大学中退して就職しないとフリーターのまま人生が終わりますよ。


大学を中退した後、フリーターになる人が多いですが、そのまま正社員にならない人も多くいます。フリーターと正社員は、給与、世間体、雇用の安定度で全然違います。

大学を中退した人の35%が正社員で、45%が一生フリーターです。

労働政策研究・研修機構が調査した「大学等中退者の 就労と意識に関する研究」の中で、 高等教育(大学、大学院)を中退退学した人が中退した後、どのくらいで企業の正社員として就職するのかについて調査しました。

引用 https://www.jil.go.jp/institute/research/2015/documents/0138.pdf

その結果、 約35%の人が大学を中途退学して、企業の正社員として働いています 。
企業の正社員になったかが分からない就業形態不明や未就業(ニート)を合計したら、約20%です。それ以外の約45%の人が、 アルバイト・パート、派遣社員・嘱託などの非正規雇用 の仕事についています。

以上より大学、大学院をを中退した後3割しか正社員になれないので、就職状況は、厳しいことが分かります。中退してから3か月以内に企業の正社員になれた人は、わずか10%です。

こうなる理由は、就職活動についての理解が足りないからです。8割が正社員になれる就職活動の方法がありますので、興味がある方は、以下のページを見てください。

大学を中退した後、ずっとフリーターは厳しいと思いますよ。

フリーターだと、お金、社会保険、世間体の面から困っていきますよ…。

以下の図は、厚生労働省が平成29年に調査した雇用形態による賃金の違いです。

アルバイトの人は、10年後、20年後にも年収は、変わらないですが、正社員は、年収が倍くらいになっています。年収以外にも、正社員だと、雇用が安定したり、社会的な立場がアルバイトよりも高いです。

フリーターと正社員で年収が違う理由

フリーターの人は正社員と違い経験や高いスキルを求められることがありません。正社員として会社に入ったら3年は辞めるなと言われていますが、それは3年くらいはやらないと仕事に必要な経験・スキルが身につかないからです。

やはりアルバイトは基本的には一時的な労働であり、雇う側もそのつもりで仕事を割り振っています。 一方で正社員は長期雇用を前提としており、任される仕事も長期にわたるプロジェクトや大きな責任をともなうものなど、アルバイトとは違います。

そういった経験を企業の正社員としてしていくことで他人が出来ないレベルの仕事が出来るようになります。それで収入が上がっていくのです。

フリーターは、雇用の安定度合いも世間体も良くありません。

アルバイトは、有期雇用なので解雇することが簡単です。しかし正社員だと無期雇用なので、簡単に仕事を解雇されることはなく、生活が安定します。

例え、解雇されるにも、雇用保険がついてお金がでます。倒産などで、辞めざるを得なくても、失業保険でお金が出ます。もしもの時にも安心です。 将来、結婚したり、家を買ったり、車を買ったりしたい人は、会社員にならないと厳しいと思います。

また正社員は、アルバイトと違い、社会的にも認められています。フリーターだと社会の中で積み上げたものが正社員と比べて小さいので、社会から段々、相手にされなくなっていきます。 自分をさげすんだ目で見られたくない人は、アルバイトではなく、正社員になる日が来ると思います。

フリーターの末路について詳しく知りたい方は、以下を参考にしてください。

正社員になれるのもタイムリミットがあります。フリーターの期間をなるべく短くしましょう。

フリーターの人は、時間と共に正社員採用される可能性が減っていきます。
下記の図は、労働政策研究・研修機構(JILPT)で行われた第4回 若者ワークスタイル調査です。フリーターをいている期間と正社員就職した人の割合にを調査した結果です。

男女ともにフリーター歴が長くなると就職が出来なくなっています。1年、4年過ぎたあたりから、正社員になれる人が減っています。

フリーター歴が長い人の就職率が落ちる理由は、企業の採用担当者があなたの年齢と経験、経歴を見ているからです。

企業がフリーターを正社員に採用する際は、新卒の採用と同じく、あなたが就職したら成長してくれるのかを見ています。企業が求めることが成長である以上、年齢が若いほど就職への意識が高いと捉えられ、正社員になりやすいです。

大学中退したら必ずブラック企業に入るというわけでもありません。

年齢や職歴によりますが、大学を中退したら必ずブラック企業に入るというわけでもありません。確かに、人気な会社ほど採用の際には、競争になります。そうなればフリーター期間が長くて、社会での実績もない人がそこで採用されるのは、難しいです。

ただ知られていないから人気ではないけど、実際に働いてみたら良いと思える企業に入れる可能性は、十分あります。特にBtoB企業が穴場です。新卒の就職人気ランキングでも、消費者向けのサービスをやっている会社の方がなじみがあるので、人気です。

トヨタは車だし、ANAは飛行機だし、三菱UFJは銀行だしみんなが当たり前に使っているから、多くの人が就職する際に選択肢の中に入ります。一方で、新卒3年後の離職率が0%のアイチコーポレーションや国際石油開発帝国というホワイト企業は、知っていますか?

要するに情報戦次第では、ホワイト企業に入れる可能性があります。
ブラック企業に入りたくない方は、以下の記事を参照してください。

大学を中退したフリーターが出来る仕事

世の中の仕事を分けると大きく4つに分かれる。

会社は、商品やサービスを提供して利益を生んで存続しています。
そうなると①商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事の3つに分かれます。

ただ会社って法律を守ったり、税金を納めたり、人を探して雇ったり会社の存続のためにやらないといけない仕事も存在します。基本的には、上記の3つの仕事が会社を存続するために必要な仕事ですから、そういった人たちが自分の仕事に集中できるようにしないといけません。そういった事情もあり、会社をサポートする仕事が生まれます。

なので職種は主に、① 商品やサービスを売る仕事、②商品を作る仕事、③サービスを提供する仕事、 ④会社をサポートする仕事の4つに分類されます。

①商品やサービスを売る仕事

商品やサービスを売る仕事は2つに分類されます。営業職と販売職です。
営業職、販売職共に、最終目的はいずれも「商品を売る」ことです。

営業職と販売職の違いは、営業職だと家などの高い商品が売っていることが多いのに対し、販売職は、スーパーやコンビニなど安いものをたくさん売っている場合が多いです。営業職は、1つの物を売る力が必要な一方、販売職は、たくさんの人に商品を売ることがなります。

②物を作る仕事(エンジニア)

物を作る仕事には、色々な種類があります。ITエンジニア、家を作る施工管理、商品を大量に生産する工場員、デザイナーです。物を作る仕事の醍醐味は、やはり完成した時の喜びでしょう。

あなたが住んでいる家だって誰かが作っているからあるのです。自分が一生懸命作ったものが世の中で使われているときの喜びが

③サービスを提供する仕事(サービス業)

サービスというのは、商品など有形なものを提供するのではなく、無形なものを提供します。

例えば、ウェディングプランナー、スポーツトレーナー、塾講師・英会話教室の運営、児童指導員、介護、障碍者支援、ホテル・空港のスタッフ、キャリアアドバイザー、ツアーコンダクターなど様々です。

自分が良いと思えるサービスをお客さんに提供し、喜んでもらえることがやりがいです。
物を作る仕事やサポートをする仕事は、お客さんから直接喜んでもらえる機会が少ないですが、サービス業は、良い仕事をすれば、直接喜んでもらえます。

④会社をサポートをする仕事

事務職・管理職系職系の仕事は、主に企業を後方から支えるのが仕事です。
仕事としては、人事、経理、事務(一般事務、営業事務など)などです。未経験から就職するのは、かなり難しいです。理由は、バックオフィス系の仕事は、求人数自体がそもそも少ないです。

大学中退後の仕事について詳しく知りたい方は、以下をクリックしてください。

大学を中退してフリーターをしていたことを面接で、どう言えば良い?

大学を中退する人は、勉強が面白いと思えなかったとか、単位を落としてしまってそのまま辞めたとか、バイトの方が楽しいと思ったとか、人間関係を大学で上手く築けなかったとか、家庭の金銭的な事情で、授業料が払えなくなった人など様々な理由があると思います。

その際に面接でどのように言えば良いのでしょうか?
それを知る際に大切なのが、企業があなたにな何を求めているかです。

社会人経験のない、大学中退者が企業にアピールできることは何か?

大学を中退した既卒に、社会人経験や業務にまつわる知識・スキルがないことは、企業の採用担当者も分かっていますし、企業もそこには期待をしていません。企業の採用担当者が既卒に期待しているのは、入社後に成長して、企業の利益に貢献してくれる人材になるかどうかだけです。

したがって企業が既卒を採用する際に重要にしているのは以下のようなことです。

  • 出来る人の意見を素直に聞け、成長出来るポテンシャルを持っているか?
  • 入社意欲が高く、入社後に辛いことがあっても頑張れる人材か?
  • 企業で実際に働いても、周りの人や求職者自身に良い影響があるか?

もちろん企業によって、細かな採用基準は異なりますが、多くの企業採用担当者が共通して、チェックしているのは上記のようなものです。

企業にとって、既卒を企業が採用すれば、基本的なことから教えていく必要があり、コストがかかるのは、デメリットです。しかし、社会人経験を積んだ人が転職する中途採用では、前職の社風や業務の進め方に捉われてしまい、入社後にその会社に合わせられないということもあります。

その点、既卒者であれば新卒と同様に成長スピードや伸びしろに期待できると考えている企業が多くあります。したがって大切なことは、今までどうだったかではなく、今後どうなりたいかです。

うしろめたいことがあったとしても、大学を中退した理由について嘘をつくのは、絶対にNGです。言いづらいことがあれば、中退したことを反省して行動していると伝えてください。

大学中退した人の多くが、面接で企業の採用担当者から大学を中退した理由は、必ずと言っていいほど聞かれます。ただ面接で企業の採用担当者は、あなたのことを責めたいわけではありません、

企業に入ってすぐ辞めないかを知りたいのです。その際に大学を中退した理由を嘘をついて、そのことに企業の採用担当者が気づいたら、あなたをどう思うでしょう?反省のしていない人だと思いますし、また同じことを繰り返すと面接官は思います。

なのでやましい理由がある人ほど、「大学を中退してしまったことを言い訳せずに、反省して次の行動をとっている」と言わないといけません。それ以外に大切なことは、企業に入りたいという熱意を伝えることです。

大学中退した人は、ハロワーク、エージェント、就職サイトのどれを使うと良い?

ハローワーク

メリット

ハローワークが抱えている求人の数は、どの就職サイト、転職サイトよりも圧倒的に多いです。 なので、どんなに経歴、経験がダメでも使えます。 それに加え、ハローワークは、求人の紹介だけに加え、個別に転職活動の相談ができたり、職業適性検査を無料で受けることが出来ます。書類選考や面接の練習などを支援してくれるのも良い点です。

デメリット

ただ問題点として、求人の質がかなり玉石混合で、ブラック企業もあります。たまに求人票と実態が大きくかけ離れている場合があります。私の知っている人で、入社したら給与が6万円だったとか、正社員契約でなくて、アルバイト契約だったなどの被害報告を受けています。

求人広告

メリット

Re就活やリクナビ既卒ダイレクトなどが有名で、自分の希望の条件で企業を探せます。自分で気軽に求人に応募できますし、求人サイトからスカウトメールを送ってくれたりします。自分がどんな企業をうけるたいか明確に決まっている人におすすめです。

デメリット

求人広告は、経歴に自信がある人や、自分がどんな企業に応募したいか、自分で書類選考から面接対策まで出来る人には、良いですが誰にも相談できないのはデメリットでしょう。離職率が高い企業や求人と実態がかけ離れていないかも自分で確かめなくてはいけませんし、不採用になった時に企業が理由を教えてくれません。

エージェント

メリット

エージェントのメリットは、求人の選び方、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までやってくれます。またエージェントが求職者を企業に推薦したりしてくれるので、エージェントを使わなかったら、不採用だった企業にも入社できる可能性があります。また企業についての求人も求人票に書いていないことも教えてくれます。

デメリット

エージェントのデメリットは、地方にエージェントがあんまりなかったり、エージェントに通ったりする手間がかかることがあげられます。もちろん担当の変更も出来ますがキャリアコンサルタントと相性が悪かったら、就職活動に支障が出ます。あと社会人経験者向けのエージェントに登録すると求人を紹介してもらえない可能性があります。

大学中退したからといって就職できないわけではありません。エージェントを使えば、8割の人が内定します。

大学を中退しても就職支援を受けて、就活すれば就職率は劇的に上がります。

自分で求人を応募して就活すると、ほとんどの人が苦労します。
そもそも大学を中退してしまうと高卒になります。高卒は、大卒と比べて応募できる求人が限られ、就職先が限られます。ただでさえ大卒より少ない求人の中で、良い企業を見つけて書類選考などをうけて見ても不採用が続いたりしたらやっぱり、大学中退の人に正社員は無理なのかなとか思い始めます。

ただ不採用理由は、本当に中退なのでしょうか?
そういった不採用理由などを明確にしないから、就活が良くわからないまま右往左往するのではないでしょうか?

したがってハローワークかエージェントを頼りましょう。
地方に住んでいる人は、ハローワーク。都心に住んでいる人は、エージェントが良いと思います。

エージェントの方が求人やサービスの質が高いです。一方地方にはエージェントがないので、そういった人は、ハローワークを使いましょう。おすすめのエージェントとエージェントの使い方は、以下のページにまとめてあります。