高卒フリーターにおすすめな仕事と就職先とは?


高卒のフリーターが就職先を決める際に重要なのが職種

企業に就職する時には、業界ではなく、職種を調べて就職活動をすることをおすすめします。

新卒なら会社に入社後、企業があなたの適性を見て、何の仕事をすべきか決めるので業界を調べて就職活動をするのは良いです。

しかしフリーターなどの既卒が就職をする場合は、あらかじめ企業は、仕事内容をはっきりさせてから求人を出すのでどんな職種が良いのか考えると良いです。そうしないと面接で志望動機も言えません。

未経験からでも出来る仕事は、大きく4つに分かれる。

会社は、商品やサービスを提供して利益を生んで存続しています。
そうなると①商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事の3つに分かれます。

ただ会社って法律を守ったり、税金を納めたり、人を探して雇ったり会社の存続のためにやらないといけない仕事も存在します。基本的には、上記の3つの仕事が会社を存続するために必要な仕事ですから、そういった人たちが自分の仕事に集中できるようにしないといけません。そういった事情もあり、会社をサポートする仕事が生まれます。

なので職種は主に、① 商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事、 ④会社をサポートする仕事の4つに分類されます。

①商品やサービスを売る仕事

商品やサービスを売る仕事は2つに分類されます。営業職と販売職です。
営業職、販売職共に、最終目的はいずれも「商品を売る」ことです。

営業職と販売職の違いは、営業職だと家などの高い商品が売っていることが多いのに対し、販売職は、スーパーやコンビニなど安いものをたくさん売っている場合が多いです。営業職は、1つの物を売る力が必要な一方、販売職は、たくさんの人に商品を売ることがなります。

②物を作る仕事(エンジニア)

物を作る仕事には、色々な種類があります。ITエンジニア、家を作る施工管理、商品を大量に生産する工場員、デザイナーです。物を作る仕事の醍醐味は、やはり完成した時の喜びでしょう。

あなたが住んでいる家だって誰かが作っているからあるのです。自分が一生懸命作ったものが世の中で使われているときの喜びが

③サービスを提供する仕事(サービス業)

サービスというのは、商品など有形なものを提供するのではなく、無形なものを提供します。

例えば、ウェディングプランナー、スポーツトレーナー、塾講師・英会話教室の運営、児童指導員、介護、障碍者支援、ホテル・空港のスタッフ、キャリアアドバイザー、ツアーコンダクターなど様々です。

自分が良いと思えるサービスをお客さんに提供し、喜んでもらえることがやりがいです。
物を作る仕事やサポートをする仕事は、お客さんから直接喜んでもらえる機会が少ないですが、サービス業は、良い仕事をすれば、直接喜んでもらえます。

④会社をサポートをする仕事

事務職・管理職系職系の仕事は、主に企業を後方から支えるのが仕事です。
仕事としては、人事、経理、事務(一般事務、営業事務など)などです。未経験から就職するのは、かなり難しいです。理由は、バックオフィス系の仕事は、求人数自体がそもそも少ないです。

未経験から出来る仕事について詳しく知りたい方は、以下をクリックしてください。

高卒フリーターが就職先を決めるプロセスを具体例と共に解説します。

就職先を決める際には自己分析→職種選び→業界・会社選びという順でします。

自己分析って何?

フリーターが正社員へ転職する際にまず考えなくてはいけないことは、仕事内容。すなわち職種です。しかし職種を決める前にしなくてはいけないものが自己分析です。自己分析というのは、自分がどのような仕事につきたいかを条件で書いてみることです。

例えば給料が良い企業が良いとか、残業が少ない仕事が良いとか自分が仕事をする上で大切にしたいことを書きだし、優先順位を決めます。それに当てはまる会社、業界、職種を調べて、そこに申し込むというのが一般的です。職種ありきではありません。

やり方は、いったん働く上で大切にしたいことを本音ベースで全部書いてみます。残業が少ない会社が良いでも、福利厚生のしっかりしている会社が良いでも、年間休日が多い会社が良いなどです。それで自分が望む条件と世の中が望む条件(求人)をすり合わせていき、最後に仕事が決まるのです。

自己分析の具体的なやり方(例、社長になりたいAさん)

例えば、将来起業をして社長になりたい人がいたとします。(社長になりたいではなくて、なるべく安定した仕事につきたいでも、スキルが身につく仕事につきたいでも何でも良いですよ。)

それで自分が働く上で叶えたいことがどうやったら叶えられるかを考えます。
今現在フリーターから社長になるまでの道のりを逆算すると、人を上手く使うマネジメント能力、お金のことに関する財務・経理の能力などが足りないのが分かります。ただいきなり全部は無理ですから、まず最初にした方が良いことは何だろうかを考えます。

その結果、会社を作ったら、商品やサービスを売れなければならないので、まず営業が出来ることが最優先事項になったりします。それ以外に必要な条件と言えば、将来社長になりたいわけですから、社長から直々に仕事を教えてもらえる環境にいた方が目標を叶えやすいでしょう。

なので営業職で、社長と距離が近い中小企業を探していきます。中小企業を選ぶ際に大切なことは、社長が尊敬できるかです。しかしここで問題になるのが世の中の中小企業はあまりにも数が多いので、調べ切れません。したがって業界を絞りこみます。

将来社長にとして成功することが大切になってきますので、そうなると候補は、伸びている業界に行くとこです。業界が伸びているということは、お客さんの数が増えているので、起業が成功しやすくなります。そうするとIT業界や介護の業界などが例にあげられます。これで会社を特定できるほどの条件が整いました。

Aさんの正社員へ転職するためのMUST条件

  • 営業のスキルを身につけること
  • 尊敬できる起業家の下で働けること
  • 成長産業であるITや介護の業界に行くこと

これらの条件に合う、企業を探していきます。この人の場合は、残業代や、給与、休日、福利厚生は優先順位として低いです。

そうするとIT業界で、社長との距離が近い中小企業、かつ社長が尊敬できる会社をリストアップをして、志望企業に優先順位をつけ、会社の求人に応募します。こうやって自分が満足できる会社を見つけていきます。

そして社会が求めることと自分が望むことをすり合わせていき、自分が満足いく会社に就職するのです。

自分がどの仕事に向いているかが分からない人や自己分析が出来ない人は、プロを頼った方が良いです

正社員から正社員の転職の時も、フリーターから正社員への転職の時も、自己分析をしっかりして、就職、転職の軸を明確にするが大切です。

その後自分の会社選びの基準に合う業界、職種、会社選びが必要です。その際に難しいのは、どれだけ世の中の仕事を知っているかが大切です。例えば、残業が少ない会社、土日に休みがとれる会社に入りたいとします。ではその条件を満たす職種、業界は何ですか?

これに中々答えられません。この辺をしっかりできないと、企業に入社後困ります。「こんなはずではなかったのに」、「自分と会社があってなくて不満だらけ」だとかになります。なので無料でプロに頼ることがおすすめです。

以下では就職活動の全容を解説しているので興味があれば、読んでください。

高卒フリーターにおすすめできない業界とは?

今度は業種について話します。正直業種は職種に比べて、そんなに重要ですが、絶対にこれはやめといた方が良いという離職率の高い業界を書いておきます。

離職率の高い業界の共通点

離職率の高い業界は、残業時間が長かったり、休日がない割に、給料が安い業界です。
確かにコンサルティング業界などは、残業時間も長いんですけど、その分給与が高いんで、離職率がかなり大きくなるみたいなことはないんです。

しかし平均残業時間が70時間とか、80時間あるにも関わらず、給与が少ないし、上がる見込みがない業界はどんどん人が辞めていきます。その業界に入るということは、世間的にかなりのブラック企業に入る可能性が高いわけですから、なるべく避けた方が良いです。

では、実際に見ていきましょう。

離職率の高い業界ランキング

引用 厚生労働省

【第1位】離職率が63% 宿泊、飲食業界

離職率が最も高い業界第1位は飲食業界・宿泊業界です。
6割以上の人が3年以内に辞めてしまう、非常に離職率の高い業界です。

職種として、飲食店やホテルの店舗スタッフなどが当てはまります。
理由は、クレームがキツかったり、労働時間が長く不規則であったり、給料が安かったり、キャリアアップが見込めないからです。

居酒屋などの飲食店の場合、酔った客に絡まれ理不尽に怒鳴られたり、場合によっては暴力を振るわれるケースもありますので、やめていく人が多いです。

【第2位】離職率が59% サービス、娯楽業

遊園地・ゲームセンター・パチンコ店などのサービス、娯楽業界です。
離職率が59%なので、入社したら3年で6割の人が辞めていく恐ろしい業界です。

理由は、キャリアアップが見込めない、体力的にキツい、業界の将来性が見えないなどです。

また、娯楽業界は日に日に規制が厳しくなりつつある業界でもあります。
そのため「この先長く働けるビジョンがない」という理由から、転職を考える人もいます。

確かにディズニーランドでは、いつもキャストがニコニコしてくれますし、ミッキーはいつもリアクションをとってくれますが実際に自分がやるとなったら確かに大変ですよね(笑)

【第3位】離職率が57% 教育、学習支援業

続いて離職率が高いのは教育業界です。
主に学習塾や教材開発販売会社などが挙げられます。

これらの業界も、労働時間が長く、残業時間が多いです。また業務量の割に給料が安いです。

例えば、学習塾の場合、日々の授業の準備・教室運営・ビラ配りなどの営業活動・保護者対応など業務内容は多岐にわたります。しかも業務だけでなく、教師は、子供はもちろん、保護者等からのプレッシャーも高く、大きなストレスを抱えている人も少なくありません。

高卒のフリーターは、早く就職先を見つけないとやばいです。学歴より年齢が大切です。

フリーターを長く続けると就職出来る可能性が減ります。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、新卒の採用と同じく、あなたが正社員へ転職したら成長して、企業の利益に貢献してくれるかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。

高卒のフリーターは、大卒のフリーターより就職で有利です。

高校を卒業したフリーターも大学を卒業したフリーターも社会人としての経験がないので、 ポテンシャルでの採用になります。

ポテンシャル採用されるために必要な事は、「年齢が若い」+「社会人として活躍するための最低限の能力がある。」+「成長意欲が強く、入社後に活躍できる可能性が高い」の3つです。
学歴や資格が凄かろうが、社会での経験はないため、ポテンシャルでの採用です。企業からは、向上心が強くあるが最も重要です。

向上心は、意識の問題です。
では、大卒のフリーターと高卒のフリーターでは、どちらの意識が高いでしょうか?

企業からみると、まだ10代の時点できちんと将来を見据えられていなかった(=フリーターになった)ことは、ある程度仕方がないことだと思われます。ただ 大学を卒業しても、将来を見据えられずにフリーターになってしまったことは、企業からすれば問題だと思う人が多いです。

そのため、「高卒フリーター」に対する採用担当者の印象は、実はそんなに悪くはなく、大卒とも十分に張り合えます。ただ正社員として就職するには、条件があります。正しいやり方で就職活動に臨めばということです。

以下では就職活動の全容を解説しているので興味があれば、読んでください。

正社員に就職出来る人と出来ない人の差はどこにある?

就職出来る人の特徴 会社に入社する目的が定まっている人

正社員として会社に採用されやすい人は、自分の目標を叶えるために会社に入ることが必要だと言える人です。自分は何かしらのスキル、経験を会社に入って身につけたいでもいいですし、企業に正社員として、入社してからこういったことを経験したいでも何でも良いです。

企業に正社員として就職出来る人は、「将来〇〇をしたいから、今はこの会社に入って〇〇を経験しなければならない」という事が自分の言葉で言える人です。そういった人が就活で成功しやすいです。

就職出来ない人の特徴 就活を一生懸命頑張る人

親や恋人に「就職しろ」と言われて就活を始めた人や「友達が就職したから」という理由で就活を始めた人など受動的な態度で就活をしている人は、なかなか就職活動が上手くいきません。

企業側は、就活を頑張る人を探しているのではなく、正社員として就職した後に、企業の利益に貢献してくれる人を採用したいのです。

どのような業種、職種であれ、正社員に就職したら、新しく覚える仕事はあるし、大変な仕事もあります。そういった困難に立ち向かえる人を探しているのです。後ろ向きな姿勢では採用されにくいです。

高卒、正社員経験、資格なしで正社員になれる気がしない人は、研修をうけてから就職活動をしましょう。

高卒は、大卒と比べて応募できる求人が限られ、就職先が限られます。ただでさえ大卒より少ない求人の中でも、良い企業を見つけて書類選考などをうけて見ても不採用が続いたりしたらやっぱり、資格や学歴があったら何か変わるのかなと多くの方が思います。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。なのでまず自分が何をしたいのかを明確にしてから、それに必要な資格をとるようにしましょう。

もしやりたいことがないなら、就職を目指しましょう。
経歴が良くなくても研修付きのエージェントを利用すれば、無料で研修をうけさせてくれます。就職率は、80%を超えます。エージェントについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ちなみに1番就職でとっておいた方が良い資格は、車の免許

業界、高卒、大卒などの学歴に関係なく取得しておいた方が良いのは、 車の免許です 。
業務で車を運転する可能性がある職種の場合、ほぼ確実に「普通免許が必要」と求人票に記載されています。

18歳になれば、学歴関係なく誰でも取得できるので、出来ればマニュアル免許をとりましょう。ただし、建設や工事現場、運送関係の仕事に就く予定がなければオートマ免許でも問題ないことが多いです。