ニートで社会復帰が、「怖い」「無理」「辛い」と思うなら支援を頼みましょう。


ニートが社会復帰をするためには、まずは自分を卑下するのをやめましょう。

ニートの方は、自分に自信がない方が多いです。世の中の多くのニートの方って単純に社会で躓いているだけの人なんですね。だから、自分が会社や学校で上手く順応できなかったことに傷ついているという方が多いです。それで自信がない人が多いです。

それで、また自分が何かが出来なかったことを他人に言うのは、嫌じゃないですか。バカにされるかもしれないし、自分が無能だったことを認めないといけない。それは、辛いことです。恐らく大なり、小なりみんなそういう経験はあると思うし、辛いと思います。

ニートの方は、それで自分の安全地帯、つまり自分の部屋に引きこもってしまうのです。自分が引きこもりたくて、引きこもっているわけではないんです。本当は、社会の中で活躍したいし、自分でお金を稼ぎたいと思っている人が多いです。だから自分の弱さを認めて、社会復帰をしようと思うだけでも立派だと思うので、その気持ちを大切にしてください。

周りの人の意見もあまり気にしないでください。

ニートの方は、自分に自信がない方が多いです。そんな中で、勇気を振り絞って就職を頑張ろうと思っている中、空気の読めないアホが「ニートなんかが就職出来るわけないだろ」みたいなことを言ったりします。

それでニートだとやっぱり無理なのかなとか思って、勇気が出なくなる人がいます。もちろんニートであることは、就職で不利です。しかし完全にできないとも限りません。特に若い人なら再就職が可能だったりします。なのであんまり外部からの意見を真剣にに受け止めない方が良いです。

そういう人って何をしたいか知っていますか?
単純に自分が社会の中で上手くいっていなくて、ストレス発散で言っているだけです。ニートだけがそんな事を言われるわけではありません。金持ちになっても「成金」だとか言われます。結局何かとケチをつけたがるだけの人なので気にしなくても大丈夫ですよ。

ニートから社会復帰する場合、年齢と経験を考えながら、支援を頼みましょう。

あなたが就職できるかどうかは、年齢と今までの経験によります。

ニートでも今まで正社員として働いていて、それなりに実績を出してきた。けど数か月休んでしまった場合などは、高齢でも十分社会復帰が出来る可能性があります。

しかしそれ以外の方が、正社員になるには30歳くらいがボーダーになると思ってください。求人が減るタイミングは、25歳、27歳にも訪れます。なので就職は、早ければ早いほど良いと思ってください。

タイプ別に就職活動のやり方を説明します。

空白期間が1年未満で30歳以下の場合

30歳以下で空白期間が1年未満の場合は、普通に就職活動をしましょう。正直半年以上の空白期間があると結構長いです。

ただ若いこともあって許されることもありますから1年未満の場合は普通に就職活動をしましょう。詳しくは以下のページを見てください。

空白期間が1年以上で30歳未満の場合

30歳以下でも空白期間が1年以上の場合は、ちょっと長いなと思われます。

こういった方は、いきなり就職活動は、厳しいと思います。昼夜逆転をずっとしていた人が、いきなり社会復帰して何も問題なく出来るなんてことは、中々考えづらいです。また企業もいきなり採用するのは、かなりハードルが上がってしまいます。

ただしっかり働けるということをアピールすれば、若いこともあって許されることもあります。詳しくは以下のページを見てください。

30歳以上で正社員経験があり、空白期間が半年未満の方

普通に就職活動を早く再開させましょう。正直普通の社会人が3カ月以上空白期間があると、正直長いと思います。早めの就職活動をお勧めします。

就職活動の仕方は、恐らく自分でもわかるはずです。退職した理由、退職期間何をしていたのか?、志望動機や今までの実績をしっかり話して採用されるように努力しましょう。

それ以外の方

それ以外の方は、恐らく特別なケアが必要です。特に長期間ひきこもり、ニート期間があると社会復帰が難しいです。民間の会社の就職支援を頼むと中々難しいですから公的機関を頼りましょう。

詳しくは以下を読んでください。

あなたが今、社会復帰をしないと、将来さらに辛いですよ。

もしかしたら、ニートで社会復帰をするのが辛いと思って、実際の行動に移さない人もいます。ただそのままにしておくと本当に大変なことになります。

今現在、8050問題という社会問題があります。それは、80歳の親と50歳の引きこもりの子供がいるということです。これは、結構大変です。親は、仕事を辞めて年金をもらっていて、収入が減っています。その中子供の面倒をみるのは、中々大変です。

両親のお金が尽きてしまって、子供と親が両方死んでしまうという事件もあります。また親が高齢なので、死んでしまう可能性も高くそうなると子供が置き去りになります。そういった状況になったら、どうやって生きていきますか?

孤独死したり、生活保護をもらったり、犯罪をしたり、ホームレスになったりします。結構大変な末路になります。ニートの末路について詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでください。

ブラック企業に入らないようにするには?

入れる企業は、年齢や職歴によります。
当たり前ですが、人気な会社ほど採用の際には、競争になります。そうなればニート期間が長くて、社会での実績もない人は難しいです。

ただ知られていないから人気ではないけど、実際に働いてみたら良いと思える企業に入れる可能性は、十分あります。特にBtoB企業が穴場です。新卒の就職人気ランキングでも、消費者向けのサービスをやっている会社の方がなじみがあるので、人気です。

トヨタは車だし、ANAは飛行機だし、三菱UFJは銀行だしみんなが当たり前に使っているから、多くの人が就職する際に選択肢の中に入ります。一方で、新卒3年後の離職率が0%のアイチコーポレーションや国際石油開発帝国というホワイト企業は、知っていますか?

要するに情報戦次第では、ホワイト企業に入れる可能性があります。
ブラック企業に入りたくない方は、以下の記事を参照してください。

ニートが社会復帰をする際に、つける仕事は大きく4種類

会社は、商品やサービスを提供して利益を生んで存続しています。
そうなると①商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事の3つに分かれます。

ただ会社って法律を守ったり、税金を納めたり、人を探して雇ったり会社の存続のためにやらないといけない仕事も存在します。基本的には、上記の3つの仕事が会社を存続するために必要な仕事ですから、そういった人たちが自分の仕事に集中できるようにしないといけません。そういった事情もあり、会社をサポートする仕事が生まれます。

なので職種は主に、① 商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事、 ④会社をサポートする仕事の4つに分類されます。

①商品やサービスを売る仕事

商品やサービスを売る仕事は2つに分類されます。営業職と販売職です。
営業職、販売職共に、最終目的はいずれも「商品を売る」ことです。

営業職と販売職の違いは、営業職だと家などの高い商品が売っていることが多いのに対し、販売職は、スーパーやコンビニなど安いものをたくさん売っている場合が多いです。営業職は、1つの物を売る力が必要な一方、販売職は、たくさんの人に商品を売ることがなります。

②物を作る仕事(エンジニア)

物を作る仕事には、色々な種類があります。ITエンジニア、家を作る施工管理、商品を大量に生産する工場員、デザイナーです。物を作る仕事の醍醐味は、やはり完成した時の喜びでしょう。

あなたが住んでいる家だって誰かが作っているからあるのです。自分が一生懸命作ったものが世の中で使われているときの喜びが

③サービスを提供する仕事(サービス業)

サービスというのは、商品など有形なものを提供するのではなく、無形なものを提供します。

例えば、ウェディングプランナー、スポーツトレーナー、塾講師・英会話教室の運営、児童指導員、介護、障碍者支援、ホテル・空港のスタッフ、キャリアアドバイザー、ツアーコンダクターなど様々です。

自分が良いと思えるサービスをお客さんに提供し、喜んでもらえることがやりがいです。
物を作る仕事やサポートをする仕事は、お客さんから直接喜んでもらえる機会が少ないですが、サービス業は、良い仕事をすれば、直接喜んでもらえます。

④会社をサポートをする仕事

事務職・管理職系職系の仕事は、主に企業を後方から支えるのが仕事です。
仕事としては、人事、経理、事務(一般事務、営業事務など)などです。未経験から就職するのは、かなり難しいです。理由は、バックオフィス系の仕事は、求人数自体がそもそも少ないです。

未経験から出来る仕事について詳しく知りたい方は、以下をクリックしてください。

ニートが社会復帰をするために、バイトも必要ありません。

正直バイト経験は、必要ありません。理由は、研修付きのエージェントに申し込めば、研修させてくれるからです。結局就職で重要なのは、経験と年齢です。

社員登用有の会社でも、 企業の状況によっては、正社員の採用をしないこともあります。正社員の仕事に余りがないと 正社員を採用できません。他にも社員登用有でも、フリーターを正社員として採用した経験がない企業もありますので 、正社員にしてくれる可能性があるかは、怪しいです。

年齢を重ねた後に就職活動をしたら、さらに大変になるでしょう。研修付きのエージェントに通えば、2週間~1ヶ月で就職出来ます。詳しくは、以下の記事を読んでください。