フリーターをやめたいと思っている時が1番チャンスがある時です。バイトの辞め方も徹底解説!


フリーターがアルバイト先を辞めたいと思う瞬間と辞め方

アルバイトを辞めたいと思う瞬間

フリーターとして働いている方が、「このままでいいのか?」という気持ちを抱くのには共通するきっかけがあります。

  • 一生懸命働いているが、給与、雇用の面で将来が不安
  • 家族や友人などから心配をされたりして、他者の目が気になる
  • 付き合っている人と結婚して家庭を持ちたいと思った
  • 人手不足で正社員並みの労働を強いられる
  • 人間関係で他の人ともめる

なのです。こういった時にどうやってアルバイトを辞めるかを話します。

フリーターのアルバイトの辞め方

雇用先のことを考えたり、円満に退社したいなら1か月くらい前に伝えるのがベター

企業としても、バイトはいつか辞めることを前提として雇用していますので、辞められること自体に困るというケースは稀です。しかしバイト先で感謝がある場合などは、バイトを辞めたいと思ったら、辞めたいと思う日の1ヶ月くらい前に、上司に伝えるのが良いです。

理由は、バイト先の雇用主が、あなたが辞めた分の穴埋めなどを考えて、調整できる時間が出来るからです。繁忙期など人手不足の時期を避けると円満に退社しやすいです。

その際は、直接会って伝えた方が良いでしょう。相手が忙しそうにしていたら、「ご相談したいことがあるのですが、お時間がある時はいつですか?」など相手の都合を確認するなどが良いです。

退職理由は、バイトを辞めないと解決しないような理由をしっかり言えれば引き止められたりしません。

退職理由が、企業側の努力で改善の余地がある場合は、中々バイト先をやめさせてもらえないかもしれません。例えば、「人間関係」「仕事内容が不満」「シフトが多すぎる」などの不満です。それってバイト先をやめないと解決しない問題なの?って質問される場合があります。

そういったときに困らないようにするため、違う仕事がしたいとか、正社員への就職活動がしたいとか、バイト先を退職しないと解決できないことを退職理由にするとやめられます。

ただ最悪2週間前までに辞めると伝えれば法律上辞められる

アルバイトを始める時にした契約で何年間契約するとか特別な契約がない限り、2週間前に辞める意思を伝えれば辞めることができます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

なので、最悪、バイト先をやめたい場合は2週間前にバイトを辞めると言えば2週間後にはやめられます。

実は、フリーターを辞めたいと思った瞬間が正社員になれる可能性が高い1番のチャンス

フリーターを辞めて正社員になりたいと自然と思えている人は、就職活動でかなり有利です。

実は、フリーターをやめて正社員になりたいと思っているなら、かなり正社員になれる可能性が高いです。

就職できない人の特徴には、受動的な人という特徴があります。
それは、親や恋人に「就職しろ」と言われて就活を始めた人など他人から言われていやいや就職活動をしている人は、正社員に就職するのがかなり難しいです。

一方、自分から、何かしらの理由でフリーターでなくて、正社員になりたいと思っている人は、正社員になった後に、多少辛いことがあっても辞めずに頑張る人が多いので就職活動も上手くいきやすいです。

正社員として会社に採用されやすい人は、自分の目標を叶えるために会社に入ることが必要だと言える人です。自分は何かしらのスキル、経験を会社に入って身につけたいでもいいですし、企業に正社員として、入社してからこういったことを経験したいでも良いですし、家族を持ちたいと思っていて、金銭面から、雇用の不安定さから正社員になりたいでも何でも良いです。

職歴のないフリーターに企業が求めていることは成長意欲です。

フリーターには、社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者がフリーターに期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が未経験の人を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。

したがって大切なことは、今までどうだったかではなく、今後どうなりたいかです。

正社員とフリーターでは、収入、雇用の安定度、社会的な信用度で違いがあります。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

フリーターと正社員で年収が違う理由

フリーターの人は正社員と違い経験や高いスキルを求められることがありません。正社員として会社に入ったら3年は辞めるなと言われていますが、それは3年くらいはやらないと仕事に必要な経験・スキルが身につかないからです。

やはりアルバイトは基本的には一時的な労働であり、雇う側もそのつもりで仕事を割り振っています。 一方で正社員は長期雇用を前提としており、任される仕事も長期にわたるプロジェクトや大きな責任をともなうものなど、アルバイトとは違います。そういった経験を企業の正社員としてしていくことで他人が出来ないレベルの仕事が出来るようになります。それで収入が上がっていくのです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

就職する際には、無料で就活サポートをしてくれるエージェントがおすすめです。8割以上は正社員へ就職できます。

転職エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類、面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。
あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考の対策、企業の面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料でサポートしてくれます。

エージェントを使えば就活の成功率は上がる!

エージェントでは、無料であなたへの求人紹介から書類選考、面接対策をやってくれます。
したがって困ったことは何でも相談できるので、正社員への就職に不安を感じる人におすすめです。どのエージェントでも就職率は8割を越えます。

またエージェントが持っている求人は、ブラック企業がかなり少ないです。エージェントによってブラック企業の基準は違いますが、ブラック企業の求人を断るので安心して使えます。

第1位 迷ったらここ!口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ

おすすめをする理由は、エージェント利用者の満足度が圧倒的に高い!

以下はウズウズ、と既卒、第2新卒向けエージェントの中でも求人数が最大の就職shopを使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使ったって良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリは利用者の満足度が他のエージェントと比べて圧倒的に良いエージェントです。こまったらウズキャリで良いです。

ウズキャリの評判が良い理由は、ブラック企業は徹底排除し、他社の10倍時間かけて、就職サポートをしてくれるからです。

ウズキャリは、ブラック企業を紹介しません。新卒で会社に入ったんだけど、ブラック企業だからやめたいという人やエージェントを通じて就職、転職したけどブラック企業だからやめたいという人を徹底調査します。その後ウズキャリがブラック企業だと認定したら、エージェントがその後求人を断ります。

サポートの面でも他社の10倍時間をかけてくれます。あなたの就職の希望をじっくり聞いてあなたにあった求人を紹介してくれます。選考の時も、企業の面接の日にわざわざ時間をとって、模擬練習をしてから企業の面接を行かせてくれるなどうざいくらい丁寧なサービスをしてくれます。

ウズキャリが向いていない人は、IT系の職種にはつきたくない人

以下の資料を見てもらっても分かるようにIT業界、エンジニアの求人をかなり多く保有をしています。

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、6割はエンジニアの仕事です。業種もIT企業が多いです。

したがって、紹介される先がかなりの確率でITに関する仕事でしょう。
なのでIT系の仕事につきたくない人は登録をおすすめしていません。ただこだわりが特にないようでしたらウズキャリで十分だと思います。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡  
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

第2位 既卒、第2新卒向けのエージェントで最多!8500社からあなたにあった求人を紹介してくれる就職shop!

就職shopの紹介動画

エージェントの保有している求人が、約8500社で断トツ!就職shopに登録すれば8500社からあなたにあった求人をプロが紹介してくれます。

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

その8500社からプロが厳選してあなたにあった求人を渡すので、自分もこんな企業から内定がとれるのかという驚きがあるのは間違いないと思います。

また就職shopは、人物重視なので書類選考なしで企業の面接

就職shopは、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

第3位 就職shopに登録したいけど、出来ない30~35歳以上の人、札幌、福岡、名古屋の人におすすめDYM就職

DYM就職は、幅広い職種、業界、会社規模の求人を持っている

DYM就職は、何かの職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。
以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です

DYM就職が紹介してくれる求人の業界割合は、IT 16%、不動産 14%、システム 14%、メーカー 6%、人材 5%、販売 4%、飲食 4%、広告 3%、その他 32%です。

業界が幅広いのは、どこのエージェントも同じですが、職種も営業職 34%、エンジニア 15%、販売・サービス 12%、企画・マーケティング 8%、事務・管理 7%、クリエイティブ 4%、その他 19%とかなり幅広いです。

エージェントによっては、営業、エンジニアによるのでそこは良いところだと思います。企業規模も東証一部上場企業の求人なども持っています。 30代、札幌、名古屋、福岡の人が使えるエージェントでこんなに幅広く職種の求人を持つエージェントは他にありません。

DYM就職も人物重視なので書類選考なしで企業の求人に応募可能

DYM就職は、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
学歴不問 35歳まで

それ以外の地域に住んでいる方は、以下をクリックしてください。

フリーターを長く続けると就職出来る可能性が減ります。今が最大のチャンスです。

フリーターの人は、時間と共に企業の正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、新卒の採用と同じく、あなたが正社員へ転職したら成長して、企業の利益に貢献してくれるかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。