営業以外の求人を希望するなら、ジェイック利用をやめた方が良い就職先見つけられます。


ジェイックに登録しても、営業職以外の求人を紹介される可能性はかなり低いです。
ジェイックの強みは、経歴が汚い人でも、ジェイックの営業の研修をうけたら、企業から内定をもらえることだからです。

もちろんジェイックは、営業職以外の求人もあると言いますが…。

ジェイックにも事務、販売職、施工管理などの仕事もあります。ただ営業以外の職種を目指している人は、ジェイックに登録するのはやめた方が良いと思います。

その理由を説明します。
以下は、ジェイック利用者の口コミ・評判です。

ジェイック利用者の口コミ・評判


1029:就職戦線異状名無しさん:2017/09/05(火) 15:55:49.43 ID:BYkk0vnT.net
なんかアドバイザーと話してみたら、どの仕事にも悪い面と良い面があるとか言いながら迷ってる他の道は悪いところばかりガンガン話してきて、営業は良いところしか言わないで営業カレッジをやたら勧められた。

436:就職戦線異状名無しさん:2015/06/08(月) 14:40:25.56 .net
大学4年の冬の崖っぷちの時にカレッジ入りました
営業志望以外でも大丈夫!という言葉に釣られて入ったけど、ひたすら営業の内容です
内定貰ったけど結局お断りしました
その後は自分で就活して、一部上場企業の正社員になりました

営業志望以外の人は本当にオススメしないし、
正直求人もブラックだと思うようなところもあります

ジェイックの講義の中で、人が死んでる企業のトップの画像出して褒めだした時は笑いそうになりました

488:就職戦線異状名無しさん:2015/07/24(金) 01:52:45.01 ID:qY9n/NaTL[1/2]
今まさにジェイック受けてるけど怠すぎる
説明会では色んな職種幅広く紹介します
って感じだったのに
実際はほぼほぼ営業オンリーで、内容も営業がいかにやりがいがあるかってのを
延々と説明させられて、洗脳しようとしてるとしか思えない
受けてる他の実習生はほとんど良い人だし真面目な人が多め
予定時間より2時間はオーバーするし、バイトしながらここ行ったりしてる人は
バイト→その日の課題→朝掃除のサイクルでやばい

あと、全く興味ねえジェイックの講師の私も頑張ってきました~
とか、くだらねえ過去エピソードが本当眠いし無駄
ここ省いてもっと時間作れんだろカスって感じ

489:就職戦線異状名無しさん:2015/07/24(金) 02:10:10.79 ID:qY9n/NaTL[2/2]
はっきり言って、営業やりたい奴以外は時間の無駄になると思う
経歴が微妙でも正社員に簡単になれる
=営業という仕事がいかに敬遠されてるかってことがわかるわ
他人に一生頭下げてコビるのとか気にしない人じゃないとつづかないと思う
後は趣味仕事ぐらいの精神力あるような人じゃないときついって印象

まだ、企業紹介まで行ってないけど
ジェイックがそもそもまあブラックくらいきつそう
だから、そこの社員が紹介してくれる企業とか、
既に洗脳済みの社員が優良だと判断したところ
=ブラックの企業の基準が低い

引用  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/recruit/1369807758/0–

ジェイック公式HPにも就職カレッジに行く7割の人が営業と書いてあります。

引用  https://college.e-jinzai.co.jp/faq/

以上の画像は、ジェイックHPに書かれていた内容です。
男性が参加する就職カレッジの7割が営業。女性が参加する女子カレッジの5割が営業と書いてあります。営業の求人を多く持っているエージェントです。

ジェイックに営業職の求人が多い理由

既卒、第2新卒向けエージェントは、どこも求職者を就職、転職させて企業からお金をもらうというビジネスモデルになっています。図で説明すると以下です。


<エージェントのビジネスモデル>

エージェントは、たくさんの求職者を集めて、求職者を就職、転職させて企業は、お金を儲けよています。

そうなるとたくさんの求人を持って、求職者を早く就職、転職させられるエージェントが強いです。 既卒、第2新卒向けのエージェントの求人数を見ると、人材ビジネスの最大手リクルートが運営している就職shopが1番です。

ただ求人が多くても結局企業正社員を採用しないとエージェントに利益が入りません。したがって就職、転職出来そうな人を優先的に相手にして、それ以外の人は雑な扱いになります。それだと困るのが経歴に自信がない人たちです

そういった人をを狙っているのがジェイックです。特に営業をしたい人に特化をし、研修をさせ、他のエージェントで相手にされないような求職者を就職・転職させることを強みにしています。

こういったように、企業は、それぞれの会社で違う強みを持つことで、固定客を獲得しようとします。したがってジェイックに営業以外の求人を求めて、登録をしても恐らく無駄な努力になってしまいます。

既卒、第2新卒向けのエージェントはたくさんあります。ジェイック以外にも、就職shop、ウズウズなど良いエージェントです。

既卒、第2新卒向けのエージェントは、ジェイック以外にもたくさんあります。営業以外を志望している場合は、違うエージェントに申し込んだ方が良いでしょう。

他のエージェントで、代表的なエージェントは、就職shopとウズウズです。
前者は、求人数が既卒向けのエージェントで最多8500社あります。後者は、IT系の求人を多く持ち、研修などもしてくれます。

就職shopの求人

引用 就職shop

就職shopで特筆すべき点は、やはり事務の求人などをたくさん持っているところです。事務などのバックオフィス系の求人は中々出回りませんが、就職shopは求人数が多いので事務求人も多くあります。

更に求人数も多いので、同じ職種や業界でも様々な求人を比べられる可能性が高いです。

一方、ウズウズはIT系の求人を多く保有しています。

ウズウズの求人

引用 https://uzuz.jp/corp/

職種は、営業もありますが、5割はITエンジニアの仕事です。業種もIT業界が多いです。またウズウズは、ウズウズカレッジというIT系の研修を受けられる学校みたいなものがあります。

おすすめのエージェント、エージェントの選び方は、以下を参照してください。

営業職志望を目指している人にとって、ジェイックは、最高のエージェントです。

費用が無料で就職・転職支援をしてくれるジェイックとは?

ジェイックの圧倒的な強みは、「営業カレッジ」という7日間の研修プログラムの存在です。

営業カレッジでは、社会人のマナー研修から始まり、面接でのスキルや、飛び込み営業の研修までを行い、7日間という短期間で、就職活動に必要なスキルや知識を一気に詰め込むことができます。

研修を完了させると、ジェイックから信頼できる人材としての「お墨付き」をもらうことができ、履歴書なしで企業の選考に進むことができます。ジェイックなら、今の自分の経歴に自信がなくても、しっかり企業から内定をもらえます。

ジェイックの研修がやばい?ジェイック利用の流れと研修の内容について

ジェイックの利用の流れ

就職エージェントの利用の流れ

①エージェントへの登録&エージェントからの連絡
②説明会&キャリアコンサルトとの面談
③研修(主に営業) 
④ 求人の提案&企業の面接
⑤内定&入社

になっています。

①エージェントへの登録

ジェイックに申し込みたいと思ったら、公式サイトで登録する必要があります。そこで、説明会を受けたい場所や日時、氏名や電話番号などの基本情報を入力すれば、登録完了です。予約後は、数日中にジェイックのスタッフから電話がかかってきます。電話の内容は、予約の確認、説明会場所の確認、持ち物・服装の確認などで、1分ほどで終わります。その後、説明会にいきます。

②無料の説明会&キャリアコンサルトとの面談

説明会では、ジェイック(JAIC)の説明、就職、転職活動の基本的な情報、営業カレッジなどの研修について話されます。 休憩時間やアンケートなど答える時間も合わせると約2時間ほどです。説明会終了後にジェイックの研修をうけるかどうか決めます。また希望する人は、個人カウンセリングをすることが出来ます。

この時にアンケート用紙に、「今後就職相談を希望しない」という所にチェックを入れれば、以後ジェイックから連絡やしつこい勧誘が来ることはありません。

③研修(営業カレッジ、女子カレッジ、セカンドカレッジ)

ジェイックの研修は、社会人になって仕事をするときのことも考えて、毎週月曜日(月曜が休日の場合は火曜日)スタートで、月曜日から金曜日までの5日間+翌週の2日間の「計7日間」研修をします。研修時間は、9時〜17時です。研修後は2日間で集団面接です。

飛び込み営業を除けば、基本的に座学での講義が多いです。 挨拶の仕方、身だしなみ、名刺交換の仕方、入社後のマナー、ビジネスシーンでの敬語の使い方、上座下座のルールなどの社会人としての基礎的なマナーや自己分析、自己PR練習、企業の選び方、面接でのマナー、面接対策などの就職活動を乗り越え方について教えてもらえます。

飛び込み営業では、営業カレッジに参加している人達でグループを組み、そのグループでアンケート内容や「訪問件数」「名刺獲得枚数」「アンケート回答数」の目標を決めて、 成功するための戦略などを考えます 。

それで実際に美容院、携帯ショップ、個人経営の店、不動産屋、薬局屋などに行って名刺交換やアンケートに答えてもらいます。 1日目は、2人で飛び込みアンケートをし、2日目は1人で企業に飛び込みます。 

④研修が終われば書類選考なしで合同面接会&個別面接

「就職カレッジ(営業カレッジ)」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの研修プログラムが終われば、書類選考なしで企業との集団面接になります。 集団面接は2日間行われます。

参加企業数は約10社~20社です。 面接中は企業の方が固定席に座り、求職者が12分ごとに企業の席を順に回ります。 途中で休憩もあり、面接の時間は4時間程度です。求職者と企業がお互いを◎、〇、✖などで、評価をし、お互いが評価が高ければ、個別面接で、さらなる選考があります。

たくさんの企業と面接するので、大変かと思う人もいると思いますが、集団面接に来る企業については、事前にジェイックの企業営業担当者が、1社20分ずつプレゼンをするので、求人票だけを見ているよりも多くの情報をもらえます。また営業カレッジの終了後と集団面接会が始まる前の土日の2日間で、参加企業の企業研究も出来ます。

ジェイックを退会する方法

ジェイック(JAIC)の研修サービス「就職カレッジ」を利用している受講生の方は、ジェイックの担当者に直接連絡しましょう。これで、利用停止、個人情報の消去を依頼できます。

もし、「担当者の連絡先が分からない」「登録はしたけど、就職カレッジ参加前に退会したい」という場合は、ジェイックに直接連絡して、個人情報を削除してもらうことが可能です。

ジェイックの研修が一時期やばいと言われた理由

今はないですが、昔ジェイックの営業カレッジの研修に飛び込み営業がありました。
その当時は研修の一部に、企業に直接訪問をして500円の本を売るというものがありました。
その時は就職難で、有効求人倍率も低かったので、企業が求職者に求めるレベルも高かったのですね。

飛び込み営業とかすると分かるんですが、急にに企業に訪問し、物を買ってもらうとなると値段が500円の本でも、企業からかなり冷たく対応されたりするので、精神的な負担が大きいんです。それで、ジェイックの就職講座は、やばいらしい…といった口コミが増えたんです。

今では企業が、「自ら目標を立て、達成するために必要な計画を立て、実行する」という主体的な問題解決力が求められるようになったのもあり、飛び込み営業は、研修の一部に組み入れられていません。

と言っても、主体的に課題を見つけて解決する力は必要ですから、数名のチームに分かれて、アンケートを作り、『飛び込み実習』として企業にアンケート調査に協力してもらうという内容の研修はあります。

ジェイック利用のメリット

① 同じ経歴の仲間たちと営業系の研修がうけられる

ジェイックの圧倒的な強みは、なんといっても「就職カレッジ(営業カレッジ)」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの研修プログラムでしょう。

営業カレッジでは、社会人のマナー研修から始まり、面接でのスキルや、飛び込み営業の研修までを行い、7日間という短期間で、就職活動に必要なスキルや知識を一気に詰め込むことができます。 仕事のイメージがつきづらい人にも、研修を通じて自分に適性があるのかを確認できます。

また同じ経歴の仲間と共に就活が出来るのは、情報、精神的な側面からもかなり楽に就活が出来ます。

② 人物重視なので書類選考なしで企業の求人に応募可能

「就職カレッジ(営業カレッジ)」、「女子カレッジ」、「セカンドカレッジ」などの研修プログラムが終われば、書類選考なしで企業との集団面接になります。

ジェイックの集団面接会とは、厳選した数十社の企業の採用担当者の方と面接することができる場です。 1社あたり12分間で面接をし、応募者、企業それぞれが次を望めば、個別面談に進みそこでうかれば内定です。

集団面接会や個別面接に参加するのは、ほとんどが経営者や採用決定権を持つ方なので、短期間で内定可否の判断をしてもらえます。再チャレンジも可能で8割の方が最終的に就職、転職を決めています。

③ 離職率の高い業界や会社を紹介しない

ジェイックは、メーカーや商社を中心に、IT・広告・建設・不動産・医療業界など幅広い業界の求人を持っています。しかし飲食やアミューズメント、投資用不動産の販売管理・先物投資系の営業、社員数10名以下、といったような離職率の高い業界や会社の求人はもらいません。

ジェイック卒業者の就職先

ジェイックは元々は、研修のサービスを提供する会社で、求人の多くは、もともと研修事業でお付き合いのある企業です。したがって、社員の研修や育成に注力している、社員を大事にする会社が多いです。

ジェイックの定着率が高い理由は、もう1つあって、それはアフターフォローです。
多くのエージェントは、内定した時点でサポート終了となりますが、ジェイックでは1年間のアフターフォローも行なっています。内定後、入社前研修をしてくれるほか、入社後1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と研修を実施してくれ、入社後の悩みや不安にも対応してもらえます。

ジェイック公式サイトはこちら

基本的に、20代(18歳~30歳)であれば 、既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退は除外)、フリーターでも誰でも使えます。

拠点は、東京(千代田区神保町、新宿、池袋)、千葉、神奈川(横浜)、埼玉(大宮)、宮城(仙台)、愛知(名古屋)、大阪(大阪、梅田)、兵庫(神戸)、京都、広島、福岡、北海道(札幌)です。