【最新版】正社員になりたいフリーターにおすすめな職種を発表!


フリーターが職種や業種を選ぶ前にもっと大切なことは、自己分析ですよ。

自己分析って何?

フリーターが正社員へ転職する際にまず考えなくてはいけないことは、仕事内容。すなわち職種です。しかし職種を決める前にしなくてはいけないものが自己分析です。自己分析というのは、自分がどのような仕事につきたいかを条件で書いてみることです。

例えば給料が良い企業が良いとか、残業が少ない仕事が良いとか自分が仕事をする上で大切にしたいことを書きだし、優先順位を決めます。それに当てはまる会社、業界、職種を調べて、そこに申し込むというのが一般的です。職種ありきではありません。

やり方は、いったん働く上で大切にしたいことを本音ベースで全部書いてみます。残業が少ない会社が良いでも、福利厚生のしっかりしている会社が良いでも、年間休日が多い会社が良いなどです。それで自分が望む条件と世の中が望む条件(求人)をすり合わせていき、最後に仕事が決まるのです。

自己分析の具体的なやり方(例、社長になりたいAさん)

例えば、将来起業をして社長になりたい人がいたとします。(社長になりたいではなくて、なるべく安定した仕事につきたいでも、スキルが身につく仕事につきたいでも何でも良いですよ。)

今現在フリーターから社長になるまでの道のりを逆算すると、様々な能力が足りないことに気づきます。例えば、人を上手く使うマネジメント能力、お金のことに関する財務・経理の能力などです。いきなり全部は無理ですから、まず最初にした方が良いことは何だろうかを考えます。

その結果、会社を作ったら、商品やサービスを売れなければならないので、まず営業が出来ることが最優先事項になったりします。それ以外に必要な条件と言えば、将来社長になりたいわけですから、社長から直々に仕事を教えてもらえる環境にいた方が目標を叶えやすいでしょう。

なので営業職で、社長と距離が近い中小企業を探していきます。中小企業を選ぶ際に大切なことは、社長が尊敬できるかです。しかしここで問題になるのが世の中の中小企業はあまりにも数が多いので、調べ切れません。したがって業界を絞りこみます。

将来社長にとして成功することが大切になってきますので、そうなると候補は、伸びている業界に行くとこです。業界が伸びているということは、お客さんの数が増えているので、起業が成功しやすくなります。そうするとIT業界や介護の業界などが例にあげられます。これで会社を特定できるほどの条件が整いました。

Aさんの正社員へ転職するためのMUST条件

  • 営業のスキルを身につけること
  • 尊敬できる起業家の下で働けること
  • 成長産業であるITや介護の業界に行くこと

これらの条件に合う、企業を探していきます。この人の場合は、残業代や、給与、休日、福利厚生は優先順位として低いです。

そうするとIT業界で、社長との距離が近い中小企業、かつ社長が尊敬できる会社をリストアップをして、志望企業に優先順位をつけ、会社の求人に応募します。

自分がどの仕事に向いているかが分からない人や自己分析が出来ない人は、プロを頼った方が良いです

正社員から正社員の転職の時も、フリーターから正社員への転職の時も、自己分析をしっかりして、就職、転職の軸を明確にするが大切です。そこをしっかりやらないと面接や書類選考で「何でこの会社に入りたいのですか?」と採用担当者に言われても、「この会社のこの部分が他の会社にはない良い特徴だから入りたいんです」と言えません。

仮に自己分析をしないで、正社員として企業に入社できたとしても、入社後に困ります。「こんなはずではなかったのに」、「自分と会社があってなくて不満だらけ」だとかになります。そもそも自己分析、会社、業界研究をしないで入れる会社のレベルなんて高くないのは自明です。

自分で適性が分からない、もしくは自己分析から、会社、業界研究を1人でやる自信がないという方は、プロの就職、転職を支援している人にアドバイスを頂きながら就職活動をしたほうが良いと思います。そんな方におすすめなのがウズキャリです。

ウズキャリでは、キャリアアドバイザーが長い時間をかけて就職サポートしてくれ、口コミ・評判が他のエージェントより圧倒的に良いです。どんな仕事をすれば良いかの相談や、就職・転職のサポートを分厚くしてくれます。就職・転職した人の離職率は7%以下ですし、ブラック企業は勧められません。

ウズキャリに登録したい方は こちら、評判・口コミが気になる方は、こちらをクリックしてください。

フリーターが就職する際に決めるべきは、業種ではなく、職種

企業に就職する時には、業界ではなく、職種を調べて就職活動をすることをおすすめします。

新卒なら会社に入社後、企業があなたの適性を見て、何の仕事をすべきか決めるので業界を調べて就職活動をするのは良いです。しかしフリーターなどの既卒が就職をする場合は、あらかじめ企業は、仕事内容をはっきりさせてから求人を出すのでどんな職種が良いのか考えると良いです。そうしないと面接で志望動機が言えません。

未経験からでもできる職種の特徴

未経験から出来る仕事の特徴は、以下です。

  • 人手不足や成長業界で採用に積極的
  • 教育制度が整っている
  • 専門知識や技術が不要

近年景気が良くなっているため企業の採用意欲が高いのとどの企業も人不足という状況があります。そういった企業は、一から人を育てていくという意識が強いため、未経験者まで採用枠を広げて募集する傾向があります。

当サイトおすすめ職種の平均年収

引用 https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_01

当サイトがおすすめする未経験でも出来るおすすめの仕事は、営業職、販売・サービス職、IT系の技術職、建築・土木系の技術職、クリエイティブ職です。

DODAは発表した平均年収では、営業職が444万円、販売・サービス職が327万円、IT系の技術職が456万円、建築・土木系の技術職が415万円、クリエイティブ職が379万円です。

フリーターにおすすめの職種 営業職、サービス・販売職

営業職とサービス・販売職の違い

営業職、サービス・販売職共に、最終目的はいずれも「商品を売る」ことです。
しかし「営業」は新しい顧客を獲得する仕事です。 営業は購入意欲が薄い顧客に対して商品の魅力を説明し、商品を買ってもらいます。 一方、「販売」は既存の顧客に対して購入のサポートをする仕事です。 販売職が相手にする顧客は、すでに購入意欲が固まっている人です。

アルバイトで、サービス・販売職に就いたことがある人は多いですが、営業はないと思います。そういった人のために簡単に、営業について話すと営業は、主に2通りあります。
新規営業とルート営業です。新規営業は、今まで取引のない顧客に自社の商品・サービスを販売する仕事で、ルート営業は、もう既に取引があるお客さんに商品を販売する仕事です。

営業職、 サービス・ 販売職に向いている人、採用されやすい人

コミュニケーション能力がある人

営業職、 サービス・ 販売職共に、基本的に人と接するのが好きな人に向いています。仲の良い人だけではなく、初対面のお客様にも人見知りせず、普段から笑顔で会話ができる人は、 営業職、
サービス・ 販売職に向いていると言えます。

ただおしゃべりが大好きなだけの人は、向いていないかもしれません。 営業職、 サービス・ 販売職共に、相手に合わせてコミュニケーションをとることが重要です。自分の価値観を相手に押し付けるタイプの人は、向いていません。「話し上手」かより「聞き上手か」が重要です。

営業職では、 サービス・ 販売職より高い接客技術が必要だったり、 サービス・ 販売職は、休日に休みがとれなかったり、中々給与がアップしなかったりします。そういった違いはありますが、相手を中心に考えてコミュニケーションをすることに変わりはないです。

採用されやすい人

飲食の仕事や介護の仕事、販売の仕事などがサービス・販売職にあたります。アルバイト経験がある方も多いでしょうから、そういった人は採用されやすいです。

営業職に関しては、もちろん営業のアシスタントやコールセンターで働いていた人などは、もちろん採用されやすいが、サービス・接客職などをしていた人なども採用されやすいです。

サービス・ 販売職、営業職に就きたい人は、こちらの就職サイトがをおすすめです。

サービス・販売職と営業職で迷うなら営業職がおすすめです。

営業職は転職がしやすい

営業職がおすすめな理由は、転職がしやすいことです。必ずしも、「営業になったら一生営業をやる」というわけではなく、最低3年間くらい営業職の経験を積んでおけば、その後の「できる仕事」の幅がどんどん広がっていきます。

人気の職種である、マーケティング企画や人事、事務職も、仕事の最終目標はお客様に貢献して利益を得ることです。そのお客様に一番近づける仕事が営業職なのです。まずは営業で現場に出て自社の商品やお客様のことを知りながら、交渉能力、事務能力、ビジネス理解、マルチタスクな能力など様々な能力がつけた方が後々たくさんの選択肢を残せます。

サービス・販売職より営業職の方が平均収入が高い

営業、サービス・販売職の年収です。企業や業種によって大きく変わってますが、営業職の年収の平均は、444万円です。なのに対して販売・サービス職は327万円です。

20代で言うと、平均年収が営業だと350万円で、サービス・販売職は300万円くらいです。ただボーナスの有無によっても、給与体系にも年収は大きく変わります。

営業職は、アルバイト経験がない人でも、正社員に就職が可能です。

理由は、エージェントが研修をしてくれるからです。

ジェイックでは、アンケートを企画して、答えてもらったり、名刺交換をするという研修をしてくれるので、本当の未経験でも、今日から2週間で正社員へ就職可能です、気になる方は、こちらをクリックしてください。

フリーターにおすすめな職種 事務職

事務職とは、 他の社員がスムーズに仕事が行えるように支援する仕事です。 書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などをします。専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能だったり、他の職種に比べて残業が少なかったりするので、事務職は女性に人気です。

事務に向いている人、採用されやすい人

コミュニケーションスキルがある

会社が事務職の採用を行う際に最も重要視しているのは、実は「コミュニケーションスキル」です。 事務職は社内外とのコミュニケーションがたくさん発生する仕事です。電話・来客時の応対のほか、書類のやり取りなどでお客様と直接、連絡を取らなければいけないケースが多々あります。

書類の作成・処理などをスピーディかつ正確に出来る

「書類の作成・処理」「書類のファイリング・整理」「データ入力」などをしますが、これらは、会社内での業務を、書類やデータとして正確に保存・伝達することです。もし、書類やデータに誤りがあっては意味がありません。

「作業の正確さ」は、事務職として働く上で欠かすことのできない要素といえます。また、締切りが設定されている場合がほとんどなので、スピーディに処理していく能力も求められるでしょう。

事務に採用されやすい人

事務職に就きたい人は。パソコンの基本的なスキルやビジネスマナーは最低限、身に付けることをおすすめします。ビジネスマナーについては、来客・電話・メールの応対が失礼にならないように、 パソコンスキルは、Word・Excel・ PowerPoint、ブラインドタッチによる正確で早いデータ入力ができると良いです。

そのようなことが出来れば、事務系のデータ入力、受付業務、事務スタッフ、コールセンターなどでバイトをしたことがない、販売職などの人も事務職につける可能性はあります。

事務職はかなり難しいです。就職活動には賢い戦略を

しかし事務職に就くのは、かなり難しいのが現状です。人気の割に求人が少ないです。
今現在、IT化が進んでいて事務の仕事自体が不必要になっているため、求人が減っています。他にも、女性が育休や産休をとれる世の中になってきているので、事務の人が出産、結婚後も仕事を辞めないで、育休後、産休後に職場復帰しますので、更に求人数が減ります。

したがって、事務の経験者や事務に関する何らかの資格、スキルを持っている人が転職すると、歓迎されやすいです。未経験OKな企業は少なく、事務の経験がない人が採用されることは、かなり稀です。

こういった職種につくには、戦略が必要です。それは就職サイトの求人数×良いキャリアアドバイザーが大切です。詳しいことが気になる人は、こちらをご覧ください。

フリーターにおすすめの仕事 技術職

ITエンジニア

ITエンジニアは、主に開発系とインフラ系の2つに分かれます。

開発系とは、SEとかプログラマーなどのサービスを作る人たちです。分かりやすい例だと、Facebook,Twitter,Youtubeなどを作る人たちです。一方インフラ系というのは、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなど、インターネット上のサービスなどが問題なく稼働し続けるようにする仕事です。

分かりやすく言うと、開発系は、家を作る人たちで、インフラ系はガスとか、水道とか電気でが問題なく供給できるようにする仕事です。

またエンジニアになったら一生、技術者として生きていかなくてはならないかというとそういう事はありません。エンジニアの技術を学ぶことで、進む道を様々に描くことができます。例えば、プロジェクトをまとめることが好きな方は、プロジェクトマネージャーになったり、お客様とのコミュニケーションが好きな人は、ITコンサル、SE、技術営業になったりもします。

それと開発系のエンジニアは、フリーランスなどになる人もいます。しかも人によっては1000万円を超える年収があったりします。ただ技術の移り変わりが激しく、インフラ系より勉強が必要です。

ITエンジニアに向いている人は、新しい技術などに常にキャッチアップできる人

専門職・技術職に欠かせないのは、自分の専門分野の勉強などをやり続けられる人です。
技術は常に進歩していて、新しい話も次々に出てきます。そのため常に興味をもって、新しい話題も積極的に情報収集できたりするのは、専門職・技術職を目指す上で最低条件です。

採用されやすい人

プログラマーなどの開発系のエンジニアの人は、実際にアプリやwebサービスを作ったことがある人が採用されやすいです。必ずしもバイト経験がないといけないかというそんなことはありません。一方、インフラエンジニアは開発系に比べて採用のハードルも低いです。理由は、OJTといって、会社が研修を用意してくれますので、本当にやる気があれば未経験でも出来ます。

ITエンジニアになりたい人は、こちらの就職サイトがおすすめです。8割以上の人が内定を決めていますし、エージェントが研修を用意してくれるので、未経験から開発系のエンジニアにもなれます。

施工管理

施工管理(現場監督)は、建築現場の監督です。建物の着工~完成まで一貫して管理するので、職人さんのように一部分に特化したお仕事ではなく総合的に現場を管理するお仕事です。未経験でも、入社して活躍している方もいます。年収は250万円くらいから始まり、平均年収は450万円です。

具体的には安全管理、品質管理、工程管理が主な業務になっています。
さらにかみ砕いて説明すると安全管理とは、日々の現場で事故が発生しないよう未然に防止する為の業務になります。
次に品質管理とは、設計図面通りに施工されているかを確認し、近年では写真を撮影し記録にのこしていく業務になります。
工程管理とは、建物の工事期間を守るために、各作業の日程を調整することです。

建物をつくるには様々な種類の工事や多くの職人さんが関わっている為、それらを効率よく進めていく為に、日々打ち合わせや調整をします。

施工管理に向いている人①  コミュニケーションに長け、 リーダーシップのある人

施工管理業務では、作業者である職人達を取りまとめる必要があります。クセの強い職人から信用を得るには相当のコミュニケーション能力が必要となります。
クライアントとの打ち合わせが多いのも施工管理者の特徴です。相手の要望を的確に把握し、自分の意見をしっかり伝える能力が不可欠となります。

施工管理に向いている人② 計画性や危機管理能力がある

多くの人が働く建築業務では正しい計画の立案が大切です。計画を立て、それに沿って行動するのが好きな人には適正があります。また事故を防ぐために工事上の安全管理は大切です。危険な箇所を的確に見極めて改善する注意力や慎重さがなければ、重大事故の予兆を見落としてしまうかもしれません。

施工管理になりたい方は、こちらの就職サイトがおすすめです。

フリーターにおすすめな職種 マーケティング職

未経験でマーケティング職につくのは難しかったですが、近年インターネットの利用者も増えており、Webマーケティングの需要は、かなり増えています。

Webマーケティングとは、会社が売りたい商品を買ってもらうために、多くの消費者を”集客”し、Webサイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。リアルな世界で言うと、テレビCMや雑誌広告などで顧客を呼び込む「集客活動」と、来店した顧客に商品・サービスなどを勧める「販売活動」をすべてオンライン上で行うものだとイメージすれば良いです

Webマーケティングでは、検索エンジンからの流入を狙うSEO施策、GoogleやYahooに広告料を払い、広告を見てもらうリスティング広告、SNSから商品を買ってもらうSNS広告など様々な広告手段を使って集客します。

Webマーケティングに向いている人

Webマーケティングが向いている人は、ユーザーの気持ちを考えることの出来る想像力があり、かつデータなどを使った分析もできるバランス感覚に優れた人です。 数字を扱うのが苦手な人には向いていないですし、人の気持ちが全く分からない人にも向いていません。

どのようなメッセージで、どのようなデザインイメージにすればお客さんが、商品をワクワクして買ってくれるか?を自分の想像と、Google Analyticsなどのデータからを考え、商品の購入まで結びつけなくてはなりません。

それとコミュニケーション能力があまりにも低いのも良くありません。エンジニアやデザイナーの協力が必要な場合とかにも、依頼したことを上手く伝えられないと、やってくれない場合があったり、改善しようと思っていたことが全く違う方向に進んでしまうこともあります。

採用されやすい人

ライターやWebマーケティングのアシスタントなどをやったことがある人が採用されやすいです。
ただ未経験でもエージェントで研修をうければ、なれます。 Webマーケターになりたい人は、こちらの就職サイトがおすすめです。8割以上の人が内定を決めています

高卒、正社員経験、資格、免許もなく、正社員になれる気がしない人は、研修をうけてから就職活動をしましょう。

高卒は、大卒と比べて応募できる求人が限られ、就職先が限られます。ただでさえ大卒より少ない求人の中でも、良い企業を見つけて書類選考などをうけて見ても不採用が続いたりしたらやっぱり、資格や学歴があったら何か変わるのかなと多くの方が思います。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。なのでまず自分が何をしたいのかを明確にしてから、それに必要な資格をとるようにしましょう。

もしそれが分からないなら、仕事に必要な経験、資格の勉強をさせてくれる場所に行きましょう。それは、就職エージェントです。費用は無料です。エージェントは、求人を持っており、そこに就職させて収益を得ているので、研修が内定と直結しています。とりあえず研修をうけてみて合わなかったら退会も簡単です。興味があれば使ってみると良いです。

人と話しているのが好きで、営業職を目指している方は、こちらをご覧ください。
それ以外の方は、こちらをご覧ください。詳しい研修内容や口コミが見れます。

正社員とフリーターでは、収入、雇用の安定度、社会的な信用度で違いがあります。フリーターをずっと続けるのは厳しいと思いますよ。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

フリーターと正社員で年収が違う理由

フリーターの人は正社員と違い経験や高いスキルを求められることがありません。正社員として会社に入ったら3年は辞めるなと言われていますが、それは3年くらいはやらないと仕事に必要な経験・スキルが身につかないからです。

やはりアルバイトは基本的には一時的な労働であり、雇う側もそのつもりで仕事を割り振っています。 一方で正社員は長期雇用を前提としており、任される仕事も長期にわたるプロジェクトや大きな責任をともなうものなど、アルバイトとは違います。そういった経験を企業の正社員としてしていくことで他人が出来ないレベルの仕事が出来るようになります。それで収入が上がっていくのです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

フリーターが就職する際には、無料で就活サポートをしてくれるエージェントがおすすめです。

転職エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類、面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。
あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、書類選考の対策、企業の面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料でサポートしてくれます。

エージェントを使えば就活の成功率は上がる!

転職エージェントでは、転職サイトなどの求人サイトのように求人だけを知れるだけではありません。企業の書類選考、面接で不採用になった場合、エージェントの担当者から、不採用になった理由も知れますので、次の対策が取りやすいです。

どう考えても正社員への就職の成功率が上がります。またエージェントに求人を出す企業は、お金を払ってまで求人を出すので、ブラック企業が集まりづらく、優良企業が集まりやすい構造にもなっています。

第1位 迷ったらここ!口コミ・評判が圧倒的に良いウズキャリ

おすすめをする理由は、エージェント利用者の満足度が圧倒的に高い!

以下はウズウズ、と既卒、第2新卒向けエージェントの中でも求人数が最大の就職shopを使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使ったって良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリは利用者の満足度が他のエージェントと比べて圧倒的に良いエージェントです。こまったらウズキャリで良いです。

ウズキャリの評判が良い理由は、他社の10倍時間かけて、就職サポートをしてくれるからです。

ウズキャリは、他社の10倍かけてサポートをしてくれます。エージェントは、基本的に求職者を就職、転職させたら、企業からエージェントにお金が入るシステムです。したがって、求職者を早く、求人に応募させ、就職、転職させようとするエージェントが多い中、ウズキャリはそういったことが少ないです。

サポートの面でも企業の面接の日にわざわざ時間をとって、模擬練習をしてから企業の面接を行ってくれるなどうざいくらい丁寧なサービスをしてくれます。企業の求人もハローワークなどと違い、1件1件取材をして、ブラック企業の求人はしっかり断ります。そういったこともあり定着率が93% なので短期離職を避けられる可能性が高いです。短期離職をする人は逃げ癖があると思われ、転職が難しいです。

どうしてもIT系の職種につきたくない人は、他のエージェントを使うと良いですが、それ以外の方は、ウズウズで十分です。

ウズキャリが向いていない人は、IT系の職種にはつきたくない人

以下の資料を見てもらっても分かるようにIT業界、エンジニアの求人をかなり多く保有をしています。

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、6割はエンジニアの仕事です。業種もIT企業が多いです。

したがって、紹介される先がかなりの確率でITに関する仕事でしょう。どうしても、ITエンジニアやIT企業で働きたくないと思う人なら、違うエージェントに申し込むと良いです。ただ満足度は高いですし、最終的には、多くの人が満足して、自分にあった仕事が見つけられるので、極端な拒否反応がある人以外は、ウズウズで良いのではないかと思います。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡  
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

第2位 難関職種志望の方や、エージェントの求人数を期待する人におすすめ、就職shop!

就職shopの紹介動画

エージェントの保有している求人が、約8500社で断トツ!就職shopに登録すれば8500社からあなたにあった求人をプロが紹介してくれます。

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

その中からプロが厳選してあなたにあった求人を渡すので、自分もこんな企業から内定がとれるのかという驚きがあるのは間違いないと思います。

また就職shopは、人物重視なので書類選考なしで企業の面接

就職shopは、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

就職shopが向いていない人は、サポートに期待をしている人

以下はウズウズ、と既卒、第2新卒向けエージェントの中でも求人数が最大の就職shopを使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使ったって良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
ウズキャリほど分厚くサポートはしてくれません。ただたくさんの求人を見ながら、就職先を見つけたい人や求人が中々出回らない就職の難しい職種へ応募したい人には、良いです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

第3位 就職shopに登録したいけど、出来ない30~35歳以上の人、札幌、福岡、名古屋の人におすすめDYM就職

DYM就職は、幅広い職種、業界、会社規模の求人を持っている

また何かの職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。
以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です

DYM就職が紹介してくれる求人の業界割合は、IT 16%、不動産 14%、システム 14%、メーカー 6%、人材 5%、販売 4%、飲食 4%、広告 3%、その他 32%です。

業界が幅広いのは、どこのエージェントも同じですが、職種も営業職 34%、エンジニア 15%、販売・サービス 12%、企画・マーケティング 8%、事務・管理 7%、クリエイティブ 4%、その他 19%とかなり幅広いです。

エージェントによっては、営業、エンジニアによるのでそこは良いところだと思います。企業規模も東証一部上場企業の求人なども持っています。 30代、札幌、名古屋、福岡の人が使えるエージェントでこんなに幅広く職種の求人を持つエージェントは他にありません。

DYM就職も人物重視なので書類選考なしで企業の求人に応募可能

就職shopは、書類選考なしで企業への応募が可能なため、経歴に自信がない人でもOKです。日本では、新卒主義なので、既卒、フリーター、中退者、ニートは、レッテルが張られやすく求人サイトで就活、転職すると書類選考で不採用になることが多いです。履歴書を書くだけ無駄で、落とされる度に落ち込む人もいる中、話をしっかり聞いてくれ、企業が採用するかどうかを決めれるのは良いことです。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
学歴不問 35歳まで