【ニートの面接対策】空白期間について質問された場合、どういう返答をすれば正社員へ就職できる?


正社員への就職面接で空白期間について聞かれたら、どうすれば良い?

空白期間について、嘘を言ったり、誤魔化したりするのは絶対にNGです。

ニートの人が社会復帰を目指し、企業の正社員面接をうける時、多くの人が気にすることは、自分自身の空白期間です。やはり多くの人が後ろめたさを感じてしまいます。
それで企業の選考の場で、ニートでしたなんて言ったら、絶対に採用されないと思って、家事手伝いをしていたとか、親の介護がとか色々な言い訳を考えがちです。

ただ、それは印象が悪くなります。
正直に自分がニートをしていたことを認め、その後反省をして行動していると伝えた方が好印象になります。ネットで拾ってきた言い訳を話すより、自分の言葉でニート期間にどのようなことを良くないと感じ、それを反省してどのような行動をしてきたかを話すことが大切です。

そもそも企業が求めているのは、会社の利益に貢献する人であって、空白期間の有無は、重要でない。

会社が採用したい人とは、会社の利益に貢献してくれる人です。簡単に言うと会社の中で仕事が出来る人です。とはいっても、あなたの面接をするような人は、即戦力が欲しくてあなたにあっているわけではありません。新卒、既卒、第2新卒などの社会人経験が浅い人を採用しようと思っている企業は、あなたが会社の中に入って、成長して仕事が出来る人になるかを見ています。

要するに『正社員として本当に続くのか?』、『仕事が出来るようになる素養があるのか?』、『一緒に働きたいと思える人なのか?』などです。しかも就業経験のない人を採用する際に、どの企業の採用担当も素直な人が欲しいと言います。

理由は、仕事の出来る人のアドバイスを素直に聞いてやってくれれば、仕事が出来るようになるからです。自分がニートをしていて、そのことを誤魔化し始めたら、もうその時点で「自分の都合の悪いことは、誤魔化す素直でない人」なのです。

大体面接官は、嘘を見破るのが仕事でもあるんですから、嘘ついてもばれますよ。

大体面接官は、嘘を簡単に見破れると思ってください。
面接官は、あなたが話したことに一貫性があるのかなどを注意深く見ています。

なぜそうしたんですか?、具体的にどのような事をしたんですか?、その時にどのように感じて次は、どのようことをしたんですか?などの質問をし、話を深ぼっていきます。その際に言っていることとやっていることが違ったりすると、面接官は、話に矛盾を感じ、嘘をついている人だと理解します。それで、嘘をついているとばれたら即不採用です。

とはいっても志望職種に関連するアルバイト経験すらない人がいきなり正社員就職は、きつい。

ただ正直に反省していると言えば、面接で採用になるかというと違います。

もちろん空白期間に怠けてしまったことを認め、就職活動をすることは、素晴らしいことです。ただ志望職種に関連するアルバイト経験すらない人は、さすがに企業から雇われません。これは、ニートとかニートじゃないとかいう話でなく、誰にも当てはまる話です。

例えば、飲食店で働くなら飲食店での就業経験。営業ならテレアポなどの営業に関する仕事を1度はしないとさすがに正社員に就職するのは、難しいです。あなたの志望職種に関連する仕事の経験があれば、今からでも就職活動をすべきです。しかし志望職種に関連する就業経験のない人は、そちらの実績をつけてから就職活動をした方が良いです。

志望職種と関連した就業経験がない人は、その経験をするために、今からアルバイトをするというのも良いのですが、今では既卒向けエージェントが研修を無料でさせてくれます。そういったところに登録して、研修を受けてから就職活動をすればより最短でスムーズに就職が出来る思います。

将来どの職業に就きたいのか?や面接でどう受け答えをすれば良いのか?など疑問に思うことも聞けるので便利ですので、以下を参照してください。

自分の就業経験が認められているかは、書類選考を通るかです。面接に行けるなら企業は、あなたを採用する気があります。就職活動を続けてください。

企業側は、論外の人とは、面接すらしたくないと思っています。

企業の面接を受けるという時点で、企業は、あなたを採用する気があります。人事の方があなたの履歴書と職務経歴書を見て、書類選考を通過させたのは、あなたに見込みがあると思っているからです。企業の方も毎日毎日忙しい中、採用する気のない人と会いたいと思っていません。

なので、「空白期間が長くなり完全に自信を喪失している。」という方も面接でしっかりアピールが出来れば、必ず採用されます。

なぜニートになったんですか?、空白期間は何をしていたんでか?と聞かれた場合の対処法を具体例と共に公開

次に、どう答えればよいか迷う質問、なぜニートになったんですか?、空白期間は何をしていたんでか?に対しての返答例を話します。正直この質問だけが大切なわけではないですが、多くの方が気になると思います。

面接の質問には、相手の意図が隠されています。それを理解できれば、絶対に面接は通ります。

企業の採用面接で、面接官から色々質問される思います。それは、相手が何かしらの意図があって、質問をしています。もっとわかりやすく言うと、面接官の頭の中では、採用したい人がある程度決まっていて、その人とあなたが合致しているのかを確かめているのです。

会社が採用したい人とは、会社の利益に貢献してくれる人です。簡単に言うと会社の中で仕事が出来る人です。とはいっても、相手の面接官もあなたが会社に入ってすぐに成果を出すだなんて思っていません。あなたが会社の中に入って、成長して仕事が出来る人になるかを見ています。

したがって、会社の中で多少辛いことがあっても頑張れる人なのか?、会社の中で組織人としての振る舞いが出来るのか?、仕事が出来るようになる素養があるのか?を聞かれます。それらの質問に対して、私は会社に貢献できる人材ですよとアピールできれば内定になります。

質問① なぜニートになってしまったのですか?

あなたがニートになった理由はほぼ100%聞かれます。ニートになった理由には正直に答えてください。良く見られようと思って嘘をつくのは前述のとおり危険です。

面接官の意図

面接官
面接官
働きたくないだけなのかな…。

回答の方向性

ニートになりたくてなる人は、少ないと思いますからその時の事情を正直に伝えましょう。それと共に、正社員を目指すようになったきっかけも伝えると良いです。そうすれば働く意欲が今現在強くあることが面接官に伝わります。

面接での解答例

ブラック企業に入社したからです。
私がいた会社は、朝から晩まで働かないといけませんでしたし、上司にたくさん怒鳴られもしました。そしたら、だんだん会社に行きたくなくなり、会社を辞めました。ニートになった直後は、正直嬉しかったんですが、社会から疎外されているように感じましたし、経済的にもずっとは続けられないと思ったので、社会復帰を目指すようになりました。

質問② 空白期間は何をしていたのですか?

面接官の意図

面接官
面接官
ずっと怠けてただけなんじゃないの?

回答の方向性

ここで大切なのは、ニートをしているときにどのようなことをしていたか正直に伝えることです。正直に伝え、反省したからこそ、就職活動をしていると言った方が印象が良いです。

面接での解答例

大変反省しているのですが、特に御社にアピールできるようなことは、やっていません。
たまに派遣のバイトに行ったり、仕事をどれにしようか考えたりしました。ただ中々就職への一歩が踏み出せずに、いました。しかし私の年齢だと周りの人が自立した大人になっていますし、正直自分が情けなくも思いました。それで私も立派な社会人になりたいと思い就職活動を始めました。

ニートの就職面接で大切なことは、ニート関連の質問に答える以外もたくさんあります。

面接は、お互いの希望をすり合わせている場所。内定が欲しかったら相手が望んでいることを理解するべき

面接とは、お互いがお互いを評価する場です。面接官は、まずあなたを面接で評価します。その後あなたに内定が出れば、今度あなたが会社を評価する番です。会社に入社するにしろ、内定を辞退するにしても、まず面接を突破して内定を獲得しないといけません。

面接を通過して内定を得るために必要なことは、企業が求めている人物像を理解し、自分がその人に相応しいとアピールすることが大切です。したがって、面接官がどういう人を求めているのかを理解する必要があります。

面接での大前提は、明るくハキハキです。

面接では、印象が良くなるように心がけましょう。
具体的には、服装などの外見的な印象と質問の答え方です。これは、面接で答える内容以前の問題で、面接官からの印象が悪いとその後挽回するのは、大変です。

記事の下部で詳しいことは話しますが、ここでも簡単に触れておきます。

清潔感を意識し、スーツを着用。

面接時の服装は、あなたが人事や経営者などと対面する、いわば第一印象が決まるタイミングです。Tシャツにスニーカーではなく、スーツにネクタイを締めて革靴で頭髪も整えて、万全の状態で面接に臨みましょう。

面接で聞かれた質問には、簡潔に答えましょう。

面接官に聞かれたことには、まず結論を話し、その後に具体的なエピソードや理由を話しましょう。長すぎるのは、禁物です。たまに独演会のように永遠と話す人がいるのですが、相手がうんざりします。

面接官に聞かれた質問にあなたが話をまとめたうえで簡潔に話し、面接官があなたに興味を持ったら、質問などで深堀をします。そしたらどんどん具体的なエピソードを出しましょう。あくまでも、面接官は、採用基準に従って、あなたが会社にとって適切な人材かどうかを判断しますので、相手が求めていないことをアピールするのは、無駄です。

ニートが正社員へ就職する際によく聞かれる質問と答え方

ニートが正社員に就職するときによく聞かれる質問があります。それに対する答え方を伝えます。

質問① 今までどのような仕事をやっていましたか?

面接官の意図

面接官
面接官
この人は、仕事が出来る人なのかな?

回答の方向性

会社が採用したいのは「会社の利益に貢献する人」です。だから、「自分がいかに会社の役に立つか」をアピールしなければなりません。自分が応募している職種と自分がしたアルバイト経験を照らし合わせ、自分が採用に値する人物だとアピールしましょう。

面接での解答例

「私は、個別塾のアルバイトをしていました。授業をする際には、生徒がどのようなことに困っているかを意識しながら指導していました。そのおかげもあり、生徒から良い評判を頂き、塾長から特別に先生向けの講習の先生を頼まれました。生徒が志望校に合格すると嬉しいですし、そういった人を増やしたいので、個別塾の塾長になりたいと思いました。」

質問② この会社を志望した理由は何ですか?

面接官の意図

面接官
面接官
会社のこと調べてきてるかな…。本当は正社員ならどこでも良いと思っているんじゃないの?

回答の方向性

志望動機を話す際に重要なのがその会社でなくてはいけない理由です。
志望動機で話す際には、職種への志望動機が8割くらいで、会社への志望動機がに2割くらいするのがおすすめです。過去にしてきた行動や想いの中で、会社と合致する部分を話せると良いです。

面接での回答

私が御社を志望した理由は、2つあります。
1つ目は、人材業界の営業としてスキルが上がると思ったことで、2つ目は、ブラック企業を徹底排除するサービスに魅力を感じたからです。
私は、人材業界の営業アシスタントとしての経験があり、さらに裁量を持って仕事をしたいと思いました。人材業界で人の就職、転職を支援し幸せになってもらいと思っているので、ブラック企業の求人は、一切紹介しないという御社に魅力を持ちました。

職種への志望動機

話す際に大切なのが、業務内容の正しい理解と、職種への志望理由を行動ベースで話せるかです。社会人になれば辛いこともあります。その時に耐えられる覚悟があるかが重要です。

したがって入社後にどういうことをやるのかを知っていて、その仕事と似ているような体験をしてもやりたいと思ったかが重要です。また実績があるならそのことを数字などの事実と共に伝えると採用される可能性が増します。

会社への志望動機

会社への志望動機を言う際には、その会社でないといけない理由を見つけないといけません。会社のHPや他の会社と比べて、その会社が良い部分などを事前にリサーチすると良いです。

方法① 競合優位性に焦点を当てる

会社への志望動機は、その会社の競合優位なところに焦点を当てると良いです。
同じような商品・サービスを売っていても、値段が低いところがウリなのか、商品・サービス力が高いのが会社のウリなのかは違います。そういった部分を比べて他社とどう違うのかを理解して、志望動機を言うと良いです。

方法② 会社の人にフォーカスを当てて話す。

競合優位とか言われてもよくわからない人は、志望企業の人にフォーカスをすればよいです。
会社に魅力的な人がいて、そうなりたいと言っても、立派な志望理由になります。
webサイトの社員紹介だったり、会社の説明会だったり、大学のOB・OGだったり、面接での採用担当の人だったり、志望企業で働いている人に憧れていると伝えても大丈夫です。

質問③ 最後に何か質問はありますか?

ほとんどの会社で面接の最後に「何か質問はありませんか?」と言われます。
これを逆質問というのですが、この際にどのような質問をするかは、大切です。

面接官の意図

面接官
面接官
この人は会社の何に興味を持つのだろう?

回答の方向性

会社が採用したいのは「仕事が出来て、会社の利益に貢献する人」です。だから、仕事に関する話をすると良いです。NGは、労働条件について聞くことです。

質問例

「私と同年代で入社し、その後活躍している人でどんな事例がありますか?」
「今まで私が積んできた経験で足りないものがあれば教えてください。」
「採用された後どのような仕事をするか、詳しく教えてください。」

無理に質問する必要はありませんが、この質問に「特にありません」と答えるのは、「御社に興味がありません」と言っているのも同義です。あなたが面接うけている会社は、これから何年も働く可能性のある会社です。自分が実際に働くと考えていたら、質問の1個や2個は必ず出てくると思います。

しかしここで自分の墓穴を掘る質問をする人もいます。それは自分が何を受け取るかしか考えていない人です。例えば、「残業時間はどのくらいですか?」、「福利厚生はどうなっていますか?」、「残業代はしっかりでますか?」などです。

そういったことも大切なことではありますが、企業の人事からすれば、まず会社に入って活躍してから言って欲しいと思っています。もしそういったことを聞きたいなら、内定が決まってから聞いてください。

1人で面接対策が出来る自信がない方は、無料で支援を頼んだ方が良いと思います。

以上が面接で主に必要とされることでした。
明日面接という方は、ページ下部にさらに詳しいことが書いてあるので、ぜひ読んでください。

もしまだ企業の選考に申し込んでいない人がいれば、無料で就職支援をしてもらうことをおすすめしています。都会の人ならエージェントが使えますし、地方に住んでいてもハローワークが使えます。

世の中には、面接で何回も落とされる人がいます。その多くの人が面接で不採用になる理由を自覚していないからです。面接を受けるごとに反省をして内定に近づいた方が良くないですか?
エージェントだと企業の採用担当も話せるので、不採用になった理由や過去にどのような質問がされたのか?、どういった人が採用されていたのかなども分かります。

しかも面接だけでなく、どの企業、どの仕事が向いているのかも相談できます。
多くの人が業界、会社が違えば、同じ仕事を同じような時間やっても年収が100万円違うとかいう事実を知りません。残業だって業種選びを間違えれば、毎月約30時間多く残業させられる可能性もあります。休日だって年間40日も違います。 そういったことも理解しているプロに支援を頼んだ方が良い会社に出会える可能性は、増えると思いませんか?

就職活動の仕方も含め、下記のページを参考にすると良いと思います。

以下は、近日中に面接だという人向けのコンテンツです。

質問に答えるだけが面接ではない!質問の受け答えがダメでも印象が良かったら採用される可能性があります。

これは、あんまり知られてないことなんですけど、面接で答えた内容がダメダメでも面接に受かる可能性があります。そういう人は、企業からの印象が良い人です。

面接官も人です。また面接では、一緒に働きたい人を探しています。
しかも未就業者を採用する企業は、あなたの能力を買っているのではなく、あなたのポテンシャルを買っているのです。そうなると質問の内容より、印象が良かった方が面接で受かる可能性があります。

1番手っ取り早く印象を良くしたいなら、就職のプロに見てもらった方が良いです。しかしそれが出来ない場合は、鏡の前で話してみたり、スマホで自分が面接をしているところをとってみるのも良いです。それをするだけでも印象がかなり良くなる場合があります。

以下では、気を付けるポイントを話していきます。

身だしなみ

身だしなみで注意することは、以下です。

  • 清潔感のある髪型にする
  • スーツやシャツのシミやシワがないようにする
  • 靴は磨いておく

マナー・話し方

面接でのマナー違反行動を紹介します。

  • 話ていることが早口、声が小さい、話が長すぎたり、短すぎたりする
  • 面接官に相づちしない、もしくはリアクションが大きすぎる
  • 面接官に体を向け、しっかり目を見て話さない
  • 背もたれに寄り掛かったり、足を組んだりする
  • 待合室でスマホをいじる、居眠り、電話、食事、ゲーム、私語
  • 受付の人など面接官以外の人に横柄な態度をとる

などです。

不採用にならないように事前にチャックしておきましょう。

面接当日の流れ(自己紹介も含む)

入室

面接室へ入室する際はまずドアを2回ノックします。それで「どうぞ」など言われたら、ドアを開けたら、面接担当者へ向かって「失礼します。」とあいさつをし、面接担当者へ背を向けないようにしてドアを締め「よろしくお願いいたします。」といってから椅子の横へ立ちます。

そして面接担当者「○○と申します。本日はよろしくお願いいたします。」とあいさつ・お辞儀をし、「お座りください。」といわれてから、座ります。

もし面接室で待つ場合、面接担当者が入室したらすぐに起立して、「よろしくお願いいたします。」とあいさつ・お辞儀をしましょう。

面接開始

最初に緊張をほぐすために、アイスブレイクが入るかもしれません。
この際は、基本的に明るく、笑顔でハキハキ答えると良いです。そうした方が和やかに面接が始まります。

自己紹介

面接の始めに自己紹介をする必要があるかもしれません。なのでその説明もしていきます。
ここでは1分程で、自分の名前や年齢、最終学歴、直近の職歴などを1分程で伝えましましょう。

「本日は、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。私は、◯◯◯◯と申します。現在、年齢は◯歳です。最終学歴といたしましては、20XX年の3月に△△高校を卒業いたしました。直近では、アルバイトで、△△(希望職種に関連すること)をやってました。本日は、どうぞよろしくお願いいたします。」

本格的に面接がスタート

その後は普通の面接です。履歴書・職務経歴書の内容をもとに面接が進んでいきます。面接官が、上記の質問などを聞いていきます。

会社、勤務条件の説明と勤務対応力の確認

最後に確認として、事業内容などの会社についての説明を受けます。主な内容としては、転勤の可能性・通勤時間・休日出勤や残業など・研修期間について・入社時期などの具体的な勤務条件です。

逆質問

質問の最後によく聞かれるのが応募者に対する逆質問です。

面接終了

最後に、結果の通知方法など事務的な説明を受け、面接終了となります。最後に必ず相手に対する敬意・感謝を込めて「ありがとうございました。」と、お礼の一言とお辞儀を忘れないようにしましょう。

退室

退室を促されたら、椅子から立ち上がり「本日はありがとうございました。」とお礼・お辞儀をし、ドアの前に立って「失礼いたします。」と一礼します。ドアを閉める際は、大きな音を立てず静かに閉めましょう。