った場合に発生するペナルティのひとつが、延滞税です。決められた期日までに所得税を支払わなかった場合にかかっていくペナルティです。期限の日の翌日から納付した日数までに応じて加算されていきます。

利率は年度によって異なりますが、2か月延滞すれば2.9%、それ以降は9.2%となります。

確定申告が遅れれば、無申告加算税

無申告加算税は、納税すべき税金を申告し忘れたり、申告しなかったりする場合に発生するものです。

50万円以下の無申告ならば15%、それ以上ならば20%と割合に応じて支払うこととなります。ただし、税務署の調査によって発覚する前に支払った場合は、5%に減額されます。

フリーターから正社員になれば、確定申告をする必要もありませんし、収入も上がります。

確定申告は、結構面倒だったりします。しかし正社員になれば、基本的に会社がやってくれます。また正社員になると収入も増えます。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと社会保険料をしっかり払っているので、生活が安定しています。

フリーターの収入が上がっていかない理由

アルバイトの仕事は、基本的にやる気があれば、誰でもできる仕事に企業は、設計しています。
高いスキルが必要とされないので、ある程度の労働条件を出せば、多くの人が応募してきます。仕事に応募してきた人の中から安い人件費で、多く会社に貢献する人が採用されます。

もちろんバイトでも働いたら大変なんですけど、仕事の設計上努力をしても、中々時間給が上がらない仕事をしているんで、企業は、給与を中々上げられないのです。

企業の人件費割合は、2~3割くらいです。ということは、年収1千万が欲しかったら、あなた3000万円~5000万円くらいの売上を出す必要があります。会社員は部下を持って他人にお金を稼いでもらったり、スキルを付けることで、自分の時間給を増やします。それは、フリーターのままではできないと思います。

フリーターの末路が気になる方は、以下のページを読んでください。