転職の成否はタイミングがすべて。正しい転職のタイミングとは?


転職すべきタイミングは、会社にいる必要がなくなった時か会社にいることが難しくなった場合です。会社に対して未練が全くない状態でやめないと後々後悔したりします。今不満に思っていないことが新しい環境で働いてみたら当たり前でなくなったりします。後になって、今より前の方が良かったなとか思う方もいますので、転職するかはじっくり自分と向き合ってください。
以下の図も参考にすると良いです。

転職を辞めた方が良い人

① 周りが悪いと思い、反省をしていない人

自分で会社を選び入ったにも関わらず、仕事を辞める理由を環境や周りの人のせいにし、自分で何か働きかけたり、改める姿勢がなかったりする人はまず自分を改めるようにしましょう。

人間関係でもめる、残業や残業代の未払い、入社前の想像と現実のギャップなどは、ある程度は、どの会社にもあることです。そういったどこの会社でも起きる可能性が高いことを転職の理由にしている人は、転職希望先の企業の方に、「人間関係の構築力に問題があるのではないか」、「働く意欲が低いのではないか」と思われて不採用になるの可能性が高いです。

会社を変えてもあなたは変わりませんので、まずは自分自身がその会社で出来ることを探す努力をしましょう。出来ることをやったにも関わらず限界だと感じるなら転職を考えましょう。転職する際にも、採用を行う企業側は、そういった努力をしているかをシビアに見ます。

 

②転職の目的が明確になっていない人

「仕事を辞めることが目的」というような状況になっている人は、転職活動に苦戦する場合が多いです。上手くいく転職は、転職理由=転職先を志望する動機です。

したがって

  • 本当に会社を辞める必要があるのか?
  • 転職後は、どのような仕事をしたいのか
  • 転職することでどのようなキャリアプランを考えているのか

以上のことを転職の際に説明できないといけません。
転職をしなくては、自分のモヤモヤが解決されないというしっかりとした理由が自分の中で出来上がるまで、会社で努力するようにしましょう。

ただどうしても今の労働条件に納得がいかないと思うなら、転職エージェントを使うのも良いです。転職エージェントには、転職を支援するという機能だけでなく、自分の市場価値を理解するという側面もあります。今の自分を市場が、どのような評価をするか知り、モヤモヤと向き合ってみるのではどうでしょうか?

どうしても転職したいなら良い労働条件があれば転職するのも悪くはないですし、市場価値を知った結果、自分の会社にいた方が良いと思い、転職しなかったとしても今いる企業や仕事に感謝出来るのではないかと思います。

転職エージェントの活用の仕方は、こちらを参照ください。

転職した方が良い人

転職をした方が良い人① 会社での自分の実績&伸びしろが、ピークになっている。

転職の理想形です。転職で年収アップするなど好待遇になるのが、このタイプです。
こういった状態で転職活動をすると、前職での実績もありかつ、志望動機や退職理由も明確になっている(更なる高度な仕事を会社内で出来ないための転職)ので、転職活動も上手くいきやすいです。例え未経験分野(業種の変更など)での転職であっても、前職に培った能力を新たな職場でも使うなら問題ありません。

 

転職をした方が良い人② もう会社にいるのが限界

「違法な長時間労働や、サービス残業を強いられる」「会社が法律を守っていない」「著しいパワハラ・セクハラをする人がいる」、「入社前に聞いていた労働条件との乖離がすごい」などの“ブラック企業”に入社して、苦しんでいるのであれば、勤務年数にこだわらず、早めに転職を検討しましょう。理由は、会社の最終意思決定者が、人を大切にしようと思わず、会社の利益のために社員を使いたおせばよいと思っていたら、どんなに会社にいてもその人たちがいなくならない限り、状況が良くなる可能性が低いです。ブラック企業に勤務している方は、環境が変われば働きやすくなるはずです。

他にもブラック企業ではないんだけど、なんかしらの原因でこの会社にいるのが限界と思ったら転職を考えましょう。仕事は、人生の一部であって、全てではありません。思い詰めて頑張っても、病気になったら、ゆくゆく退職する可能性が高いです。そのぐらい我慢したのであれば次の転職先に何を求めるかはっきりしているはずです。

 

転職をした方が良い人③ 自分のキャリアプランと仕事で身につくスキルが違う。(もしくは仕事で、スキルが全く身につかない)

新卒で配属された部署での仕事が自分のキャリアビジョンと違っていたり、雑務ばかりで全く学ぶことがなくて、しばらくたっても状況が変わらなそうなら、早くに転職を考えた方が良いです。3年待った方が良いと周りの人は、言うかもしれないですけど3年間たって身についているスキルがない場合、今後あなたが人生で選べる選択肢の数が減ってしまいます。年齢が上がれば、転職市場でも、企業が転職者に求める水準が上がります。それについていけなくなると会社にしがみつくしか生きる方法がなくなります。特に未経験のことを0からやるなら、早く転職した方が良いです。今会社で習得しているスキルが全く生かされない転職は、若いから未経験でも許される事です。

 

おすすめな転職方法

転職の流れ

転職の流れは以下のようになっています。転職は、一般的に1~3ヵ月程度かかります。

忙しくても、会社に勤めながら転職活動をした方が良いです。

現職の仕事で忙しくて、転職活動をする時間がないという方も多いと思います。しかし会社を辞めることを固く決意している方を除いては、会社に勤めながら転職活動をした方が良いです。
基本的に、どの会社も現場から離れている時間が長い方を採用したがらない傾向があります。したがって嫌で嫌でしょうがなかった会社を辞め、場合には、退職金までもらってウカウカした気分になってたのもつかの間、転職が長期化し自分のお金がなくなっていく…。
転職でキャリアアップのはずが、転職することが目的になってしまい、結果的に労働条件が悪くても、妥協して会社を選ぶということにもなりかねません。現職の仕事をしながら、自己分析、業界会社研究、履歴書や職務経歴書などの書類作成、面接対策が大変という方は、転職エージェントを使うことをお勧めします。転職エージェントが転職をサポートしてくれます。

転職時に最も頼りになったのは、転職エージェント

みんな一斉に始める就職活動と違い、転職は自分のペースで各々がやります。自己分析、業界・会社分析、書類対策、面接対策などを1人でやらなくてはいけないですし、前回の就職、転職活動より年齢が上がっての転職活動です。最も難易度が高いです。そんな不安だらけの転職活動を多くの人は、どのようにして乗り越えたのでしょう?
転職サイト「イミジカ」の調査では最も頼りになった相談相手は誰か?という問いに1番は転職エージェントと答えています。

引用 イミジカ

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、たくさんの求職者とたくさんの企業を呼び、転職エージェントで上手くマッチングさせるサービスです。転職エージェントの仕組みを簡単に図にすると以下です。

<転職エージェントのビジネスモデル>

企業と求職者が上手くマッチング出来るように、転職エージェントは、企業と求職者にヒアリングを行い、求人する企業、求職者ともに何を求めているのかを理解しています。
そして求職者の転職、企業の採用が上手くいけば成功報酬として、求職者の年収の一部が転職エージェントに振り込まれる仕組みになっています。

企業側からは、求人をしている企業の力だけでは集められない人を効率よく集められるというメリットがあります。
一方、求職者側は、キャリアアップを効率よく出来るのがメリットです。

転職エージェントを使った転職、転職エージェントの有効な活用法、利用する際に気をつけなくてはならないことを知りたい方は、こちらを参照ください。

 

今の会社で、働き続けるとどうなるか?

シナリオ① 自分の市場価値がどんどん下がる

会社で仕事が出来て、とても充実。なんとなく「このままの自分で良いのかな…。」と思いながらも仕事は、出来ているし、会社に必要とされているからこのままでいようと思っていると、どんどん自分の市場価値は、下がります。新卒の時は、ポテンシャルでの採用だったのが、中途になると業務での実績が大切となるように、年齢が上がれば上がるほどどんどん社会から求められることも増えます。年齢が上がるにつれて、採用のハードルや求人数も減るので、自分の成長を大切にし、自分のピークで会社をでるようにしましょう。

 

シナリオ② 会社にしがみつく以外に生きる方法がなくなる。

あなたが労働条件の良い会社で勤められるかは、労働市場の需給によって決まります。
会社は、事業の存続や事業の拡大のためにはお金が必要です。お金をお客さんが払ってくれれば会社にお金がたまるので、事業は、存続しますし、事業の拡大、理念の追求が出来ます。
したがってお金になるスキルがあなたにあれば労働市場の中で人気になり、働く環境を選べます。

年齢が上がれば上がるほど社会から求められることが増えます。もし会社でスキルを身につけることが出来なかったら時間の経過と共にどんどん選べる会社の選択肢が減ります。そうなると働ける会社は、ブラック企業などの労働条件の悪い会社です。こういった辞めない人は、ブラック企業のかっこうの餌食です。そうなりたくないなら対策をうちましょう。

シナリオ③ 病気になって、会社に見捨てられる

新卒で始めて入る会社があなたにとって初めての会社です。それを上手く使い、ブラック企業は、従業員を洗脳させ、ハラスメントや残業代の未払いなどをあたかも社会の当たり前のように見せます。そして、真面目で責任感のある方ほど自分が悪いと思い詰めてしまいます。新卒で一緒に入った同僚などが研修後、数か月後、半年後、1年後どんどん辞めていく会社はブラック企業である可能性が非常に高いです。最初から使い捨てる気で人を採用していますし、どんなに頑張って耐えても、会社の都合が悪くなればいずれ使い捨てられる運命にあります。会社の最終意思決定者である社長が人材を大切にしようと思ったり、社長が変わったりしないと永遠にブラック企業のシステムは変わりません。病気になるまで会社に勤める意味はありませんので、そういった環境にいる方は会社を辞めましょう。

 

転職をする際には、転職エージェントを使うことをお勧めします。

転職エージェントの有効な活用法、利用する際に気をつけなくてはならないことを知りたい方は、こちらをご覧ください。