大学中退して、正社員になる人におすすめな就活サイト、求人サイトは、これです!!!


大学を中退して、使える就活サイトは3タイプあります。

就活サイトは、求人サイト 、 求人紹介型エージェント、 研修付きのエージェントの3タイプあります。

求人サイトは、多くの人になじみな自分で求人に応募して、企業の面接をうけるタイプのサイトです。自分で求人選びから、書類選考、面接対策をしないといけません。

一方求人紹介型エージェントは、キャリアアドバイザーが求人選びから、書類選考、面接対策などを無料で手伝ってくれます。それに加え、研修付きのエージェントなら求人の紹介の前に研修がありそれを受けてから就職活動です。

就活サイトを選ぶなら、求人サイトよりエージェントの方が良い

大学を中退した人は、求人サイトよりエージェントの方が良いです。理由は、やはりキャリアアドバイザーの存在が大きいです。志望動機にしろ、中退した理由の説明にしろ1人で全部を対策をするのは、難しいです。

大学を中退後に就職活動をやっているんだけど、なかなか就職が出来ない人がいます。そういう人ってだんだんと「自分は大学を中退しているから就職ができないんだな…。」と思っていくんです。

ただ問題の本質は、そこではなく単純に企業が求めているレベルに達していないだけなのです。対策を少しずつすれば、良くなります。もし面接で落ちてその時に、反省点を教えてもらったら就職が前進しそうですよね?、キャリアアドバイザーが企業の採用担当に中退した事情やその後どういう行動をしてきたかなどを話してくれると中退理由が誤解なく伝わると思いませんか?、中退した後に研修を受けて業務の知識を入れてから就職活動をすれば就職がしやすいと思いませんか?

大学を中退した後に就職活動が中々上手くいかず、フリーターしか自分には、ないと決めつける前にエージェントを使った就職活動をしてほしいなと思っています。

エージェントの利用の流れ

既卒向けのエージェントに登録してから、入社するまでの流れを説明します。

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②キャリアコンサルトとの面談
研修付きのエージェントの場合)研修
③ 求人の提案、企業への応募
④企業の書類選考、面接
⑤内定&入社

になっています。

どのエージェントに登録しても、あなた専属のキャリアアドバイザーが、あなたに合った求人の紹介、書類、面接対策までを無料でサポートしてくれます。

ただ研修付きのエージェントは、研修をうけてから就職活動になります。研修付きのエージェントは、空白期間が長い方やアルバイトなどの就業経験がない方にお勧めです。

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡

既卒、第2新卒向けのエージェントを利用したいと思ったら、公式サイトに登録する必要があります。そこで、面談を受けたい場所や日時、氏名や電話番号などの基本情報を入力すれば、登録完了です。面談の予約をしたら、その後、カウンセリングを受けます。

メールでの連絡もありますが、ほとんどのエージェントに登録したら、電話がかかってきます。
電話で聞かれることは、あなたの就職、転職の状況です。知らない番号だからという理由で、無視すると登録完了になりません。

②キャリアコンサルトとの面談 (場合によっては研修)&③求人への応募

研修付きのエージェントの場合は、研修を先にしますが、ここでキャリアコンサルタントと面談です。面談では、既卒、第2新卒に求人紹介するために必要な情報 (就職、転職をしようと思ったきっかけや、就職、転職に望むことなど) をキャリアコンサルタントが聞いていき、その後、求人紹介です。

④書類選考、面接対策

紹介された企業に応募すれば、書類選考、面接です。どこの転職エージェントでも、何百人、何千人の就職、転職を成功させてきたを経験豊富なキャリアコンサルトが在籍しています。書類選考、面接のコツなど就職活動、転職活動に必要な情報を教えてくれます。

【要約】各エージェントのサービスの特徴

まず初めに大雑把なエージェントの比較表を見たい人は見てください。

研修がないエージェントの比較

  就職shop ウズキャリ DYM
アドバイザー
求人 △IT多め
おすすめな人 たくさんの求人を比較したい人 相談事などを深くしたい人就職shopを使えない人
公式サイトこちらをクリックこちらをクリックこちらをクリック
拠点 東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都  東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、沖縄 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌 、埼玉、千葉、神奈川、宮城、神戸、広島 、石川

研修付きエージェントの比較

  ウズカレ JAIC
アドバイザー
求人 △IT多め △営業多め
研修 営業・企画職、事務職、コンサルタント職、SE/プログラマー、クラフトエンジニア、インフラエンジニア、WEBマーケター、メカトロ/エレクトロエンジニア 営業
公式サイトこちらをクリックこちらをクリック
拠点 東京東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道、大分

大学中退向けした人におすすめなエージェント【3選】

複数のエージェントに登録するべし

良いキャリアアドバイザーを見つけるためにも複数のエージェントに登録しましょう。実は、エージェントにいるキャリアアドバイザーの質が何よりも大切です。

業界、会社が違えば、同じ仕事を同じような時間やっても年収が100万円違うとかもあります。残業だって業種選びを間違えれば、毎月約30時間多く残業させられる可能性もあります。休日だって年間40日も違います。仕事って本当に色々あるんです。その求人の中からあなたに最適な求人をキャリアアドバイザーが渡すんです。

その後も就職、転職活動が終わるまであなたをサポートします。面接で聞かれたくない質問の1つや2つは、誰だってあるでしょう。その時どのような返答をすれば面接官に好印象を持たれるのかなどもキャリアアドバイザーが教えてくれます。

したがって、キャリアアドバイザーの質が就職活動での成否を決めると言っても過言でもありません。 そういったキャリアアドバイザーの質って複数のエージェントに登録すれば、すぐにわかります。エージェント間で比較が出来るからです。

あなたが不安に感じていること、疑問に思っていることなどを聞いてもしっかり付き合ってくれ、アドバイスにも説得力があるキャリアアドバイザーが良いキャリアアドバイザーです。もしキャリアアドバイザーに違和感があったら、キャリアアドバイザーの変更やエージェントの利用を停止しましょう。

第1位 迷ったらここ!口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ(株式会社ウズウズが運営)

おすすめをする理由は、利用者の満足度、口コミが圧倒的に良い!

ウズウズとリクルートが運営している就職shop(既卒・第2新卒向けエージェントで、保有求人数最多)を使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使って良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリは利用者の満足度が他のエージェントと比べて圧倒的に良いエージェントです。こまったらウズキャリで良いです。

ウズキャリの評判が良い理由は、ブラック企業を徹底排除し、他社の10倍時間かけて、就職、転職サポートしてくれるからです。

ウズキャリは、ブラック企業を紹介しません。新卒で会社に入ったんだけど、ブラック企業だからやめたいという人、エージェントを通じて就職、転職した人を徹底調査します。そしてウズキャリがブラック企業だと認定したら、エージェントがその後求人を断ります。なのでブラック企業がありません。

サポートの面でも他社の10倍時間をかけてくれます。 例えば、多くの人が苦手とする面接対策。他のエージェントだと面接練習は、1回程度ですが、 ウズキャリ既卒・第2新卒は、企業の面接に行くごとにその企業対策の面接練習もしてくれたりします。

夕方に本番の面接があるとしたら、午前中にわざわざ面接の練習をしてくれたりします。やはり面接って緊張するし、不安になる人が多いです。そういったきめ細かいサポートが満足度につながっています。

ウズキャリが向いていない人は、IT系の職種にはつきたくない人

以下の資料を見てもらっても分かるようにIT業界、エンジニアの求人をかなり多く保有をしています。

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、6割はエンジニアの仕事です。業種もIT企業が多いです。

したがって、紹介される先がかなりの確率でITに関する仕事でしょう。どうしても、ITエンジニアやIT企業で働きたくないと思う人なら、違うエージェントに申し込むと良いです。ただ満足度は高いですし、最終的には、多くの人が満足して、自分にあった仕事が見つけられるので、極端な拒否反応がある人以外は、ウズウズで良いのではないかと思います。

相談可能地域  東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、沖縄
(ただ上記の都市周辺に就職するなら、その他の地域でも電話・skype相談に対応してくれます。)
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可 

第2位 人材業界トップのリクルートが運営!保有している求人数が最多8500社!様々な職種、業種、会社規模の求人を持つ就職shop

就職shopの紹介動画

おすすめの理由① 約8500社から、就職、転職のプロが最高の求人をあなたに提案してくれます。

就職shopの良さを分かりやすく言うと、あなたの可能性を広げてくれるエージェントです。

就職shopの求人数は、8500社で、既卒、第2新卒向けのエージェントの中で断トツ多いです。既卒、第2新卒向けのエージェントは、多くても4000社くらいのところ就職shopは、倍です。就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。以下が求人の種類です。

様々な職種、業種、会社規模の求人から就職、転職のプロがあなたの就職、転職の希望を聞いて、あなたにあった求人を提案してくれます。

自分で求人を1つ1つ見ていると自分が知らない仕事とか、上手く検索などをして見つけられなかった仕事って考慮されないままだと思います。もったいないですよね?同じような時間、同じような仕事をしても、業種が違えば年収が100万円違うということもあるんですよ。

しかし就職shopに登録すれば、毎日のように求人を見て、就職、転職支援をしているキャリアアドバイザーが無料であなたに求人紹介してくれます。就職shopに登録して行くだけで、あなたがより良い職場で、毎日を快適に過ごせる可能性が増えます。 行ってみて損はないと思います。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可不可

第3位 就職shopに登録できない人におすすめ!様々な業種、職種、会社規模の求人を持つDYM就職

おすすめの理由① 地方の人、30代でも使え、様々な職種、業種、会社規模の求人を持っています。

DYM就職は、求人数が2000社です。就職shopは、8500社なので、求人数では、就職shopに劣ります。

しかし就職shopにはない地域にDYM就職の拠点があるので、地方の人でも使えます。またエージェントの対象年齢が35歳までと寛容です。

DYM就職は、就職shopのように特定の職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です 。

なのでDYM就職は、地方に住んでて、様々な選択肢から会社を選びたい人に向いています。

相談可能地域   東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、京都、神戸、三重、愛媛、岡山、広島、福岡、熊本、金沢
サポート対象 学歴不問 35歳まで 学生利用可

大学を中退した人におすすめな研修付きエージェント【2選】

研修付きのエージェントに登録する場合は、1社が良いです。

エージェントに登録する場合は、複数エージェントに登録するべきと言いました。しかし研修があるエージェントに登録する場合は、1つに絞ると良いと思います。

研修は、サラリーマンの通勤を考えて、平日の10時から17時くらいまで行われることが多いです。長い時間研修を受けながらも他のエージェントを利用するのは、大変なのでそれは控えましょう。

エージェントに行けば、説明会があるので、説明を聞いてから、その後どこにするかを決めるのもありです。

①IT系の研修が豊富なウズウズカレッジ

ウズウズカレッジ 紹介動画

サービスの特徴① IT系(エンジニアやwebマーケティングなど)の研修がうけられる

ウズウズカレッジは、研修型の就職支援サービスです。研修をした後、就職活動になります。企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれます。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。

例えば、「プログラマーを志望していますが何かそれに関する経験がありますか?」と企業の面接官に言われ、「ありません。」だとやっぱり厳しいです。研修を通すると「アプリやwebサービスを作って、それが誰かに使われた時に、辛かったけど、やっててよかったなと思い、プログラマーを目指しています。」などと言え、企業から内定を頂ける可能性が高いです。

今では、営業・企画職、事務職、コンサルタント職、SE/プログラマー、クラフトエンジニア、インフラエンジニア、WEBマーケター、メカトロ/エレクトロエンジニアコースがあります。
また就職先の定着率・満足率が95%なので、短期離職を避けられる可能性が高いです。短期離職をする人は逃げ癖があると思われ、転職が難しいです。

相談可能地域  東京
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可

②営業の研修があるJAIC  

JAICの紹介動画

おすすめの理由① 研修がしっかりしているのもあり、経歴に自信がない人でも使える

ジェイックは営業系の求人をたくさん保有していて、研修もついています。研修をした後、就職活動になります。企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれます。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。 ただジェイックの研修後には、

「ジェイックの研修で、チームでアンケートの企画を考えて、そのアンケートに答えてもらうために企業に飛び込み営業をしました。最初は、中々アンケートにも答えてくれませんでしたし、名刺すら受け取ってくれませんでしたが、〇〇な工夫をし、最後は目標を達成できました。そのときに営業のすばらしさを感じました。それで営業という職種を志望させていただきました。」

などと言え企業に採用してもらえる可能性が高いです。 また就職先の定着率・満足率が94.3%なので、短期離職を避けられる可能性が高いです。短期離職をする人は逃げ癖があると思われ、転職が難しいです。

相談可能地域   東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道 、大分
サポート対象 高卒以上 30歳まで 学生利用可

大学を中退した人が正社員に就職するまでの流れとコツ

大学を中退した人が就職するには、自分がやりたい仕事を見つけて、その職種で求人が出ていないかを確認します。求人を見て、その他もろもろの労働条件を見て、気に入ったら求人に応募します。その後、書類選考、面接をうけて採用が決まれば、就職となります。

就職がすぐ決まる人は、会社に入社する目的が定まっている人です。

正社員として会社に採用されやすい人は、自分の目標を叶えるために会社に入ることが必要だと言える人です。

自分は何かしらのスキル、経験を会社に入って身につけたいでもいいですし、企業に正社員として、入社してからこういったことを経験したいでも何でも良いです。

企業に正社員として就職出来る人は、「将来〇〇をしたいから、今はこの会社に入って〇〇を経験しなければならない」という事が自分の言葉で言える人です。

会社に入社する目的を定めるには、自己分析、職種、業界、会社の理解が大切

就職とは、自分の過去の延長線上にあるものです。今まであなたがどんなことに興味を持ち、どのような行動をしてきて、様々な経験で何を感じたかが大切です。

例えば、今まで会社や個人の方に電話をして、営業の商談を取り付けるテレアポの仕事をしていたとします。

その時に自分でノルマを設定して、そのノルマを達成していく喜びを感じたのであれば、目標に向かってコツコツやるのが得意で、かつ人とコミュニケーションをとることに苦痛に感じない人です。

そういった人が、向いている仕事は、営業なので営業を目指すと良いです。職種が営業と決まったら、今度は会社や業界選びです。

ここで仮に就職先が土日休みが良いとします。そうなると企業向けに営業をする法人営業がおすすめです。法人営業では、自社のお客さんが企業です。一般的な会社は、土日休みで会社がやっていないので、自分の会社も土日休みになります。逆にお客さんが一般消費者なら土日は仕事で、平日休みになる可能性が高いです。

次に決めるのは、営業で何を売るのかです。人との出会いを大切にしたいと言うなら、企業の採用などを支援する人材業界が良いですし、お金を儲けたいなら今流行りのIT業界などがあげられます。今回はお金を稼ぎたいケースにします。

そうなると営業→法人営業(土日休み)→IT業界(金を儲けたい)→営業成績に応じて給与が上がる会社→第1希望A社、第2希望B社などが決まっていきます。それで就職活動のスタートです。

ほとんどの人が職種、業界、会社選びなどに一貫性がないから不採用になる。

就職活動で上手くいく人って数社~最大10社くらしか受けません、ちゃんと準備して行くからです。面接でも結構楽勝に答えられます。

どうして営業が良いの?→テレアポで数字を追いかけるのが楽しかった。
どうしてIT業界なの?→市場が拡大していて、今後仕事に困らないと思うから。
どうしてこの会社なの?→営業で頑張れば、評価していただけるから。

などです。
どんなことを面接で聞かれてもしっかり、就職先をよくよく考えてからうけているので、面接であたふたしません。なので結構すぐに就職が決まります。

大学を中退した後は、どのような仕事が出来る?

世の中の仕事を分けると大きく4つに分かれる。

会社は、商品やサービスを提供して利益を生んで存続しています。
そうなると①商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事の3つに分かれます。

ただ会社って法律を守ったり、税金を納めたり、人を探して雇ったり会社の存続のためにやらないといけない仕事も存在します。基本的には、上記の3つの仕事が会社を存続するために必要な仕事ですから、そういった人たちが自分の仕事に集中できるようにしないといけません。そういった事情もあり、会社をサポートする仕事が生まれます。

なので職種は主に、① 商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事、 ④会社をサポートする仕事の4つに分類されます。

①商品やサービスを売る仕事

商品やサービスを売る仕事は2つに分類されます。営業職と販売職です。
営業職、販売職共に、最終目的はいずれも「商品を売る」ことです。

営業職と販売職の違いは、営業職だと家などの高い商品が売っていることが多いのに対し、販売職は、スーパーやコンビニなど安いものをたくさん売っている場合が多いです。営業職は、1つの物を売る力が必要な一方、販売職は、たくさんの人に商品を売ることがなります。

②物を作る仕事(エンジニア)

物を作る仕事には、色々な種類があります。ITエンジニア、家を作る施工管理、商品を大量に生産する工場員、デザイナーです。物を作る仕事の醍醐味は、やはり完成した時の喜びでしょう。

あなたが住んでいる家だって誰かが作っているからあるのです。自分が一生懸命作ったものが世の中で使われているときの喜びが醍醐味です。

③サービスを提供する仕事(サービス業)

サービスというのは、商品など有形なものを提供するのではなく、無形なものを提供します。

例えば、ウェディングプランナー、スポーツトレーナー、塾講師・英会話教室の運営、児童指導員、介護、障碍者支援、ホテル・空港のスタッフ、キャリアアドバイザー、ツアーコンダクターなど様々です。

自分が良いと思えるサービスをお客さんに提供し、喜んでもらえることがやりがいです。
物を作る仕事やサポートをする仕事は、お客さんから直接喜んでもらえる機会が少ないですが、サービス業は、良い仕事をすれば、直接喜んでもらえます。

④会社をサポートをする仕事

事務職・管理職系職系の仕事は、主に企業を後方から支えるのが仕事です。
仕事としては、人事、経理、事務(一般事務、営業事務など)などです。未経験から就職するのは、かなり難しいです。理由は、バックオフィス系の仕事は、求人数自体がそもそも少ないです。

大学中退後の仕事について詳しく知りたい方は、以下をクリックしてください。

ブラック企業に入社しないためには、企業の離職率と求人背景を正しく知りましょう。

ブラック企業に入らないための対策① 実際に働いている人に感想を聞く

ブラック企業に入らないための1番の対策は、やはり実際の企業で実際に働いている人に会社の中の様子を実際に直接聞くことです。知り合いがいない人でも最近は、SNSがありますので、志望企業の会社名などで検索をして、連絡をとってみましょう。もちろん勇気がいることですが、これが1番手っ取り早いです。

たまに口コミサイトなどを信じる人がいますが、それはやめた方が良いです。理由は、口コミサイトに評判を書く人は、会社を辞めてネガティブな感情を持っている人が多いです。そうなると悪い部分ばかりが目立つようになります。また良い口コミがあったとしても、会社が口コミを捏造をしている場合もあり、それを信じるのはとても危険です。

ブラック企業に入らないための対策② 会社の離職率、求人の背景を聞く

会社の離職率と求人背景を会社から聞きましょう。
平均的な会社の離職率は、3年で30%です。それより以上に高い離職率は、危ない可能性が高いです。ただ例外もあり、離職率が高くても良い会社もあります。

リクルートという人材系の会社は、多くの起業家を輩出しています。そういった会社は、離職率が上がりますが、辞める人が会社で学ぶことは学んで起業するので前向きな理由で会社を退社している人が多いです。そういった企業は、離職率が高くても問題ありません。

要するに離職率だけでなく、離職理由まで知ることが大切だということです。
他にも新規事業をする際に人が足りないなども良い例です。しかし企業で欠員が出た理由が、人間関係や労働環境など会社に問題がある場合、会社が何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。

ブラック企業についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでください。