大学院を辞めたい…。大学院卒業と中退では、就職がどう違う?


大学院を中退したくても、基本的には大学院を卒業して新卒として就職活動をした方が良いです。

利用者
利用者
すいません…。
今現在理系の大学院で研究をしているのですが、辞めたいと思っています。
それについてどう思いますか?
どこかしらの部分で研究に面白みを感じているなら辞めない方が良いと思います。
理由は、就職です。企業の研究・開発職に理系の大学院卒以外の人がなれるかというとなれません。文系だと営業とかに配属になりますから、会社に入社してからの仕事が最初から全然違います。
アドバイザー
アドバイザー
それと理系の方でも文系就職も出来ます。
例えばコンサル会社は、文系でも理系でも入れます。コンサル会社では、企業が解決できない複雑な問題を解決するのが仕事です。企業からインタビューをして、解決したい問題を聞きます。その後仮説を立て、事実を集めます。それで問題が解決できると思ったら資料にまとめて発表をします。
アドバイザー
アドバイザー
これは、研究に似ていませんか?研究では今までに解決できていなかったようなことを研究テーマにしてその難問を解くと思います。研究テーマに関する先行研究を査読し、その後自分で仮説を立て、実験などをして事実を集めると思います。それで最後に研究の成果を論文にし、その後研究成果を学会や教授などに発表をすると思います。
アドバイザー
アドバイザー
要するに自分の専門分野に行く以外にも、研究で培った能力をアピールして就職活動が出来るので、研究者にならなくても研究がある程度楽しめているならわざわざ辞めなくても良いでしょう。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど…。
教授とどうしても合わないなどの人間関係上の問題があったり、コアタイムの時間が長くて研究をするのが無理だと言う方は、研究室の移動だったり、休学などを検討すると良いと思います。研究室の移動なんて無理だと思うかもしれませんが、卒業を1年遅らせてまでも、研究室の移動をした人もいます。そういったことをして解決しましょう。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
では、そもそも研究自体に全く興味が持てず、面白くない場合はどうでしょう?
それなら中退してもよいと思います。
そもそも大学院に進んだことが間違えだったということだと思います。
新卒で企業に入るにしても、大学院でやっている内容があんまりに薄ければ、「大学院で何をしていたの?」、「自分がフラフラしたいから大学院に行っただけでしょ?」となり、理系の大学院卒でも企業からの印象が悪いです。
アドバイザー
アドバイザー
理系の大学院にいて就職活動をした人ですら、そういっています。興味があれば、動画を見てください。
アドバイザー
アドバイザー
しかもダラダラ大学院にいることのデメリットは、就活以外にもあり、社会人になってからも苦労をします。理由は、年齢です。
アドバイザー
アドバイザー
以下を見てください。大学院にいすぎて後悔した人です。
アドバイザー
アドバイザー
以上の方は、博士まで行き、卒業した時にはアラサーで、同い年の他の人より仕事が出来ないようです。年齢も上がっているため転職をしづらいと言っています。また6年制の大学に行った人も同じように感じています。
アドバイザー
アドバイザー
でもよくよく考えてみてください。学部で4年過ごして、その後修士を卒業するまでに2年、博士まで行くと更に3年を大学院で過ごすことになります。修士卒は、学部卒と比べると社会人経験が2年、高卒と比べると6年。博士卒は、学部卒と比べると5年、高卒と比べると9年遅れていることになります。社会に出たら、この人たちと戦っていかないといけませんので、社会に出るのが遅ければ遅いほど不利です。
アドバイザー
アドバイザー
大学院で頑張っても残念ながら社会に入ったらお荷物という末路もあります。なので研究に熱中できないなら中退して就職を考えても良いと思います。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
そうなんですね…。
ただ中退後、就職できるかがとても不安です。その辺についてどう思われますか?
不安というのは、おそらく中退したことを面接でどういえば良いか分からないって話だと思います。その際には、伝え方を注意すれば問題ないです。
アドバイザー
アドバイザー
基本的に企業の採用担当者は、中退する人を好きではありません。理由は、途中で会社を辞められると困るからです。企業は、人を採用する際に莫大なお金を払います。もしあなたが25歳から60歳まで同じ会社にいたら、年収300万円でも1億円くらいかかります。
アドバイザー
アドバイザー
実際は、社会保障など給料以外の部分で企業がお金を払わないといけない部分がたくさんあるのでもっとお金が必要です。その1億円以上のお金を払っても良いと思える人を見つけるのが、企業の採用です。
アドバイザー
アドバイザー
なので、基本的には、中退したことを反省して、行動をしていると言ってください。あなたの想いが真剣だあれば、企業の採用担当者も分かってくれます。
アドバイザー
アドバイザー
例えば、「大学院に入学したときは、研究者になろうと思っていましたが、実際に研究をしていく中で、自分の将来はここにないなと感じました。安易に大学院進学をしたことを反省していますが、今の私は研究ではなく、〇〇の仕事で立派な社会人になりたいと思っています。」などです。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
なるほど…。
では、本当に就職が出来ないということはないんですね?
正直就職は、可能です。
最悪研修付きのエージェントに行けばよいですから。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
研修付きエージェント?
エージェントというのは、求職者の就職や転職を無料で斡旋してくれるサービスです。エージェントが企業に求職者を就職、転職させると企業からエージェントにお金が入るので、求職者は無料です。
アドバイザー
アドバイザー
既卒向けのエージェントは、2種類あって求人紹介型エージェントと研修付きのエージェントです。研修付きエージェントなら営業やITエンジニアなどの研修を無料で受けさせてくれます。なので中退をしても最悪問題ないです。ただ就職先を確保してから中退をした方が無難ではあります。
アドバイザー
アドバイザー
利用者
利用者
そういったサービスを使うとブラック企業にしか入れないというイメージがあるのですが、その辺についてはどう思いますか?
既卒、第2新卒でも離職率が低い職場に行っている人もいるので、ブラック企業にしか入れないということはないです。また未経験から出来る仕事もたくさんありますから、研究が好きでない人なら自分にあった仕事が見つかる可能性が高いです。
アドバイザー
アドバイザー
これから先は、就職活動の仕方の話なので、以下のページをご覧ください。

今の時代転職が当たり前ですし、大手なら安心という時代でもないですから、早めに社会で実績をつけて、あらゆる会社から必要とされる人材になれるように頑張ってください。そうすれば中退したことなんてちっぽけな話になりますよ。

アドバイザー
アドバイザー