大学を中退した、職歴、資格なしの女性でも8割が就職出来ます。その方法を徹底解説!


今回は、大学中退した女性は、どのような仕事につけるのか、どうやって就職活動をすれば良いのか、大学中退しても履歴書が通るのか、大学を中退したことをどのように面接官に言えば良いのか、大学中退・資格なしでもブラック企業以外に本当に就職出来るのかなどについて話します。

女性が働く際に重要視するポイント

女性が働く際に重視するポイントは、ストレスがない、ワークライフバランス、給与

以下は、メディケア生命保険がした「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」で分かった女性が仕事に求めることです。全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚の有職女性1,000名を対象にしています。

https://news.mynavi.jp/article/20170325-a048/

女性が仕事選びに大切にするポイントランキング

第1位 ストレスがない
第2位 仕事もプライベートも充実できる(ワークライフバランス)
第3位 給与が良い
第4位 休日出勤がない (ワークライフバランス)

となりました。

女性がストレスを感じるのは、人間関係、給与・雇用形態、仕事内容

ストレスがないということは、どういう事なのかを詳しく調べたところ、以下のような結果になりました。( マンパワーグループはによる、「勤務先で感じるストレス」に関する調査の結果を発表した。20~59歳で勤続年数1年以上の正社員400名を対象に、アンケート調査 )

https://news.mynavi.jp/article/20170325-a048/

女性が職場でストレスを感じるポイントランキング

第1位 上司との関係
第2位 給与・雇用形態
第3位 仕事内容
第4位 同僚との関係

以上のことより人間関係、ワークライフバランス、正社員、給与が良い仕事を紹介したいと思います。

女性が気にする人間関係が良い職場を見分けるのは、かなり難しい。

人間関係が良いところに就職したいと思う女性はかなり多いですが、以下のことを言う人が多いように見分けるのは、難しいです。

引用 https://girlschannel.net/topics/1672514/

そもそも会社内でも人が出入りしますし、上司が変わったりすることもあるので、ある時は人間関係が良くても、ある時は人間関係が悪いこともあります。

自分たちが出来る最善の策は、なるべく離職率、採用理由がやばい会社は避けることになると思います。

最善の策は、離職率が高い会社、業界、採用理由がやばい会社は避けるようにする。

志望企業がブラック企業か調べるために、離職率と求人背景を聞きましょう。

新卒で一括採用するのと違って、 既卒、中途の採用には、人が辞めてしまった、新規事業をする際に人が足りないなど、必ず求人が出る理由があります。

企業で欠員が出た理由が、人間関係や労働環境など会社に問題がある場合、会社が何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。寿退社や定年など自分の意志で企業を辞めている場合は、ブラック企業の可能性が低いです。離職率に関して言うと、3年で30%以上が辞めている会社はブラック企業の可能性が高いです。

離職率が50%近くある業界も存在する

今度は業種について話します。離職率の高い業界を書いておきます。

引用 厚生労働省

離職率の高い業界の共通点

離職率の高い業界は、残業時間が長かったり、休日がない割に、給料が安い業界です。
平均残業時間が30時間とか、40時間あるにも関わらず、給与が少ないし、上がる見込みがない業界はどんどん人が辞めていきます。その業界に入るということは、世間的にかなりのブラック企業に入る可能性が高いわけですから、なるべく避けた方が良いです。

【第1位】離職率が63% 宿泊、飲食業界

離職率が最も高い業界第1位は飲食業界・宿泊業界です。
6割以上の人が3年以内に辞めてしまう、非常に離職率の高い業界です。

職種として、飲食店やホテルの店舗スタッフなどが当てはまります。
理由は、クレームがキツかったり、労働時間が長く不規則であったり、給料が安かったり、キャリアアップが見込めないからです。

居酒屋などの飲食店の場合、酔った客に絡まれ理不尽に怒鳴られたり、場合によっては暴力を振るわれるケースもありますので、やめていく人が多いです。

【第2位】離職率が59% サービス、娯楽業

遊園地・ゲームセンター・パチンコ店などのサービス、娯楽業界です。
離職率が59%なので、入社したら3年で6割の人が辞めていく恐ろしい業界です。

理由は、キャリアアップが見込めない、体力的にキツい、業界の将来性が見えないなどです。

また、娯楽業界は日に日に規制が厳しくなりつつある業界でもあります。
そのため「この先長く働けるビジョンがない」という理由から、転職を考える人もいます。

確かにディズニーランドでは、いつもキャストがニコニコしてくれますし、ミッキーはいつもリアクションをとってくれますが実際に自分がやるとなったら確かに大変ですよね(笑)

【第3位】離職率が57% 教育、学習支援業

続いて離職率が高いのは教育業界です。
主に学習塾や教材開発販売会社などが挙げられます。

これらの業界も、労働時間が長く、残業時間が多いです。また業務量の割に給料が安いです。

例えば、学習塾の場合、日々の授業の準備・教室運営・ビラ配りなどの営業活動・保護者対応など業務内容は多岐にわたります。しかも業務だけでなく、教師は、子供はもちろん、保護者等からのプレッシャーも高く、大きなストレスを抱えている人も少なくありません。

自分で離職率、求人背景などを知べられない場合は、エージェントに相談を

求人の背景、離職率を聞くことが大切だと言いましたが、それを中々自分で調べるのが難しいです。そういった人は、エージェント経由で離職率や求人の募集理由を聞くのが良いです。

またエージェントによっては、卒業生の同窓会みたいなものもあるので、企業の現場で、実際に仕事をしている人の意見を聞ける可能性があります。自分で調べるとなったらSNSで、志望企業に働いている人に連絡をとって聞くというハードルの高いことをやらないといけません。

エージェントは、ウズキャリがおすすめです。就職率が80%を越え、ブラック企業は徹底排除し、定着率が7%です。気になる方は、こちらをクリックしてください。サービス内容、口コミについて書かれています。

求人倍率がめちゃくちゃ高いけど、残業時間が少なくて女性に人気な事務

事務職とは、 他の社員がスムーズに仕事が行えるように支援する仕事です。 書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などをします。

平均年収が330万円で、他の職種と比べて、給与が低いですが、専門的な知識や資格が不要な場合も多く、未経験でもチャレンジが可能だったり、他の職種に比べて残業が少なかったりするので、事務職は女性に人気です。

事務に向いている人、採用されやすい人

コミュニケーションスキルがある

会社が事務職の採用を行う際に最も重要視しているのは、実は「コミュニケーションスキル」です。 事務職は社内外とのコミュニケーションがたくさん発生する仕事です。電話・来客時の応対のほか、書類のやり取りなどでお客様と直接、連絡を取らなければいけないケースが多々あります。

書類の作成・処理などをスピーディかつ正確に出来る

「書類の作成・処理」「書類のファイリング・整理」「データ入力」などをしますが、これらは、会社内での業務を、書類やデータとして正確に保存・伝達することです。もし、書類やデータに誤りがあっては意味がありません。

「作業の正確さ」は、事務職として働く上で欠かすことのできない要素といえます。また、締切りが設定されている場合がほとんどなので、スピーディに処理していく能力も求められるでしょう。

事務に採用されやすい人

事務職に就きたい人は。パソコンの基本的なスキルやビジネスマナーは最低限、身に付けることをおすすめします。ビジネスマナーについては、来客・電話・メールの応対が失礼にならないように、 パソコンスキルは、Word・Excel・ PowerPoint、ブラインドタッチによる正確で早いデータ入力ができると良いです。

そのようなことが出来れば、事務系のデータ入力、受付業務、事務スタッフ、コールセンターなどでバイトをしたことがない、販売職などの人も事務職につける可能性はあります。

事務職はかなり難しいです。就職活動には賢い戦略を

しかし事務職に就くのは、かなり難しいのが現状です。人気の割に求人が少ないです。
今現在、IT化が進んでいて事務の仕事自体が不必要になっているため、求人が減っています。他にも、女性が育休や産休をとれる世の中になってきているので、事務の人が出産、結婚後も仕事を辞めないで、育休後、産休後に職場復帰しますので、更に求人数が減ります。

したがって、事務の経験者や事務に関する何らかの資格、スキルを持っている人が転職すると、歓迎されやすいです。未経験OKな企業は少なく、事務の経験がない人が採用されることは、かなり稀です。

こういった職種につくには、戦略が必要です。それは就職サイトの求人数×良いキャリアアドバイザーが大切です。詳しいことが気になる人は、こちらをご覧ください。

事務ほど難しくなく、残業時間が少ないインフラエンジニア

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなど、インターネット上のサービスなどが問題なく稼働し続けるようにする仕事です。

インフラエンジニアを家に例えると、家を作る人たちではなく、ガスとか、水道とか電気とかなどの裏方の仕事で、インターネットを使う人が問題なく利用できるようにすることです。

インフラ系エンジニアのメリット

インフラエンジニアの特徴は、1度スキルを身につけると中々その技術が陳腐化しづらいです。また残業時間も少ない(運用、保守、監視なら1日多くても1時間程度)ですし、資格をとれば少しずつ給与が上がるので安定志向の方におすすめです。年収は260万円くらいから始まり、600万円くらいには上がっていきます。

ITエンジニアに向いている人は、新しい技術などに常にキャッチアップできる人

専門職・技術職に欠かせないのは、自分の専門分野の勉強などをやり続けられる人です。
技術は常に進歩していて、新しい話も次々に出てきます。そのため常に興味をもって、新しい話題も積極的に情報収集できたりするのは、専門職・技術職を目指す上で最低条件です。

採用されやすい人

インフラエンジニアは採用のハードルが低いです。理由は、OJTといって、会社が研修を用意してくれますので、本当にやる気があれば未経験でも出来ます。

ITエンジニアになりたい人は、こちらの就職サイトがおすすめです。8割以上の人が内定を決めています。

給与を重視したい人におすすめな営業職

「営業」は新しい顧客を獲得する仕事です。 営業は購入意欲が薄い顧客に対して商品の魅力を説明し、商品を買ってもらいます。営業には2種類あり、新規営業とルート営業です。

新規営業は、今まで取引のない顧客に自社の商品・サービスを販売する仕事で、ルート営業は、もう既に取引があるお客さんに商品を販売する仕事です。ノルマとか飛び込み営業が嫌だなと思う方は、ルート営業を目指すと良いです。

営業職のメリット

営業職は転職がしやすい

営業職がおすすめな理由は、転職がしやすいことです。必ずしも、「営業になったら一生営業をやる」というわけではなく、最低3年間くらい営業職の経験を積んでおけば、その後の「できる仕事」の幅がどんどん広がっていきます。

人気の職種である、マーケティング企画や人事、事務職も、仕事の最終目標はお客様に貢献して利益を得ることです。そのお客様に一番近づける仕事が営業職なのです。まずは営業で現場に出て自社の商品やお客様のことを知りながら、交渉能力、事務能力、ビジネス理解、マルチタスクな能力など様々な能力がつけた方が後々たくさんの選択肢を残せます。

実力次第で収入が上がる

営業職は、ノルマとかがある一方、営業成績と給与が比例しやすいです。
企業や業種によって大きく変わってますが、20代で言うと、平均年収が営業だと350万円、営業職の年収の平均は、444万円くらいです

営業職に向いている人、採用されやすい人

コミュニケーション能力がある人

営業職、 サービス・ 販売職共に、基本的に人と接するのが好きな人に向いています。仲の良い人だけではなく、初対面のお客様にも人見知りせず、普段から笑顔で会話ができる人は、 営業職、
に向いていると言えます。

ただおしゃべりが大好きなだけの人は、向いていないかもしれません。 営業職は、相手に合わせてコミュニケーションをとることが重要です。自分の価値観を相手に押し付けるタイプの人は、向いていません。「話し上手」かより「聞き上手か」が重要です。

採用されやすい人

飲食の仕事や介護の仕事、販売の仕事などがサービス・販売職にあたります。アルバイト経験がある方も多いでしょうから、そういった人は採用されやすいです。

営業職に関しては、もちろん営業のアシスタントやコールセンターで働いていた人などは、もちろん採用されやすいが、サービス・接客職などをしていた人なども採用されやすいです。

サービス・ 販売職、営業職に就きたい人は、こちらの就職サイトがをおすすめです。

営業職は、アルバイト経験がない人でも、正社員に就職が可能です。

理由は、エージェントが研修をしてくれるからです。

ジェイックでは、アンケートを企画して、答えてもらったり、名刺交換をするという研修をしてくれるので、本当の未経験でも、今日から2週間で正社員へ就職可能です、気になる方は、こちらをクリックしてください。

民間に就職しないなら公務員もありです。

高卒でも公務員試験をうけて、公務員になるのも選択肢としてあります。
求人にもよりますが、公務員の年齢制限は、大体30歳くらいなので、それをクリアして公務員試験を合格出来て、面接に突破できれば、公務員になる資格はあります。

ただ公務員は、安定してそうだからという理由ならやめた方が良いかもしれません。
理由は、これからの日本は人口減少と高齢化をしていきます。税収が下がる一方で、社会保障費が増えていくので、財政がより圧迫されていきます。しかも人口が減少すれば、必要とされる公共のサービスも減ります。そうなると公務員も今後クビになるかもしれません。

自分がどの仕事に向いているかが分からない人へ

自分で適性が分からないという方は、プロの就職、転職を支援している人にアドバイスを頂きながら就職活動をしたほうが良いと思います。そんな方におすすめなのがこちらの就職サイトです。

ウズキャリでは、キャリアアドバイザーが長い時間をかけて就職サポートしてくれ、口コミ・評判が他のエージェントより圧倒的に良いです。どんな仕事をすれば良いかや、就職・転職のサポートを分厚くしてくれます。就職・転職した人の離職率は7%以下ですし、ブラック企業は勧められません。

大学中退した女性が正社員へなるまでの流れ


自己分析

自己分析とは、会社で働く上で大切にしたいことを明確にすることです。例えば、スキルがつく仕事が良いとか、残業が少ない会社が良いとか、人と話す仕事が良いだとか、福利厚生がしっかりしている会社が良いとか、なるべく人間関係が良い会社が良いとかなどです。

正社員として働いた経験がない人が自分1人で考えるのは、大変かもしれません。しかし働く上で大切にしたいポイントを明確にしないと、正社員へ就職した後に自分が望んでいたものと違う条件で働いていることに気づき、短期離職してしまいます。

チャネル選び

これはハローワークの求人、就職サイトの求人、転職エージェントの求人、企業が直接募集している求人など、どこから求人に応募するのかということです。余程自分の経歴や自分に自信がある人以外は、1人で求人に応募するスタイルの就職活動はおすすめしていません。

したがってハローワークかエージェントが良いと思います、理由は相談しながら出来るため、困った時に頼りになりますし、就職活動で上手くいかない時にアドバイスをもらえたりします。

企業選び

企業を選ぶ際に先程の自己分析でてきた条件を大切にしながら探します。企業選びの際にまず決めなくてはいけないのが職種です。残業時間とか福利厚生などはその後です。これは、企業の面接、書類選考を通過するためにも大切なので、まず職種を決めることをおすすめしています。

書類選考&面接

就職活動の流れは、企業の求人に応募し、書類選考で履歴書や職務経歴書などを送り、通過したら面接をし、そこで企業から内定をもらえれば無事に正社員として就職という流れになっています。

面接も書類選考もコツがあります。例えば志望職種の志望動機を行動ベースで話せるかなどです。コツがしっかり分かれば9割の人が企業の正社員として採用されます。気になる方は以下をクリックしてください。

履歴書に中退したことを隠すのは、やめてください。書類選考なしでも就職できます。

大学を中退したことに後ろめたさを感じて、履歴書に大学を中退したことを正直に書かない人がいます。けどそれは、かなりまずいです。

履歴書は企業に提出する正式な書類です。大学を中退したのに書かなかったり、大学中退を大学卒業と書き換えて、履歴書を提出すれば、「学歴詐称」です。
入社後に学歴詐称が発覚すると、減給や降格などの懲戒処分が下され、最悪の場合は解雇されるケースもあります。

大学を中退したことを隠しても、面接で空白期間を突っ込まれますよ。

企業の採用担当者は、求職者の履歴書などを見て、実際に面接をするかを決めます。
履歴書には、学校を中退したことを書かない場合、履歴書の学歴欄に高等学校を卒業してから、今までの職歴や学歴がありません。

企業の採用担当者は、その空白期間に気づき、あなたが学歴詐称をしていたことに気づくと、大学を中退したことよりも印象が悪くなる可能性があり、採用を見送られる可能性が高まります。

仮に企業に就職出来たとしても、偶然、同じ会社や取引先に同じ大学の人がいて、そこからばれるなんてこともあるかもしれませんよ。

大学を中退した理由が、企業から見て、ポジティブなら履歴書に是非書いてください。

大学を中退した理由がポジティブなら、履歴書に大学を中退した理由を是非書いてください。
履歴書に理由を書かないと書類選考の際に、企業の採用担当者が、あなたの事情を理解できません。

中退理由がポジティブ、ネガティブの境目は、中退した理由を企業の採用担当者が聞いて、学校のように、企業も就職したら辞めるのではないかと思うかどうかです。

学校を中退した理由が、ポジティブの例は、親の介護や家庭の経済的な理由などです。
それらの理由は、あなたが学校で良くないことをして、中退した訳ではないので、企業の採用担当者から見て、中退したことが悪い印象になったりしません。

もしネガティブな理由で学校を中退した場合、わざわざ履歴書に書かず、企業の面接官に聞かれたら話してください。

ただ書類選考なしでも正社員への就職はできます。

日本では、新卒主義なので、学校を中退した人は、レッテルが張られやすく書類選考で不採用になることが多いです。ただその現状を不平等に感じる人もいて、書類選考なしの人物重視で、企業に就職できる就職支援サービスがあります。そのサービスは、就職エージェントです。

エージェントでは、書類選考なしなだけでなく、あなたに合った求人紹介や面接対策を無料でしてくれます。

書類選考なしでエージェントの求人数が最多の就職shop!

就職shopの紹介動画

しかもエージェントの保有している求人が、約8500社で既卒、第2新卒向けのエージェントで断トツ!

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

したがって、求人が貰えないことは相当なことがない限りないです。多くの求人から少しでも良い求人に申し込みたい方におすすめです。その他、求人が中々出回らない難しい職種への応募を検討している人におすすめです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

就職shopに登録したいけど、出来ない30~35歳の人、札幌、福岡、名古屋の人におすすめDYM就職(書類選考なし)

30代、札幌、名古屋、福岡の人が使えるエージェントでこんなに幅広く職種の求人を持つエージェントは他にありません。

DYM就職の求人数は、2000社で、就職shopよりは劣ります。しかし何か特定の職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。
以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です

DYM就職が紹介してくれる求人の業界割合は、IT 16%、不動産 14%、システム 14%、メーカー 6%、人材 5%、販売 4%、飲食 4%、広告 3%、その他 32%です。

業界が幅広いのは、どこのエージェントも同じですが、職種も営業職 34%、エンジニア 15%、販売・サービス 12%、企画・マーケティング 8%、事務・管理 7%、クリエイティブ 4%、その他 19%とかなり幅広いです。

エージェントによっては、営業、エンジニアによるのでそこは良いところだと思います。企業規模も東証一部上場企業の求人なども持っています。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
学歴不問 35歳まで

大学を中退したことを面接で、どう言えば良い?

大学を中退する人は、勉強が面白いと思えなかったとか、単位を落としてしまってそのまま辞めたとか、バイトの方が楽しいと思ったとか、人間関係を大学で上手く築けなかったとか、家庭の金銭的な事情で、授業料が払えなくなった人など様々な理由があると思います。

その際に面接でどのように言えば良いのでしょうか?
それを知る際に大切なのが、企業があなたにな何を求めているかです。

社会人経験のない、大学中退者が企業にアピールできることは何か?

大学を中退した既卒に、社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が既卒を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。

うしろめたいことがあったとしても、大学を中退した理由について嘘をつくのは、絶対にNGです。言いづらいことがあれば、中退したことを反省して行動していると伝えてください。

大学中退した人の多くが、面接で企業の採用担当者から大学を中退した理由は、必ずと言っていいほど聞かれます。ただ面接で企業の採用担当者は、あなたのことを責めたいわけではありません、

企業に入ってすぐ辞めないかを知りたいのです。その際に大学を中退した理由を嘘をついて、そのことに企業の採用担当者が気づいたら、あなたをどう思うでしょう?反省のしていない人だと思いますし、また同じことを繰り返すと面接官は思います。

なのでやましい理由がある人ほど、「大学を中退してしまったことを言い訳せずに、反省して次の行動をとっている」と言わないといけません。それ以外に大切なことは、企業に入りたいという熱意を伝えることです。

面接に自信がない方は、他社より10倍時間をかけて、就職サポートしてくれ、評判・口コミが良いウズキャリがおすすめ。

おすすめをする理由は、エージェント利用者の満足度、口コミが圧倒的に良い!

以下はウズウズ、と既卒、第2新卒向けエージェントの中でも求人数が最大の就職shopを使った計112名にアンケートしました。

そしたらウズウズを使ったって良かったという人が、82%に対して、就職shopは44%です。
リクルートの方が、ブランド力や求人数が多いのに、ウズウズの方が満足度が高いという興味が深い結果が出ました。

ウズキャリの評判・口コミが良い理由は、既卒・第2新卒経験者のキャリアコンサルタントがするサポート力です。

ウズキャリ既卒・第2新卒のキャリアコンサルタントは、サポート力が高く、就職、転職した人の定着率がとても高いです。サポート力を簡単に言うと、求職者の満足度と企業への定着率です。

サポートが深いということは、相手の深層心理を読み、最終的に満足のいく決断をしてもらうことです。求職者のことを他社の10倍かけて知っていきます。時間をかけるのは、カウンセリングだけでなく、選考の時も時間をかけてくれます。

例えば、多くの人が苦手とする面接対策。他のエージェントだと面接練習は、1回程度ですが、 ウズキャリ既卒・第2新卒は、企業の面接に行くごとにその企業対策の面接練習もしてくれたりします。夕方に本番の面接があるとしたら、午前中にわざわざ面接の練習をしてくれたりします。やはり面接って緊張するし、不安になる人が多いです。そういったきめ細かいサポートが満足度につながっています。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡  
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

大学を中退した女性で、経歴、資格、経験に自信がなく、正社員になれる気がしない人は、研修をうけてから就職活動をしましょう。

高卒は、大卒と比べて応募できる求人が限られ、就職先が限られます。ただでさえ大卒より少ない求人の中でも、良い企業を見つけて書類選考などをうけて見ても不採用が続いたりしたらやっぱり、資格や学歴があったら何か変わるのかなと多くの方が思います。

就職の際に資格があると有利です。しかし注意が必要なのが仕事で必要な資格なら評価されるという話です。残念ながら就職先の仕事に必要のない資格は、評価されません。なのでまず自分が何をしたいのかを明確にしてから、それに必要な資格をとるようにしましょう。

なんとなく資格や専門学校、大学に行き直すのは、おすすめしません。

自分が何かをしたくて大学を中退した人以外は、専門学校、大学に行ったり、資格をとるのはおすすめできません。やはりそれらの勉強は、かなり時間がかかり、自分の年齢をあげてしまいます。就職においても、転職においても年齢はとても大切な要素です。

資格の勉強を頑張ってしたけど、それが社会から評価されなかった。もしくは大学に再度通い直したけど、それが評価されなかったなどになった場合は、今より更に正社員への就職が難しくなります。

資格、職歴なしでも研修をうければ、8割が内定を頂ける方法があります。

ブラック企業でないところに就職したい、特にやりたいことがない。だけど就職出来るほどの自信もない人は、仕事に必要な経験、資格の勉強をさせてくれる場所に行きましょう。それは、就職エージェントです。費用は無料です。エージェントは、求人を持っており、そこに就職させて収益を得ているので、研修が内定と直結しています。とりあえず研修をうけてみて合わなかったら退会も簡単です。興味があれば使ってみると良いです。

資格、経験、職歴なし、ニートでも、自分が何をしたいかわかなくても大丈夫!研修が豊富なウズウズカレッジ


ウズウズカレッジ 紹介動画

様々な職種を体験してから就職出来るのは、ウズウズカレッジのみ

ウズウズカレッジは、研修型の就職支援サービスです。研修をした後、就職活動になります。企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれます。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。

例えば、「プログラマーを志望していますが何かそれに関する経験がありますか?」と企業の面接官に言われ、「ありません。」だとやっぱり厳しいです。研修を通すると「アプリやwebサービスを作って、それが誰かに使われた時に、辛かったけど、やっててよかったなと思い、プログラマーを目指しています。」などと言え、企業から内定を頂ける可能性が高いです。

今では、営業・企画職、事務職、コンサルタント職、SE/プログラマー、クラフトエンジニア、インフラエンジニア、WEBマーケター、メカトロ/エレクトロエンジニアコースなど幅広くあります。 なので自分に自信がないけど、まだ何をしたいかも分からない人にもおすすめです。

また就職先の定着率・満足率が95%なので、短期離職を避けられる可能性が高いです。短期離職をする人は逃げ癖があると思われ、転職が難しいです。

相談可能地域  東京、大阪、名古屋、福岡
その他の地域の人も電話・skype相談が出来れば利用可能
サポート対象 高卒以上 30歳まで

地方の方でも営業の研修がうけられるジェイック  

JAICの紹介動画

営業の研修が充実していて、地方の方も受けてけているジェイック

ジェイックは営業系の求人をたくさん保有していて、研修もついています。研修をした後、就職活動になります。企業の面接に行った際に、職種への志望動機を聞かれます。その際に、志望している職種と似たような経験がないと面接にうかりづらいです。 ただジェイックの研修後には、

「ジェイックの研修で、チームでアンケートの企画を考えて、そのアンケートに答えてもらうために企業に飛び込み営業をしました。最初は、中々アンケートにも答えてくれませんでしたし、名刺すら受け取ってくれませんでしたが、〇〇な工夫をし、最後は目標を達成できました。そのときに営業のすばらしさを感じました。それで営業という職種を志望させていただきました。」

などと言え企業に採用してもらえる可能性が高いです。 また就職先の定着率・満足率が94.3%なので、短期離職を避けられる可能性が高いです。短期離職をする人は逃げ癖があると思われ、転職が難しいです。

相談可能地域   東京、千葉、神奈川、埼玉、宮城、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡、広島、北海道
サポート対象 高卒以上 30歳まで

研修をうければ定着率が9割です。これは、ブラック企業に就職していない証拠です。

以上で紹介した、ジェイックは、離職率が高い外食業界、娯楽業界、投資用不動産業界などを徹底的に排除、また福利厚生などを調べ上げ、正社員の仕事だけを紹介することで定着率が94%です。

一方、ウズウズカレッジでも、求人をもらう際に、雇用形態、福利厚生、労働時間をなどを徹底的に調べ、ブラック企業の求人を排除するので定着率が93%です。

新卒だと大体定着率が70%以上なので、その数字だけ見れば、新卒よりもブラック企業が少ないと言えるでしょう。また研修をうけてから就職すれば、業務内容や業界の将来性を把握せずに入社してしまい、入社後にミスマッチを感じたり、入社後の研修や仕事についていけず、退職を選択したり、入社後に適性が合わずに退職をする人もいません。

大学を中退した女性が正社員として企業に就職したいなら早めの行動を!学歴や資格以上に大切です。

フリーターを長く続けると就職出来る可能性が減ります。

フリーターの人は、時間と共に企業へ正社員として、採用される可能性は、どんどん減っています。 男性よりも女性の方が就職が難しい(企業は、せっかく女性を採用して、会社が育てても、女性は、結婚して子供を産んだら会社を辞めると思っている)上に、長い間、高卒の女性フリーターを続けたら企業の正社員に就職出来なくなる可能性があります。

下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員へ転職した人の割合を調査した結果です。

男性、女性、共にフリーターの期間が長いとフリーターから正社員へ転職できる可能性がどんどん減っています。

この理由は、企業の採用担当者は、あなたの年齢と経験、経歴を見ています。
企業は、フリーターの仕事を社会人としての経験とみなしていません。なので、企業がフリーターを正社員で採用する際には、新卒の採用と同じく、あなたがフリーターから正社員へ転職したら成長して、企業の利益に貢献してくれるかを見ています。

企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど社会人(正社員)としての意識が高いと捉え、企業は歓迎します。したがって、フリーターが正社員の求人に応募するなら早くしたほうが良いです。

フリーターと正社員で年収が違う理由

フリーターの人は正社員と違い経験や高いスキルを求められることがありません。正社員として会社に入ったら3年は辞めるなと言われていますが、それは3年くらいはやらないと仕事に必要な経験・スキルが身につかないからです。

やはりアルバイトは基本的には一時的な労働であり、雇う側もそのつもりで仕事を割り振っています。 一方で正社員は長期雇用を前提としており、任される仕事も長期にわたるプロジェクトや大きな責任をともなうものなど、アルバイトとは違います。そういった経験を企業の正社員としてしていくことで他人が出来ないレベルの仕事が出来るようになります。それで収入が上がっていくのです。

高卒・フリーターという自身の立場に不安を覚える人もいるかもしれませんが、業種や職種にこだわりすぎなければ、未経験OKな企業もあります。将来のためにも未経験OKの正社員求人を探した方が良いと思います。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

ハロワーク、エージェント、就職サイトのどれを使うと良い?

ハローワーク

メリット

ハローワークが抱えている求人の数は、どの就職サイト、転職サイトよりも圧倒的に多いです。 なので、どんなに経歴、経験がダメでも使えます。 それに加え、ハローワークは、求人の紹介だけに加え、個別に転職活動の相談ができたり、職業適性検査を無料で受けることが出来ます。書類選考や面接の練習などを支援してくれるのも良い点です。

デメリット

ただ問題点として、求人の質がかなり玉石混合で、ブラック企業もあります。たまに求人票と実態が大きくかけ離れている場合があります。ハローワークの求人は、国の有効倍率の指標になっており、景気の良い、悪いを示すデータなので、国から求人数をふやすように言われ、ブラック企業でも、実態とかけ離れていた求人でも掲載されている可能性があります。

求人広告

メリット

Re就活やリクナビ既卒ダイレクトなどが有名で、自分の希望の条件で企業を探せます。自分で気軽に求人に応募できますし、求人サイトからスカウトメールを送ってくれたりします。自分がどんな企業をうけるたいか明確に決まっている人におすすめです。

デメリット

求人広告は、経歴に自信がある人や、自分がどんな企業に応募したいか、自分で書類選考から面接対策まで出来る人には、良いですが誰にも相談できないのはデメリットでしょう。離職率が高い企業や求人と実態がかけ離れていないかも自分で確かめなくてはいけませんし、不採用になった時に企業が理由を教えてくれません。

エージェント

メリット

エージェントのメリットは、求人の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までやってくれます。またエージェントが求職者を企業に推薦したりしてくれるので、エージェントを使わなかったら、不採用だった企業にも入社できる可能性があります。また企業についての求人も求人票に書いていないことも教えてくれます。

デメリット

エージェントのデメリットは、地方にエージェントがあんまりなかったり、エージェントに通ったりする手間がかかることがあげられます。もちろん担当の変更も出来ますがキャリアコンサルタントと相性が悪かったら、就職活動に支障が出ます。あた社会人経験者向けのエージェントに登録すると求人を紹介してもらえない可能性があります。

おすすめは使えるならまずエージェントを使ってみること

どのチャネルもメリット、デメリットはありますが、1番良いのはまずエージェントを使ってみることです。やはり会社の実態と求人票に大きなずれがあったりしたら、短期離職をする可能性が高いです。短期離職をすれば、職歴に短期離職したことを書かなくてはならず、そういう人は段々と社会から相手にされなくなります。そう考えるとエージェントか求人サイト。

エージェントでは、就職活動のコツを教えてくれるので内定までがとてもスムーズです。したがってまずエージェントを使うことをお勧めしています。もしエージェントに行っても希望の求人が渡されなかったら、求人サイトで自分で、自己分析、企業選び、書類選考、面接対策をすれば良いと思います。エージェントで就職活動のコツを教えてもらってからの方が求人サイトを使うにしても、内定率が全然違います。

エージェントでおすすめをあげるとしたら、ウズキャリと就職shopが良いです。

理由は、ウズキャリを使った人の評判が他のエージェントに比べるとかなり良いからです。というのも面倒見が良いエージェントなんですね。ウズキャリが紹介する企業の離職率は7%だし、書類選考、面接対策も他のエージェントの10倍かけてくれますから、困った時に頼りになります。

ウズキャリに登録したい方は、こちら、をクリックしてください。

一方就職shopは、求人数が他のエージェントと比べて、群を抜いて多いです。そうなると渡される求人の数も多い可能性が高いです。同じような仕事内容でも、年間休日、残業時間、給与って企業ごとにかなり違うんです。3社から企業を選べるのと10社から企業を選べるのは全然違います。また事務職とか他のエージェントでは紹介が難しい求人も就職shopは多く持っています。

就職shopに登録したい方は、 こちら をクリックしてください。