【体験談あり】30万円の営業の研修を無料してくれるジェイック(JAIC)!詳しいサービス内容とは?


ジェイックのよいところは、求人紹介だけでなく、営業の研修をうけさせてくれるところです。経歴に自信がない人でも就職できます。逆に営業系の職種を目指していない人は、他のエージェントが良いです。研修は、月曜日から金曜日の9時から17時までです。ジェイックのサービス、研修内容、体験談、サポート地域、場所について話します。

営業以外の職種希望はの方は、違うエージェントが良いです。詳しくは、こちらを参考にしてください。エージェントの選び方、おすすめのエージェントが書かれています。

どんなダメな人でも、30万円の営業研修を無料でしてくれ、就職・転職率が80%のジェイックとは?

ジェイックは、「営業カレッジ」、「セカンドカレッジ」、「女子カレッジ」などの研修プログラム付きのエージェントです。営業系の研修をうけてから、求人の紹介や面接対策などをします。研修が終わる2週間後には、経歴が良くない人でも、8割が企業から内定をもらえます。

ジェイックの利用の流れ

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②説明会&キャリアコンサルトとの面談
③説明会後に申し込みをすれば、研修(主に営業)がスタート
④ 求人の提案&企業の面接
⑤内定&入社

になっています。

①エージェントへの登録

ジェイックに申し込みたいと思ったら、公式サイトで登録する必要があります。そこで、説明会を受けたい場所や日時、氏名や電話番号などの基本情報を入力すれば、登録完了です。予約後は、数日中にはジェイックのスタッフから電話がかかってきます。電話の内容は、予約の確認、説明会場所の確認、持ち物・服装の確認などで、1分ほどで終わります。その後、説明会にいきます。

②無料の説明会&キャリアコンサルトとの面談

説明会では、ジェイック(JAIC)の説明、就職、転職活動の基本的な情報、営業カレッジなどの研修について話されます。 休憩時間やアンケートなど答える時間も合わせると約2時間ほどです。説明会終了後にジェイックの研修をうけるかどうか決めます。また希望する人は、個人カウンセリングをすることが出来ます。

この時のアンケート用紙に、「今後就職相談を希望しない」という所にチェックを入れれば、以後ジェイックから連絡やしつこい勧誘が来ることはありません。 希望した人のみが次の研修にすすみます。

③研修(営業カレッジ、女子カレッジ、セカンドカレッジ)

ジェイックの研修は、社会人になって仕事をするときのことも考えて、毎週月曜日(月曜が休日の場合は火曜日)スタートで、月曜日から金曜日までの5日間+翌週の2日間の「計7日間」研修をします。研修時間は、9時〜17時です。研修後は2日間で集団面接です。

飛び込み営業を除けば、基本的に座学での講義が多いです。 挨拶の仕方、身だしなみ、名刺交換の仕方、入社後のマナー、ビジネスシーンでの敬語の使い方、上座下座のルールなどの社会人としての基礎的なマナーや自己分析、自己PR練習、企業の選び方、面接対策など就職活動を乗り越えるために必要なことを教えてもらえます。

飛び込み営業では、営業カレッジに参加している人達でグループを組み、そのグループでアンケート内容や「訪問件数」「名刺獲得枚数」「アンケート回答数」の目標を決めて、 成功するための戦略などを考えます 。

それで実際に美容院、携帯ショップ、個人経営の店、不動産屋、薬局屋などに行って名刺交換やアンケートに答えてもらいます。 1日目は、2人で飛び込みアンケートをし、2日目は1人で企業に飛び込みます。 

④研修が終われば書類選考なしで合同面接会&個別面接

「就職カレッジ(営業カレッジ)」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの研修プログラムが終われば、書類選考なしで企業との集団面接になります。

参加企業数は約10社~20社です。 面接中は企業の方が固定席に座り、求職者が12分ごとに企業の席を順に回ります。 途中で休憩もあり、面接の時間は4時間程度です。求職者と企業がお互いを◎、〇、✖などで、評価をし、お互いが評価が高ければ、個別面接で、さらなる選考があります。

たくさんの企業と面接するので、大変かと思う人もいると思いますが、集団面接に来る企業については、事前にジェイックの企業営業担当者が、1社20分ずつプレゼンをするので、求人票だけを見ているよりも多くの情報をもらえます。また営業カレッジの終了後と集団面接会が始まる前の土日の2日間で、参加企業の企業研究も出来ます。

ジェイックを退会する方法

ジェイック(JAIC)の研修サービス「就職カレッジ」を利用している受講生の方は、ジェイックの担当者に直接連絡しましょう。これで、利用停止、個人情報の消去を依頼できます。

もし、「担当者の連絡先が分からない」「登録はしたけど、就職カレッジ参加前に退会したい」という場合は、ジェイックに直接連絡して、個人情報を削除してもらうことが可能です。

ジェイックの紹介動画(中退者向けセカンドカレッジの様子)

ジェイックのサポート対象は?

20代(18歳~30歳)、高卒以上でであれば 、使えます。新卒はもちろん、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートでも誰でも使えます。 30代の人は、DYM就職なら使えますので、こちらをクリックしてください。

ジェイックの場所は?

拠点は、東京(千代田区神保町、新宿、池袋)、千葉、神奈川(横浜)、埼玉(大宮)、宮城(仙台)、愛知(名古屋)、大阪(大阪、梅田)、兵庫(神戸)、京都、広島、福岡、北海道(札幌)です。

それ以外の地域に住む人は、こちらをクリックしてください。

ジェイックに申し込みたい方はこちらをクリックしてください。

ジェイック利用者にインタビュー

質問
質問
ジェイックを使ってどこに就職したのでしょうか?
商社の営業職です。
正社員での採用で、社員が200人ぐらいの中小企業です。
利用者
利用者
質問
質問
内定おめでとうございます。
ずばり、ジェイックは、どういう人におすすめですか?
それは企業への志望動機を言えない人とか、営業職に就く前に営業ってどんな感じかを体験したい人ですね。近年、確かに好景気ですけど、企業が1人採用するとなると企業は人件費を負担しないといけません。大きな負担であることは、間違いないです。したがって企業が採用したい人のレベルを大幅に下げることはないんです。
利用者
利用者
確かに私は短期のバイトとかしたこともありますけど、それが企業の志望動機として言えるほど強いエピソードではなく、面接とかに行っても落ちてしまったんですね。
利用者
利用者
企業の志望動機を言う際には、職種に焦点を当てることが大切なのですが、過去に志望職種と関係する経験がないと中々採用されません。しかしジェイックなら研修をしてくれるので、資格や特別な経験がない自分でも大丈夫でした。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど…。
営業職って、ノルマが大変なのではないか?、強引にものを売らなくてはいけない仕事なのではないか?、ひたすら頭を下げ続けなければいけないのではないか?などの悪いイメージがありますが、営業職に抵抗はなかったんですか?
私は、飲食業界でのアルバイト経験があったりして、接客自体は好きだったのでなかったですね。販売職とかサービス職って、働いても給与が上がりづらい部分もあり、そちらの方が嫌でした。それと転職するのに有利だと聞きました。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど。営業って確かに悪いイメージがありますが、どの仕事も大変なところってありますもんね。
質問
質問
転職が有利と言う点だと、営業職って何の仕事について良いか分からない人にもおすすめですよね。人気の職種である、マーケティング、企画、人事、事務職も、仕事の最終目標はお客様に貢献して利益を得ることですから、まずはお客様に一番近づける営業をやるのはいい選択肢だと思います。
質問
質問
そこで、自社の商品やお客様のことを知りながら、交渉能力、事務能力、ビジネス理解、マルチタスクな能力など様々な能力がつけて、転職したくなったら違う職種に行くのも良いとも思います。
質問
質問
では逆にどんな人は、ジェイックに向いていないですか?
ある程度大変なので、覚悟がないと厳しいかもしれません。
ジェイックに申し込んだ後は、説明会に行き、その後研修をうけるか決めます。研修をした後は、書類選考なしで、集団面接、その後個別面接で、全部で2週間ほどかかります。
ジェイックでは、社会人になって仕事をするときのことも考えて、毎週月曜日(月曜が休日の場合は火曜日)から金曜日までの間、9時〜17時まで研修です。
利用者
利用者
質問
質問
ちなみに研修はどんな感じだったんですか?
飛び込み営業を除けば、基本的に座学での講義が多いです。 挨拶の仕方、身だしなみ、名刺交換の仕方、入社後のマナー、ビジネスシーンでの敬語の使い方、上座下座のルールなどの社会人としての基礎的なマナーや自己分析、自己PR練習、企業の選び方、面接対策など就職活動を乗り越えるために必要なことを教えてもらえます。
利用者
利用者
質問
質問
なるほど。社会人としてやっていくために必要な研修と就職活動の対策、それと営業職の疑似体験なんですね。

ちなみに飛び込み営業をやるってかなり気になるんですけど、何をしたんですか?

今はどうか分からないですが、僕たちの場合は、営業カレッジに参加している人達でグループを組み、そのグループでアンケート内容を企画し、「訪問件数」「名刺獲得枚数」「アンケート回答数」などの目標を決めて、 実際に企業に行くみたいな感じでした。

1日目は、2人で飛び込みアンケートをし、2日目は1人で企業に飛び込みました。

利用者
利用者
質問
質問
なるほど。アンケートなら、いきな何十万、何百万の商品やサービスを売るわけではないので、初めの1歩としては良いのかもしれませんね。ちなみにジェイックの研修はきつかったですか?
きつかったです(笑)
ただこの営業カレッジの2週間より、社会に出てからの経験の方が圧倒的に辛いことが多いです。

なので、これから参加する人がいれば、「この2週間を耐えられないなら、社会に出てもすぐに脱落してしまう!」と思って頑張って欲しいです。

利用者
利用者
質問
質問
参加しようと思っている方には、中々不安なことを言いますね…(笑)
そこはあんまり心配しないで良いと思いますよ。最悪説明会や研修中にドロップアウトすれば良いですし(笑)
利用者
利用者
まあ冗談はさておき、私もジェイック参加前は、不安でした。ただ周りのカレッジ生も不安の中でやっています。参加しているカレッジ生も、みんな就職したいけど、この先どうなるか不安に思っている人がほとんどです。だからあなただけではないです。
利用者
利用者
終わってみれば、同じ境遇の人たちと同じような不安、目標を持っている人と一緒にいると自然と周りの人と仲良くなったりします。就職も出来たし、仲間も出来たので良かったと思っています。
利用者
利用者
質問
質問
そうなんですね。
不安な中、チャレンジをするから、新しい環境(企業の正社員)を手に出来たり、新たな仲間に出会えるのですね。
貴重なお話ありがとうございます。

ジェイックに申し込みたい方はこちらをクリックしてください。

ジェイックのメリット、デメリットを整理しました。

ジェイックのデメリット 研修があるため、拘束時間が長い

これは、研修型のエージェントであったらしょうがないことです。エージェントのビジネスモデルは、求職者を企業に就職、転職させたら、エージェントにお金が入るシステムになっています。

したがって採用企業から見て、良い人材を企業に入社させることがジェイックの至上命題です。したがって、ジェイックで研修をうけさせ、なるべく優秀な人を企業に送り込みたいので、研修も少しは大変なところは、あります。ただその大変な研修が良い志望動機へとつながります。

ジェイックの研修がやばいと言われていた理由

今はないですが、昔ジェイックの営業カレッジの研修に飛び込み営業がありました。
その当時は研修の一部に、企業に直接訪問をして500円の本を売るというものがありました。
その時は就職難で、有効求人倍率も低かったので、企業が求職者に求めるレベルも高かったのですね。

飛び込み営業とかすると分かるんですが、急にに企業に訪問し、物を買ってもらうとなると値段が500円の本でも、企業からかなり冷たく対応されたりするので、精神的な負担が大きいんです。それで、ジェイックの就職講座は、やばいらしい…といった口コミが増えたんです。

今では企業が、「自ら目標を立て、達成するために必要な計画を立て、実行する」という主体的な問題解決力が求められるようになったのもあり、飛び込み営業は、研修の一部に組み入れられていません。

と言っても、主体的に課題を見つけて解決する力は必要ですから、数名のチームに分かれて、アンケートを作り、『飛び込み実習』として企業にアンケート調査に協力してもらうという内容の研修はあります。

ジェイックのメリット

メリット① 同じ経歴の仲間たちと営業系の研修がうけられる

ジェイックの圧倒的な強みは、なんといっても「営業カレッジ」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの営業系の研修プログラムでしょう。名前は違いますが研修プログラムは基本同じです。

研修では、社会人のマナー研修から始まり、面接でのスキルや、企業にアンケート調査をしに行ったりして、7日間という短期間で、就職活動に必要なスキルや知識を一気に詰め込むことができます。

営業のイメージがつきづらい人にも、研修を通じて自分に適性があるのかを確認できます。また同じ経歴の仲間と共に就活が出来るのは、情報、精神的な側面からもかなり楽に就活が出来ます。

また女子カレッジ、大学中退者向けセカンドカレッジは、 営業カレッジと違う部分もありますが基本は同じです。 例えば、女子カレッジでは、普通の営業カレッジの研修プログラムに、メイクの仕方や育休・産休に理解のある会社なのか?などが考慮され少し営業カレッジと違います。

メリット② 人物重視なので書類選考なしで企業の求人に応募可能

「就職カレッジ(営業カレッジ)」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの研修プログラムが終われば、書類選考なしで企業との集団面接になります。

ジェイックの集団面接会とは、厳選した数十社の企業の採用担当者の方と面接することができる場です。 1社あたり12分間で面接をし、応募者、企業それぞれが次を望めば、個別面談に進みそこでうかれば内定です。

集団面接会や個別面接に参加するのは、ほとんどが経営者や採用決定権を持つ方なので、短期間で内定可否の判断をしてもらえます。再チャレンジも可能で8割の方が最終的に就職、転職を決めています。

メリット③ 離職率の高い業界、企業の求人は紹介しない

以下がジェイックの求人です。職種はもちろんほとんどが営業です。

https://college.e-jinzai.co.jp/

ジェイックは、メーカーや商社を中心に、IT・広告・建設・不動産・医療業界など幅広い業界の求人を持っています。企業規模は中小企業が多いです。

しかし飲食やアミューズメント、投資用不動産の販売管理・先物投資系の営業、社員数10名以下、といったような離職率の高い業界や会社の求人はもらいません。

しかもジェイックは元々は、研修のサービスを提供する会社で、求人の多くは、もともと研修事業でお付き合いのある企業です。したがって、社員の研修や育成に注力している、社員を大事にする会社が多いです。

未経験職種へのチャレンジなら今が1番有利! 早めの行動を!

最後に1つだけ言っておきたいのは、なるべく早めの行動をすることが良い就職先を見つける最善の方法だということです。

例えば、営業職で実績を出してから、更に難易度高い営業職に行く場合は、実績をアピールするので年齢は関係ありません。しかし未経験職種へのチャレンジの場合ウリにするのは若さと意欲です。また新卒と違って、既卒、第2新卒の就職、転職にすごく有利な時期はありませんので、なるべく早めの行動が良い就職先を見つける最善の方法です。

ジェイックに申し込みたい方はこちらをクリックしてください。