知らないとやばい!19歳の高卒フリーター、ニートが就職するために必要なこととは?


「フリーターと正社員の違い」、「経歴、経験がない人でも正社員になれるのか?」、「企業があなたに求めることとは?」、「高卒と大卒のフリーターでどっちが有利なの?」、「もし就職活動をするとしたら、どうすればよいの?」、「就職先はどんな企業なの?」という疑問に答えます。

19歳の高卒フリーターやニートに大学、専門学校、資格は必要ないです。

高卒は、大卒と比べて応募できる求人が限られ、就職先が限られます。ただでさえ大卒より少ない求人の中で、良い企業を見つけて書類選考などをうけて見ても不採用が続いたりしたらやっぱり、資格や学歴があったら何か変わるのかなと多くの方が思います。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。

なので資格を取るにも、まず自分が何をしたいのかを明確にしましょう。それを叶えるためには、資格、大学、専門学校に行くしかないとなるまでは、そういったところに行くのは控えましょう。なんの目的もなく、大学や専門学校に行き、中退している人や、大卒、専門卒でも就職出来ない人は、たくさんいます。そっちの方が高卒よりよっぽど悲惨です。

それで、自分が何をしたいか明確に決まっていない人は、まず社会に出てみましょう。自分のやりたいことがわからなくても、社会に出て色々な経験をし、そこから自分がしたいことを見つけるのが一般的です。様々な経験をしないとやりたいことなんて見えてこないので、まずは就職活動をしてみましょう。就職活動の仕方は、以下に詳しく書いてあります。

19歳のニートの方でも、正社員登用のアルバイトはおすすめしません。

高卒ニートからいきなり正社員を目指すのは、ハードルがとても高いです。理由は、アルバイト経験、社会人経験がないと面接などで企業への志望理由が言えないからです。面接で企業の志望動機を言う際には、どのような行動をしてきて、どうしてその企業を希望しているかが大切です。

アルバイトなどで志望職種に関連する経験があれば、面接でも言えるのですが、それがないと厳しいです。だから最初は、正社員登用制度のあるバイトから始めた方が現実的なのではないかと思う人がいます。

もちろんそれは正しいのですが、バイト先に正社員登用制度があるからといって、正社員になるのが確約されているかと言えば、確約はされていません。厚生労働省の「労働経済動向調査(平成30年2月)の概況」調査では、正社員登用制度がある企業で実際にバイトから正社員になった割合は46%です。

正社員登用をしている会社で、 仕事が凄い出来たとしても、企業の状況によっては、正社員採用をしないこともあります。他には、正社員登用ありの会社でも、フリーターを正社員採用した経験がない企業もあります。

正社員登用のバイトをするくらいなら、研修付きのエージェントに申し込んだ方が良い。

経験、経歴に自信がない方は、正社員登用のアルバイトではなく、研修付きのエージェントに登録することをおすすめします。費用は、無料で内定が出るまで支援してくれます。研修付きのエージェントなら、研修をした後、就職活動になるので、就職がしやすいです。

研修は、サラリーマンの通勤を考えて、平日の10時から17時くらいまで行われることが多いです。2週間~1か月で内定が決まります。ここでは2種類のエージェントを紹介します。エージェントに行けば、説明会があるので、説明を聞いてから、その後どこにするかを決めるのもありです。

詳しくは、以下のページを見てください。

正社員とフリーターでは、収入、雇用の安定度、社会的な信用度で違いがあります。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

フリーターと正社員で年収が違う理由

フリーターの人は正社員と違い経験や高いスキルを求められることがありません。正社員として会社に入ったら3年は辞めるなと言われていますが、それは3年くらいはやらないと仕事に必要な経験・スキルが身につかないからです。

やはりアルバイトは基本的には一時的な労働であり、雇う側もそのつもりで仕事を割り振っています。

一方で正社員は長期雇用を前提としており、任される仕事も長期にわたるプロジェクトや大きな責任をともなうものなど、アルバイトとは違います。

そういった経験を企業の正社員としてしていくことで他人が出来ないレベルの仕事が出来るようになります。それで収入が上がっていくのです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。

例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

フリーターの末路がどのようになるかは、以下の記事を読んでください。

19歳の高卒フリーター、ニートに企業が求めることは?またどんな仕事が出来る?

高校を卒業した人も大学を卒業した人も社会人としての経験がないので、 ポテンシャルでの採用になります。 下の図で言うと、左側です。
ちなみに右上は、社会での経験がある人の転職、中途採用です。

企業の採用活動と社会での立ち位置

ポテンシャル採用されるために必要な事は、「年齢が若い」+「社会人として活躍するための最低限の能力がある。」+「成長意欲が強く、入社後に活躍できる可能性が高い」の3つです。
どんなに素晴らしい大学を出ていても、どんな資格をもっていようが、社会での経験はないため、ポテンシャルでの採用です。企業からは、向上心が強くあるが最も重要です。

ポテンシャル採用で重要なことは、向上心と言いました。向上心は、意識の問題です。なので若い人の方が就職で有利です。

高卒の既卒は、大卒の既卒より就職で不利になるということはあまりありません。

企業からみると、まだ10代の時点できちんと将来を見据えられていなかった(高卒・大学中退で、フリーター、ニートになった)ことは、ある程度仕方がないことだと思われます。

ただ 大学を卒業しても、将来を見据えられずにフリーター、ニートになってしまったことは、企業からすれば問題だと思う人が多いです。

そのため、「高卒・大学中退のフリーター、ニート」に対する採用担当者の印象は、実はそんなに悪くはなく、大卒とも十分に張り合えます。ただ正社員として就職するには、条件があります。正しいやり方で就職活動に臨めばということです。

正直高卒、大卒か?なんかより、フリーターを長く続ける方がやばい

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、新卒の採用と同じく、あなたが正社員へ転職したら成長して、企業の利益に貢献してくれるかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。

正社員への就職の仕方が知りたいかは、以下の記事を読んでください。

19歳の高卒が就職する際には、無料で就活サポートをしてくれるエージェントがおすすめです。

就職活動をするなら、無料で就職支援をしてくれるエージェントがおすすめです。エージェントなら、あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考、面接対策までを無料でサポートしてくれます。

エージェントを使えば就活の成功率は上がる!

転職エージェントでは、転職サイトなどの求人サイトのように求人だけを知れるだけではありません。企業の書類選考、面接で不採用になった場合、エージェントの担当者から、不採用になった理由も知れますので、次の対策が取りやすいです。

どう考えても正社員への就職の成功率が上がります。またエージェントに求人を出す企業は、お金を払ってまで求人を出すので、ブラック企業が集まりづらく、優良企業が集まりやすい構造にもなっています。

転職エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類、面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。

おすすめのエージェント、エージェントの選び方などは、以下を参考にしてください。