ニートで「就職できない、無理」とか言う奴は、一生そのままだと思います。


ニートで「就職できない、無理」とかいう人のよくある特徴

特徴① 周りの人の意見を気にしすぎている

ニートの方は、自分に自信がない方が多いです。そんな中で、勇気を振り絞って就職を頑張ろうと思っている中、空気の読めないアホが「ニートなんかが就職出来るわけないだろ」みたいなことを言ったりします。

それでニートだとやっぱり無理なのかなとか思って、勇気が出なくなる人がいます。もちろんニートであることは、就職で不利です。しかし完全にできないとも限りません。特に若い人なら再就職が可能だったりします。なのであんまり外部からの意見を真剣にに受け止めない方が良いです。

そういう人って何をしたいか知っていますか?
単純に自分が社会の中で上手くいっていなくて、ストレス発散で言っているだけです。ニートだけがそんな事を言われるわけではありません。金持ちになっても「成金」だとか言われます。結局何かとケチをつけたがるだけの人なので気にしなくても大丈夫ですよ。

特徴② 努力量が足りない

まだ就職活動を始めたこともない人が、「ニートは就職無理、できない」と言っていたりします。自信がないのは分かりますが、就活から逃げていませんか?就活することが不安で怖いので、無理だと決めつけて、やらない理由を探していませんか?

他にも、ニートから就活を始めて、数社不採用になって、落ち込んで「もう就職は無理だ」と諦める人もいます。新卒者でさえ数社落とされることが当たり前なのに、ニートが2~3社落とされただけであきらめるのは早すぎませんか?

もちろん不安な中就活して採用されないと誰でも落ち込みます。しかしこのタイプも、就職は無理と諦めた方が楽になると思っていると思います。

特徴③ 就活の方法を間違っている

努力は、しっかりしているけど就職が中々できない人もいます。正直ニートの就職って大変なので…。

そういった人を見ているととりあえず企業の選考に受けまくるみたいなことをしている人がいます。しかし毎回同じようなところで躓いていたりします。何十社も書類を送れば、数社くらいの面接に行けたりします。そこで、

「なんでこの企業をうけたの?」
「空白期間の間何をしていたの?」

とか聞かれ、結局上手く答えられない。みたいな状況が続いていたりします。そういった人は、就活のコツを覚えてやり方を変えないといけません。

あなたが変わらないとニートのままです。ニートの末路は、結構大変

以上がニートで就職が上手くいかない人のよくある特徴です。指摘されたことの中には、結構言われると辛いこともあったかもしれません。しかしそのままほっておくと、社会復帰の時間も遅れ、どんどん大変になります。

ニートの末路について詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでください。

ニートから就職を目指す場合、年齢と経験で就活のやり方を変えてください。

あなたが就職できるかどうかは、年齢と今までの経験によります。

ニートでも今まで正社員として働いていて、それなりに実績を出してきた。けど数か月休んでしまった場合などは、高齢でも十分社会復帰が出来る可能性があります。

しかしそれ以外の方が、正社員になるには30歳くらいがボーダーになると思ってください。求人が減るタイミングは、25歳、27歳にも訪れます。なので就職は、早ければ早いほど良いと思ってください。

タイプ別に就職活動のやり方を説明します。

空白期間が1年未満で30歳以下の場合

30歳以下で空白期間が1年未満の場合は、普通に就職活動をしましょう。正直半年以上の空白期間があると結構長いです。

ただ若いこともあって許されることもありますから1年未満の場合は普通に就職活動をしましょう。詳しくは以下のページを見てください。

空白期間が1年以上で30歳未満の場合

30歳以下でも空白期間が1年以上の場合は、ちょっと長いなと思われます。

こういった方は、いきなり就職活動は、厳しいと思います。昼夜逆転をずっとしていた人が、いきなり社会復帰して何も問題なく出来るなんてことは、中々考えづらいです。また企業もいきなり採用するのは、かなりハードルが上がってしまいます。

ただしっかり働けるということをアピールすれば、若いこともあって許されることもあります。詳しくは以下のページを見てください。

30歳以上で正社員経験があり、空白期間が半年未満の方

普通に就職活動を早く再開させましょう。正直普通の社会人が3カ月以上空白期間があると、正直長いと思います。早めの就職活動をお勧めします。

就職活動の仕方は、恐らく自分でもわかるはずです。退職した理由、退職期間何をしていたのか?、志望動機や今までの実績をしっかり話して採用されるように努力しましょう。

それ以外の方

それ以外の方は、恐らく特別なケアが必要です。特に長期間ひきこもり、ニート期間があると社会復帰が難しいです。民間の会社の就職支援を頼むと中々難しいですから公的機関を頼りましょう。

詳しくは以下を読んでください。

ニートが就職する際に、やりがちだけどおすすめしてない就職法

①若いのに公的機関に頼り始める

ハローワークやジョブカフェなどの公的機関を若い方が頼るのは、良くないと思います。確かに、就職アドバイザーがついてくれて、個別の就職相談や応募書類の添削、面接対策をマンツーマンで手伝ってくれます。

しかしハロワの求人で労働条件について嘘を書くブラック企業もあります。正社員と言われて入ったら、アルバイト契約だったとかもあります。給料も入ったら、4万円だったということもあります。

ハロワは公的機関で公平性を保つために、どんな企業でもハロワに求人を無料で掲載できます。無料で求人情報を掲載できるので、どんな弱小企業でも求人を掲載することが出来ます。そんな弱小企業が、自分を大きく見せて、求職者に応募させるために嘘をつくのです。

ハロワも頑張ってブラック求人は排除しようと思っても、求人数が多いためすべてを確認できません。ハロワのスタッフが確認できるのは、電話だけです。実際にスタッフが会社に訪問しているわけではないので、求人企業が嘘を求人票に書いていても分かりません。

なので若い方(30歳以下)は、既卒向けの転職エージェントの方がおすすめでしょう。
詳しくは、以下の記事を読んでください。

②バイトや派遣などを挟もうとする

ハロワのトライアル雇用 や、 派遣会社が行っている紹介予定派遣 、アルバイトからの正社員登用を期待する人がいます。確かに、いきなり正社員ではなく、職務責任の少ない仕事から徐々にと考える人もいます。

しかしそれは、時間がかかるためおすすめではありません。もっと手早い方法は、研修付きのエージェントに登録することです。そうすれば、ITエンジニアや営業の研修が受けられます。

長くても2週間~1か月くらいの間に就職が決まります。何カ月もかけて、正社員になれないという事態よりはるかに良いのではないでしょうか?

確かに研修付きのエージェントは、年齢制限があります。30歳を超えると利用が難しいので他の方法が良いです。しかし若いうちは、もっと良い選択肢があります。

詳しくは、以下のページを参考にしてください。

③資格に逃げる

ニートからの就職は、無理だろうと思って資格をとろうとする人がいます。就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。

資格の勉強を頑張ってしたけど、それが社会から評価されなかった。もしくは大学に再度通い直したけど、それが評価されなかったなどになった場合は、今より更に正社員への就職が難しくなります。

なので敷かれたレールの上を走った方が絶対に良いです。研修付きのエージェントに登録すれば、ITエンジニアや営業の研修が受けられます。長くても2週間~1か月くらいの間に8割の人の就職が決まります。何カ月もかけて、正社員になれないという事態よりはるかに良いのではないでしょうか?

確かに研修付きのエージェントは、年齢制限があります。30歳を超えると利用が難しいので他の方法が良いです。しかし若いうちは、もっと良い選択肢があります。

詳しくは、以下のページを参考にしてください。