【効果あり】自己PRがない既卒の人でも面接や履歴書で相手を納得させる方法


履歴書、面接で他人と差別化できる自己PRの考え方

自己PRを答える際の方向性

会社が採用したいのは「会社の利益に貢献する人」です。だから、自己PRでは「自分がいかに会社の役に立つか」をアピールしなければなりません。効果的な自己PRは「自分の長所が会社にどのように活かせるか?役立つか?」を語ることです。また自己PRをする時は、「そのアピールポイントを発揮したエピソード」とセットで伝えてください。

社会人経験のない既卒に企業が求めること

既卒者に社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が既卒を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。重要なことは、自分の失敗を素直に認め、改善のために行動をしているかどうかです。

ちなみに自己PRが、何もなくても大丈夫です。

会社にアピールできるほどの自己PRなんてないという方もいます。ただそれでも問題ありません。高い成果を面接官を求めていないからです。人が成果を出すには、気持ち→行動→成果です。

もちろん会社側も利益を出したいので、志望職種に関連することで、高い成果があれば、それに越したことは、ありません。ただ現実としては、成果ではなくどのような行動をしていたのかで差がつくと場合がほとんどです。他人と比べてちょってでも優れている部分があれば十分です。

それは、バイト時代にちょっとした工夫をして、店長に褒められたとかそういうレベルで十分なのです。それを数字などを使って、客観的に言えると相手も納得してくれます。

自己PRで使うエピソードは、既卒1年以内なら、学生の時のことでも良いですが、既卒期間が長い方は、他のエピソードで自己PRしたほうが良いです

既卒1年以内の人は、学生時代の活動でも問題ないでしょう。ただ、空白期間が複数年以上になっている場合は、学生時代のこと以外で自己PRのエピソードを用意する必要があります。卒業後に時間がたっているのに、自己PRで学生時代のことを話すと空白期間になにもやっていなかった人と思われてしまいます。

自己PRの具体的な回答例

回答例① 就活に失敗した場合

「私の長所は、失敗から学び取れる力があることです。新卒の就活の時は、〇〇業界(大企業)に絞って就職活動をしていましたが、残念ながら内定を頂けませんでした。反省点としては仕事や会社について詳しく知って就職活動をしていたというよりは、イメージが先行していたと思います。自分自身がどのような仕事をしたいかと向き合ったら、△△ということが大事だと分かり、その△△は、××という職種、業界でも出来るのではないかと思い、今は選択肢を広げて就職活動をしています。」

回答例② アルバイトで工夫をして、ちょっとした成果を上げた場合

「私の長所は修正能力です。既卒の期間中にテレアポのアルバイトをしていました。最初は、上手くいかなかったですが、どのようにすれば上手くいくか考え、話すスピードや抑揚を変えました。その結果アポイントがと〇〇件とれるようになりました。このような修正能力は営業職についても役に立つと思っています。」

回答例③ 就職活動を真剣にしなかった場合

「 私の長所は、失敗から学び取れる力があることです。学生時代に〇〇をやっていたために、就職活動をしっかり出来ませんでした。今から振り返るとその当時の自分は、卒業した後、何をするのか?、社会人としてどう生きていくのかを?をしっかり考えていなく、優先順位が正しくなかったと思います。現在は1日も早く社会人としてなれるように、就職活動を第1優先にしています。」

回答例④ 就職以外のことをしていて、就職活動をやっていない場合

「 私の長所は、目標に向かって努力が出来、失敗しらそのことを素直に認められることです。大学を卒業してから〇〇を目指して3年間努力をしようと思いました。全力で自分の目標を成し遂げようと努力をしたのですが、叶いませんでした。〇〇を目指す際には、最初から3年やって無理だったら諦めると思っていて、もう未練はないです。これからは立派な社会人になれるように頑張りたいと思います。」

既卒は就職支援をしてくれるハローワークかエージェントがおすすめです。

既卒の人が就職する際には、ハローワークかエージェントがおすすめです。どちらも求人選びの方法から書類選考、面接対策までをも無料でしてくれます。

既卒で就職活動をしていると、中々周りに悩みを相談できない人も多いです。やはり既卒特有の悩みってあると思います。同じような経験を持っている人も少ないし、社会人の友達に就職の相談をするのも気が引けると思います。そういう人でも気軽に行けるのが、 ハローワークやエージェント です。

ハローワークとエージェントの違い

ハローワークは、公的な就職支援サービスです。一方エージェントは、民間の就職支援サービスです。

ハローワークとエージェントの大きな違いに、求人掲載料があります。企業が求人を出す際に、ハローワークは、無料で、エージェントは有料です。この違いが大きな差を生み出しています。

ハローワークは、よくも悪くも求人の質がバラバラです。たまに優良企業が、無料だから出してみるかくらいの気持ちで、求人を出す場合もあります。しかし採用されるかは、別な話で優良企業の採用ハードルは高いです。

そうなると中小、ベンチャーなどそこまで人気がない企業へ就職するのが現実的です。ただこれらの企業は、本当に玉石混合です。企業というのは、そもそもサービスや商品を売って、お金を儲けています。その中から給与を従業員などに払っています。

ハローワークに掲載している企業の中には、ハローワークにしか求人が出せない儲かっていない企業もあるのが事実です。そういった企業が悪事を働かすこともあります。なので注意が必要です。

以下は、NHKが報道した求人トラブルです。

求人情報と実態が全然違うと報道されました。
私のもとにも、中退後に就職活動をして正社員で入社したのに、実はアルバイトだったということも聞きました。なのでハローワークよりエージェントの方が良いと思います。

エージェントは、ブラック企業を排除してくれます。

民間のエージェントは、ハローワークと違い企業の求人掲載料が有料です。したがって、ある程度のレベルの基準で、ブラック企業をフィルタリングします。

エージェントによっては、エージェントの価値を上げるために徹底的に、ブラック企業をフィルタリングしているところもあります。なのでエージェントを利用した方が良いでしょう。しかし地方の方は、求人がないかもしれません。

以下がエージェントの対応エリアです。

エージェントの対応エリア 

サービス名対応地域
DYM就職 東京 神奈川 千葉 埼玉 北海道 宮城 神奈川 愛知 大阪 京都 神戸 三重 愛媛 岡山 広島 福岡 熊本
ウズキャリ 東京、大阪、横浜、名古屋、福岡 、沖縄
(上記の都市で就職するなら、電話・skype相談でも利用可)
ウズカレ東京
就職Shop東京、埼玉、千葉、神奈川、兵庫、大阪、京都
ハタラクティブ東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡
いい就職ドットコム 東京、大阪、名古屋、横浜
上記以外の都市でも、電話相談が出来れば使えます。ただ求人が少ないので、他のエージェントが使える人は、そちらが良いです。
ジェイック 東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道

基本的に、エージェントは東京、大阪、名古屋、福岡にあります。いい就職.comは、地方でもOKと言っていますが、本当に求人があるかというと微妙です。ただ1度チャレンジするのも価値があると思います。

エージェントの選び方、おすすめのエージェントも紹介しているので、以下を参考にしてください。

最後に大切なのは、行動力です。最後まで諦めない姿勢が内定につながります。

既卒になると、仕事をしているわけでもないし、学生でもないから、世間から隔離されている感覚がある人もいると思います。また自信を失って、何をやっても上手くいかないのでは?と思う方もいると思います。ただその状況を変えるには、とにかく行動をするしかありません。

なるべく早めの行動が良い就職先を見つける最善の方法です。例えば、営業職で実績を出してから、更に難易度高い営業職に行く場合は、実績をアピールするので年齢は関係ありません。

しかし未経験職種へのチャレンジの場合、ウリにするのは若さと意欲です。また新卒と違って、既卒、第2新卒の就職、転職にすごく有利な時期はありません。あなたが今日何もしなかったら、これから先の人生今以上に就職が有利になることはありません。