既卒におすすめの履歴書の書き方!自己PRが何もない?大学指定の履歴書を使った方が良い?


履歴書は大学指定のものは、使わない方が良いです。

既卒で書類選考をする際に迷うのが大学指定のものがいいか?、市販のものがいいか?です。
結論から言うと、大学指定の履歴書は避けたほうが無難です。

人事によっては、大学を卒業しているのにも関わらず、大学指定の履歴書を使用することに違和感があり、一般感覚を持ち合わせていないと、マイナス評価される可能性もあります。

ただ市販の履歴書がいいのか?というと良くありません。理由は、自己PRや志望動機を書くスペースが多くないからです。既卒は、即戦力採用ではなく、ポテンシャル採用なので企業に入りたいという熱意が大切です。にも関わらず職歴、学歴の部分が多い履歴書は、書類選考で不利になります。

履歴書をダウンロードしたい方がいれば、こちらをクリックしてください。様々な種類の履歴書がありますが、志望動機と自己PRが多いものを選んでください。

基本的に履歴書は、パソコンで大丈夫です。

基本的に履歴書はパソコンで、作っても大丈夫です。今時、パソコンで作った履歴書が失礼だという企業は、かなり少ないです。また仕事でコンピュータを使うのであれば、ワープロ等で作成すれば、実際にどの程度使いこなせる方かを企業が、判断しやすいです。

手書きの方が良い場合は、字のきれいさなどが仕事の評価につながるような仕事、履歴書は、手書きであるべきだと思われている古い業界、会社であれば、熱意を伝えられると思います。

まずは、企業が既卒に何を求めているかを理解しましょう。企業が求めることを履歴書に書かなければ、書類選考は通過しません

社会人経験のない、既卒が企業にアピールできることは何か?

既卒者には社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が既卒を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。

ちなみに面接官から見た既卒の印象は良くない

世の中の多くの人が新卒で就職活動をして、企業から内定を頂いて、就職している中、既卒の人はそうでないです。

なので、面接官が既卒を選考する際には、「新卒の時に、どこの企業からも内定を頂けてない人なのではないか?」、「在学中に就職活動をしなかったのは、働く意識が低いからでは?」などネガティブな目線で見ています。

そういった面接官の懸念を払拭させられる回答が既卒の就活では必要です。

履歴書で他人と差別化できる自己PRの考え方

自己PRを答える際の方向性

会社が採用したいのは「会社の利益に貢献する人」です。だから、自己PRでは「自分がいかに会社の役に立つか」をアピールしなければなりません。効果的な自己PRは「自分の長所が会社にどのように活かせるか?役立つか?」を語ることです。また自己PRをする時は、「そのアピールポイントを発揮したエピソード」とセットで伝えてください。

ちなみに自己PRが、何もなくても大丈夫です。

会社にアピールできるほどの自己PRなんてないという方もいます。ただそれでも問題ありません。高い成果を面接官を求めていないからです。人が成果を出すには、気持ち→行動→成果です。

もちろん会社側も利益を出したいので、志望職種に関連することで、高い成果があれば、それに越したことは、ありません。ただ現実としては、成果ではなくどのような行動をしていたのかで差がつくと場合がほとんどです。他人と比べてちょってでも優れている部分があれば十分です。

それは、バイト時代にちょっとした工夫をして、店長に褒められたとかそういうレベルで十分なのです。それを数字などを使って、客観的に言えると相手も納得してくれます。

自己PRで使うエピソードは、既卒1年以内なら、学生の時のことでも良いですが、既卒期間が長い方は、他のエピソードで自己PRしたほうが良いです

既卒1年以内の人は、学生時代の活動でも問題ないでしょう。ただ、空白期間が複数年以上になっている場合は、学生時代のこと以外で自己PRのエピソードを用意する必要があります。卒業後に時間がたっているのに、自己PRで学生時代のことを話すと空白期間になにもやっていなかった人と思われてしまいます。

自己PRの具体的な回答例

回答例① 就活に失敗して、反省して行動している場合

「私の長所は、失敗から学び取れる力があることです。新卒の就活の時は、〇〇業界(大企業)に絞って就職活動をしていましたが、残念ながら内定を頂けませんでした。反省点としては仕事や会社について詳しく知って就職活動をしていたというよりは、イメージが先行していたと思います。自分自身がどのような仕事をしたいかと向き合ったら、△△ということが大事だと分かり、その△△は、××という職種、業界でも出来るのではないかと思い、今は選択肢を広げて就職活動をしています。」

回答例② アルバイトで工夫をして、ちょっとした成果を上げた場合

「私の長所は修正能力です。既卒の期間中にテレアポのアルバイトをしていました。最初は、上手くいかなかったですが、どのようにすれば上手くいくか考え、話すスピードや抑揚を変えました。その結果アポイントがと〇〇件とれるようになりました。このような修正能力は営業職についても役に立つと思っています。」

履歴書で他人と差別化できる志望動機の書き方

回答の方向性

志望動機を話す際に重要なのがその会社でなくてはいけない理由です。
志望動機で話す際には、職種への志望動機が8割くらいで、会社への志望動機がに2割くらいするのがおすすめです。過去にどのような行動をしてきたかを含めながら話すと良いです。

職種への志望動機

まずメインどころになる職種への志望動機について重要なことを話します。
話す際に大切なのが、業務内容の正しい理解と、職種への志望理由を行動ベースで話せるかです。社会人になれば辛いこともあります。その時に耐えられる覚悟があるかが重要です。したがって入社後にどういうことをやるのかを知っていて、その仕事と似ているような体験をしてもやりたいと思ったかが重要なのです。

会社への志望動機

競合優位性に焦点を当てる

会社への志望動機は、その会社の競合優位なところに焦点を当てると良いです。
同じような商品・サービスを売っていても、値段が低いところがウリなのか、商品・サービス力が高いのが会社のウリなのかは違います。そういった部分を比べて他社とどう違うのかを理解して、志望動機を言うと良いです。

志望理由の解答例

「私が貴社を志望している理由は、2つあります。1つ目は、営業として活躍したかったからで、2つ目は、貴社は、他の既卒向けの人材会社と比べて、高い定着率、内定率を誇っているからです。

私自身既卒として就職活動をしていました。しかし既卒で就職をする難しさを感じて、いました。また私自身テレアポのアルバイトをやっていたので営業を志望しています。なので既卒向け人材紹介の営業をやって、既卒就職をする人の手助けをしたいと思っています。

また貴社は、他の人材紹介会社より、定着率が高く求職者の将来を考えた人材紹介をしているので貴社を志望させていただきました。」

履歴書の「学歴・職歴・資格・証明写真・本人希望記入欄・送付状」について

学歴欄:最終学歴のひとつ前から記入

学歴欄は「最終学歴の一つ前」から記入するのが一般的です。例えば、大学卒の場合は、高校から学歴を書きます。大学などで学んだことが志望企業の仕事に役に立つ経験があるなら、大学でどのような事をしたかを1行程度で書きましょう。

また履歴書には、正式名称で書いてください。「高校卒業」など省略せずに、「高等学校卒業」です。学部、学科も省略しないでください。

職歴欄:アルバイト経験を記入してOK

職歴欄には、大学卒業後のアルバイト、ボランティア、インターン経験などを書きます。
通常、就活ではアルバイトやボランティアについては記載しませんが、既卒の場合は有効な経験であると言えるでしょう。

アルバイトなどの職歴は「すべて書く」よりは、応募する企業に役立ちそうな実務経験を強くアピールしてください。あまり関連性のないものはそこまで詳しく書かないです。勤務先名称だけでなく配属部署、業務内容も書きましょう。

卒業してから空白期間があると、企業はその間求職者が何をしてきたのか分かりません。その空白期間を説明するためにも、アルバイトやボランティアの経験を書いておくことは有効です。また、書く時には、必ず時系列順になるように注意しましょう。

職歴欄の書き方(営業職志望の場合)

平成XX年 X月 株式会社○○ 入社 (テレアポのアルバイト)
新規顧客のリストを基にお客様へ電話をかけ、商品の購入を勧める仕事です。
平成XX年 X月 一身上の都合により退職
平成XX年 X月 株式会社○○ 入社(アルバイト)
現在に至る

このように書きます。退社したときは「入社」の履歴の下に「一身上の都合により退職」と書きます。会社名は上段に書いてあるため、改めて記載する必要はありません。現在もアルバイトを継続している場合は、「現在に至る」と履歴の職歴欄の最後に書き記してください。

「資格欄」には、正式名称を。

資格の書き方で重要なのは、「正式名称」で記載することです。一般的に「英検1級」と言われる資格でも、これは略語になるため、履歴書に記載するのは不適切です。

正式名称は資格証明書に書いてありますので、履歴書を作成する前に確認しましょう。資格をたくさん持っている人は、志望する業界・職種に関係するものを優先的に書くと、しっかりアピールできます。

本人希望記入欄には「貴社の規定に従います」

本人希望記入欄には、志望先に特に要望がないのであれば「貴社の規定に従います」と記載するだけで問題ありません。

良くないのは、福利厚生や残業時間、給与額などの条件について書くのはあんまりよくありません。履歴書の段階から話すと印象を損ねてしまいかねません。そういった交渉は内定後に話せばよいでしょう。

履歴書に貼る証明写真は、プロに頼んだ方がベター

履歴書には証明写真が必須です。写真からもいい印象を与えられるように、清潔感のある髪型で、スーツを綺麗に着こなして撮影しましょう。

特に今までの経歴などに自信がない人は、インスタント写真よりもプロに撮ってもらうと良いです。 1,500~3,000円かかるので価格は上がりますが、プロによるアドバイスがあるうえに撮り直しがきくので、良い証明写真が出来上がります。

「写真一枚で何が変わるんだ」と思うかもしれませんが、書類選考の当落線上にいる人は、そういった努力をすることで次の面接に行けたりもします。

証明写真の裏に名前を書いておきましょう

証明写真の裏には名前を書いておきましょう。仮に送付中に写真が剥がれた、応募者の履歴書を確認しているときに写真が剥がれたときに、誰のものかすぐに判断できるようにしておくためです。文字が消えないように、ボールペンを使って書いておきましょう。

書類選考なしでも就職、転職出来るのですが、それでも履歴書を書きたいですか?

就職shop、DYM就職に登録すれば、書類選考なしで面接が可能です。

就職shop、DYM就職は、書類選考なしで企業の求人へ応募が可能です。なので求人に募集できればいきなり面接です。したがって経歴に自信がない人は、こちらを選択した方が良いと思います。

日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニート、第2新卒は、レッテルが張られやすく書類選考で企業から不採用になることが多いです。書類選考なしだと、いきなり面接なので、今までの経験、能力を見て、企業が採用するかどうかを決めてくれます。

書類選考なしでエージェントの求人数が最多の就職shop!

就職shopの紹介動画

しかもエージェントの保有している求人が、約8500社で既卒、第2新卒向けのエージェントで断トツ!

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

したがって、求人が貰えないことは相当なことがない限りないです。多くの求人から少しでも良い求人に申し込みたい方におすすめです。その他、求人が中々出回らない難しい職種への応募を検討している人におすすめです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

就職shopに登録できない人におすすめ!様々な業種、職種、会社規模の求人を持つDYM就職

おすすめの理由① 地方の人、30代でも使え、様々な職種、業種、会社規模の求人を持っています。

DYM就職は、求人数が2000社です。就職shopは、8500社なので、求人数では、就職shopに劣ります。

しかし就職shopにはない地域にDYM就職の拠点があるので、地方の人でも使えます。またエージェントの対象年齢が35歳までと寛容です。

DYM就職は、就職shopのように特定の職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です 。

なのでDYM就職は、地方に住んでて、様々な選択肢から会社を選びたい人に向いています。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌 、埼玉、千葉、神奈川、宮城、神戸、広島
サポート対象 学歴不問 35歳まで 学生利用可