看護学校を中退して、就職したい方へ。基本は、看護学校を卒業して、看護師になってください。


看護学校中退したい人がすべきことは、自分と向き合うことです。それでその後の人生が決まります。

看護学校を中退し、保育士になり幸せなAさん

私は2年前に看護学校を中退しました。 
結論から言うと今、私はとっても幸せです。現在は障害児の学童の先生をしており、毎日とても充実しています。

正直やめた直後はやっぱり看護のことが忘れられず、少しは後悔の気持ちもありました。
私は、留年という悔しさにメンタルが負けて、看護師になりたいという気持ちが折れました。 でも、看護学生の時は、もう限界を迎えていましたし、あれ以上、勉強や実習などを頑張ると病気になっていたと思います。

自分は、本当にメンタルの面で耐えれなかったです。情けないと思いますが、病気になってまでも看護をしたいと思いませんでした。毎日死ぬことを考えるくらいなら、おもいきって、やめるのも勇気だと思いました。

看護学校を中退してからの仕事も辛いことは、かなりありました。就職先の仕事も最初は、出来なかったですし、仕事先で意地悪な先輩や同僚に悪口を言われたりもしました。

しかし看護学校をやめた後悔があるからこそ、今度は途中でやめないと思って頑張りました。 看護学校を中退した経験があったからこそ、新たに就職した先の職場で頑張り、最後は、評価されるようになりました。

なので今は、 看護学校に行ったのに、資格もなにもなく、学歴も高卒という経歴しか残らなかったけれども、後悔はしていません。

もし、本当に看護師にこだわりがあり、看護学校に本当に行きたいと思ったら、そのときに看護学校に行こうと考えています。 やめる勇気があったから、今、保育士という新たな道を手にいれることか出来たのだと思います。

看護学校の中退理由があなたの人生にとっても重要な理由

看護学校を辞めたい理由は、それぞれの事情があるでしょう。

ただ本当に看護学校をを中退して、看護師になることを諦めてよいのか自分としっかり向きあいましょう。中退する、しないの基準は、中退後自分がどのようになるかはとりあえず置いといて、看護学校を中退したこと自体に後悔が残らないかどうかを中退の基準に設定することをおすすめします。

大学、専門学校を中退して、就職先が看護学校で学んだ知識と経験が”全く通じない”会社に入った場合は、今までの経験は完全にリセットになります。何なら年齢が上がっている分だけ、少し不利になります。

大学の看護学部や専門学校での勉強や実習をしなくても良い、代わりに、 看護師になる資格もありません。

新たに働いた企業での給料も良くなくて、休みも取れなくて、辛くても辞められないという状況になった時に「中途退学しなれば少しはマシだったかも」と思うのであれば、辛くても今のまま看護学校にいて、勉強して、 資格をとって、看護師になった方が良いです。 ただ辛いからやめるは、甘えですから危険です。

しかし、看護師国家試験を合格し、看護師になっても、自分が満足することが永遠にないと思うなら、中途退学してもそれほど人生のマイナスにならないので大丈夫です。

一般企業の正社員になるために就職活動を始めたい方は、以下を参考にしてください。就活の方法をが書いてあります。また中退したらブラック企業にしか勤められないということもないので安心してください。

看護学校では、留年や国家試験不合格の人は、結構いますので、中退することは悲惨なことではないと思います。

以下は、看護師国家試験の合格率です。

引用  旺文社教育情報センター

通信制以外の看護学校は、看護師国家試験の合格率が高いです。特に、3年制の専門学校や4年制の大学の看護学部は、 看護師国家試験の合格率が90%を越えています。

しかし看護師国家試験の状況と中退、留年率は違います。国家試験の合格率が低い看護大学や看護の専門学校は、 学校自体の人気が下がり、学生が入学してこない可能性がありますので、留年や退学については厳しいです。

ある大学の看護学部、看護専門学校では、学生や専門学生の中退、退学率が3割以上あります。

勉強した努力が実を結びやすく、指導者の好みが入らない座学の勉強では、単位を落とさない、一方、実習では、指導者の好みや学生の性格が理由で単位を落としてしまい 残念ながら留年してしまう人もいます。

毎日、朝から夕方まで、学校で勉強し、家に帰れば、課題やテストの勉強に追われ、実習になれば睡眠時間も削るような毎日を送っているのに、留年になってしまうのは、本当にショックだと思います。

ただ看護学校を中退しても幸せな人生を歩めている人は、います。したがって自分と向き合った結果、看護学校を中退した方が良いと思ったのであれば、それはそれで良いと思います。その代わり、中退した後の人生は、自分自身で輝かせられるように頑張ってください。

また中退した後どのような仕事があるのか気になる方も多いと思います。そういった方は、以下を見てください。未経験から出来る仕事をたくさん挙げときました。

看護学校を中退して一般企業に就職したいならなるべく早めの行動を。看護学校中退者が就職するためのハードルとは?

企業が人を採用する際に求職者に求める事

会社が採用したい人は、基本的に、会社に利益をたくさんもたしてくれ、長く勤めてくれる人です。出来れば育てるなんて、企業からしたら、コストのかかることをしたいとは、思っていません。

企業は、会社への貢献意欲が高く、スキル経験もある、下の図で言うと、右上の人をとりたいと思っています。ただそんな人ばかりが都合よく応募してくるとも限りません。なので会社は、経験・スキルがないんだけど成長してくれたら戦力になりそうな人を採用したいと考えます。それがポテンシャル採用です。大学中退者も新卒も既卒もこの部類に当てはまります。


企業の採用活動と社会での立ち位置

ポテンシャル採用されるために必要な事は、「年齢が若い」、「社会人として最低限必要な基礎的な能力がある」、「成長意欲があり、企業に入社した後成長が期待出来る」の3つです。

ポテンシャル採用では、若くて、向上心が強くあるが重要なのです。したがって中退するなら早めの行動をしたほうが良いです。

看護学校を中退した理由を企業から聞かれても、反省して行動していると伝えれば大丈夫です。

企業にとっては、

  • なぜあなたが 看護学校を中退に至ったのか
  • 今は 看護学校中退に対してどう感じているのか
  • 今後どういうキャリアプランを持っているか
  • あなたを採用するメリットは何か

などはとても気になることです。就活の面接でも、恐らくかなり聞かれるところです。

理由は、企業に入っても途中で辞められたら困るからです。基本的に中途退学者は、企業から好感を持たれないと思っていてください。企業に入ってもまた大学のように途中で辞めるのではないかと思っています。企業は給与を払ってあなたを雇うのですから当たり前と言えば当たり前です。

しかし中退しても正社員に就職できる人はいます。その差は中退したことを反省して、次の行動をとれているかどうかです。自分が原因で学校を中退した人は、中退したことを誰かのせいにすることなく認め、その経験を活かして次の具体的な行動を起こせるかが重要です。

企業の面接後にこの人は、入社したら辞めることなく、頑張ってくれるなと思われれば採用されます。

看護学校を中退した後、どのようなことが面接で聞かれるか不安な方は、以下を参考にしてください。大学中退の話をしていますが、専門学校中退でも同じ扱いなので、問題なく見れます。

看護学校を中退をするか迷っている人は、とりあえずエージェントを使って就職活動をすると良いです。

エージェントとは、無料で使える就職支援サービスです。看護学校を中退した人も中退したいと思っている人にもおすすめです。これからサービスの説明と利用のメリットを話します。

エージェントに登録するとあなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考の対策、企業の採用面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料でサポートしてくれます。

エージェントを使うメリット

メリット① 中退する前に、自分が中退した後どのような選択肢があるか分かる。

中退を迷っている人は、中退した後自分はどうなるんだろう?と感じると思います。そういった場合は、エージェントを使って中退後の自分の選択肢を見てから中退するかどうか決めれば良いと思います。エージェントなら何全社からあなたにあった求人を紹介してくれるので、渡された求人と中退を天秤にかけてどうするかを決められます。

メリット② 研修つきのエージェントを使えば、どんな人でも8割は正社員になれます。

就職エージェントの中にも、研修がついているエージェントがあります。そういったエージェントに申し込めば、研修をしてあなたが正社員になれるほどの実力をつけてから、就職活動を始められます。中退をした後、どうしてよいか分からずフリーターになる人が多いのも現状です。したがって、もうすでに学校をやめる決心がある場合は、こちらの方が良いかもしれません。

希望する仕事が全くの未経験でもエンジニアや営業の研修を無料でうけられ、その経験を基に就活できるので企業から採用していただける可能性が高いです。1か月もあれば就職活動は終わります。

メリット③ 大卒の求人に応募できる可能性がある

就職エージェントを使うと、大学中退者でも、高卒の求人だけでなく、大卒の求人に応募できる可能性があります。企業の採用担当者とエージェントは、話せますので、エージェントが、 求職者を大卒の求人に応募させてくれないかと言うと、許可がおりたりもします。

エージェントの利用の流れ

既卒、第2新卒向けのエージェントに登録してから、入社するまでの流れを説明します。

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②キャリアコンサルトとの面談
研修付きのエージェントの場合)研修
③ 求人の提案、企業への応募
④企業の書類選考、面接
⑤内定&入社

になっています。

どのエージェントに登録しても、あなた専属のキャリアアドバイザーが、あなたに合った求人の紹介、書類、面接対策までを無料でサポートしてくれます。ただ研修付きのエージェントは、研修をうけてから就職活動になります。

おすすめのエージェントや活用法など詳しい情報は以下の記事を読んでください。