大卒フリーターが今、就職できないなら一生底辺です。


大卒でフリーターって結構やばいですよ。

親が2500万円~3000万円投資した結果があなたです。

以下の数字は、ベネッセ教育情報サイトが子どもが生まれてから、大学に行って社会人になるまでにはいったいどのぐらいのお金がかかるか計算したものです。

あなたは安く見積もっても2500万円、高いと3000万円くらいお金をかけてもらっています。

引用 https://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html

内訳は養育費と教育費です。
養育費というのは、服とか食事代とかそういった類の生活にかかるお金です。 教育費は、主に小学校から大学までの学費です。

養育費は、生活に必要なお金なので誰でもある程度同じで、1680万円です。
しかし教育費は、国公立に行った人と私立に行った人では、かかるお金が全然違います。
幼稚園から大学まで国立だと1000万円、私立だと1500万円くらいのお金がかかり、約500万円も違います。

養育費1680万円と幼稚園から大学までの学費( 国立だと1000万円、私立だと1500万円くらい )を足すと約2500万円~3000万円になります。

中でも注目して欲しいのは、大学の教育費の割合です。大学の4年間にかかる教育費が幼稚園~高校にかかる教育費とほぼ同じです。4年行くだけで500万円~750万円かかります。

実際の数字も、あなたの両親に聞いてみてるのも良いでしょう。
では、なぜそんなにお金がかかる大学にあなたの両親は、入学させたのでしょう?

大卒と高卒では、大きな学歴の差があります。

以下は、学歴別の生涯賃金です。

引用  厚生労働省調査 平成30年賃金構造基本統計調査 

あなたは、高校までしか行けなかった人より親が500万円~750万円多く教育費をだしてもらっています。それは順調に育てば高卒の人よりも生涯、男女共に4000万円~5000万円多く得をすると思っているからです。しかも大卒と高卒では、申し込める求人の量にも違いがあります。

ただフリーターになるなら、正直高卒も大卒もありません。

フリーターのデメリット

メリット① 収入が少ない

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。大学で同じような仲間だと思っていた人が、会社員になり数十年の時がたてば、結婚してたり、家を買ったり、車を買ったりしてフリーターの自分とは全然違う人になってたりします。

デメリット② 雇用の安定、社会的な信用がない

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

就職したいなら、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼んだ方が良い。

就職活動は、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼んだ方が早いです。理由は、そちらの方が業界、職種、会社選びの際もスムーズです。また面接対策も一緒にやってくれます。既卒になって理由は何ですか?とかこの会社を志望した理由は何ですか?など答えづらい質問もたくさんあると思います。そういった時の対処法を教えてくれます。

既卒だと就職率が40%ほどですが、エージェントに行けば80%くらいまで上がります。使った方が得なのではないでしょうか?詳しい就職活動の仕方は以下を参考にしてください。

「大卒フリーターになった理由は何ですか?」に対する答え方を具体例と共に解説します。

面接官の意図

面接官
面接官
大卒でフリーターなんだから、何か問題のある人なのでは…。

回答の方向性

面接官は、大学を卒業してまでもフリーターになっているのは、何かしらの事情があると思っています。したがってフリーターになった理由、フリーターをしている時に何をしていたのか正直に話しましょう。良くない理由があるなら、そのことを正直に認め、反省して行動していることを伝えることが大切です。

新卒の就職活動がうまくいかなかった場合

「新卒の就職活動がうまくいかなかった」という人は、正直に理由を話しましょう。

ただし「就活に失敗した」とだけ伝えると企業の面接官は、どの企業も欲しがらない人材なのではないかと思います。なので、新卒の就職活動がうまくいかなかった理由と反省してどのような行動をとっているかを話すと良いです。

コツとしては、新卒の就活に失敗した話は「失敗談」として話すことです。
面接官はあなたよりも年上ですし、面接をするということは、そういった事情があることも理解しているので、失敗談として話すと理解してくれることが多いです。

面接での解答例

「新卒の就活の時は、〇〇業界(大企業)に絞って就職活動をしていましたが、残念ながら内定を頂けずに今も既卒として就職活動をしています。反省点としては仕事や会社について詳しく知って就職活動をしていたというよりは、イメージが先行していたと思います。

自分自身がどのような仕事をしたいかと向き合ったら、△△ということが大事だと分かり、その△△は、××という職種、業界でも出来るのではないかと思い、今は選択肢を広げて就職活動をしています。」

新卒で就職をしたけど、短期離職をした場合

新卒で入社して、1年未満で退職してしまった場合は、かなり企業の採用担当者から見てイメージが悪いです。社会での評価は、職歴1年以上の第2新卒>既卒=職歴半年以上1年未満の第2新卒>職歴半年未満の第2新卒です。

離職について話す際には、基本的に自分の考えが甘かったと言いましょう。就職先を自分で選んで、企業もあなたに給与などを払い投資したのにも関わらず、会社に貢献せず辞めてしまったわけですから、当たり前と言えば当たり前です。

ただ例外があってブラック企業に勤めていた方は、正直に話してよいです。例えば、正社員契約で会社に入ったのに、アルバイト契約だったとか、ちゃんと働いているのに給与が数万円しかもらえなかったなどです。

面接官があなたの辞めた理由を聞いて、本当に同情をしてしまう場合は、正直に会社を退社した理由を言いましょう。

面接での解答例

「新卒で入った会社を〇〇の理由で辞めてフリーターになりました。正直フリーターになっても就職先はすぐに見つかると思っていましたが、それは、安易でした。今思うと自分もかなり甘かったと思います。あの時に△△をしていればよかったと反省をしています。これからは、同じ間違いをしないようにしたいと思います。」

大学を卒業してやりたいことが他にあった場合

資格、公務員試験、バンド、演劇、スポーツなどやりたいことがあった人です。やりたいことをあきらめて就職する場合、なぜそのやりたいことを諦めて企業に就職しようと思ったのかを伝えると良いです。

近年は就職活動をしないで卒業する人も増えているため、面接官によってはあまり気にしない人もいますが、きちんと説明しないと「計画性のない人」、「働く気のない人」、「学生気分が抜けていない人」と思われてしまう可能性があります。

「なぜあきらめたのか?」の説明をする際には、期限を決めていたと答えると良いです。期限を決めていたことで「計画性がある人」に見えます。

面接での解答例

「大学を卒業してから〇〇を目指して努力をしていました。全力で自分の目標を成し遂げようと努力をしたのですが、叶いませんでした。〇〇を目指す際には、最初から3年やって無理だったら諦めると思っていて、もう未練はないです。これからは立派な社会人になれるように頑張りたいと思います。」

フリーターが面接で良く聞かれる質問が気になる方は、以下の記事を読んでください。

大卒のフリーターは、高卒のフリーターに社会での評価で負けています…。

既卒になると60%の企業が、応募を受け付けませんし、既卒の期間が長くなればなるほど、更に応募できる企業が減ります。

以下は、厚生労働省が調べた調査、「労働経済動向調査」の中で、明らかになったものです。

左の図は、新卒採用枠で既卒者が応募可能か?という問いの回答結果です。
2018年現在で、全体の43%のみが可能だったと答えています。サービス業に関しては、18%のみしか既卒者の応募を受け付けていません。

また、既卒が採用可だった43%の企業の中でも、既卒に年齢制限を35%です。
右の図は、既卒の年齢制限をかけている企業に、既卒を何年まで受け入れるかを調査した図です。3年もすれば93%の企業が既卒の応募を受け付けなくなります。

分かりやすく話せば、新卒の時に企業への応募が100社可能だったとしても、既卒になれば40社のみです。1年もすれば8社減り32社。3年もすれば28社まで減ります。この28社の会社のレベルってどれほどでしょう?人が全く集まらない超不人気な企業か、人が入ってもすぐやめてしまうブラック企業なのではないでしょうか?あなたの可能性は確実に減っています。

厚生労働省は、大卒後3年以内の人は新卒者として扱うように各企業に通達を出していますが、既卒の就職状況は、 厳しいのに変わりはありません。

フリーターも、長く続ければ、続けるほど就職出来る可能性が減ります。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。女性だと結婚したら、やめるのではないかと思われ、さらに不利です。

既卒のフリーターの方で、アルバイト先で自分より年上の人を見かけることあると思います。きっとその方たちは、一生正社員になれない人たちです。少しずつ求人は減り、30歳を過ぎれば、どこも相手にしなくなります。

フリーターの末路が気になる方は、以下を参考にしてください。

既卒やフリーターの就職が年々厳しくなる理由

新卒、既卒などの未経験者を企業が採用する場合、ポテンシャルを見ての採用です。したがって、若ければ若いほど有利です。新卒や既卒、フリーターなどの社会人経験がない人に企業が求めていることは、今までの経験ではなく、成長意欲なのです。成長意欲は、年齢に関わらず誰でも持つことが出来ます。

将来、会社の利益に貢献する可能性が同じくらいの人が、いたら若い人を採用したいと思います。社会人としての意識が高いと企業は、思うからです。したがって年齢を重ねている既卒の人の方が新卒の人と比べて、正社員へ就職するのが難しくなっています。正社員になりないなら、早めに就活をするように心がけましょう。

大卒のフリーターは、高卒のフリーターより就職で不利です。

実は大卒のフリーターは、高卒のフリーターより就職で不利な立場になっています。

企業からみると、まだ10代の時点できちんと将来を見据えられていなかった(高卒・大学中退で、フリーター)ことは、ある程度仕方がないことだと思われます。ただ 大学を卒業しても、将来を見据えられずにフリーターになってしまったことは、企業からすれば問題だと思う人が多いです。時間がたてばさらに就職が難しいでしょう。

就職したいなら、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼んだ方が良い。

就職活動は、ハローワークやエージェントなどの就職支援を頼んだ方が早いです。理由は、そちらの方が業界、職種、会社選びの際もスムーズです。また面接対策も一緒にやってくれます。既卒になって理由は何ですか?とかこの会社を志望した理由は何ですか?など答えづらい質問もたくさんあると思います。そういった時の対処法を教えてくれます。

既卒だと就職率が40%ほどですが、エージェントに行けば80%くらいまで上がります。使った方が得なのではないでしょうか?詳しい就職活動の仕方は以下を参考にしてください。