【就活体験談あり】既卒フリーターが就職する際に気を付けること。


既卒のフリーターが就職活動をする前に知っておかないといけないこと

①新卒と既卒では、就職の市場が全然違う

既卒の内定率は、新卒の内定率の半分です。

以下の図は、2018年度マイナビ大学生内定率調査の結果です。
新卒、既卒に、8月の時点で内定があるかを聞きました。

引用 マイナビ

新卒は、8月の終了時点で、約8割の人が企業から内定を頂いて、正社員への就職に成功しています。一方で、既卒の人は、約半分の45%の人しか企業から採用されていません。就職率がかなり落ちています。

既卒の就職率が低い理由

新卒も既卒も結局は、未就業者なのでポテンシャルで採用します。なので年齢が若い新卒の方が既卒より有利です。企業は、新卒と既卒の候補者が2人いて、同じくらいの能力なら新卒の方を採用します。

既卒になった理由やそれなりの実績がないと新卒に勝つのは、難しいです。 したがって、「留学していた」「直前にやむを得ない事態で入社、就活出来なかった」「起業をしていた」などの特別な理由がないと新卒に勝つのが難しい現状です。

②年齢を重ねれば、どんどん就職に不利になる

既卒でも年齢があがれば、就職がかなり難しくなります。出来れば、既卒3年くらいまでには、就職をしましょう。既卒は、採用しない企業は世の中にたくさんあります。既卒というだけで応募を受け付けなかったりします。

以下は、厚生労働省の調査、「労働経済動向調査」の中で、明らかになったものです。

既卒になった時点で、応募可能企業が4割に減っています。またその4割の中で、既卒に年齢制限をかける企業は、35%です。その35%の企業の中でも93%が既卒3年までなら応募可能だと答えています。

したがって、既卒3年までに就職活動を終えたいところです。大体25歳くらいまでですね。

③既卒でも自分の満足できる会社に就職する人は、いるということ

既卒になると人生が終わったみたいに思う方もいます。一生正社員になれないのでは、ないかと思う人もいます。しかしそんなことはありません。

適切に就職活動をすれば、就職はできます。以下の記事では、既卒就活の体験談が書いてあるのでよろしかったら、読んでください。

社会人経験のない、既卒が企業にアピールすべきこと

既卒として就職活動をすると、「これまでの空白期間は何をしていましたか?」とか、「なぜ就職活動に失敗して(もしくは就職活動をしないで)既卒になったのか?」とか聞かれます。

場合によっては、 「君と同い年の人が、もう部下がいて責任のある仕事をしている人もいると思うんだけど、そのことについてどう思う?」など非常に厳しい質問をされます。

そういった場合は、とにかく既卒になったからこそ、空白期間があったからこそ学んだことを伝えてください。

そもそも既卒者に社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっています。企業もそこには期待をしていません。

企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

なのでこれから成長していく意欲が強くあること、既卒になったからこそ学んだことがあることを重点的に伝えましょう。

既卒の就活では、ハローワーク、エージェント、求人サイトを有効活用しましょう。

ハローワーク

ハローワークが抱えている求人の数は、どの求人サイトよりも圧倒的に多いです。エージェントとかだと地方に求人がありません。なので地方で就活したい方は、ハローワークを重宝すると良いです。

注意点として、求人の質がかなり玉石混合で、ブラック企業もたくさんあります。たまに求人票と実態が大きくかけ離れている場合もありますから気をつけましょう。

求人広告

求人広告とは、普通の求人サイトです。自分が好きな企業を探して、応募できます。求人サイトからスカウトメールが届くこともあります。

求人広告は、良くも悪くも自己責任です。離職率が高い企業、労働条件と実態がかけ離れている企業なども自分で確かめなくてはいけません。また不採用になった時に企業が理由を教えてくれるわけではないので、対策がしづらいです。

エージェント

エージェントのメリットは、求人の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までを無料でキャリアアドバイザーに相談できます。

また研修付きのエージェントなどもあります。研修付きのエージェントだと研修をうけた後に就職活動です。研修をうけたことをアピール材料に出来るので就活の成功率が上がります。

ただエージェントは、地方にあまりなかったり、社会人経験者向けのエージェントに登録すると求人を紹介してもらえない可能性があります。

迷ったらエージェント(もしくはハローワーク)→求人広告

結局どれを使ったら良いのかと聞かれることがあります。結論納得するまで全部使ってください。

とはいえ、就職支援をしてもらうところに先に行き、その後求人広告が良いと思います。理由は、路頭に迷う可能性がないからです。

なのでまずは、都会の人はエージェント。地方の人はハローワークに行き、不満があれば求人広告が良いと思います。

既卒フリーターにおすすめのエージェントと求人サイト

これからおすすめの求人サイトとエージェントを伝えます。

エージェントのおすすめの使い方は、複数登録です。

求人紹介をしてくれるエージェントでは、キャリアアドバイザーの質が、かなり大切です。 エージェントは、2つ以上に登録しましょう。

求人紹介から書類選考、面接までをキャリアアドバイザーと2人3脚でやります。したがって、キャリアアドバイザーの質が就職活動での成否を決めます。

複数登録すると、キャリアアドバイザーの質を比較が出来るからおすすめです。

おすすめエージェント【2選】

口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ(株式会社ウズウズが運営)

ウズウズとリクルートが運営している就職shop(既卒・第2新卒向けエージェントで、保有求人数最多)を使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使って良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリは利用者の満足度が他のエージェントと比べて圧倒的に良いエージェントです。

ウズキャリの評判が良い理由は、面倒見の良さとブラック企業を紹介しないことです。

エージェントに相談くる人やエージェントから就職、転職した人を調査して、独自のブラック企業リストを持っています。ブラック企業だと認定したら、エージェントがその後求人を断ってくれます。

サポートの面でも他社の10倍時間をかけてくれます。 例えば、多くの人が苦手とする面接対策。やはり面接って緊張するし、不安になる人が多いです。そういった方にきめ細かいサポートをしてくれます。それが満足度につながっています。

相談可能地域  東京、大阪、横浜、名古屋、福岡 、沖縄
ただ上記の都市周辺に就職するなら、その他の地域でも電話・skype相談に対応してくれます。
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可 

リクルートが運営、求人数の多さがウリの就職shop

おすすめの理由は、保有している求人数が他の 既卒、第2新卒向けのエージェント の中でも圧倒的に多いからです。既卒、第2新卒向けのエージェントは、取引企業が多くても4000社くらいのところ就職shopは、8500社です。以下が求人の種類です。

様々な職種、業種、会社規模の求人から就職、転職のプロがあなたの就職、転職の希望を聞いて、あなたにあった求人を提案してくれます。

就職shopの良さを分かりやすく言うと、あなたの可能性を広げてくれるエージェントです。

自分で求人を探すと自分が知らない仕事とか、上手く見つけられなかった仕事ってあると思いますそれは、もったいないと思います。

しかし就職shopに登録すれば、毎日のように求人を見て、就職、転職支援をしているキャリアアドバイザーが無料であなたに求人紹介してくれます。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可不可

おすすめの求人サイトは、Re就活です。

Re就活は、20代専門の転職サイトで実績No.1となっており、実際に登録している人の93%以上が20代と、若手に特化しています。

amazonやJR東日本、エイチ・アイ・エスなど大手優良企業の求人が豊富です 。

既卒を採用したい企業もたくさんあるのでお勧めです。

Re就活の公式サイトはこちら