大学院を中退したら、書類選考しないか、履歴書の書き方を工夫して、就活してください。


大学院中退を履歴書に書かないと学歴詐称で解雇される可能性があります。

大学院を中退したことを履歴書にちゃんと書かないと学歴詐称、経歴詐称になります。
入社後に学歴詐称が発覚すると、減給や降格などの懲戒処分が下され、最悪の場合は解雇されるケースもあります。 日本の法制度では、一度雇用したら,労動者に手厚いですが,経歴詐称は,過去の判例においても会社に対する重大な違法行為とされております。

大学院を中退したのに書かなかったり、大学院中退を大学院卒業と書き換えて、履歴書を提出すれば、「学歴詐称」です。

そもそも大学院を中退したことを隠しても、面接で空白期間を突っ込まれますよ。

企業の採用担当者は、求職者の履歴書などを見て、実際に面接をするかを決めます。
履歴書には、学校を中退したことを書かない場合、履歴書の学歴欄に大学を卒業してから、または、修士を卒業してから、今までの職歴や学歴がありません。

企業の採用担当者は、その空白期間に気づき、あなたが学歴詐称をしていたことに気づくと、大学院を中退したことよりも印象が悪くなり、採用を見送られる可能性が高まります。

仮に企業に就職出来たとしても、偶然、同じ会社や取引先に同じ大学院出身の人がいて、そこからばれるなんてこともあるかもしれませんよ。

大学院を中退した人の履歴書の書き方。中退理由はポジティブなら書いてください。

大学院を中退した場合の履歴書の書き方

どの学校であっても、中退したのならば、学歴欄に中退した年月を記載して「中途退学」と記入してください。中退は中途退学の略です。公式の書類である履歴書には、正式名称の「中途退学」と書いてください。

また大学院の場合は、「卒業」ではなく「修了」ですので、記載を間違えないようにしましょう。

履歴書の学歴欄の書き方-修士課程中退の場合

◯年4月 ◯◯県立◯◯高等学校 入学
◯年◯月 ◯◯県立◯◯高等学校 卒業
◯年4月 ◯◯大学◯◯学部〇〇学科 入学
◯年◯月 ◯◯大学◯◯学部〇〇学科 中途退学
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 修士課程入学
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 修士課程中途退学

履歴書の学歴欄の書き方-博士課程中退の場合

◯年4月 ◯◯県立◯◯高等学校 入学
◯年◯月 ◯◯県立◯◯高等学校 卒業
◯年4月 ◯◯大学◯◯学部〇〇学科 入学
◯年◯月 ◯◯大学◯◯学部〇〇学科 中途退学
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 修士課程入学
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 修士課程終了
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 博士課程入学
〇年〇月 〇〇大学大学院〇〇学研究科〇〇学専攻 博士課程 (単位取得後)中途退学

博士課程を全単位取得したものの、博士号を取得しなかったという方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、「単位取得後退学」、「単位取得満期退学」と書くのが一般的です。

但し、単位取得しないということと退学は同じ扱いとなるので、ただ単に「中途退学」と記載するだけでもいいかもしれません。

大学院を中退した理由が、企業から見て、ポジティブなら履歴書に是非書いてください。

大学院を中退した理由がポジティブなら、履歴書に大学を中退した理由を是非書いてください。
履歴書に大学院を中退した理由を書かないと書類選考の際に、企業の採用担当者が、あなたの事情を理解できません。

中退理由がポジティブ、ネガティブの境目は、中退した理由を企業の採用担当者が聞いて、学校のように、企業も就職したら辞めるのではないかと思うかどうかです。

学校を中退した理由が、ポジティブの例は、親の介護や家庭の経済的な理由などです。
それらの理由は、あなたが学校で良くないことをして、中退した訳ではないので、企業の採用担当者から見て、中退したことが悪い印象になったりしません。

もしネガティブな理由で学校を中退した場合、わざわざ履歴書に書かず、企業の面接官に聞かれたら話してください。

面接では、大学院を中退したことについて聞かれたら、中退したことを反省して行動してると伝えてください。

ネガティブな理由で大学院を辞めた場合、面接では、学校をやめてしまったことの理由を他責することなく正直に認め、その経験を反省して次の具体的な行動を起こしていると伝えることが重要です。

  • 自分がなぜ中退に至ったのか
  • 今は中退に対してどう感じているのか
  • 今後どういうキャリアプランを持っているか
  • 自分を採用するメリットは何か

などは、企業にとっては、とても気になることです。

理由は、企業に入っても途中で辞められたら困るからです。企業に入ってもまた学校のように途中で辞めるのではないかと思っています。企業は給与を払ってあなたを雇うのですから当たり前と言えば当たり前です。

書類選考を通している企業は、中退した学歴、経歴を気にしているのでなく、学校を中退したことをどのように受け止めて行動をしているのかを気にしているのです。嘘をついたらあなたが学校を中退したことを反省していないようにうつります。

履歴書を書いても良いですが、書類選考なしでの就職はできますよ。

日本では、新卒主義なので、学校を中退した人は、レッテルが張られやすく書類選考で不採用になることが多いです。ただその現状を不平等に感じる人もいて、書類選考なしの人物重視で、企業に就職できる就職支援サービスがあります。そのサービスは、就職エージェントです。

エージェントの利用の流れと使い方

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録
②キャリアアドバイザーとの面談、求人提案
③企業への応募
④書類選考なしで、いきなり面接選考
⑤内定&入社

という流れになっています。

あなた専属の担当者が、あなたに合った求人の紹介、企業の面接の対策まで、企業に採用されるための全てのプロセスを無料で支援してくれます。
あなたの今までの経験、能力を聞いて、就職エージェントのキャリアアドバイザーが企業を紹介してくれます。

企業が採用するかは、面接で決まりますので、経歴、学歴が理由で不採用になることはありません。
書類選考なしで企業への応募したい人は、書類選考なしの就職エージェントを使うと良いと思います。 就職エージェントでも書類選考なしで企業に就職出来るところは、そう多くありません。
その中でもおすすめの就職エージェントを2つ、おすすめな理由と共に紹介します。

書類選考なしでエージェントの求人数が最多の就職shop!


就職shopの紹介動画

しかもエージェントの保有している求人が、約8500社で既卒、第2新卒向けのエージェントで断トツ!

既卒・第2新卒向けエージェントの求人数を比較するとハタラクティブ1500件、DYM就職2000件、いい就職.com5000件です。他にも既卒・第2新卒向けエージェントはありますが、平均2000~3000社くらいです。

しかし就職shopの求人数は、8500社です。この数字は、断トツ多いです。
就職shopならほとんど全ての企業規模、職種、業界の求人を持っています。

以下は、就職shopで就職、転職した人の就職、転職先企業です

就職shopの採用先企業

就職shopは、様々な職種、業種、の求人を持っています。
職種で言えば、営業、事務・企画、エンジニア、サービス・販売の求人があり、業種で言えば、メーカー、IT・通信、商社・サービス、不動産・建設など本当に様々な企業の求人を持っています。

会社規模は、約70%が従業員数が100人未満の中小企業、ベンチャー企業が多めで大企業、上場企業の求人は少なめです。ただ就職shopは、圧倒的な求人数があるので、他のエージェントよりも大企業、上場企業の求人は多く持っています。

したがって、求人が貰えないことは相当なことがない限りないです。多くの求人から少しでも良い求人に申し込みたい方におすすめです。その他、求人が中々出回らない難しい職種への応募を検討している人におすすめです。

相談可能地域  東京、埼玉、千葉、神奈川、神戸、大阪、京都 
学歴不問 30歳まで

就職shopに登録したいけど、出来ない30~35歳の人、札幌、福岡、名古屋の人におすすめDYM就職(書類選考なし)

30代、札幌、名古屋、福岡の人が使えるエージェントでこんなに幅広く職種の求人を持つエージェントは他にありません。

DYM就職の求人数は、2000社で、就職shopよりは劣ります。しかし何か特定の職種だけではなく、色々な会社規模、職種、業界の求人を持っています。
以下は、DYM就職で就職、転職した人の就職、転職先企業です

DYM就職が紹介してくれる求人の業界割合は、IT 16%、不動産 14%、システム 14%、メーカー 6%、人材 5%、販売 4%、飲食 4%、広告 3%、その他 32%です。

業界が幅広いのは、どこのエージェントも同じですが、職種も営業職 34%、エンジニア 15%、販売・サービス 12%、企画・マーケティング 8%、事務・管理 7%、クリエイティブ 4%、その他 19%とかなり幅広いです。

エージェントによっては、営業、エンジニアによるのでそこは良いところだと思います。企業規模も東証一部上場企業の求人なども持っています。

相談可能地域   東京、大阪、名古屋、福岡、札幌
学歴不問 35歳まで