大学中退ニートが就職するのに、資格、アルバイト、学校は必要ないと思います。


大学を中退したら正社員になるのは、結構困難です。

労働政策研究・研修機構が調査した「大学等中退者の 就労と意識に関する研究」の中で、 高等教育(大学、大学院)を中退退学した人が中退した後、どのような雇用状態かを調査しました。

引用 https://www.jil.go.jp/institute/research/2015/documents/0138.pdf

その結果、 約35%の人が中途退学後、企業の正社員として働いています 。

企業の正社員になったかが分からない就業形態不明や未就業(ニート)を合計したら、約20%です。

それ以外の約45%の人が、 アルバイト・パート、派遣社員・嘱託などの非正規雇用 の仕事についています。

基本的に大学中退とニートのダブルコンボで正社員就職は結構きつい…。

これから就職活動の話をしますが、基本的に大学中退者やニートは採用担当から好かれません。大学を中退をしているということは、途中でやるべきことを投げ出しているという評価になります。

大学と仕事のどちらが大変かというと仕事です。大学は、サービスを受ける側ですが、仕事はサービスを提供する側です。より大変なのは、サービス提供者側です。本当に会社を辞めないのかという厳しい目で見られます。

そこにニートの経歴が加わるとかなり大変です。ニートも長期間に渡れば、さすがに雇いづらいです。ニートのような縛りが少ない環境からいきなり、仕事という厳しい環境の中に放り込まれます。

本当に雇って大丈夫か?と思われるのは、自然なことだと思います。

経済的な理由で中退した人、就職をしたくて中退した人は、すぐに就職できる可能性があります。

大学を中退した人でも例外的に就職が上手くいきやすい人がいます。それは、経済的な理由で大学を中退した人と大学在学中に社会の中で何かしらの実績を上げていた人です。

経済的な理由の場合、しょうがないなどの同情的な目で見られたりします。何かしらの実績を上げた人は、会社で採用しても使えるという判断がされやすいです。したがって、採用されやすいです。

そういった人は、早く就職活動をしましょう。就職活動のやり方は、以下の記事を参考にしてください。

経済的な理由で大学中退した人は、月に10万円もらいながら職業訓練できますよ。

大学中退した人で、経済的な理由で退学をせざるおえなくなってしまった場合、ハローワークで月に10万円もらいながら、職業訓練をうけられます。

その制度の名前は、「求職者支援制度」です。この制度は、失業保険を受けられない方が職業訓練を受けることが出来る制度です。

以下の要件をクリアできれば受講できます。

1.本人収入が月8万円以下(※1)
2.世帯全体の収入が月25万円以下(※1、2)
3.世帯全体の金融資産が300万円以下(※2)
4.現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
5.全ての訓練実施日に出席している(※3)
     (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上(※4)の出席率がある)
6.世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない(※2)
7.過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/safety_net/44.html

コースは、パソコン、Web関連、情報処理、プログラミング、電気設備、金属加工、溶接、建築、造園、CAD/NCオペレーション、介護サービス、医療事務、OA事務、簿記、経理、自動車工学、デザイン関連などがあります。さまざまな科目の中から、学びたい技術を選択して受講します。

また欠席についても厳しくチェックされます。経済的に本当に困っていて、かつ職業訓練を真剣に受けたい人は、是非検討してください。

大学中退ニートが知っておいてほしい事【2選】

①正社員になるには、タイムリミットがある

正社員になるには、タイムリミットがあります。

未経験でも受けられる求人は、25歳、27歳、30歳のタイミングでぐっと減ります。40歳からいきなり正社員になるのは、ほぼ厳しいです。

したがって、なるべく早く正社員になった方が良いです。またアルバイトを長くしたからといって正社員に就職できるとは、限りません。アルバイトは、あくまでも働く際の初歩的なステップの一環だと思ってください。

②後ろめたいことがあるなら、反省して行動しましょう。

大学を中退したとか、ニートだったとかは、ネガティブに捉えられがちです。またそのことに自信を持てない人もいると思います。

そういった場合は、とにかく反省して、自分が出来ることに集中しましょう。

そもそも企業の採用担当者が大学中退者に期待していることは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になってくれることです。即戦力ではありません。即戦力を求めるなら、あなたを面接しません。

したがって、以下のことをアピールしましょう。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来る人材である
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる

これだけで大丈夫です。

【結論】大学中退ニートは、無料で研修をうけてから就職活動をすると良いです。

大学中退ニートが就職を最短で決める方法は、研修をうけて就職活動することです。2週間~1か月間研修をうけて、その後就職活動です。

研修をうければ、色んなことを帳消しにできます。

研修をうければ、大学中退したこともニートをしていたことも帳消しに出来る可能性があります。

研修を受けると、

「 自分は、御社の〇〇職を目指しています。志望理由は将来✕✕になりたいと思っていて、それを実現するのには、御社が一番良いと思っています。

実は、恥ずかしながら大学を中退して、ニートをしていました。ダラダラと過ごしてしまったことをものすごく反省をしています。

その時に自分の将来に真剣に向き合って、それで将来✕✕になりたいと思いました。ダラダラしていたので、すぐに就職はできないと思い、〇〇職の研修を数週間してきました。

そこで△△のことを学びました。△△を学んでいるうちに、✕✕になりたいという想いが日々強くなっています。他の人より遅れがある分、入社後には挽回できるように頑張りたいと思っています。 」

などと言えます。

大学を中退して、ニートをしてしまったことを反省し、次の行動がとれています。このポイントは、大きいです。また無料で出来ますし、最短距離で就職活動が出来ます

資格、職歴なしでも研修付きエージェントに通えば、8割が内定を頂けます。

ニート期間などが長く、空白期間にこれと言って、何かをしてない人でも、研修付きのエージェントに申し込めば、8割は内定をもらえます。

研修付きのエージェントなら、仕事に必要な経験、資格の勉強を無料でしてくれますので、就職活動の1歩目として使うことをおすすめしています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

大学中退ニートがアルバイトから正社員を目指すのはおすすめでない理由

時間がかかる割に正社員になれない可能性があります。

アルバイトから正社員を狙うのは、良い選択肢だと思います。企業に勤めていれば、労働環境も分かります。

アルバイトの仕事を誠実にこなしている人なら、正社員になることを歓迎してくれる可能性は十分あります。

ただ社員登用有の会社でも、 企業の状況によっては、正社員の採用をしないこともあります。そもそも正社員の仕事に余りがないと 正社員を採用できません。

あるデータだと、企業の正社員の中で約4割の人がバイトから正社員に就職しています。実務経験がつめるのは、良いですが正社員になれないかもしれないのはデメリットです。

大学中退ニートがなんとなく資格の勉強をしたり、専門学校、大学に行くのは、絶対におすすめしません。

大前提として、資格が必ずしも評価されると限りません。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。

資格の勉強を頑張ってしたけど、それが社会から評価されなかったというのもあり得ます。なのでまず自分が何をしたいのかを明確にしてから、それに必要な資格をとるようにしましょう。

専門学校、大学に行き直すのも同様です。

大学中退して高卒だから、専門学校、大学行くも同様に安易だと思います。やはりそれらの勉強は、かなり時間がかかり、自分の年齢をあげてしまいます。就職においても、転職においても年齢はとても大切な要素です。

大学に再度通い直したけど、それが評価されなかったなどになった場合は、今より更に正社員への就職が難しくなります。

そもそも学校に通い直したい場合、お金は誰が出すのですか?

大学を中退して専門学校、大学に通い直したしようとする人がいますが、そのお金は誰が払うのでしょうか?

以下の図は、学費です。

引用  https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/column/step5/vocational_school/

専門学校でも300万円くらいはかかってしまいます。大学に入学しただけで100万円以上親などがお金を払ったはずです。

それで中退したわけですから、もうそろそ就職しても良いのではないのかなと思います。どうしてもというなら、なりたい職業をはっきりと決めてからにしましょう。

大学を中退したニートがよくする質問に答えます。

空白期間が長いのですか、大丈夫ですか?

空白期間が長いと就職が難しいです。
ただ年齢が低ければ、空白期間が長くても許容される傾向があります。

とはいっても、空白期間が1年以上あったり、アルバイト経験がなったりすると、就職活動が厳しいと言わざるおえません。

そういった人の就職活動の仕方を載せておきましたので、以下のページを見てください。

ブラック企業にしか入れませんか?

年齢や職歴によります。当たり前ですが、人気な会社ほど採用の際には、競争になります。そうなれば、経歴が良くない人は難しいです。

ただ知られていないから人気ではないけど、実際に働いてみたら良いと思える企業に入れる可能性は、十分あります。特にBtoB企業が穴場です。

人気と良い職場は、全く違います。口下手だけど、いい奴が存在するように、目立たないけど良い会社もあります。そういった企業になら情報戦次第では、入れます。

ブラック企業に入りたくない方は、以下の記事を参照してください。

就職活動の方法は、何がありますか?

地方の人、年齢が高い人におすすめのハローワーク

ハローワークが抱えている求人の数は、他のどの媒体よりも圧倒的に多いです。またハローワークは、求人の紹介だけに加え、個別に相談ができたり、職業訓練を無料で受けることが出来ます。

問題点として、求人の質がかなり玉石混合で、ブラック企業もあります。たまに求人票と実態が大きくかけ離れている場合もあります。

しかし、ハローワークは、どんな経歴、経験がダメでも平等に扱ってください。

受けたい企業が決まっている人におすすめな求人広告

自分の希望の条件で求人を探し、企業に応募するタイプのものです。自分がどんな企業をうけるたいか明確に決まっている人におすすめです。

一方で、不採用になった時に企業が理由を教えてくれません。そういったこともあり、ずっと選考に落ち続けている人もいます。

何の仕事につきたいか決まっていない人におすすめ、エージェント

エージェントのメリットは、求人の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策まで無料でやってくれます。研修付きのエージェントなら無料で研修を用意してくれます。

エージェントのデメリットは、地方にエージェントがあんまりなかったり、社会人経験者向けのエージェントに登録すると求人を紹介してもらえない可能性があります。