多くの人を見て分かった既卒就職の現状とおすすめの就活のやり方


既卒は、就職できないということはないですが、既卒就活はやっぱり厳しい

既卒の就職は、内定率が新卒の半分なので厳しいです。

以下の図は、2018年度マイナビ大学生内定率調査の結果です。
新卒、既卒に、8月の時点で内定があるかを聞きました。

引用 マイナビ

新卒は、8月の終了時点で、約8割の人が企業から内定を頂いて、企業の正社員への就職に成功しています。一方、既卒の人は、約半分の45%の人しか企業から採用されていません。かなり就職率が落ちています。

既卒の就職率が80%になる就職活動のやり方を知りたい人は、以下のページを参考にしてください。

既卒の就活が厳しい理由 結局既卒より、新卒のが有利

厚生労働省が調べた「労働経済動向調査」の中で、 既卒の応募を受け入れた企業の中で実際に既卒を採用したか?という調査の結果です。その結果、業界平均だと47%が既卒を採用したことがないと答えています。

ただでさえ、応募できる企業が多くないのに、実際に応募してもほとんどが不採用。これが実態です。結局企業は、ポテンシャルで人を採用するので、年齢が重要です。なので、新卒と既卒で同じくらいの能力なら結局新卒の方を採用してしまいます。

既卒の就職活動の状況をもっと詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

既卒で中々就職できない人の特徴 既卒になった理由、空白期間の説明が上手くできない

既卒の方は、「既卒になった理由は何ですか?」、「既卒の期間何をやっていましたか?」などのネガティブ質問を面接官からされます。その時の返答で苦労する方が多いです。

やはり既卒の人の多くは、就職活動、公務員試験、資格試験、起業などで失敗した人が多いので、その時に返答で困るようです。

そもそも社会人経験のない既卒に企業が求めていることとは?

実は、既卒者には社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が既卒を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。

過去に良くない出来事があるなら、それを正直に認め、反省し、どのような行動をとっているか説明することが大切。

既卒になった理由は、公務員試験を受けていたとか、就職活動に失敗したとか、起業をしていたとか様々あると思います。どうして今までやっていたことを辞め、就職へ切り替えたのか?、大きな実績を残せていない場合、その期間に対して思うことは何なのか?などの話は、面接官にとっても重要な話です。

誇れるような実績がある場合を除いて、大切なのは挫折した経験を認め、これから良くしていきたいと思っているかが問われています。やはり企業からしたら、今後成長するかが重要ですし、失敗をバネに成長できる人材かどうかは、企業にとって大切です。何かしらの想いがあり、実際に行動をし、失敗したらその経験を認め反省できる人は、意外と評価が高いです。

以上のように既卒の就職には、既卒就活でのポイントがあります。そのポイントを外してしまうと中々就職が出来ません。以下の記事では、就職が中々できない人の特徴も書いてあるので、興味があれば読んでください。

既卒が大手企業に入ることはやっぱり無理?

既卒でも就職した人の42%は、大手企業に入社している。

既卒の就職率は、新卒と比べてかなり低いのが現状です。しかし意外にも就職した人の中では、大手企業に入社する人が多いです。 2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査では、既卒者の就職先を調査しています。

その結果、24%が従業員数が1000人~5000人くらいの大企業、18%が従業員数5000人以上の大企業に入社を決めています。既卒の就職率が45%で、従業員数が1000人以上の大企業に就職する人が42%なので、45%×43%=19.35%。したがって、既卒5人に1人が大企業に入るという計算になります。

新卒採用では、どの企業も一斉に採用活動を始めます。しかし既卒の採用は、基本的に人材不足の会社だけしか採用活動をしません。したがって、 新卒で大人気な伊藤忠商事、トヨタ自動車、三菱商事、サントリーグループ、三菱UFJ銀行、全日本空輸(ANA)、資生堂、JTBグループ、日本航空(JAL)、東京海上日動火災保険などは、既卒からだと難しいです。

ただ大手企業と言っても山ほどあります。そういった企業を目指したら、就職出来る可能性がぐっと上がります。詳しくは以下のページを参考にしてください。

既卒が就活をするのにおすすめな時期は、ある?

新規求人数が増えるのは、8~10月、1月~3月。

既卒の就職は、中途採用枠での採用になります。なので、中途採用の新規求人数を1年単位でみてみましょう。引用は、DODAです。

新規求人数
引用  https://www.saiyo-doda.jp/guide/kihon/time

新規求人数の折れ線グラフの波も、例年同じ形で推移しています。グラフから新規求人数が最も増えるのは8~10月、1月~3月、逆に求人数が落ち込むのは、5月と11月~12月だと分かります。4月、10月は会社でいうと上半期と下半期なのでその時期に合わせて、企業は、人を増やす傾向があります。

既卒に有利な就職の時期はある?

求人が多くなる時期というのはあります。ただそういった時期にこだわるより、なるべく早めの行動をすることが最善だと思います。大体、50万件前後で求人が推移していますのでそこまで求人数に差がありませんですし、 既卒の場合、時間がたつほど就職が不利になります。 未経験職種へのチャレンジの場合、ウリにするのは若さと意欲です。早めの行動が1番就職率を上げます。

既卒におすすめな就活の方法は、就職支援を頼みながら就職活動をすることです。

既卒におすすめなのは、 求人サイト、ハローワーク、エージェントのうちどれ?

既卒の人が就職する際の手段としては、求人サイト、ハローワーク、エージェントがあります。

求人サイトは、多くの人になじみな自分で求人に応募して、企業の面接をうけるタイプのサイトです。自分で求人選びから、書類選考、面接対策をしないといけません。

ハローワークは、公的な就職支援サービスです。一方エージェントは、民間の就職支援サービスです。 どちらもプロのアドバイザーが、求人選びの方法から書類選考、面接対策までをも無料でしてくれます。

既卒は、就職支援をしてくれるエージェントかハローワークがおすすめ

既卒の人は、求人サイトよりハローワーク、エージェントの方が良いです。理由は、やはりキャリアアドバイザーの存在が大きいです。志望動機にしろ、既卒になった理由の説明にしろ1人で全部を対策をするのは、難しいです。他にも業界、職種選びも相談できます。

ハローワークとエージェントの違い

ハローワークとエージェントの大きな違いに、求人掲載料があります。企業が求人を出す際に、ハローワークは、無料で、エージェントは有料です。この違いが大きな差を生み出しています。

ハローワークは、よくも悪くも求人の質がバラバラです。たまに優良企業が、無料だから出してみるかくらいの気持ちで、求人を出す場合もあります。しかし採用されるかは、別な話で優良企業の採用ハードルは高いです。

そうなると中小、ベンチャーなどそこまで人気がない企業へ就職するのが現実的です。ただこれらの企業は、本当に玉石混合です。企業というのは、そもそもサービスや商品を売って、お金を儲けています。その中から給与を従業員などに払っています。

ハローワークに掲載している企業の中には、ハローワークにしか求人が出せない儲かっていない企業もあるのが事実です。そういった企業が悪事を働かすこともあります。なので注意が必要です。

以下は、NHKが報道した求人トラブルです。

求人情報と実態が全然違うと報道されました。
私のもとにも、中退後に就職活動をして正社員で入社したのに、実はアルバイトだったということも聞きました。なのでハローワークよりエージェントの方が良いと思います。

エージェントは、ブラック企業を排除してくれます。

民間のエージェントは、ハローワークと違い企業の求人掲載料が有料です。したがって、ある程度のレベルの基準で、ブラック企業をフィルタリングします。

エージェントによっては、エージェントの価値を上げるために徹底的に、ブラック企業をフィルタリングしているところもあります。なのでエージェントを利用した方が良いでしょう。しかし地方の方は、求人がないかもしれません。

既卒におすすめな就活サイト、エージェントとは?

エージェントは、 求人紹介型エージェント、 研修付きのエージェントの2タイプあります。

求人紹介型エージェントは、キャリアアドバイザーが求人選びから、書類選考、面接対策などを無料で手伝ってくれます。それに加え、研修付きのエージェントなら求人の紹介の前に研修がありそれを受けてから就職活動です。

エージェントの利用の流れ

既卒向けのエージェントに登録してから、入社するまでの流れを説明します。

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②キャリアコンサルトとの面談
研修付きのエージェントの場合)研修
③ 求人の提案、企業への応募
④企業の書類選考、面接
⑤内定&入社

になっています。

どのエージェントに登録しても、あなた専属のキャリアアドバイザーが、あなたに合った求人の紹介、書類、面接対策までを無料でサポートしてくれます。

ただ研修付きのエージェントは、研修をうけてから就職活動になります。研修付きのエージェントは、空白期間が長い方やアルバイトなどの就業経験がない方にお勧めです。

おすすめなエージェントと使い方とは?

以下のページにはおすすめのエージェントとエージェントの使い方が書いてあります。興味がある方は、読んでください。