シングルマザーが就職支援なしで、正社員に就職するのは、厳しいです…。


シングルマザーが就職活動で不利な理由と対応策

シングルマザーが就職する際に不利になる?

シングルマザーでも子供がまだまだ小さい人は、就職活動が難しくなる傾向があります。理由は、 子どもが幼児の間はとにかく体調を壊しやすく、早退や休みを頻繁にとるので、使いづらいというイメージを企業は持っています。

自分の身近に子どもを預けられる人がいればベストですが、そうでない人は、 認可保育園に比べると延長保育・夜間保育・休日保育などの時間外保育が充実している無認可保育所に子ども預けることになると思います。ただ無認可保育園でも、都会の方に行けば、24時間保育あり、急病時に病院まで連れて行ってくれる園もありますが、そうでない保育園に預けている人も多いでしょう。

成長するにつれ、子どもの病気は、減っていきますが、子どもを毎日、保育園に預けていても、ある程度の高熱が出てしまうと、必ず親が迎えに行かなくてはなくてはいけませんので、多少不利になる部分は、しょうがない部分です。

ただ子どもを養っていかなくてはならない=多少のことでは辞めないという理由で採用になるケースもあります。他にも就職先が、シングルマザーに理解がある職場であれは、困った時にお互いが助け合うという文化が出来ています。急病の場合は休んでも良いし、逆に困っている人がいれば、都合のつく日に仕事が出来たりします。そういった企業なら育児と仕事の両立が出来るので、あまりネガティブにならないようにしましょう。

面接の際には、子どもの話ばかりではなく志望動機をしっかり話しましょう。

シングルマザーは、 「生活がかかっているので、どんな仕事でも頑張りたいと思います!」と言いがちですが、しっかり会社の視点にも立ち、志望企業にも自分が役に立つということを伝えましょう。そのために練りこまないといけないのが志望動機です。企業の事業内容や業務に関して、他の応募者よりも徹底的にリサーチして深い理解と関心の高さをアピールしましょう。

子どもが誰かに預けられる人は、企業にしっかりそのことをアピールしましょう。

子どもが病気の際でも信頼できる人に預けて出勤できる場合は、面接や書類選考の際にそのことを伝えるとよいです。

伝え方として、面接に行く前の履歴書の段階で、「その他特記事項」や「備考」の所に書くと良いでしょう。子供をどこに預けられる方は、「母子家庭で○歳の子供がおります。しかし実家の母に子供を預けている為、急な休みや早退はほとんどありません。」と伝えられるとシングルマザー=不利ということはなくなるでしょう。

シングルマザーが仕事を選ぶ際に気をつけておいた方が良いこととは?

会社がシングルマザーに理解がある会社かを調べよう!

人手不足な仕事や残業が多い会社は避けましょう。

人手不足のところだと休みがとりにくい雰囲気があるため、子どもに何か起きたときに対応出来なくなってしまいます。他には、職種によっても残業がかなり多いところもありますから、そこは避けるようにしたほうが子どもと一緒にいれる時間は増えるでしょう。

育休、託児所付きなど子育てしているママに優しい制度がある会社に行きましょう!

世の中には、シングルマザーに向かって、

「シングルマザーなんかにこの仕事は、無理でしょ(笑)」
「子供が小さいのに離婚するなんて無責任な人だね」

などひどいことを言う人がいます。

ただ会社によっては、保育士がいる託児所があったり、産休を使ったことがある人がたくさんいるなど、女性が働きやすいシステムをちゃんと作っている会社もあります。そのような会社では、今までにもママが働いる場合が多く、子どもを持っている人にも優しい場合が多いです。シングルマザーに理解がない会社に入ると、子どものことで緊急で帰っても勝手に休んでるとか、自分のことも出来ないのに子供を産んでるとかそういったことを言われてしまいます。そういった会社で働くのはとても辛いでしょう。

給与がしっかり上がる仕事につこう!

お金のこともしっかり考えないといけません。 毎日仕事、家のことで、毎日毎日本当に忙しくて、日々疲れているシングルマザーもいます。しかし「がんばってもがんばってもお金が足りないし、疲れても休めない、子供の成長も止まらない、家事もやらなければ生活が回らない、お金のやりくりどう考えても足りない、どうやって残りの今月生きていこう」 と考えながら生きている人もいます。

仕事をする際に事務が良いとか資格をとれば良いんじゃないかととりあえずバイトをすれば良いのではないかと思う人がいますが、シングルマザーから営業をやってその後独立して、年収が1000万円以上の人もいます。仕事に関しては、今お金がもらえるのかだけでなく、今後頑張れば稼ぎが上がるのかにも着目出来ると良いです。

食費と教育費は年齢が上がるにつれ、増えていきます。

以下は、子どもがいる世帯の年齢別の出費です。
シングルマザーは節約していると思いますから以下の数字と若干ずれていると思います。
ただ、どの家庭も子供が大きくなるにつれて、かけなくてはいけないお金には差がないと思います。

引用 内閣府 
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/meeting/promote/se_6/siryop23_p30.html

注目して欲しいのは、食費と教育費です。年々増えています。住居など生活に必要なお金は、年が経っても増えていきませんが、子供が大きくなるにつれて必要な食費と教育関連の費用は増えていきます。教育関連費は、学校に行きだしたりして、それに伴い出費が増えていきます。

そのため少しづつであっても給与が増えていくような仕事をしてください。

シングルマザーが頼るべき就職支援の場とは?

シングルマザーが就職する時は、自分1人で考えず必ず誰かに相談してください、思いもよらないお宝情報を手にしたりします。そういったことを知らずに、自分の知っている世界だけで考えていたら、損をしてしまうかもしれません。児童扶養手当の存在を知っている人と知っていない人では大きな差があるのと同じで、情報を持っている人と持っていない人には大きな差があるのです。

おすすめの就職支援場所① マザーズハローワーク

マザーズハローワークとは、子育て中の女性の就職を支援することを目的としたハローワークです。マザーズハローワークの就職相談相手は、女性ですし、担当制なので、深い話を本音で話せます。

またマザーズハローワークでは、就職相談が出来るだけでなく、おもちゃや絵本が豊富に揃っています。そのため、シングルマザーがハローワークに子供を連れて行く場合、キッズコーナーで子供を遊ばせながら就職活動を行うことができます。

マザーズハローワークでは、残業が少ない求人や土日祝日が休みの求人など、仕事と子育ての両立がしやすい求人情報に加え、地域の保育園の情報も併せて得ることができます。

ただNHKでハローワークの求人が実態と違うことがニュースに…。

以下は、NHKが明らかにした求人トラブルです。

引用  https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0609.html

ハローワークの労働条件が違うというトラブルが毎年4000件起きています。
ハローワークは、企業の求人の掲載料が無料です。したがってブラック企業の求人もたくさんあるのも現状です。また残念なことに、良い労働条件を見せるため、求人に嘘をつく可能性があります。そういったところは注意しないといけません。

おすすめの就職支援場所②  エージェント

マザーズハローワークも良いのですが、それと併用して欲しいのが民間のエージェントです。民間のエージェントでは、ブラック企業などを徹底的に排除してくれますので、労働条件が違うなんてことはありません。

シングルマザーの方は、どうしても子供のこととかで、企業と労働条件などで話し合いが必要です。しかしそれらのこともエージェントの人があなたの代わりにやってくれます。その他自分はどの仕事についたら育児と仕事の両立を長く出来るのかとか、志望企業の育休取得率、シングルマザーに理解のある女性の子持ち上司がいるのかとか、どのくらいの人がママをしながら働いているのかなども聞けます。それらの情報は、シングルマザーに理解がある会社かを調べるためにとても有益な情報です。もちろん年収をどうやったら上げられるかも相談可能です。

こういったことよりエージェントはおすすめです。結局企業のことは、ハローワークよりエージェントの方が詳しいです。

エージェントの利用の流れは以下です。

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②キャリアコンサルトとの面談
③ 求人の提案、企業への応募
④企業の面接
⑤内定&入社

になっています。

社会人未経験の人におすすめ!8500社からあなたにあった求人を紹介してくれる就職shop!

社会人経験がないシングルマザーは、就職shopがおすすめです。就職shopは、リクルートが運営していて、業界トップの約8500社の優良企業の求人を持っています。これはすごいことです。

既卒、第2新卒向けのエージェントは、多くても4000社くらいです。しかし就職shopは、倍の8000社の求人を持っています。しかも求人は、就職Shopが実際に会社に訪問をし、求人をもらうためブラック企業は少ないです。

就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っていると思っても大丈夫ですし、就職shopに行ったらあなたにあう求人をたくさん紹介していただける可能性が高いです。 幅広い選択肢 (業界、職種、会社規模など)からプロがあなたにあった就職先、転職先を決めてくれます。あなたが想像もしてないような求人にも出会えるでしょう。

また就職shopは、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がなくてもOKです。キャリアコンサルタントがあなたの話を聞いて企業にあなたを紹介するので、シングルマザーだからダメと言うこともありません。企業側もあなたの話を面接でしっかり聞いてくれ、採用するかどうかを決めてくれます。 企業に「シングルマザーはロクでなし」だから、書類で落としておこうと思われがちなシングルマザーにとってはありがたいことだと思います、

正社員経験がある人は、WOMANWILLがおすすめ!

正社員経験がある方は、Woman Willがおすすめです。女性向けの転職を支援しています。
Woman Willは、育休・産休取得実績が豊富な会社や男女関係なくキャリアアップを目指せる会社などが求人に多くあるのが特徴です。もちろん 自分はどの仕事についたら育児と仕事の両立を長く出来るのかとか、志望企業の育休取得率、シングルマザーに理解のある女性の子持ち上司がいるのかとか、どのくらいの人がママをしながら働いているのかなども聞けます。

ただし、弱点もあります。ウーマンウィルは、営業やエンジニア、経理職などの専門分野に特化した求人を数多く取り扱っている転職エージェントで、シングルマザーになる前にバリバリ働いていた経験がないとサポート対象外になります。

Woman Willに登録したい方は、こちらをクリックください。

就職支援を頼んでも就職できない場合、職業訓練をうけましょう。最大月に10万円もらえながら資格がとれます。

ハローワークの職業訓練校にいけば、月に10万円もらいながら職業訓練できますよ。

以下の要件をクリアできれば、ハローワークで月に10万円もらいながら、職業訓練をうけられます。

1.本人収入が月8万円以下(※1)
2.世帯全体の収入が月25万円以下(※1、2)
3.世帯全体の金融資産が300万円以下(※2)
4.現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
5.全ての訓練実施日に出席している(※3)
     (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上(※4)の出席率がある)
6.世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない(※2)
7.過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/safety_net/44.html

コースは、パソコン、Web関連、情報処理、プログラミング、電気設備、金属加工、溶接、建築、造園、CAD/NCオペレーション、介護サービス、医療事務、OA事務、簿記、経理、自動車工学、デザイン関連などがあります。さまざまな科目の中から、学びたい技術を選択して受講できます。

職業訓練校のデメリットは、就職出来ると限らないことと求人レベルが低いことです。

お金を貰えて、職業訓練が出来て素晴らしい制度だと思う人もいるでしょう。しかしそんなに甘いものではありません。職業訓練後に就職できるとも限られません。以下はハローワークの職業訓練の就職率です。

引用  https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000187094.pdf

ハローワークの求職者支援には基礎コースと実践コースがあり、それぞれに必要な技能の習得を支援してもらえます。基礎コースでは社会人としての基礎能力を身につけるための訓練を行います。実践コースでは、就職希望職種における職務遂行のための実践的な技能を身につけるための訓練をしてくれます。以下は、実践コースの就職率です。

引用  https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000187094.pdf

以上のように就職率が60%と中々低い数字になっています。

またハローワークの求人レベルは、高くありません。ハローワークや職業訓練校への求人は無料です。その為、一般の求人掲載サイトにお金を払えない零細企業。労働環境がキツくて人が集まらないため、誰でも良いから募集をして欲しい企業がたくさん集まります。

しかも求人を出す企業の中には、労働環境が厳しく、提示されている雇用条件も実際とは違うのも日常茶飯事です。年間休日120日と書いてあるのに、面接で実際に聞いてみると日祝のみ休みだった。など普通に有ります。したがって職業訓練校は、お金に凄い困っている人のみが使うべきでしょう。

民間のエージェントの職業訓練は、無料で、就職率が85%は超え、ブラック企業は徹底排除してくれます。

正直おすすめは、民間の就職支援サービスを使い就職することです。

正直、公的な就職支援サービスより、民間の就職支援サービスの方が求人、就職率、定着率などの全ての点で上です。負けるところがあるとしたら、地方によっては、エージェントを使えないのと毎月10万円もらえないことでしょう。

ただ民間の就職支援サービスを使えば、8割以上の人が、1か月くらいで内定が出来ます。企業の正社員に就職すれば、初任給が20万円くらいは、もらえます。資金の回収もそんなに時間がかからないでしょう。

民間で研修をうければ定着率が9割です。これは、ブラック企業に就職していない証拠です。

以下で紹介するのは、ウズウズカレッジとジェイックというサービスです。

ジェイックは、離職率が高い外食業界、娯楽業界、投資用不動産業界などを徹底的に排除、また福利厚生などを調べ上げ、正社員の仕事だけを紹介することで定着率が94%です。

一方、ウズウズカレッジでも、求人をもらう際に、雇用形態、福利厚生、労働時間をなどを徹底的に調べ、ブラック企業の求人を排除するので定着率が93%です。

新卒だと大体定着率が70%以上なので、その数字だけ見れば、新卒よりもブラック企業が少ないと言えるでしょう。また研修をうけてから就職すれば、業務内容や業界の将来性を把握せずに入社してしまい、入社後にミスマッチを感じたり、入社後の研修や仕事についていけず、退職を選択したり、入社後に適性が合わずに退職をする人もいません。

資格、経験、職歴なし、ニートでも、自分が何をしたいかわかなくても大丈夫!研修が豊富なウズウズカレッジ


ウズウズカレッジ 紹介動画

様々な職種を体験してから就職出来るのは、ウズウズカレッジのみ

ウズウズカレッジでは、営業・企画職、事務職、コンサルタント職、SE/プログラマー、クラフトエンジニア、インフラエンジニア、WEBマーケター、メカトロ/エレクトロエンジニアコースなど幅広くあります。 なので自分に自信がないけど、まだ何をしたいかも分からない人にもおすすめです。費用は無料で内定率が83%を越えます。

研修をうけることをお勧めしている理由は、企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれます。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。

例えば、「プログラマーを志望していますが何かそれに関する経験がありますか?」と企業の面接官に言われ、「ありません。」だとやっぱり厳しいです。研修を通すると「アプリやwebサービスを作って、それが誰かに使われた時に、辛かったけど、やっててよかったなと思い、プログラマーを目指しています。」などと言え、企業から内定を頂ける可能性が高いです。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

地方の方でも営業の研修がうけられるジェイック  

JAICの紹介動画

営業の研修が充実していて、地方の方も受けてけているジェイック

ジェイックの良さは何といっても、相談可能地域が広いことと営業の研修をうけられることでしょう。ジェイックでは、研修をした後、就職活動になります。内定率が86%です。

研修をおすすめしている理由は、企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれるからです。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。

ただジェイックの研修後には、

「ジェイックの研修で、チームでアンケートの企画を考えて、そのアンケートに答えてもらうために企業に飛び込み営業をしました。最初は、中々アンケートにも答えてくれませんでしたし、名刺すら受け取ってくれませんでしたが、〇〇な工夫をし、最後は目標を達成できました。そのときに営業のすばらしさを感じました。それで営業という職種を志望させていただきました。」

などと言え企業に採用してもらえる可能性が高いです。

相談可能地域   東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道
サポート対象 高卒以上 30歳まで