既卒の面接で聞かれる質問、自己紹介には正解があります。対応例と共に話します。


既卒の面接は、新卒の面接とは質問の種類が変わってきます

既卒の面接には、既卒ならではの質問があります。また質問には必ず意図があります。面接官の質問の意図を組みとり、自分が話したいことを話すのではなく、企業が求めていることを話すことが必要です。

面接官から見た既卒のあなたの印象

世の中の多くの人が新卒で就職活動をして、企業から内定を頂いて、就職している中、既卒の人はそうでないです。したがって、面接官が既卒を選考する際には、「新卒の時に、どこからも企業から内定を頂けてない人なのではないか?」、「在学中に就職活動をしなかったのは、働く意識が低いからでは?」などネガティブな目線であなたを見ています。

ただ面接をうけつけるということは、受け入れる気はあるので、しっかり面接官でネガティブな印象を振りほどければ、企業から内定はいただけます。

質問① 既卒になった理由は何ですか?

面接官の意図

面接官
面接官
既卒になったんだから、何か問題がある人なのでは…。

回答の方向性

面接官は、新卒で就活をしなかったことになにか理由があると思っています。したがって既卒になった理由を正直に話しましょう。誤魔化すのは絶対にNGです。既卒になってしまった良くない理由があるなら、そのことを正直に認め、反省して行動していることを伝えることが大切です。

新卒の就職活動がうまくいかなかった場合

「新卒の就職活動がうまくいかなかった」という人は、正直に理由を話しましょう。
ただし「就活に失敗した」とだけ伝えると企業の面接官は、どの企業も欲しがらない人材なのではないかと思います。なので、新卒の就職活動がうまくいかなかった理由と反省してどのような行動をとっているかを話すと良いです。

コツとしては、新卒の就活に失敗した話は「失敗談」として話すことです。
面接官はあなたよりも年上ですし、面接をするということは、そういった事情があることも理解しているので、失敗談として話すと理解してくれることが多いです。

面接での解答例

「新卒の就活の時は、〇〇業界(大企業)に絞って就職活動をしていましたが、残念ながら内定を頂けずに今も既卒として就職活動をしています。反省点としては仕事や会社について詳しく知って就職活動をしていたというよりは、イメージが先行していたと思います。

自分自身がどのような仕事をしたいかと向き合ったら、△△ということが大事だと分かり、その△△は、××という職種、業界でも出来るのではないかと思い、今は選択肢を広げて就職活動をしています。」

新卒の時に就職活動しなかった場合

「就職活動しなかった」という人は既卒を選んだ理由を伝えましょう。
近年は就職活動をしないで卒業する人も増えているため、面接官によってはあまり気にしない人もいますが、きちんと説明しないと「計画性のない人」、「働く気のない人」、「学生気分が抜けていない人」と思われてしまう可能性があります。

就職活動を真剣にしないで大学を卒業した場合

学生時代にアルバイトばかりをしていた人、部活に一生懸命だった人、単位を取得するために忙しかった人、正社員になる必要性をあまり感じなかった人などが含まれます。

自分のやりたい仕事がわからなかった、なんとなく既卒になってしまった人は、当時のことを反省していること、これからどうしていくかを伝えましょう。今後に期待させるような話し方をするのがコツです。

面接での解答例

「学生時代に〇〇をやっていたために、就職活動をしっかり出来ませんでした。今から振り返るとその当時の自分は、卒業した後、何をするのか?、社会人としてどう生きていくのかを?をしっかり考えていなく、優先順位が正しくなかったと思います。現在は1日も早く社会人としてなれるように、就職活動を第1優先にしています。」

 

大学を卒業してやりたいことが他にあった場合

資格、公務員試験、バンド、演劇、スポーツなどやりたいことがあった人です。

やりたいことをあきらめて就職する場合、なぜそのやりたいことを諦めて企業に就職しようと思ったのかを伝えると良いです。「なぜあきらめたのか?」の説明をする際には、期限を決めていたと答えると良いです。期限を決めていたことで「計画性がある人」に見えます。

面接での解答例

「大学を卒業してから〇〇を目指して努力をしていました。全力で自分の目標を成し遂げようと努力をしたのですが、叶いませんでした。〇〇を目指す際には、最初から3年やって無理だったら諦めると思っていて、もう未練はないです。これからは立派な社会人になれるように頑張りたいと思います。」

質問② 空白期間は何をしていましたか?

面接官の意図

面接官
面接官
空白期間が長いぞ…。この期間は遊んでたんじゃないか?

回答の方向性

1番は、応募する企業に関連しそうな取り組みを話すと良いです。
業務に役立つことを勉強していた、業務に必要な資格の勉強をしていた、業務に活かせるアルバイトで実務経験を積んでいたなどです。もしそういった経験がないならそのことを、正直に話しましょう。

もし、学校を卒業して間もない既卒者であれば、空白期間について質問されない場合があります。しかし、学校を卒業してから1年以上経っている既卒者に対しては、ほぼ必ず聞かれます。既卒者を採用するにあたって、1年という期間をどう過ごしたのかが気になるからです。

面接での解答例

「既卒期間に、御社の業務に関連する経験などが正直ありません。無駄な時間を過ごしてしまったと反省しています。今は何もしていなかった時間を取り戻すために一生懸命働く覚悟です。」
など正直に伝えましょう。

質問③ この会社を志望した理由は何ですか?

面接官の意図

面接官
面接官
会社のこと調べてきてるかな…。本当は正社員ならどこでも良いと思っているんじゃないの?

回答の方向性

志望動機を話す際に重要なのがその会社でなくてはいけない理由です。
志望動機で話す際には、職種への志望動機が8割くらいで、会社への志望動機がに2割くらいするのがおすすめです。過去にしてきた行動や想いの中で、会社と合致する部分を話せると良いです。

面接での回答

私が御社を志望した理由は、2つあります。
1つ目は、人材業界の営業としてスキルが上がると思ったことで、2つ目は、ブラック企業を徹底排除するサービスに魅力を感じたからです。
私は、人材業界の営業アシスタントとしての経験があり、さらに裁量を持って仕事をしたいと思いました。人材業界で人の就職、転職を支援し幸せになってもらいと思っているので、ブラック企業の求人は、一切紹介しないという御社に魅力を持ちました。

職種への志望動機

話す際に大切なのが、業務内容の正しい理解と、職種への志望理由を行動ベースで話せるかです。社会人になれば辛いこともあります。その時に耐えられる覚悟があるかが重要です。

したがって入社後にどういうことをやるのかを知っていて、その仕事と似ているような体験をしてもやりたいと思ったかが重要です。また実績があるならそのことを数字などの事実と共に伝えると採用される可能性が増します。

会社への志望動機

会社への志望動機を言う際には、その会社でないといけない理由を見つけないといけません。会社のHPや他の会社と比べて、その会社が良い部分などを事前にリサーチすると良いです。

方法① 競合優位性に焦点を当てる

会社への志望動機は、その会社の競合優位なところに焦点を当てると良いです。
同じような商品・サービスを売っていても、値段が低いところがウリなのか、商品・サービス力が高いのが会社のウリなのかは違います。そういった部分を比べて他社とどう違うのかを理解して、志望動機を言うと良いです。

方法② 会社の人にフォーカスを当てて話す。

競合優位とか言われてもよくわからない人は、志望企業の人にフォーカスをすればよいです。
会社に魅力的な人がいて、そうなりたいと言っても、立派な志望理由になります。
webサイトの社員紹介だったり、会社の説明会だったり、大学のOB・OGだったり、面接での採用担当の人だったり、志望企業で働いている人に憧れていると伝えても大丈夫です。

質問④ あなたの強みは何ですか?

面接官の意図

面接官
面接官
会社がこの人を採用するメリットってなんだ?

回答の方向性

会社が採用したいのは「会社の利益に貢献する人」です。だから、自己PRでは「自分がいかに会社の役に立つか」をアピールしなければなりません。効果的な自己PRは「自分の長所が会社にどのように活かせるか?役立つか?」を語ることです。また自己PRをする時は、「そのアピールポイントを発揮したエピソード」とセットで伝えてください。

自分の長所をエピソードと共に伝える

「私は〜ができます」だけではアピールになりません。必ず、その長所を発揮したエピソードを具体例として提示し、自己PRの説得力を確保しましょう。長所を発揮したエピソードとセットで伝えてはじめて、説得力を持ちます。

面接での解答例

「私の長所は修正能力です。既卒の期間中にテレアポのアルバイトをしていました。最初は、上手くいかなかったですが、どのようにすれば上手くいくか考え、話すスピードや抑揚を変えました。その結果アポイントがと〇〇件とれるようになりました。このような修正能力は営業職についても役に立つと思っています。」

自己PRで使うエピソードは、既卒1年以内なら、学生の時のことでも良いですが、既卒期間が長い方は、他のエピソードで自己PRしたほうが良いです

既卒1年以内の人は、学生時代の活動でも問題ないでしょう。ただ、空白期間が複数年以上になっている場合は、学生時代のこと以外で自己PRのエピソードを用意する必要があります。卒業後に時間がたっているのに、自己PRで学生時代のことを話すと空白期間になにもやっていなかった人と思われてしまいます。

質問⑤ 何か質問はありますか?

面接官の意図

面接官
面接官
この人は会社の何に疑問を持つのだろう?

回答の方向性

会社が採用したいのは「会社の利益に貢献する人」です。だから、そこに関する話をすると良いです。自分が受け取る条件などでなく、会社に入社して貢献する意欲があるんだなと思ってもらえる質問をするのが良いです。

逆質問とは、面接の最後もしくは最初に「何か質問はありませんか?」と言われることです。
既卒の会社は、新卒の時と比べて有名でない会社も多いため、人事も「できるだけ疑問に答えてあげたい」と思い、この質問をしてくる傾向にあります。

無理に質問する必要はありませんが、この質問に「特にありません」と答えるのは、「御社に興味がありません」と言っているのも同義です。あなたが面接うけている会社は、これから何年も働く可能性のある会社です。自分が実際に働くと考えていたら、質問の1個や2個は必ず出てきます。

例えば、「御社で活躍している社員の共通点は何ですか?」などは、良い質問です。なぜならそういった人は会社に入社後に自分が活躍したいと思っていて、自分と当てはまるのかと思って聞いているからです。

しかしここで自分の墓穴を掘る質問をする人もいます。それは自分が何を受け取るかしか考えていない人です。例えば、「残業時間はどのくらいですか?」、「福利厚生はどうなっていますか?」、「残業代はしっかりでますか?」などです。

そういったことも大切なことではありますが、企業の人事からすれば、まず会社に入って活躍してから言って欲しいことです。もしそういったことを聞きたいなら、内定が決まってから聞いてください。

自分で面接対策出来る自信がない方へ

もし面接対策で困ることがあるなら、就職エージェントを使うことをお勧めしています。
就職エージェントでは、企業側の採用担当者とエージェントが直接話せるので、企業の面接で実際に過去どのような事が聞かれたのかや、どういう人がこれまでに採用されたかや、採用担当者がどういう人で、どのような人を好むかまで知れます。

質問に答えるだけが面接ではない!質問の内容よりも印象が良い方が受かる可能性があります。服装などについて

面接官も人です。面接では、一緒に働きたい人を探しています。
既卒は、能力ではなく、ポテンシャルでの採用です。
そうなると質問の内容より、印象が良かった方が面接で受かる可能性があります。

印象について気をつけないといけないポイントを話していきます。
1番は就職のプロに見てもらった方が良いですが、それが出来ない場合は、鏡の前で話してみたり、スマホで自分が面接をしているところをとってみてみましょう。それをするだけでもかなり良くなるはずです。

身だしなみ

特に注意すべき身だしなみをご紹介します。

  • 清潔感のある髪型にする
  • スーツやシャツのシミやシワがないようにする
  • 靴は磨いておく

など、面接の身だしなみはきちんとしていきましょう。

マナー・話し方

面接でのマナー違反行動をご紹介します。

どんなに面接で良いことを言っても、マナーができていないと一発で不採用になりますので注意しましょう。

  • 話ていることが早口、声が小さい、話が長すぎたり、短すぎたりする
  • 面接官に相づちしない、もしくはリアクションが大きすぎる
  • 面接官に体を向け、しっかり目を見て話さない
  • 背もたれに寄り掛かったり、足を組んだりする
  • 待合室でスマホをいじる、居眠り、電話、食事、ゲーム、私語
  • 受付の人など面接官以外の人に横柄な態度をとる

などです。

不採用にならないように事前にチャックしておきましょう。

面接当日の流れ(自己紹介も含む)

入室

面接室へ入室する際はまずドアを2回ノックします。それで「どうぞ」など言われたら、ドアを開けたら、面接担当者へ向かって「失礼します。」とあいさつをし、面接担当者へ背を向けないようにしてドアを締め「よろしくお願いいたします。」といってから椅子の横へ立ちます。

そして面接担当者「○○と申します。本日はよろしくお願いいたします。」とあいさつ・お辞儀をし、「お座りください。」といわれてから、座ります。

もし面接室で待つ場合、面接担当者が入室したらすぐに起立してはっきりとよく聞こえるように「よろしくお願いいたします。」とあいさつ・お辞儀をしましょう。

面接開始

自己紹介

上記の質問以外で自己紹介をする必要があるかもしれないのでその説明もしていきます。ここでは1分程で、自分の名前や年齢、最終学歴、既卒になってしまった理由、既卒になってからしたこと、志望動機などを1分程で簡潔に伝えましましょう。

「本日は、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。私は、◯◯◯◯と申します。現在、年齢は◯歳です。最終学歴といたしましては、20XX年の3月に△△大学を卒業いたしました。大学時代には△△の理由で、既卒になりました。自分の〇〇の部分を反省し、その後はアルバイトで、△△(職種に関連すること)の能力を磨きました。本日は、どうぞよろしくお願いいたします。」

最初にアイスブレイクが入るかもしれませんが、その後は面接です。履歴書・職務経歴書の内容をもとに面接が進んでいきます。面接官が、「既卒になった理由」、「空白期間に何をしていたか」、「会社への志望動機」などを聞いていきます。

会社、勤務条件の説明と勤務対応力の確認

最後に確認として、事業内容などの会社についての説明を受けます。主な内容としては、転勤の可能性・通勤時間・休日出勤や残業など・研修期間について・入社時期などの具体的な勤務条件です。

逆質問

質問の最後によく聞かれるのが応募者に対する逆質問です。

面接終了

最後に、結果の通知方法など事務的な説明を受け、面接終了となります。最後に必ず相手に対する敬意・感謝を込めて「ありがとうございました。」と、お礼の一言とお辞儀を忘れないようにしましょう。

退室

退室を促されたら、椅子から立ち上がり「本日はありがとうございました。」とお礼・お辞儀をし、ドアの前に立って「失礼いたします。」と一礼します。ドアを閉める際は、大きな音を立てず静かに閉めましょう。