フリーターが1人暮らしは、結構厳しい…。実家を出たいなら、〇〇の方が良いと思います。


1人暮らしするには、初期費用と毎月の生活費両方を貯めないといけません。

1人暮らしをするためには、初期費用と毎月の生活費の両方を貯めないといけません。初期費用は、最初に払えば後は必要ありません。一方、生活費は毎月払わないといけないお金です。1人暮らしを始める際には、最低初期費用分の貯金をして、毎月生活費分を稼がないといけません。

初期費用には、1人暮らしを始める際に必要な賃貸契約費、引っ越し代、日用品費が含まれます。全部で30万~40万くらいはかかってしまいます。

賃貸契約費は、およそ家賃4、5か月分がかかります。1部屋の家賃相場は、全国平均で5万円ほどなのでおよそ20~25万ほどかかります。引っ越し代は3万。日用品費は、洗濯機、冷蔵庫、寝具などの生活に必要な物を自分で買う場合にかかるお金です。自分で全部買おうとすると安くても12万円くらいはかかります。

生活費に関しては、家賃、食費、光熱費、通信費、日用品費、趣味のためのお金がかかります。 家賃、食費、光熱費、通信費、日用品費は、生活に最低限必要なお金です。趣味にかけるお金が日頃の生活を豊かにするお金です。どの程度の生活をしたいかしっかりイメージしてから自分が稼がないといけないお金を計算する必要があります。

家賃は、全国平均だと1部屋5万円です。食費は、2万~3万円、光熱費1万円、通信費5000~1万円、日用品5千円です。なので、生活費は、月に、9万~11万はかかります。

生活費10万円と、趣味やもしもの貯金のことを考えて月2万円を足すと最低12万円くらいは、 手取りで必要です。1年で約150万円になります。そこに社会保険料や税金を考えると約185万円が必要です。そういう人が30万~40万貯金するとやっと1人暮らしの生活が見えてきます。

とんでもない地方に住むなら、もっと安いお金で1人暮らしが出来るかもしれません。しかしある程度都会に住もうと思ったら、そのくらいはかかりますし、場合によってはさらにお金がかかります。

上記の条件が厳しいなら、1人暮らしよりシェアハウスの方が良いです。

これから、1人暮らしの詳細な説明をしていきますが、以上の条件を聞いて今現在厳しいと思うなら、1人暮らしではなく、シェアハウスがおすすめです。シェアハウスなら安いお金で都心に住めます。

1人暮らしだと、初期費用だけで何十万もかかります。しかしシェアハウスだと、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃なども安く、場合によっては、初期費用0円で生活が始められたりします。

また家賃も安くなります。1人暮らしより家賃が数万円安く抑えられている場合が多いです。実家以外の場所で住む際に、1番お金がかかるのは、家賃です。 その家賃が低ければ、 かなり生活が楽になります。

後は食費、通信費、 ガス、電気、インターネット代を含む共益費くらいで住みます。共益費は1万円くらいですので、1人暮らしに比べるとかなり安く済みます。

シェアハウスには、ベット、デスク、クローゼット、wifi、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、TVなども最初から備え付けです。 家具を備え付ける必要もない上、大掛かりな引っ越しも必要ないです。シェアハウスでも個室を与えられ、鍵を閉めることもできる部屋もあるので、便利です。

シェアハウスなら東京で生活するのもめちゃくちゃ苦になるということもないので、色んな遊び、就職活動などを上京してやりたい方は、以下のページを参考にしてください。

東京以外に住みたい人は、オークハウスがおすすめです。

シェアハウスの良さは、初期費用を抑えられることと家賃が安くなることです。

家賃が安くなり、得をするのは都会に住む人です。理由は、地方だとそもそも空き家なども多く家賃がもとから低いのもあり、お得感がありません。なのでシェアハウスに住むなら東京などの都会に上京するのが1番お得です。

しかし東京以外に住みたい人もいるでしょう。
オークハウス は、東京以外にも埼玉、神奈川、千葉、京都、兵庫、大阪にもシェアハウスがあります。シェアハウスに住んだ後の仕事を考えると、入居前に仕事を決めてから行くのがおすすめです。

しかし東京以外に住みたいとなると、シェアハウスの提供+仕事を提供してくれるサービスがありません。なので上記の都市に住みたい人は、まずシェアハウスと契約するのがおすすめです。興味がある方は、【オークハウス】をぜひ使ってください。

これより下は、どうしても1人暮らしにこだわりたい方向けになっています。1人暮らしを始める際に必要なことを話していきます。

1人暮らしをする際の初期費用は、どのくらい?項目と金額

賃貸契約にかかる初期費用

敷金(家賃1か月分程度)

敷金とは賃貸物件を借りる際に保証金として預けておく費用のことです。退去時に部屋が壊れてたりしたまま逃げられると困るので、修理代を前もって請求されます。

敷金は保証金なので、賃貸物件を綺麗に使っていれば、返金されることも多いです。費用は、1人暮らしの場合1ヶ月〜2ヶ月程度です。

礼金 (家賃1か月分程度)

礼金とは賃貸物件を借りる際に、大家さんに「謝礼」として払うものです。預け金である敷金とは違い、謝礼なので戻ってこない費用です。費用は、1人暮らしの場合1ヵ月~2ヵ月程度の場合が多いです。

前家賃 (家賃1か月分程度)

賃貸を借りる時は、入居前に入居月・翌月の家賃を支払うようになっています。入居後1ヶ月分までを前納するのが一般的です。月の最初から入居するのではなく、月の中途半端な日程、例えば11日、15日などの場合は日割り家賃を支払うことになります。

仲介手数料 (家賃1か月分程度)

大家さんから物件を借りたのではなく、不動産会社を通じて物件を借りた場合は、仲介手数料を支払うのが一般的です。料金は、家賃の半ヶ月~1ヶ月分です。

火災保険料(約1万円)

賃貸住宅の火災保険とは、火災などで借りている部屋に損害を与えてしまった場合、原状回復にかかる費用(「大家さんに対する賠償責任」)の補償と、自分の家財を補償するためのものです。

火災保険に入らないともしもの時に、高額な請求をされたり、家財を全部自分で買い替えないといけなくなります。1万円程度で入れますので、火災保険には入りましょう。

鍵交換費用 (約1万円)

鍵交換費用も、契約によりますが借主が負担するのが一般的です。鍵の種類によって金額も変わりますが、だいたい1万円~程度です。

一人暮らしの場合変えない人もいますが、セキュリティ面を考えると多少出費してでも交換しておいた方が良いです。

保証会社利用料 (家賃1か月分程度)

連帯保証人や保証人での契約ができない場合、保証会社を利用する費用がかかることがあります。初めての一人暮らしの場合は、父親や母親などの両親が連帯保証人になる場合が多いです。

しかしやむ追えない事情がある場合や、保証会社に入ることを必須としている場合は必要になります。費用は家賃1か月分程度です。

賃貸契約にかかる初期費用の合計は、大体家賃4、5か月分+2万円

項目 費用の目安 家賃が5万円(全国平均)
の場合
敷金 家賃の1ヵ月分 5万円
礼金 家賃の1ヵ月分 5万円
仲介手数料 家賃の半月分~1ヵ月分 5万円
火災保険料 1万円前後 1万円
鍵の交換代 1万円前後 1万円
前家賃 家賃の1ヵ月分 5万円
保証会社利用料 家賃1か月分
(保証人が要る場合不要)
5万円
合計 家賃4、5か月分+2万円 22~27万円

引っ越し代  約3万円

引越し会社に頼む場合の料金は、トラックの種類&運ぶ人数と時間で決まります。
一人暮らしの引越しは、軽トラ&ドライバー1人で対応してくれる『単身パック』 を利用するとよいでしょう。相場は約「3万円」です。少しでも安くするなら相見積もりをとりましょう。

ただ引越しシーズンも佳境となると料金が高くなったり、予約がとりにくくなることもあります。引っ越しが多い3月、4月は避けるようにしましょう。

他には、レンタカーや友達の車を借りる人がいます。レンタカーは、引越シーズン、連休などの行楽シーズンは大きな車はすぐうまってしまうことも多いので、予約を早めにとるようにしましょう。費用が、1万~2万くらいでおさまることもあります。

日用品代 約12万円

1人暮らしをするうえで必要な日用品と費用は、以下です。

自分の家から持っていけるものは、わざわざ買わないので良いです。したがって以下の料金より安くなるかもしれません。

ただ買うとしたら、最低限以下ぐらいのお金は、必要だと思ってください。 以下の費用は、安いのを買うという前提です。

必要なもの相場費用
洗濯機2万円
掃除機5千円
食器・調理セット1万円
冷蔵庫2万円
炊飯器1万円
電子レンジ8千円
テレビ1万5千円
テーブル5千円
収納5千円
カーテン 5千円
寝具1万円
合計約12万

上記のもの以外にも自分の暮らしの中で日常的に使っているものがあれば、買うか、家から持って行かないといけません。

以上が必要なものとそれにかかる費用です。

1人暮らしをするには、毎月どのくらいの費用が必要?項目と金額

家賃(約5万円)

生活費の中でも大きな負担になるのが「家賃」です。費用は人にもよりますし、最寄駅の相場、駅徒歩、築年、間取りによっても左右されます。

全国賃貸管理ビジネス協会発表の、都市別1部屋の家賃は以下です。

1部屋の家賃
全国平均50351円
北海道42336 円
東京68566円
神奈川57882円
京都50732円
大阪 54693円
福岡 46663円
沖縄43435円

家賃は、全国平均の約5万円くらいを想定した方が良いでしょう。

食費(約3万円)

食費も必ず必要なお金です。1か月は30日あります。1日1000円でも、月に3万円はかかります。

食費を抑えるためには自炊が一番です。毎日コンビ二や外食をする人は、毎日自炊している人に比べ、食費が2倍くらいかかります。毎日自炊をするのは難しい場合でも、なるべく自炊を心がけることで、少しずつ出費を減らすことができます。

それでも月々2万円くらいかかると思います。

水道光熱費(約1万円)

水道光熱費とは、水道代、ガス台、電気代の総称です。 一人暮らしの1ヶ月あたりの光熱費は、全国平均で1万1,380円です。電気代5,392円、 ガス代 3,080円 、水道代2,189円が平均です。

電気代は、季節によって差が出やすいです。夏や冬はエアコンが稼働していることが多くなるので、その分料金も高くなります。

通信費(約1万円)

ネットはWiMAX、スマホは格安SIMなどの合わせ技で、月々の通信費が、5000円~6000円の人も いますが、 大手キャリアのスマホを契約している方も多く、通信費は、平均7,000円~1万円程度が多いです。

日用品(約5千円)

日用品とは、ラップや洗剤、シャンプー、トイレットペーパーなどの消耗品です。衣服もここに含まれます。これらの費用の平均は、5000円くらいになります。

趣味

こちらに関しては、個人差があると思います。本やゲーム、旅行、ドライブなどでかかるお金が全然違います。ただこの趣味の部分で使えるお金が増えると生活が豊かになります。したがって、ここの趣味に毎月どのくらいかけたいかを考えておきましょう。

せっかくの一人暮らしなのに、仕事に追われて後は何もしないだと生活が全く潤いません。ここに回せるお金をしっかり用意しておきましょう。

結局、1人暮らしをするには、どのくらいの収入、貯金が必要?

年収が150万円くらいは、必要

以上の計算だと月々最低約10万くらいは、必要になります。これらのお金は、最低限必要なお金になります。これに趣味やもしもの時の貯金代を2万円足して、最低12万円くらい稼ぐようにしましょう。

そうすると最低手取り12万円です。年収だと約150万円になります。そこに社会保険料や税金を考えると約185万円が必要です。ひと月当たり15万円くらいの稼ぎが必要になります。

時給1000円の仕事なら月々150時間くらい働く必要があります。週5日で4週間働けば、月に20日の労働です。そうすると1日平均7.5時間です。そうなるとほぼ1日8時間労働になります。

そうなると残業のない正社員とほぼ同じ条件で働かないといけません。これなら正社員を目指した方が良いと思います。

フリーターをしながら、1人暮らしすると暮らしが楽にならない。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

非正規雇用の人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと社会保険料をしっかり払っているので、生活が安定しています。

フリーターの収入が上がっていかない理由

アルバイトの仕事は、基本的にやる気があれば、誰でもできる仕事に企業は、設計しています。
高いスキルが必要とされないので、ある程度の労働条件を出せば、多くの人が応募してきます。仕事に応募してきた人の中から安い人件費で、多く会社に貢献する人が採用されます。

もちろんバイトでも働いたら大変なんですけど、仕事の設計上努力をしても、中々時間給が上がらない仕事をしているんで、企業は、給与を中々上げられないのです。

企業の人件費割合は、2~3割くらいです。ということは、年収1千万が欲しかったら、あなた3000万円~5000万円くらいの売上を出す必要があります。会社員は部下を持って他人にお金を稼いでもらったり、スキルを付けることで、自分の時間給を増やします。それは、フリーターのままではできないと思います。

楽をしながら、1人暮らしをするなら正社員になった方が良いです。
就職活動のやり方を知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

フリーターをすると老後は絶望的です。

毎月16,000円の国民年金を満額納めても受給出来る年金は月額にして5~6万円程度です。現在でそれくらいなのでもっと下がっている可能性が高いです。一方で会社員が加入する厚生年金の平均受給額は現在約14万円程度となっています。

国民年金で生活費を賄うことは不可能だと思います。若いうちは老後のためとか言われてもピンと来ないと思いますが、確実にあなたは将来体力がなくなっていきます。そういった状況になっても働かないといけません。

70歳、80歳になってもあなたは働きたいですか?

老後まで何の備えもしないままずっとフリーターでいるとたとえ年金を支払っていても高齢になって仕事を辞めると月5万程度しか収入がなくなるということだけは覚えていた方が良いかもしれません。

どうしてもフリーターのまま1人暮らしをしたい人向けの節約法

初期費用の節約術

日用品は、なるべく自分の家や中古の物を買う以外に安くする方法がありません。他に、引っ越し代を安くするなら、車を持っている友達とかに頼み込むのが有効的です。これらに関しては、安くする選択肢が他にないので、割愛します。

安く物件を確保する方法

物件探しにおいては、次のようなテクニックで抑えることができます。

  • 敷金・礼金ゼロの物件を探す
  • フリーレントの物件を探す
  • 仲介手数料がゼロ、または安い物件を探す

フリーレントの物件とは、入居後の一定期間、家賃を無料にすることができる契約形態です。

不動産の仲介会社は、物件を借主に紹介して、手数料をもらっています。また不動産の仲介会社で持っている物件は、どこも同じです。理由は、レインズという不動産業界全員が見れるデータベースを見て、物件を紹介しているからです。

なのでいくつかの不動産仲介業者に行って、1番安いとこから物件を借りるというスタンスをとっていれば、自然と安くしている業者から借りられます。

礼金がなかったり、不動産会社への仲介手数料が不要、もしくは安い物件を探すことも可能です。大家さんから不動産会社にもお金が支払わられているので、借主からお金を多く取らなくても良い場合があります。

生活費の節約術

家賃の節約

家賃を安くするために、オーナーと直接交渉するのがおすすめです。オーナーは、家賃収入で生計を立てています。なので空室を嫌がります。アパートを所有していて、10部屋あるのに、9部屋空室とかになると、条件交渉に応じやすくなります。

不動産屋に家賃交渉のお願いを頼んで、大家さんが交渉に合意してくれたら、家賃を安くしてくれる可能性があります。数千円くらいなら安くなる可能性があります。

食費の節約

1人暮らしの場合、自炊をするのは当たり前です。しかし自炊より総菜を買った方が安くなることもあるので、自炊にこだわりすぎないことが大切です。 自炊の場合、食材は値段が変動しがちなので、あらかじめ買うものを決めず、そのとき一番安い食材を買って調理する方法がおすすめです。

水道・光熱費の節約

水道、光熱費はこまめに電気を消すようなけちけち節約ではなく、契約事業者を上手に選んで費用を抑える節約が大切です。まず一人暮らしで引越す前に、料金が高くなりやすいプロパンガスの物件は避け、都市ガス物件にすること。

そして、都市ガスと電気の提供事業者はネットで比較して自分の生活スタイルに合った契約プランの事業者で契約することです。多くの場合、電気とガスのセット契約で割引があるので、うまく活用して基本的な料金プランを安くするようにしましょう。

通信費の節約

携帯電話を格安SIM(格安スマホ)に乗り換えると、三大キャリアと契約している場合と比べて1ヶ月の使用料金が半額、または3分の1以下に抑えられることがあります。

ルーターも自宅の据え置きタイプのWi-Fiルーターを使用せずに、モバイルタイプのWi-Fiルーターのみを活用すれば、自宅と外出先のインターネット回線の利用料を、ひとつにまとめることができます。

この両方をやると月に5000円くらいになったりします。