フリーターを脱出したいならプロに方法を教えもうのが1番早いです。資格?そんなことより年齢の方が…。


早くフリーターを脱出したいなら、プロのアドバイスを聞きながら就職活動をしてください。

フリーターを脱出して正社員になるには、コツがあります。我流でやる人は、失敗します。プロのアドバイスを素直に聞ける人が成功します。したがって就職の相談が出来るところに行きましょう。

地方に住んでいる人は、ハローワークを!

メリット

ハローワークが抱えている求人の数は、どの就職サイト、転職サイトよりも圧倒的に多いです。 なので、どんなに経歴、経験がダメでも使えます。 それに加え、ハローワークは、求人の紹介だけに加え、個別に転職活動の相談ができたり、職業適性検査を無料で受けることが出来ます。書類選考や面接の練習などを支援してくれるのも良い点です。

デメリット

ただ問題点として、求人の質がかなり玉石混合で、ブラック企業もあります。たまに求人票と実態が大きくかけ離れている場合があります。ハローワークの求人は、国の有効倍率の指標になっており、景気の良い、悪いを示すデータなので、国から求人数をふやすように言われ、ブラック企業でも、実態とかけ離れていた求人でも掲載されている可能性があります。

エージェントに通える人は、エージェントの利用を!

メリット

エージェントのメリットは、求人の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までやってくれます。またエージェントが求職者を企業に推薦したりしてくれるので、エージェントを使わなかったら、不採用だった企業にも入社できる可能性があります。また企業についての求人も求人票に書いていないことも教えてくれます。

デメリット

エージェントのデメリットは、地方にエージェントがあんまりなかったり、エージェントに通ったりする手間がかかることがあげられます。もちろん担当の変更も出来ますがキャリアコンサルタントと相性が悪かったら、就職活動に支障が出ます。あた社会人経験者向けのエージェントに登録すると求人を紹介してもらえない可能性があります。

おすすめは使えるならまずエージェントを使ってみること

フリーターを脱出するのに、1番良いのはエージェントを使ってみることです。

エージェントでは、就職活動のコツを教えてくれるので内定までがとてもスムーズで、内定率が全然違います。もちろん地方に住んでいる人は、エージェントが使えないので、ハローワークが良いですが、やはり会社の実態と求人票に大きなずれがあったりしたら、短期離職をする可能性が高いです。短期離職をすれば、職歴に短期離職したことを書かなくてはならず、そういう人は段々と社会から相手にされなくなります。エージェントはブラック企業を排除してくれます。

就職する際には、無料で就活サポートをしてくれるエージェントがおすすめです。8割以上は正社員へ就職できます。

転職エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類、面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。
あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考の対策、企業の面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料でサポートしてくれます。

第1位 迷ったらここ!口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ

おすすめをする理由は、エージェント利用者の満足度が圧倒的に高い!

以下はウズウズ、と既卒、第2新卒向けエージェントの中でも求人数が最大の就職shopを使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使ったって良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリは利用者の満足度が他のエージェントと比べて圧倒的に良いエージェントです。こまったらウズキャリで良いです。

ウズキャリの評判が良い理由は、ブラック企業は徹底排除し、他社の10倍時間かけて、就職サポートをしてくれるからです。

ウズキャリは、ブラック企業を紹介しません。新卒で会社に入ったんだけど、ブラック企業だからやめたいという人やエージェントを通じて就職、転職したけどブラック企業だからやめたいという人を徹底調査します。その後ウズキャリがブラック企業だと認定したら、エージェントがその後求人を断ります。

サポートの面でも他社の10倍時間をかけてくれます。あなたの就職の希望をじっくり聞いてあなたにあった求人を紹介してくれます。選考の時も、企業の面接の日にわざわざ時間をとって、模擬練習をしてから企業の面接を行かせてくれるなどうざいくらい丁寧なサービスをしてくれます。

ウズキャリが向いていない人は、IT系の職種にはつきたくない人

以下の資料を見てもらっても分かるようにIT業界、エンジニアの求人をかなり多く保有をしています。

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、6割はエンジニアの仕事です。業種もIT企業が多いです。

したがって、紹介される先がかなりの確率でITに関する仕事でしょう。
なのでIT系の仕事につきたくない人は登録をおすすめしていません。ただこだわりが特にないようでしたらウズキャリで十分だと思います。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡  
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

第2位 既卒、第2新卒向けのエージェントで最多!8500社からあなたにあった求人を紹介してくれる就職shop!

就職shopの紹介動画

エージェントの保有している求人が、約8500社で断トツ!就職shopに登録すれば8500社からあなたにあった求人をプロが紹介してくれます。

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

その8500社からプロが厳選してあなたにあった求人を渡すので、自分もこんな企業から内定がとれるのかという驚きがあるのは間違いないと思います。

また就職shopは、人物重視なので書類選考なしで企業の面接

就職shopは、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

第3位 就職shopに登録したいけど、出来ない30~35歳以上の人、札幌、福岡、名古屋の人におすすめDYM就職

DYM就職は、幅広い職種、業界、会社規模の求人を持っている

DYM就職は、何かの職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。
以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です

DYM就職が紹介してくれる求人の業界割合は、IT 16%、不動産 14%、システム 14%、メーカー 6%、人材 5%、販売 4%、飲食 4%、広告 3%、その他 32%です。

業界が幅広いのは、どこのエージェントも同じですが、職種も営業職 34%、エンジニア 15%、販売・サービス 12%、企画・マーケティング 8%、事務・管理 7%、クリエイティブ 4%、その他 19%とかなり幅広いです。

エージェントによっては、営業、エンジニアによるのでそこは良いところだと思います。企業規模も東証一部上場企業の求人なども持っています。 30代、札幌、名古屋、福岡の人が使えるエージェントでこんなに幅広く職種の求人を持つエージェントは他にありません。

DYM就職も人物重視なので書類選考なしで企業の求人に応募可能

DYM就職は、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
学歴不問 35歳まで

正社員とフリーターでは、収入、雇用の安定度、社会的な信用度で違いがあります。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

フリーターを長く続けると正社員に就職出来ません。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、新卒の採用と同じく、あなたが正社員へ転職したら成長して、企業の利益に貢献してくれるかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。

フリーターを脱出するのに資格もいりません。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。世の中に資格がないと出来ない仕事ってそう多くありません。したがって、資格を取るなら、自動車の免許くらいにしておきましょう。年齢が上がる方がリスクです。